上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
“小鹿の島”小鹿島の鹿のために頭が痛い
(聯合ニュース 韓国語 2009/02/26)  


小鹿の島。全羅南道高興郡の小鹿島が急激に増えた鹿のために頭を痛めている。

26日、国立小鹿島病院によれば、去る1992年から数年間放し飼いしていた鹿40頭が、最近200頭余りに個体数が増えた

ある篤志家が「小鹿に似ている」という島の象徴性を明白に表せて闘病中であるハンセン者に勇気を与えようと放った鹿たちは、今となっては集まり群れをなして歩き回りながら島の生態系に悪影響を与えている。

個体数増加で餌が不足すると、鹿の群れは院生たちが耕作している菜園をむやみに暴くだけでなく、あふれ出る排せつ物のために飲料水汚染の憂慮まで起きている。

また、日帝強占期のハンセン病患者6万人余りが不便な身体をおして造景の森に育てた中央公園も、鹿の群れが木皮を削って枯死の危機を迎えている。

しかし対策準備は容易ではない。現行法では鹿は猪のような有害動物ではないため、鹿を島の外に送りだそうとすると麻酔をした後に船で移動させるほかはない。

だが、病院は1匹当り20万ウォンに達する麻酔費用を用意できなくて、地団太を踏んでいる状況だ。

パク・ビョンス国立小鹿島病院環境係長は「ハンセン者のくつろぎの場所の小鹿島を保護するために鹿の群れ問題を郡庁と警察に問い合わせしたが妙案を探せないまま被害が出るのを眺めている」と話した。

日帝強占期の1916年に開院した小鹿島病院には、現在610人のハンセン病の患者と200人の職員がいる。(機械翻訳 若干修正)


善意で近づいても、結局、余すとこなく危害を加えるとはさすがですね。



この↓金で何とかするのかな?

重家大使が小鹿島訪問「ハンセン病患者補償が完了」 (聯合ニュース 2009/02/25)

日本の重家俊範駐韓大使が24日、全羅南道高興郡の小鹿島にある国立小鹿島病院を訪れた。重家大使は「日本政府は、ハンセン病補償法に基いた小鹿島のハンセン病患者に対する補償を事実上完了することになった」と述べた。補償に関する審議を進めている小鹿島以外の地域の22人に対しても、早期に補償できるようにするとした。

 重家大使は同地の自治会住民とも会い日本政府の意向を伝えた後、ハンセン病で死亡した人々が眠る納骨堂を参拝した。

 日本政府は2006年に改正されたハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律(ハンセン病補償法)に基づき、日本植民地時代に小鹿島病院に収容され強制労働や断種などの被害を受けたハンセン病患者からの被害受け付けを始めた。1人当たりの補償額は800万円

 小鹿島自治会関係者は「長きにわたり心にしこりを持つハンセン病患者の恨みが消えることを期待する」と述べ、残りの22人に対しても早期に補償が行われることを希望した。

関連記事
ニュース百科「韓台ハンセン病訴訟」 (東奥日報 2005/11/08)

 ハンセン病補償法に基づき補償金を申請したが認められなかった台湾の「楽生院」(現楽生療養院)の入所者ら25人と韓国の「小鹿島(ソロクト)更生園」(現韓国国立小鹿島病院)の117人が提訴。法や告示で明示されていない総督府の下にあった2施設が補償対象かどうかが争点となった。

 東京地裁は10月25日、台湾訴訟は「平等取り扱いの原則上好ましくない」と請求を認め、韓国訴訟は「国会の審議過程などから、外地療養所の入所者が補償の対象になることは認識されていない」と退けた。


韓国・台湾、原告らを包括救済へ (読売新聞 2005/11/05)リンク切れ

 日本統治時代の韓国と台湾のハンセン病療養所の入所者が、ハンセン病補償法に基づく補償を求めている訴訟で、厚生労働省は4日、韓国と台湾の原告らを包括的に救済する方針を固めた。

 国側が敗訴した台湾訴訟判決については、東京高裁に控訴した上で、補償額や支給対象者の認定方法など救済の枠組みの細部を詰め、控訴後の和解を目指す。控訴期限の今月8日までに最終決定する。救済対象者は韓国、台湾を合わせて400人以上になる見通し。(略)







丸型バーベキューコンロ福七輪
B0017T7QLO
韓国ニュース | コメント(27) | トラックバック(3)
コメント
  1. 朝鮮人という生き物は、動機のみで生きている。
    彼らに『管理』などという意識や発想は存在しない。
    農業、漁業、工業、軍事、経済、政治、並べて皆管理と維持が出来ていないことがその証です。
  2. >この↓金で何とかするのかな?
    『全部ウリが使い込んだニダ』で終了
  3. 肉にして食えばいいじゃねーか。
    犬食う連中がなにを戸惑っているんだ?
  4. ハンセン病患者に補償というのは人道的には賛成だけど、「旧植民地の云々~」には違和感があるなぁ。
    日本が統治していたからハンセン病になったというわけではないだろうに。
  5. 次は馬を放すのがお似合いですよw
  6. 素直に食っちゃえばいいんだよ。
    本能の赴くままに…
  7. 鹿肉って加熱すると独特の臭みが出てくるんだよねぇ…。
    鹿刺しで食うのがお勧めw
  8. え、鹿肉って最高にうまいのに。
    牛より旨いかもしれない。
    少なくとも犬なんかより格別にうまいのになあ。
    いろんな生き物の肉食ったことあるけど、
    俺にはいまんとこ鹿が一番旨かったな。
  9. 補償とは何に対しての補償なのか。
    これは、単に韓国政府の自国民に対する福祉の怠慢じゃないか。なぜ日本が税金をやる必要があるのか。小泉の罪は大きい。
  10. 鹿肉のステーキ喰ったことあるけど、
    なんつーかロウソクのようなにおいがしてあまりうまく感じなっかたな。
    俺はグルメでも食通でもないので、
    鹿のどの部位を食ったのかは分からなかったけど。
  11. むやみに自然を乱すからそうなる。駆除が駄目なら
    法改正しろ。
  12. 鹿せんべいをあげればいいんだよ!
    集まり過ぎるとちょっと怖いけど。
  13. これってひょっとしたら日帝が朝鮮のハンセン病患者に無理矢理森を作らせたみたいなこと言ってない?
    気のせいかな……?
  14. 何をしても人に迷惑をかけるんだから、息自体しないで欲しい、と思うのは私だけ?
  15. このハンセン病補償は小泉政権の最大の汚点のひとつ。そもそも補償する理由すらないんだよ。
    朝鮮人は徹底的にハンセン病患者を弾圧してきたんだよ。以下コピペ。
    朝鮮は徹底的にハンセン病患者を弾圧してきました。その事実を隠蔽して日本を攻めています。
    1>>の年表に書かれていない隠蔽された事実を加筆してみました。
    日本が患者の安全の為に行った隔離措置が当時としては正当だった事が分かります。
    ◆小鹿島を巡る動き
    隠蔽>1897年の第1次国際癩会議(ベルリン)で伝染病として隔離政策が提唱される
        この会議で国際的には「隔離が人道的措置」として定義された。
        ちなみに朝鮮では患者を放置したり山へ遺棄する行為が一般的だった
    1916年 小鹿島慈恵医院の設置決定
      32年 朝鮮癩予防協会設立
      33年 第1期拡張工事に着工
      34年 小鹿島更生園と改称
      35年 朝鮮癩予防令を公布
          光州刑務所小鹿島支所設置
      36年 第2期拡張工事を開始
      39年 第3期拡張工事を開始
      40年 入園者6136人のピークに
      42年 周防正季園長が刺殺される
    隠蔽>1943年 アメリカでハンセン病の特効薬開発
        但し日本は戦時中で、薬剤の輸入どころか治験すら不可能な状態。また情報も当然寸断されていた。
        この状況下での隔離政策の継続は不可抗力
      45年 日本敗戦。植民地政策終了
    隠蔽>1945年8月21日 韓国人によって、小鹿島ハンセン病療養所の患者84人が虐殺(韓国人権委員会認定)
        なおこの暴動は駐留していた日本軍に鎮圧された
      48年 大韓民国樹立
    隠蔽>1949年 全南務安にてハンセン病患者50人が虐殺された(韓国人権委員会認定)
    隠蔽>1950年 韓国軍により慶南咸安にて患者28人が虐殺された(韓国人権委員会認定)
    隠蔽>1950年 江陵市内にて住民がハンセン病患者を洞窟に追込んで爆殺する(被害者数不明)
      61年 定着村事業始まる
    隠蔽>197X年 1韓国でハンセン病患者に対する断種措置を撤廃
        なんと1970年まで韓国政府は特効薬が開発されているにも関らず断種手術を強行していました
      82年 国立小鹿病院に改称
    2004年 入園者らが日本のハンセン病補償法に基づく補償金支給を求め提訴
      05年 東京地裁が原告敗訴判決
      06年 補償法改正で補償が実現
    中央日報の記事。
    ※ 一部、上記と違うトコがあったり、加筆があったりします。
    http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=71802&servcode=400§code=400
    ・・・この事実をどれだけの人が知ってることか。。
    しかも、李承晩らの虐殺から逃れて密航してきてた患者を日本は受け入れてあげてるのに・・・。
    国会会議録(昭和23年6月4日衆議院本会議での榊原亨の質問)
    こっちが補償して貰いたいくらいだよ。本当は。
  16. と言うことは...また「日帝の所為ニダ!」
    と言う展開ですね。わかり安すぎ
  17. いつも通り食べちまえよ。
    だって慣れてるだろ?
  18. >現行法では鹿は猪のような有害動物ではないため、
    おかしな法律だなあ。
  19. あれ?
    シカは偶然、網(ワナ)にかかったりしないのか?w
  20. 「小鹿なら犬に見えるニダ、食べても大丈夫ニダ。」
    こんな感じで食ったのに増えたって事?
  21. えっ、菜園を荒らして、排泄物で飲料水源が汚染されているのに鹿は有害動物ではないの? ちなみに日本では昔から猪と鹿は揃ってお百姓さんの敵だったよ? だから肉食禁止の習慣があった近代以前の日本だって鹿や猪は狩猟獣の対象だったわけだし。
  22. >>15
    約六千名の癩病患者は、終戰と同時に日本人職員が引揚げたのを機会に、全部これが脱出をはかりまして、この脱出いたしました六千名の癩患者の大部分は、あらゆる手段を講じて、日本に向け多数密航してきたのであります。
    http://d.hatena.ne.jp/torix/20060120
  23. ここにきて小泉の悪行が漏れてきたようだ、かんぽの宿利権がばれて息子の政治資金がわやになりそうなので、慌てて麻生降ろしの旗を揚げた。
    やはりクズだった。
  24. >23
    はいはい、日本語でおk
  25. >>23
    句読点が使いこなせてないぞw
  26. >>23
    慌てて麻生降ろしの旗を揚げた(テレビ・新聞・民主)が、やはりクズだった。
    …ということですね。
  27. >>23
    君は馬と鹿を合わせたような人だね。

管理者のみに表示
トラックバック
特定アジアニュースによると、http://specificasia.seesaa.net/article/114786027.htmlアメリカに移住した在米韓国人のうち、4.3人に1人が不法滞在者だという...
日本人も物事をハッキリ言って態度に表さないと、いつまでも、不法滞在者にバカにされ利益を搾取されますよ。今、彼らは、日本人イジメ、...
すごいね。TBS。やらせ捏造、やるやると聞いていたけど、今の編集技術ってこうなんだ。とわかる検証動画をアップ。でもね。左の人の足浮...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。