FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
盗作論難もたらした刺繍名匠の作品、ユネスコ受賞取り消しで '国際的恥さらし'
(朝鮮日報 韓国語 2009/03/30)   


ユネスコが去年10月《韓国の美しい手芸品》に選定した“刺繍名匠”の作品が、盗作論難のあげく受賞を取り消されて国際的に恥をかくようになった。

ユ某さん(53・女)は去る2002年、労動部と韓国産業人力公団が毎年最高機能人を選んで授与する“名匠(刺繍工芸部門)”に選定された。その後ユさんは《大韓民国刺繍名匠》という名前を掲げて活発な作品活動をしてきたし、2005年にはAPEC(アジア太平洋経済協力体)首脳会談が開かれた釜山ベクスコ会議場に作品を展示した。

去年10月、ユさんが出品した『十長生付け紐』など伝統手芸品12点が、ユネスコが選定する優秀手芸品に選定された。消えていく伝統工芸品を保護して現代に合う工芸品製作を支援するという主旨で、ユネスコが国家別工芸専門機関と協力して推進しているプログラムだ。

2009033001906_0.jpg

ところで数か月後、ユさんのアメリカ人弟子のAさんが「十長生付け紐は私の作品」と主張した

国内広報及び参加代行を進行した韓国工芸文化振興院は「数年間、ユさんから刺繍を学んでいるAさんが『私の作品をユさんが自分の名前で出した』とユネスコ本部に異議を申し立てユネスコで出品経緯などを調査したし、問題があると判断されて受賞を取り消した」と明らかにした。

これに対してユさんは「授業の中でAさんと一緒に作った作品を本人の了解を得て提出した。作品の所有権がAさんにあることは認めるがアイディアと図案などは私が提供した」と主張した。

しかし、作品を出品する際に一緒に提出した参加申込書にも、Aさんが製作に参加した事実はまったく明らかにしていなかった、というのが振興院の説明だ。

今回の事態に対して伝統工芸係は「弟子の作品を手伝ってあげながらこっそり自分の名前で出品する固執的病幤が現われた」と指摘する。匿名を要求した伝統工芸人は「伝統工芸系は集団創作が特に多くて悶着がひんぱんで、それで最近では“傳承工藝大展”みたいな美術大展出品作は、作品製作に参加した人達の名前を皆書いてあげることを原則にしている」と言った。

韓国伝統工芸の威信を落とした騷動が、政府機関の間の業務混線がもたらした結果という批判もある。ある文化財専門家は「人間国宝は重要無形文化財保有者(文化財庁)、地方人間国宝(地方自治体)、名匠(労動部)などと、サポート機関が混在していて、支援金管理は文化体育観光部でするなど、てんわやんわだから検証·統制が全然成り立たない」として「伝統文化を受け継ぐ人々を效率的に管理·育成するシステムが必要だ」と言った。(機械翻訳 若干修正)


ユさんはこんなもの↓も製作しています。

大統領府には国璽がない? (高大新聞 韓国語 2008/03/23)

去る1月30日、第4代国璽憲政式で大韓民国の第4代国璽『太平璽』が初めてお目見えした。一般的に国璽は印面が磨り減るという点を考慮しても、亀裂など大きな問題がない限り数十年近く使用可能だ。太平璽の場合、100年以上使えるように金銀銅亜鉛などの合金を使った。(略)

国璽はその象徴性にあわせて、その装飾品も派手だ。(略)

ソウル市無形文化財14号漆塗りの“漆匠”ソン・テヒョン氏(58)は国璽を載せる印床、印櫃を載せる小排案床、国璽をとる時使う排案床、そして各装儀の下敷きになる凹版製作を担当した。ソン氏は「国璽装飾品は造形美も立派だが、ただ最上級の伝統材料を利用し徹底的に伝統技法に則り製作されたという点でその価値が非常に大きい」と話す。印櫃は‘国璽の外凾’とも言うもので漆皮名匠のパク・ソンギュ氏(55)が二か月間、全国の魚市場を探し回ったあげく釜山チャガルチ市場で捜し出した120cmの巨大なチョウザメの革を使った。国璽の内凾を包む風呂敷である内函キョポジャギは刺繍名匠のユ・フィスン氏(51)が製作した。この風呂敷は針の耳に糸を通す時、一般的に利用する唾の代わりに蜜蝋を使ったし純金糸で刺繍をした。(略)(機械翻訳 若干修正)

furoshiki00001.jpg

これ↓の上から二段目の右。
kokji20030331.jpg




国璽製作メンバーに選ばれるような立場で、弟子の作品を盗作とはさすが。

弟子がアメリカ人でなければうやむやになっていたんでしょうね。




豪定本 ザ・ディープ・コリア
4860200314
韓国ニュース | コメント(29) | トラックバック(1)
コメント
  1. あきれてモノが言えん…
  2. K国の伝統文化のひとつである 盗む が良く表現されている作品ですね。
  3. 嘘と捏造が立派な文化です。
    ユネスコで認定してあげてください。
  4. いつも思うんですが、後々のこと考えて行動しないんですかね?すくばれる嘘ついても後で困るだけだと思うんですが。
  5. 他国の文化を盗み出すのに罪の感覚が皆無なミンジョクだから滅びぬ限り盗み続ける
  6. こいつら何か世界的に認められても八百長や盗作とかそんなのばっかだな
  7. よく、弟子が師匠の技を盗むというのがあるが、師匠が弟子の作品を盗むのは下朝鮮だけwww
  8. 大学の論文とかゴーストライターとかよくある話だが、物作りでは聞かないよな・・・コメントのしようが無いなw
  9. そろそろ「盗む」も国技として認定してはどうだろう?
    まぁ今迄も準国技だったけど。
  10. 腐れ儒教の韓国面が出ただけのことじゃないの?
    特に韓国では上位の者は下位の者になにやっても良いとか(?)・・
    米国人はそこのところが分ってないんだろね。
  11. そもそも伝統を片っ端から潰してきた国に伝統工芸があるわけが
  12. 9>
    それじゃ、どれが「国技」だか訳が分からなくなりますよ?w
  13. 「盗作と強姦は超賤の基幹産業ニダ。」
    はいはい国技国技。
  14. 珍しい事件だな。
    それ以上のコメントが出て来ないわ。w
    ばかばかしくてww
  15. 青は藍より出でて、藍より猶青し。とは『出藍の誉れ』。
    弟子に劣る師とはw
  16. すばらしいですね。これこそ朝鮮の伝統を伝え続けているといえると思います。
    無形文化財に指定すれば。
  17. 朝鮮人は他人から黙って物を拝借する事が悪い事と思わないみたいね。
    ロシアの宇宙基地から色々持ち出して追い出された朝鮮人もいたし。
  18. こんなのの弟子になるアメリカ人も酔狂と言うか…。
  19. 韓国式の親子愛・兄弟愛についての事件はたくさん見てきたけど、師弟愛についての事件は珍しいなw
  20. 世界的に認められる物を一緒に作っているのに勿体ない。
    監修:ユ某だけで有名になれるのに。
    南朝鮮を日本の領土としたままのほうが、姦国のレベルアップになったんじゃないだろうか。
    こっちは大幅にレベルダウンだがwww
  21. >20
    なにしろ自分をレベルアップさせるより他人をレベルダウンさせる事の方に必死になる連中ですから。
    奴隷民族の時代に培った、格下を脳内で設定する精神と格下を蹴落とす精神。これぞ伝統文化というものでしょ。
  22. >20
    歴史を繰り返してかいけない。アメリカもロシアも嫌だろうな・・・半島がほしいのは中国だけだし、躾けが出来るのも中国だけだろう・・・
  23. 韓国の「国家ブランド」のひとつ『韓紙』なんて、ほとんど「和紙原料」を使って「和紙風の漉き方」をしていても「国家ブランド」と名乗っているものねぇ。従来あった伝統工芸の韓紙の製法は壊滅状態だのに淋しい国だ。
  24.  是は朝鮮病の一症候です、過程より、名誉が欲しい病気。
     彼(彼女?)が現実に盗んだのは作品だが、盗んだのは実は名誉、その為には、手段を選ばない。
     普通、「ドゥしたらあんなに良い物が出来るのか」と考え、技を盗んで同じ様なモノを創り出した場合、其れさえ名誉の対象にされる事を恥じるモノ。
     処が、此奴らは、「ドゥやって出来るか」には、殆ど関心が無く、「如何に、名誉であるか」、「如何に、金になるか」しか考えていない。
     表彰や顕彰が、その後の活動や創作への期待感を表すモノであるからには、早晩ばれて恥をかくだけなのに、其れも判っていない。
     正に、病気。
  25. そして、馬鹿アメリカンのナイーブさが露呈した。
    中国語とか龍とか明らかに中国の文化なのに韓国人に習う事からしておかしい。文化の勉強っていうのは実技だけではないのを歴史が短く文化がないアメリカ人には分からないんだろうけどね。
    馬鹿には馬鹿。
    似た者同士なんだろう。
  26. アメリカ人の弟子だから問題にするのであって、
    日本や中国以外のアジア諸国、アフリカの弟子だったら問題にしないんだろうな。
  27. 偽造・捏造師の登録認定書ですかwww
  28. そもそも上の記事で画像が出てるもの全て朝鮮の臭いがしないよな。
  29. こんなこと韓国じゃ普通によくあることなんだろ。

管理者のみに表示
トラックバック
朝鮮半島って、核戦争するの?北朝鮮は韓国に向かって、「われわれの衛星打ち上げで問題視されることは一つもない」と主張、韓国がPSI...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。