上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日本の巡視船のおもちゃ流通しているのに海上警察の艦艇おもちゃはない
(聯合ニュース 韓国語 2013/12/11)



日本海上保安庁の巡視船と同じ形のおもちゃが市中に流通しているが、肝心な韓国海洋警察庁の警備艦を模したおもちゃは全くないことが分かった。

独島・離於島をめぐり海上紛争の懸念が大きくなる状況で、子供たちに海洋主権守護の重要性を教え悟らせるためにも海上警察警備艦のおもちゃ製作のための支援が必要なものと思われる

10日、海洋警察庁によれば、日本巡視船のおもちゃは国内の主なポータルサイトと連携したショッピングサイトで容易に購入することができる

ポータルサイトで『海上保安庁』を検索すれば10種余りの日本巡視船のおもちゃが写真と共に紹介される。

これらのおもちゃは、巡視船を700分の1に縮小したもので、船の横に『ジャパンコーストガード(JAPANCOASTGUARD)』という機関名が書かれているなど、現在、海上保安庁が運営する実際の巡視船と形が全く同じである。販売価格は6万~9万ウォンだ。

これとは対照的に、韓国海上警察警備艦を模したおもちゃは現在発売されているものは全くない

国内の一部おもちゃ会社が海洋警察シリーズおもちゃ類を販売しているが、海上警察庁のロゴとは全く違うロゴを使用して、警備艦の外観も大きく異なり、海上警察の警備艦との関連性を見つけるのは難しい。

海上警察は、国内に警察官、消防署員、軍人を素材にしたおもちゃは多いが、海洋警察を素材にしたおもちゃがないのは海上警察に対する関心不足のためだと見ている。

海上警察庁のある関係者は「海上警察には警備艦だけでなく、航空機・ヘリコプター・空気浮揚艇(ホバークラフト)・高速ゴムボートなど、おもちゃにできる素材が多いのに、関心不足で実際の製作につながっていないようだ」として「おもちゃ業界を対象に積極的に広報する」と明らかにした。

海上警察の警備艦を素材にしたおもちゃは、来年上半期にも発売される見込みだ

海上警察庁と去る7月に了解覚書(MOU)を締結した国内のおもちゃ会社オックスフォードは、海上警察最大の警備艦サムボン号(5千t級)を模したブロックおもちゃを開発中だ

サムボン号を200分の1に縮小して作った模型おもちゃは合計2500個のブロックで構成され、警備艦に搭載されたヘリコプター・高速ゴムボートなども同じように実装される予定だ。

海上警察庁は、海上警察を素材にしたおもちゃが発売されれば、国民に海洋主権守護の重要性を知らせ、海上警察の身近なイメージを伝えるのにより役立つと期待している。(機械翻訳 若干修正)



これ↓のようですが、精巧な金型が必要なプラモデルを販売するより、ブロックに逃げたのは正解かもしれませんね。


PYH2013071602720006500_P2



現代重工業“独島守護”国内最大警備艦建造
(マネートゥディ 韓国語 2001/07/20)

現代重工業(代表:チェ・キルソン)は20日、国内最大の5千トン級警備救難艦を建造し、この日、進水式を行ったと明らかにした。

独島の朝鮮時代の名称である『サムボンド(三峰島)』から名前を取って『三峰号』と命名されたこの艦艇は進水後、艤装作業および試運転を経て来年2月から独島海上警備に投入される予定だ。 (実際の竣工は2002年4月)

この警備艦は、長さ145.5メートル、幅16.5メートル、最大速力23ノット(時速42.6km、1ノット=1.852km)で97名が乗船することができるし、海上警備活動中には20ミリバルカン砲とともに格納庫にヘリコプターを搭載して広い地域の警備も効率的に行うことができる。 また、6万トン級の船舶まで曳航でき、分あたり200ドラムの消化水を排出できる火災鎮圧用消火砲3台などの各種救難装備を備えている。

特に独島を中心にした排他的経済水域(EEZ)を主な活動区域にすることにより、警備任務はもちろん、操業船舶の保護および海難救助活動にも大きな役割をするものと期待される。この警備艦は、現在、我が国の海洋警察庁が保有している警備艦(3千トン級2隻、1千5百トン級4隻)のうちで最大規模であり、現代重工業が去る99年9月に受注し、2年余りにわたって建造してきた

一方、この日午後2時、現代重工業ヤードで進行された進水式にはイ・キュシク海洋警察庁長官、キム・カンピョン蔚山海洋警察署長をはじめとする関係者と現代重工業チェ・キルソン社長など2百人余りが参加した。(機械翻訳 若干修正)
独島警備艦に救助ヘリ配置
(東亜日報 韓国語 2003/09/01)

東海海洋警察署は1日、独島警備救難艦であるサムボン号に救助ヘリコプター(AS-565)を配置した

このヘリコプターは全長13.7m、幅3.25mで航続距離は850km、滞空時間は3時間であり、搭乗人員は12名だ。自動飛行装置および艦上運用のための先端装備を装備したこのヘリコプターにより、サムボン号は領海侵犯、不法操業、密輸および密入国などの国際犯罪や緊急救難任務時の迅速な対応能力を確保することになった。

東海海洋警察署関係者は「優秀な性能と機動性を備えた艦艇搭載型ヘリコプターで独島領海の警備が容易になったし、東海岸漁民が安心して生業に従事できることになった」と話した。

昨年4月に就役したサムボン号は5000t級で長さ145.5m、幅16.5m、速力23ノットであり、95名が乗船することができる。(機械翻訳 若干修正)




ほぼ、海保の「しきしま(1992年4月27日竣工)」「あきつしま(2013年11月28日竣工)」と同サイズですね。全長150m、全幅16.5m、速力25kt。




1/700 海上保安庁 巡視船 えりも型2隻セット (ML10)
B00CB68VSE

nanoblock 戦艦 大和
nanoblock 戦艦 大和
nanoblock 姫路城 nanoblock 鯉のぼり NBC-107 nanoblock ひな人形 NBC-103 nanoblock 零式艦上戦闘機(零戦) nanoblock タワーブリッジ NBH-065
by G-Tools



韓国ニュース | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    こういうのは「発売しなければならないニダ!」という理由で作られるものなのか?
    需要の原則どこ行った?
    そのうち日本車ではなくヒュンダイや起亜のミニカーを売るために国の支援が必要ニダ! とか言い出しそうだな
  2. No title
    オモチャを売るかどうかなんて朝鮮の都合で海保関係ないやん
    売りたきゃ好きなだけ売れよ
  3. No title
    ほんっとに、日本への対抗意識しか行動のモチベーションがないんだな。
  4. No title
    レゴの起源を主張する、に1000点。
  5. No title
    現代重工が利益を寄越せと主張するまでが一連の流れ。
  6. No title
    レゴにしてももうちょっと精巧にできないものか。これじゃ素人がそのまんま写真見ながら組み立てただけにしか見えん。
  7. No title
    船腹にルーマニアの国旗ですか?!
    まぁ、「そうか」の旗でもありますが...

    まぁ、タミヤはやらんでしょ。そこまで投資して、回収できる見込みはないし。
  8. No title
    今公開中の映画、利休にたずねよが韓国人美化工作のクソ映画らしい。騙され感が半端ない。2chで怒りの声。
    http://bakankokunews.blog.fc2.com/blog-entry-883.html

    287 : 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/06(金) 18:05:15.80 ID:7rIN+OGnO

    明日公開の利休にたずねよって、トンスル人の願望ファンタジー映画だったのか
    わびさびの起源はウリナラニダ!

    684 : 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/09(月) 19:20:55.09 ID:KAaHFze60

    利休の映画、ひどいな
  9. No title
    あいかわらず不思議なマーケティングするなw
  10. No title
    隣国が、自分たちの地政学的危機状況をほぼ無視して、無謀な外洋艦隊作ろうとしているのは、
    日本にとってはありがたい。

    しかし愚かさにはやや気の毒になってくる。
    これも国益のためだ。
    なるべく「丁重に」距離を置いてこそ日本のため。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。