上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ソウルの真ん中で日王の誕生日パーティー…鉄桶警備に取材妨害まで
(京郷新聞 韓国語 2013/12/06)



ソウルの真ん中で日王の誕生日祝宴(天皇誕生日祝賀レセプション)が開かれた。駐韓日本大使館が毎年この時期に主催する行事だ

5日午後6時、ソウル市中区のロッテホテルで開かれたこの行事には多数の政治家、企業家が招待を受けたことが分かった。

しかし、最近の韓日関係の梗塞を意識したように、現役の政治家たちは見当たらなかった


キム・ソッキ(金碩基)韓国空港公社社長、ハン・ドクス(韓悳洙)韓国貿易協会会長、キム・テヨン(金泰栄)元国防部長官(外務相に相当)などが姿を見せた。駐韓日本大使館関係者は、「約700人に招待状を送ったし、半分程度が参加したものと見られる」と伝えた。

現場の警戒はものものしかった。行事が開かれたホテル2階ホールの前には大使館とホテル関係者10人余りがあちこちで非常事態に備えた。大使館関係者たちは会場入口でいちいち招待状を確認して出入りを徹底的に統制した。招待状の確認を受けてからも保安検査台を経なければならない形だった。

大宴会場を借りての行事だったがホテルのどこにも案内文はなかった。

京郷新聞の取材陣が写真撮影をしようとすると、すぐに体格ががっしりして黒いスーツを着た警護員5~6人が即座に周囲を囲んだ。これらは日本から直接今回の行事のために動員された警護員と思われる。日本語で「写真を撮るな」と威嚇をした。すると大使館関係者が出てきて「最近(両国間)状況が敏感で私たちも報道が出ることを望まない」と説明した。

午後6時から本格的に始まった宴会は2時間が過ぎてほぼ終わった。参加者は各自食事を終えて会場を去った。
取材陣は会場を去るキム・ソッキ社長に行事に参加した経緯などを尋ねようとしたが、再び大使館関係者たちが制止した。「出て行くお客さんに質問するのは困る」と話した。

アキヒト日王の誕生日は1933年12月23日だ。アキヒト日王は「機会があれば韓国を訪問したい」と数回表明したという。(機械翻訳 若干修正)



キム・ソッキ、日王誕生日祝宴に出席で論議…「今のような時局に...」
(イートゥデイ 韓国語 2013/012/06)

ソウルの真ん中で日王の誕生日祝宴が開かれた中、キム・ソッキ(金碩基)韓国空港公社社長がこの行事に参加したことが分かって論議が起きている。日本の政治家たちの相次ぐ妄言で日本に対する国民の感情が不快な状況のためだ。

5日午後6時、ソウル市中区のロッテホテルで『天皇(日王)誕生日祝賀小宴』(天皇誕生日祝賀レセプション)という名前の行事が開かれた。駐韓日本大使館が毎年この時期に主催する行事で、今回の行事にはキム・ソッキ韓国空港公社社長、ハン・ドクス(韓悳洙)韓国貿易協会会長、キム・テヨン(金泰栄)元国防部長官(外務相に相当)などが姿を見せた。また、チョ・テヨン(趙泰永)外交部(外務省に相当)報道官もしばらく参加したと伝えられた。

しかし、キム・ソッキ社長の今回の行事出席にきれいでない視線があふれている。最近、日本の政治家たちが「韓国は愚かな国」「独島は私の選挙区」「戦争状況で慰安婦制度が必要だった」のような妄言を吐き出して韓日関係が最悪に駆け上がっている状況で、公職者として適切でない行動であるというのだ

これと関連してネチズン(ネットユーザー。ネット+シチズンの造語)は、

「キム・ソッキ社長、今の状況で日王の誕生日に必ず参加しなければならなかったのか?」

「キム・ソッキ社長の日王誕生日への出席はとても軽率な行動だ」

「キム・ソッキ社長の日王誕生日出席残念だ」
等の反応を見せた。(機械翻訳 若干修正)



キム・ソッキ空港公社社長、“日王誕生日祝宴”出席…いったいどんな縁なのか
(イートゥデイ 韓国語 2013/012/06)

キム・ソッキ(金碩基)韓国空港公社社長の“日王誕生日祝宴”出席が議論になりながら出席理由に関心が集まっている。5日午後6時、ソウル市中区のロッテホテルで『天皇(日王)誕生日祝賀小宴』(天皇誕生日祝賀レセプション)という名前の行事が開かれた。

この日行事にはキム・ソッキ韓国空港公社社長、ハン・ドクス(韓悳洙)韓国貿易協会会長、キム・テヨン(金泰栄)元国防部長官(外務相に相当)、チョ・テヨン(趙泰永)外交部(外務省に相当)報道官などが参加したと伝えられた。特に議論になるのはキム・ソッキ社長だ。最近硬直した韓日関係を考慮する時、公職者身分でこのような行事に参加するのは適切ではない行動であるということだ。

キム・ソッキ社長が今回の行事に参加したのはどんな理由のためだったのだろうか

ある報道機関とのインタビューでキム・ソッキ社長は、「日本に8年間住んだ縁がある」と出席理由を説明した

実際、キム・ソッキ社長は日本警察大学留学と、大阪総領事館領事と東京駐在官で7年間勤めた経歴がある。そのため警察内で“日本通”で通じていた。キム・ソッキ社長は2003年には“韓日両国の警察間の協力関係に対する功労を認定”を受けて日本警察庁長官から韓国警察で初めて感謝状を受けた。

こうした内容が伝えられるとネチズンは

「キム・ソッキ社長、日本と縁があるといってもそれは個人的な事情だ」

「キム・ソッキ社長、自分の立場を自覚できないようだ」

「キム・ソッキ社長、個人的な縁だが公職者として慎重に対応するべきであった」
等の反応を見せた。(機械翻訳 若干修正)



>最近の韓日関係の梗塞を意識したように、現役の政治家たちは見当たらなかった。

日本の“国の記念日(ナショナル・デー)”は『天皇誕生日』ですが、韓国では建国記念日である『開天節(檀君が即位して檀君朝鮮を建国した日とされている)』(10月03日)に定めています。

今年も在日韓国大使館でも記念行事が開かれました。



在日韓国大使館で開天節記念行事 公明党代表ら参加
(聯合ニュース 2013/10/03

韓国の建国記念日に当たる「開天節」の3日、東京の韓国大使館大使官邸では記念レセプションが開かれ、内外の賓客800人あまりが集まった。

日本の政官界からは海部俊樹元首相や公明党の山口那津男代表、日韓議員連盟会長を務める自民党の額賀福志郎元財務相、斎木昭隆外務事務次官らの要人が参加した

李丙ギ(イ・ビョンギ)韓国大使はあいさつで「韓日両国は政治や外交で難しい時期を迎えているが、両国の国民間の相互理解と交流は活発に続いている」と述べた。

韓国関連の行事に頻繁に参加する山口公明党代表は記者団に対し「両国議員間の交流を重ねていくことにより、政府間の関係が改善するよう連立与党として努力する」と話した。

山口代表は両国の新政権発足後、開かれずにいる首脳会談が行われるためには「障害となる要因を一つ一つ慎重に取り除き、両国の国民がそのような努力を受け入れて理解していく過程が必要だ」と強調した。



日本の記念行事が12月23日に開かれないのは、年末・クリスマスなどを考慮して、各国の大使館が12月の上旬の適当な日に定めて開催するからのようです。


毎年のように開催が問題視され、参加者がつるし上げられていますが、もう韓国ではしなくても良いのでは。。。


2010年12月08日
駐韓日本大使館が開いた《天皇誕生日祝賀パーティー》に韓国政治家らが参加ニダ!
2011年12月06日
駐韓日本大使館主催《天皇誕生日レセプション》で取材陣は撮影禁止ニダ!




皇室 Our Imperial Family 第60号
皇室 Our Imperial Family 第60号 (扶桑社ムック)

NHKが記録した皇室 DVD-BOX
B002KBF65Q
皇室 Our Imperial Family 第59号 (扶桑社ムック) 皇室Our Imperial Family 第58号 (扶桑社ムック) 皇室Our Imperial Family 第57号 皇后陛下と赤十字 (扶桑社ムック) カラー図説 天皇の祈りと宮中祭祀 日本が震えた皇室の肉声 (文春MOOK)
by G-Tools



韓国ニュース | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    朝鮮人には国際親善なんてムリなんだよ
  2. No title
    陛下には帰国後徹底的な消毒を受けていただかねば…。
  3. 反日で同じ朝鮮人を失脚させるためだろ
    一事が万事こうだ。
    奴らの日本人憎しに意味など無いから安心していい。
    一番嫌いなのはすぐ隣にいる朝鮮人だ。
    貧しい社会だからとにかく他人が邪魔で仕方ないんだよ(笑)
  4. No title
    韓国の反日が日本人にバレて
    韓国の観光業がズタボロだから
    航空公社シャチョーとしては
    出席するしかなかったんじゃない?
    息の根止まる寸前なんだもん。
  5. No title
    でも、鮮人だけ招待しなかったら「差別ニダ!」って火病るんでしょ?
    本っ当、面倒臭い奴等だ。
  6. No title
    特定秘密保護法成立ですっかりお通夜状態だったNEWS23のリポーターとして反日団体である在日本韓国青年同盟(韓青同)の元委員長の李さん登場!!!てか学生時代と比べてめっちゃ劣化してる!?2chで話題ww
    http://bakankokunews.blog.fc2.com/blog-entry-853.html

    14 :渡る世間は名無しばかり:2013/12/06(金) 23:42:12.80 ID:MLFkJsmx

    李記者wwwwwwwwwwwwTBSwwwwwwwwwwチョン社員かよwwwwww

    61 :渡る世間は名無しばかり:2013/12/06(金) 23:42:44.73 ID:eiIdKk4u

    李と見て飛んできましたwww

    88 :渡る世間は名無しばかり:2013/12/06(金) 23:43:07.65 ID:WW6duNPo

    レポーターが李ってwwwwwwwwwww
    トチ狂って本物ぶち込んできやがったwwwwwwww
  7. No title
    そう、皇室をあからさまに侮辱された時、
    「本当の正しい日韓関係」がはじまる。

    日本人の静かな怒りが爆発して。

    やつら前回で懲りたらしく、なかなか「踏み込んで」
    来ないが。
    今年の23日の「行動」次第では……
  8. No title
    必見です。日本が戦った理由がよくわかります。

    大東亜戦争開戦記念日に因んで西尾幹二講演会のご案内

    『12月8日』 開戦記念日に因み、下記の要領で講演会を開催いたしますので、是非お誘い あわせの上、ご聴講下さいますようご案内申し上げ ます。
     
    大東亜戦争の文明論的意義を考える
    - 父 祖 の 視 座 か ら -

    戦後68年を経て、ようやく我々は 『あの大東亜戦争が何だったのか』、という根本的な問題の前に立てるようになってきました。これまでの 『大東亜戦争論』 の殆どすべては、戦後から戦前を論じていて、戦前から戦前を見るという視点が欠けていました。今回の講演では、GHQによる没収図書を探究してきた講師が、民族の使命を自覚しながら戦い抜いた父祖の視座に立って、大東亜戦争の意味を問い直すと共に、唯一の超大国であるはずのアメリカが昨今権威を失い、相対化して眺められるという21世紀初頭に現われてきた変化に合わせ、新しい世界史像への予感について語りはじめます。
    『12月8日』 この日にふさわしい講演会となります。
               
    日 時: 平成25年12月8日(日) 
    開 場 :14:00
    開 演 :14:15~17:00(途中20分 程度の休憩をはさみます。)
    会 場: グラン ドヒル市ヶ谷 3階 「瑠璃の間」 (交通のご案内 別 添)
    入場料: 1,000円 (事前予約は不要です。)
    懇親会: 講演終了後、サイン(含名刺交換)会と、西尾幹二先生を囲んでの有志懇親会がございます。ど なたでもご参加いただけます。(事前予約は不要です。)
    17:00~19:00  同 3階 「珊瑚の間」 会費 5,000円 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。