上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

来年、F1韓国大会開かれない
(ニューシス 韓国語 2013/12/05)



2014年のフォーミュラワン(F1)コリアグランプリ(GP)が開催権料の交渉決裂で結局、霧散した。最初の大会から4年で『韓国F1』は存廃の岐路に置かれ、後遺症も侮れないものと思われる。

F1組織委員会は大会開催霧散による多角的な対応策用意に出た。

国際自動車連盟(FIA)傘下の世界モータースポーツ評議会(WMSC)は4日、フランス,パリで会議を開いて来年のF1カレンダーからコリアGPを最終的に除外させた。

WMSCがこの日確定発表した2014年F1改正カレンダーによれば、来年は3月16日(決勝戦基準)のオーストラリアGPを始まりに、11月23日のアブダビGPまで19戦の大会で行われ、当初の草案に含まれていた22か国のうち韓国とアメリカ(ニュージャージー)、メキシコの3か国は脱落した。

F1組織委が慢性赤字と高費用構造など“F1財政難”を理由に開催権料の大幅引き下げを要求したことに対し、F1運用会社であるフォーミュラワン・マネージメント(FOM)側が拒否の意思を明らかにし、再協議が決裂したことが決定的要因として作用した

F1組織委は先立って、FOMとの再協議の過程で米貨幣4370万ドル(463億ウォン、ドル=1060ウォン基準)に達する開催権料を2000万ドル(212億ウォン)へと大幅に引き下げない限り大会を行うことはできないという確固たる立場をFOMに伝達していた

これで去る2010年の最初の大会以来、4年目の大会まで終えたコリアGPは、協約上の7年開催(2010~2016年)の折り返し点を回るとすぐに重大な岐路に置かれることになった。

差し当たり、来年6月の地方選挙と新道知事就任を控えての4月開催による混乱と世論の袋叩きは避けることになったが、F1復帰を大言壮語できないというのが懸念される部分だ。

1年か1年半休んで2015年の4月か10月に復帰するというのが組織委のロードマップだが、白紙の状態からの再協議が避けられないし、すでに開催権料を2度引き下げたFOMが他の開催国との公平性を理由に追加引き下げに難色を示す可能性が大きく、次期道知事に“政治的荷物”になる可能性がある点も障害物だ。

組織委関係者も「休息期を持つようになれば退屈な再協議が避けられず、開催権料も4370万ドルという原則があるだけで、その時その時の状況に応じて案を新たに組み立てて交渉しなければならない」と難しい境遇を説明した。

残りの大会(3年)を全て放棄する場合には国際訴訟や行政責任論を免れ難く、レース場の事後活用も課題として残ることになり、別名『モータークラスター造成』などの国策事業にも大なり小なり悪影響が及ぶと思われる。

この他に莫大な利子負担や40人余りに達する組織委の人材再配置問題なども解決課題として浮上している。
全羅南道と組織委はある程度予見されていたことだという反応を見せながらも、“脱韓国”にともなう事後収拾に慧眼を絞り出すために慌ただしい様子だ。

ペ・ヨンテ行政副知事は、「来年の日程からは脱落したが関連予算がたてられれば再協議を行い、来年3月の最初のグランプリ以前にいくらでも開催するかどうかを再調整することができる」として「様々な代案を摸索中」と話した。

チェ・ジョンソン全羅南道F1支援担当官は、「2015年の復帰はFOMもある程度同意した部分で、インドGPのように実際の事例もある」として「初期の700億ウォンだった赤字を4分の1に減らしただけに、政府と企業の適切な支援が行われるならば十分にするに値する」と明らかにした。

一方、全羅南道議会の予算決算特別委員会はこの日、来年度のF1運営費100億ウォンに対する予算審議を終える予定だったが、評議会決定が遅れて議決日を5日に一日遅らせた。(機械翻訳 若干修正)



来年のF1大会誘致霧散、今回もソチに押された!
(WOW韓国経済TV 韓国語 2013/12/05)

(略)大会脱落は、全羅南道傘下のF1組織委の開催権料追加引き下げ要求に対し、大会運営会社であるフォーミュラワン・マネージメント(FOM)側の拒否が直接的な理由で知らされた。

全羅南道傘下のF1組織委は慢性赤字など財政難を理由に、昨年4,370万ドルだった開催権料を今年2,700万ドルに削ったのに続き、来年は2,000万ドルに下げて欲しいと要求してきた。

FOM側としては、これまで開催権料の数回引き下げによる他の開催国との公平性の負担に加え、韓国大会が別段役に立たないという判断を下したと伝えられた。(略)

F1コリアGPに代わり、来年の冬季オリンピック開催都市であるソチで10月12日に開催されるロシアGPが公式日程に新しく名前を上げた。

一方、韓国は去る2007年、2014冬季オリンピック誘致でもソチに押されて開催地に選ばれなかったことがある。(機械翻訳 若干修正)



開催権料を半額以下にしてまで韓国で開催しなければならない理由はないですからしょうがないですね。

どうせ、「本当に韓国GPを外すわけはないニダ 最後はFOMが折れるはずニダ」と“F1に欠かせない開催地”と勘違いして強気で交渉していたんでしょうね。

ただ、このまま静かに終わらないことを願っています。




F1 速報 2013 Rd14 韓国GP号
B00GIDWLAA

F1 2013
F1 2013
グランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリーボックス パドルシフトシステム フォー ドライビング フォースGT ロジクール ドライビングフォース GT(LPRC-14500) 2013 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版 BD版 [Blu-ray] サカつく プロサッカークラブをつくろう!
by G-Tools



韓国ニュース | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    日本海GPが見られないのは悲しいなw
    レース終了当日に日本へ脱出するドライバーたちがすべてを物語っているんだが、ウンコには理解できないんだろう
  2. No title
    嘘だと言ってよ、バーニィwww
  3. No title
    > 開催権料を半額以下にしてまで韓国で開催しなければならない理由はないですからしょうがないですね。
    地元スポンサーを集めることで、バーレーンのように開催権料を安くすることもできますが... 地元スポンサー無しじゃ、シンガポール政府より多く払わないと無理でしょ。周辺インフラも最悪な状態のままじゃ...

    ※2
    バーニーに、お金を十分に積めば、再開催できるでしょう。開催権料6000万ドル、バーニーにドライバーと参加企業を口説くための手数料500万ポンドくらいで。
  4. No title
    >韓国大会が別段役に立たない

    正直過ぎるだろ…。
    でも、ここまではっきり言っても理解して納得なんてしないんだろうな、朝鮮人は。
  5. No title
    予想通りの結末だけど、春のスケジュールは過密だったから押し込まれなくてよかったですね。韓国は日本のついでに寄るって感じじゃないと、ワークスもつらいでしょう。
  6. No title
    F1関係者全員行きたくないでしょうな、本音としてはね(笑)

    宿泊ラブホテル、ストレート沿いにカカシの列、オッサンがフリー走行中にコース脇で休憩、消火器間違えるわ、開催権料交渉するわ、観客席違法建築だわ・・・滅茶苦茶。
  7. No title
    トンスリアンだって本音はやるつもりないでしょ。
    ただ日本に対する対抗意識だけでやってるだけで。
  8. No title
    好きでもないのになんで招致するのか

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。