上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ペク・スンジュ国防次官「日本の集団的自衛権容認できない」
(時事フォーカス 韓国語 2013/11/13)



ペク・スンジュ(白承周)国防部次官が13日に開かれた『第2回ソウル安保対話』で、日本の集団的自衛権行使について容認できない旨を日本の西正典,日本防衛省事務次官に直接伝えた。

国防部キム・ミンソク報道官はこの日、ペク次官と西正典事務次官の会談後に記者たちに会って「ペク次官が私たちの政府の立場と憂慮を日本に伝えた」と明らかにした。

キム報道官は「ペク次官は日本の集団的自衛権行使で地域の不安を招いてはならないし、韓半島の安保および私たちの国益に影響を及ぼす状況は容認できないということを明らかにした」と伝えた。

引き続き「ペク次官は周辺国の危惧と憂慮を解消する方向で透明に行われなければならないと言った」として「日本の防衛政策と関連する議論は平和憲法の精神を堅持しながら地域の平和と安定に寄与するべきで、過去の歴史的真実に基づいた反省がなければならない」と強調した。

それと共に、ペク次官は西正典次官に「現在は日本が何よりも周辺国の信頼を得る努力をしなければならない」と言及したと分かった。

合わせて西正典次官は、現在議論が中断された韓日情報保護協定と関連して「北朝鮮の大量殺傷武器に対応するには情報保護協定締結が必要だ」として協定締結の必要性を力説したが。ペク次官は「国民的共感の形成が先行しなければならない」という立場を伝達したと伝えられた。

私たちの側の高位当局者である国防部次官が日本の高位当局者の防衛省事務次官に会って公式に「集団的自衛権を容認できない」として政府の立場を伝えたのは初めてで、わが政府が一段階さらに積極的に反対の立場を表示することができるようになることができるものと見られる。(機械翻訳 若干修正)



さらにその頃日本では……


韓国大使、首相に「早く過去整理」要求 着任後初面会
(産経新聞 2013/11/13)


安倍晋三首相は13日、首相官邸で韓国の李丙琪(イ・ビョンギ)駐日大使の表敬訪問を受けた

李氏は面会後、記者団に対し、元慰安婦などの歴史認識問題を念頭に「早いうちに過去を整理し、未来に向かって進む指導者になっていただきたい」と首相に求めたことを明らかにした。

李氏は「韓日両国の安定化のため、ともに頑張っていきましょう」とも呼び掛けた。これに対し、首相は「最善を尽くしていきましょう」と応じたという。

李氏は今年6月に着任し、首相への表敬訪問は今回が初めて。日韓関係の冷え込みを反映してか、着任から初面会まで5カ月という異例の長さとなった



〈国際連合憲章〉  第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動

第51条

この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。
〈日本国との平和条約〉(サンフランシスコ平和条約) 第三章 安全

第五条(c)

連合国としては、日本国が主権国として国際連合憲章第五十一条に掲げる個別的又は集団的自衛の固有の権利を有すること及び日本国が集団的安全保障取極を自発的に締結することができることを承認する



「集団的自衛権」を有するかどうかは外国が認める認めないという条項ではないにもかかわらず、ちょっと前までは日本の“良心派”メディア・市民団体の「“憲法上”日本の集団的自衛権は認められない」という主張を都合よく解釈して、韓国政府・メディアが「“戦犯国”日本の集団的自衛権は認められないニダ」と主張していましたが、アメリカをはじめ各国が「歓迎」したことで「国際社会の常識」と「国内への喧伝」とに開きがあることがバレて、「朝鮮半島有事の際は韓国の領土・領海には韓国が認めない限り自衛隊は関われないニダ」とか主張を徐々に変えながら、「日本が集団的自衛権を有する」ことを認めざるを得ない状況を国民に納得させ、その上、体裁を保つのに必死なんでしょうね。

日本には「米朝の朝鮮半島有事の際は、韓国領海は通らず北朝鮮領海・領土で作戦を遂行するので、韓国の容認は必要ない」と言って、韓国が「朝鮮半島は韓国領土ニダ」と言えるか試してほしいですね。





中国という蟻地獄に落ちた韓国
鈴置高史
中国という蟻地獄に落ちた韓国
中国に立ち向かう日本、つき従う韓国 いま中国で起きている大破局の真相: 現地からの緊急警告 (一般書) Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 10/1号 [反日韓国の妄想] 語られざる中国の結末 (PHP新書) WiLL (ウィル) 2013年 12月号 [雑誌]
by G-Tools



日本ニュース | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    >過去の歴史的真実に基づいた反省がなければならない

    中国は朝鮮戦争で北朝鮮に援軍を送ったのに、いまだその反省も謝罪も賠償も何もしてません。
    なのに韓国は中国に接近し、中韓同盟を結ぼうとしてますよね。
    言ってることがダブルスタンダードですよ。
  2. No title
    日本から真っ先に攻撃を受ける可能性を自覚してるんだな。
    だったら大人しくしてりゃいいのに。
  3. No title
    朝鮮半島併合から終戦に至るまでの歴史の中で一番被害を受けた(今も受けている)のは日本だから。
    南北トンスランドがお祭りを再開しても、日本は乗ってはいけない。あくまでも距離を取るべし。
    後方からの物資の供給だけ(人道的観点から…と強調して)行うのが最善。
  4. No title
    朝鮮人には関係ないことだ
  5. No title
    ※3
    戦時国際法の中立義務に従えば、軍事物資輸出はできませんので... 日本に石油を依存しているので、3日も戦えば、燃料切れになるのでは?
  6. No title
    チョン「容認できない」
    日本「容認してもらう必要がない」
    ~~~~~終了~~~~~
  7. No title
    身の程を知れよ。バ韓国
  8. No title
    「北朝鮮の大量殺傷武器に対応するには情報保護協定締結が必要だ」

    やっぱあの時漏れてたから協定が必要ってことになったのかw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。