上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

へムン僧侶、日本が収蔵の朝鮮帝王の甲・鎧を閲覧…還収本格化
(ニューシス 韓国語 2013/09/30)



日本,、東京国立博物館の収蔵庫にある朝鮮帝王の甲と鎧(朱ビロード地金銀装甲胄?)を還収するための市民団体の努力が本格化している。

『文化財本来の席探し』代表へムン僧侶は30日、アン・ミンソク議員(民主党)らと共に東京国立博物館の朝鮮帝王の甲と鎧を閲覧するために出国すると明らかにした。

10月1日から12月23日まで公開される遺物は、日帝時代に“盗掘王”と呼ばれた小倉武之助(1870~1964年))が1910~1950年代に韓半島で収集した文化財1000点余りうちの一部で、朝鮮王室から伝来したものなどと知らされた。


NISI20130930_0008741400_web


これまで文化財本来の席探しは、小倉が書いた『小倉コレクション手記』を根拠に朝鮮帝王の甲であることを確認することを東京国立博物館に要求、2012年4月に朝鮮王室から伝来した甲にあたるという事実を伝達された。

東京博物館は、これを公式に確認するためのへムン僧侶の特別閲覧申請を排除し、去る2月初めに大韓帝国皇嗣孫イ・ウォン(李源)総裁(大韓帝国初代皇帝・高宗の曾孫(高宗の五男「李カン」の九男「李鉀」の長男)。2005年に直系の李玖の死去により養子となり当主に)にだけ非公開の閲覧を許容したことがある。

これに対しへムン僧侶は、ニューヨークに居住する“朝鮮朝最後の王女”イ・ヘギョン女史(皇室名イ・ゴン)(高宗の五男「李カン」の五女)に助けを要請、朝鮮帝王の甲の返還を要求する書簡を送って日本を圧迫する共助作業を始めた。


NISI20130930_0008741394_web


イ・ヘギョン女史は安倍晋三首相と岸田文雄外相、銭谷眞美博物館長ら3人に送った書簡で「大韓帝国皇帝の甲と鎧は正常な経路で決して他の国に行くことはできない大切な国権の象徴物である。権威と信頼を尊重する東京国立博物館が盗難品や贓物を保管しているという誤解を受けてはならないこと」としながら「大韓帝国義親王の法的娘として遺物を返還してほしい」と要求した。

イ・ヘギョン女史は皇室帝国の子孫のうち高宗皇帝の息子である義親王の正妃(義親王妃)の戸籍に唯一上がっていて、盗難品と推定される皇室遺品に対する法的所有権を主張したのだ。

しかし、東京国立博物館は去る4月17日付のカツノリ・タケノウチ行政局長名義で送ってきた返信で、返還要請に対する返事は全くなく「私たちは韓半島から来たものを含み、文化的遺物を保存して一般に展示する努力を傾けている」という的外れな回答をした。


20130504050


一つの成果は、60年以上収蔵庫に閉じ込められていた朝鮮帝王の甲と鎧を特別展示会形式で初めて公開することになったことだ。

へムン僧侶などは初日である1日に朝鮮帝王の甲を閲覧し、朝鮮帝王の甲にあたるのか確認する予定だ。


これに先立ちへムン僧侶は、キム・ジョングァン米駐韓国仏教文化院長などと共に2月16日、ニューヨーク市のブルックリン博物館で朝鮮帝王の甲と鎧を史上初めて発見した成果を上げている。


NISI20130930_0008741384_web


この甲は▲両側の側面に翼を付けた垂れ幕があり▲竜の足の爪が5本▲額の遮蔽が竜の掘られた白玉で製作▲甲の頭頂部の装飾が、三枝槍形態でなく白玉と七宝焼で装飾された火炎紋形態など、帝王の甲が持つべき4大要素を完璧に備えた希代の宝物と評価された。

また、共に公開された帝王の鎧も両肩に模様の肩鉄が吊り下げられた龍紋頭釘鎧で、内外で黄銅鉱の頭釘をきめこまかく打ち込んであり、首と背中の後ろに沢瀉の葉が丸く装飾された中、ビロード生地と絹の裏地で作られていて驚きを与えた。

当時、ブルックリン博物館は「1913年頃、ミュージアムの初のアジアキュレーターであったスチュワート・コーリンが美術品収集をするため韓国と日本を訪問したことがある。しかし正確な記録がなくて1920年から1930年の間に入ってきたと推定される」として入手経路が不確実であることを示唆した。

したがって、東京国立博物館の朝鮮帝王の甲と鎧に対する還収運動が本格化すれば、ブルックリン博物館の帝王の甲も還収交渉を始めることができると期待される。アメリカでは今年に入り『戸曹兌換券』と『文定王后御寶』の文化財返却を決めるなど、所蔵遺物が正常な経路で手に入ったとしても盗難品である事実が確認されれば直ちに返却する政策を行っている。

へムン僧侶は「今回の展示は去る数年間、文化財本来の席探しとイ・ヘギョン女史など皇室子孫の共助を通じて行われた成果」としながら「朝鮮時代の最高の軍統帥権者を象徴する‘大元帥の甲’がなぜ日本,東京国立博物館に収蔵されなければならないのか、さらに小倉コレクションの問題をどのように解決しなければならないかの重大な転換点になるだろう」と診断した。

一方、文化財本来の席探しは去る68周年の光復節を迎え、東京国立博物館に所蔵された朝鮮帝王の甲と鎧など朝鮮王室伝来品の還収のためのキャンペーン費用を用意するために、3週間、市民募金形態であるクラウドファンディングを展開した。

へムン僧侶は「東京国立博物館の甲と鎧を確認した後、現地メディアに韓国皇室の宝物であることを知らせる広告を載せ、各種広報物を製作するなど還収キャンペーンを行う案を検討している」と明らかにした。(機械翻訳 若干修正)



高宗の鎧・甲、日本で初の大衆展示…「還収運動本格化」
(ニューシス 韓国語 2013/09/29)

東京国立博物館が収蔵庫に保管してきた朝鮮王室の甲と鎧が初めて大衆に公開される。

高宗が使用したものと推定されるこの甲と鎧は『文化財本来の席探し』の閲覧要求により、来月1日から12月23日まで東京国立博物館で展示される。これらの物品は日本人事業家小倉武之助(1870~1964)が日帝強占期時に韓半島で収集した私たちの文化財の中の一つと知られている。

民主党アン・ミンソク議員は29日、報道資料を通じて「帝王の甲と鎧は日帝強占期に奪われた私たちの先祖の自尊心だ。何と60年以上の間、収蔵庫に閉じ込められていて、どれほど悲しくて孤独だったか」として「明日、東京国立博物館を訪ねて文化財を直接確認し、本格的な還収運動に出る」と明らかにした。

アン議員は「帝王を象徴する模様と装飾を完璧に備えた現存する唯一の遺物と評価されるほど文化財的価値も相当だ」として「平和的な交渉を通じて返還されるならば、過去の問題と韓日関係にも多くの役に立つだろう」と話した。(機械翻訳 若干修正)



朝鮮時代の美術

東洋館 10室 2013年10月1日(火)~ 2013年12月23日(月)

朝鮮王朝時代の両班階級の人々の生活文化を紹介します。文人の書斎、応接間である舎廊房を再現する家具や文房具、文人の衣裳の展示のほか、朝鮮王室(1897年以降、韓国皇室)に関連すると思われる甲冑や印、国書を収めた朱漆の箱を展示します。


TK-3445-0002111



徒歩10分で鶯谷なので、まず遠征売春婦をお持ち帰りくださいね。



2013年04月30日
次は「小倉コレクション」返還、2015年は日韓基本条約締結50周年ニダ!





北斗の拳 拳王兜
B00CBAK8XQ
中国古代イメージして作られた冑兜 剣・弓・矢付
B008RVV4TU

MAN-ZOKU (マンゾク) 2013年 11月号 [雑誌]
MAN-ZOKU (マンゾク) 2013年 11月号 [雑誌]
MAN-ZOKU (マンゾク) 2013年 10月号 [雑誌] City Heaven (シティヘブン) 関西版 2013年 11月号 [雑誌] MAN‐ZOKU (マンゾク) 2013年 09月号 [雑誌] SOAP MAN-ZOKU 吉原 (C’s Mook 87) MAN-ZOKU (マンゾク) 関西 2013年 10月号 [雑誌]
by G-Tools



日本ニュース | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    入国拒否してやれw
  2. No title
    竹島を返せ
    竹島大虐殺・拉致加担の賠償をしろ
  3. 首相動静(9月30日)
    首相動静(9月30日)
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013093000066

    午後1時5分から同24分まで、同ホテル内の宴会場「ケンジントンテラス」で英国のアンドルー王子。
     午後1時31分から53分まで、同ホテル内の宴会場「オーチャードルーム」で笹川平和財団、
    英王立防衛安全保障研究所共催の日英安全保障協力会議に出席し基調講演。

    【関連情報】
    軍拡・中国念頭に21世紀の「日英同盟」模索 英王子、今秋来日し国際会議
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi#4月26日_23時15分32秒
    英海軍最新艦が今秋、日本へ 海自と合同演習・安保協議
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi#6月7日_11時36分24秒
    日本版NSC法案を閣議決定 秋の臨時国会で成立目指す
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi#6月7日_11時36分24秒

    政権奪還してから短期間によくここまで来れたものだ。
    全ては天皇陛下の英国訪問時に線路は引かれていたのである。

    詳細は
    【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
    【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
  4. No title
    おー、黄色いおばあちゃん貧民窟を脱出してニューヨークに移住できたのか。よかったよかった。

    これって桃山さんが寄贈したんじゃないの?
  5. No title
    >4さん
    >黄色いおばあちゃん

    イ・ウォン氏と皇室後継者の地位を争っている人のことなら別の人です(イ・ヘウォン氏)。記事中のイ・ヘギョン氏は1956年に渡米して、そのまま暮らしているようです。
  6. No title
    泥棒実績あるのに、いまだ国交あって入れ放題とかww
    もう入れるな「断交」しろって
  7. No title
    朝鮮王なんて借金のカタに国を売ってるんだから、
    甲冑ぐらい売っても普通の事だろ。
    国外流出したおかげで形が残ってるんだから、日本に感謝して敬えよ。
  8. No title
    これ韓国なん
    モンゴルっぽくないか
  9. No title
    仏像返せよ。
  10. No title
    >ニューヨーク市のブルックリン博物館で朝鮮帝王の甲と鎧を史上初めて発見した成果を上げている。

    じゃあアメリカにも返還請求しないとな


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。