上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

発砲警官の無罪確定へ 栃木・職質中国人死亡
(日本経済新聞 2013/4/24)



栃木県で2006年、職務質問に抵抗した中国人男性に発砲し死なせたとして、付審判決定を受けて特別公務員暴行陵虐致死罪に問われた栃木県警警察官、平田学被告(37)の上告審で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は23日までに、検察官役の指定弁護士の上告を棄却する決定をした。一、二審の無罪判決が確定する。22日付。

灯籠の石を手に持った男性に、威嚇射撃なしで発砲したことの是非が争点となり、一審・宇都宮地裁は「被告の判断は合理的で正当防衛に当たる」として無罪とし、二審・東京高裁も支持した。

判決によると、平田被告は巡査だった06年6月、同県西方町(現栃木市)の路上で中国人男性(当時38)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕しようとしたが抵抗され、腹に発砲し死亡させた。



発砲致死の警官 無罪確定へ
(読売新聞 2013/04/24)

西方町(現栃木市)で2006年、逮捕に抵抗した中国人男性(当時38歳)に拳銃を発砲し死亡させたとして、付審判で特別公務員暴行陵虐致死罪に問われた県警巡査部長の平田学被告(37)(当時巡査)について、最高裁第2小法廷は22日、検察官役の指定弁護士の上告を棄却した。無罪とした1、2審判決が確定する。

判決によると、平田被告は06年6月23日夕、路上で男性を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕しようとした際、男性が重さ3キロの宝珠を振り上げ抵抗したため拳銃を発砲。男性の左腹部に命中させ、死亡させた。

指定弁護士は高裁判決が判例に違反しているとして上告したが、最高裁は、上告理由にあたらないとした。

付審判は、公務員などの職権乱用事件などで、告訴・告発した人が検察官の不起訴に不服な場合、裁判所に審判を求めることができる手続き。裁判所による「起訴」といえ、極めて珍しい。裁判所が指定した弁護士が検察官役を務める。

県警の松田正司首席監察官は「適切な判断がなされたと受け止めている」とコメントした。

遺族が県を相手取って起こした損害賠償訴訟は、最高裁で審理中。 



当時の記事↓。


職務質問の2人に襲われ警官発砲、中国人風の男が死亡
(読売新聞 2006/06/23)リンク切れ

23日午後5時5分ごろ、栃木県西方町真名子の民家前の路上で、 県警鹿沼署真名子駐在所の男性巡査(30)が、石灯籠(いしどうろう)の頭部(直径約20センチ)を持った中国人とみられる男に襲いかかられ、拳銃1発を発砲した。

弾は男の左下腹部に命中し、男は約1時間15分後に搬送先の病院で死亡した。同署で身元の確認を急いでいる。

調べによると、巡査は午後4時40分ごろ、死亡した男と別の男の計2人が、近くにある農協の現金自動預け払い機周辺で不審な行動をしているのを見つけ、職務質問しようとした。

男が巡査の腰に体当たりして左手で拳銃を奪おうとしたうえ、民家の庭先から石灯籠を持ち出してきたため、警告の上で発砲したという

もう1人の男は逃走したが、午後9時15分に入管難民法違反(不法残留)の現行犯で逮捕された。福島県在住の中国籍の男(37)とみられる。

佐藤忠志・県警警務部長は「(巡査は)身の危険を感じて発砲した。正当防衛とみられるが、なお詳細は調査中」とするコメントを発表した。県警は「背後に犯罪組織が存在する可能性があり、報復される恐れもある」として、発砲した巡査の氏名は公表していない。

職務質問の警官を襲い、警官に発砲され死亡したのは、不法滞在の中国人と判明
(毎日新聞 2006/06/23)リンク切れ

栃木県西方町真名子で23日、県警鹿沼署真名子駐在所の男性巡査(30)が拳銃を発砲し、男2人組のうち1人が死亡した事件で25日、死亡したのは中国籍の住所不詳、無職、羅成・元研修生(38)と分かった。同署は羅元研修生を容疑者死亡として公務執行妨害容疑で書類送検する方針。

調べでは、羅元研修生は四川省出身で、04年2月に来日、研修先の岐阜県内で幼なじみの張学華容疑者(37)=出入国管理法違反(不法残留)容疑で逮捕=と再会した。

2人は今年2月、研修先を抜け出し、福島県のコンクリート工場で働いていたが、事件前日の22日、知人を頼って西方町に来たという。

羅元研修生は今年2月4日で在留資格が切れていた

張容疑者は調べに対し「強制送還されるのが嫌で逃げた」と供述しているという。




ちなみに、これ↓とは別件です。

2013年02月01日
暴走逃走車の助手席の高壮日を射殺した警官 高裁も無罪判決支持で控訴棄却!




坪庭セット(横幅206cm×奥行128cm×高さ180cm)
B0046A24F4

新・通訳捜査官 (経済界新書)
新・通訳捜査官 (経済界新書)
日本は中国人の国になる いつまでも中国人に騙される日本人 (ベスト新書) 悪韓論 (新潮新書) 中国が世界に知られたくない不都合な真実 沖縄が中国になる日
by G-Tools



日本ニュース | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    次は弾代の請求ですね
  2. No title
    裁判まですること自体おかしい
  3. No title
    付審判での経費を原告に要求すべきでしょう。
    民事の損賠も、これでチャラになるでしょうし。
  4. 特亜人は日本の治安の敵だ
    当然、最高裁も棄却だろうが、この裁判費用がどこから出ているかが不思議だ。刑事訴訟じゃなくて民事だぜ?
    特亜の危険性がよく出た事件だ。支那人は今も昔も阿Qばかりだ。朝鮮人よりは遥かにマシだが、中共政府に踊らされて訳も分からず反日デモを繰り返しドンチャン騒ぎしている自分たちの正体を、奴らは理解していない。
    日本は治安悪化の現実を以て、特亜人の入国を制限すべきだ。
  5. No title
    石灯籠で襲ってくる時点で殺人未遂だろ。
    そんな屑を返り討ちにしただけなのに、この警官は不憫だな。
  6. No title
    無罪、当然だ。
  7. No title
    普通に仕事しただけの警察官が容疑者にされるなんて理不尽だ

    きっと在日マスコミは無罪判決については小さく報道し
    さも警察官が容疑者のままであるかのように装うだろう

    そして、その在日マスコミの姿勢に怒った日本人がネット上で報復に出る

    結果、日本中の在日ヤクザや在日暴走族の犯罪行為がネット上で手当たり次第に暴露され

    今日も一人、明日も一人・・・と
    日々、在日朝鮮人が強制送還されるであろう
  8. No title
    >「報復される恐れもある」として、巡査の氏名は公表していない

    中国・韓国人は、戦後からずぅ~っと、こういった暴力で様々な利権を得てきたんだろうなぁ。
  9. No title
    警官は普通に仕事をこなしただけだな
    これが問題になるのなら、中国人を逮捕するなというようなもんだわ
    三キロの石を振り回してるんだから、警官への殺意があったとしか思えん
    銃を使うのも当たり前の話だわ
  10. No title
    灯籠で済んでよかったな。

    顔色一つ変えずにナイフを出し、躊躇せずに人に差してくるのがシナ人。

    逃げようがないから、首都経験の警官はチャイナタウンでチャイニーズに
    対して職質さえしない。
  11. 中華人民共和国は超絶不景気のようだな
    大本営発表どおりずっと右肩上がり成長なら、支那人は国を出てこないよ。
    当然こんなトラブルもない。
    現に日本の高度成長期はこんなトラブルとは無縁。
    普段は外国人投資家を騙すためにウソをついてるんですね?(笑)
    まあ外資に見放されたら死ぬしな。
    しかし建国の理想とは大分違うな。
    今沿岸部に工場を建ててる西側ブルジョアジーを悉く掃討し、世界中の人民を解放するんじゃないのか?
    逆に奴ら(敵)の顔色を窺うなど、本末転倒だ。共産革命は失敗と言わざるを得ないな。
    革命が成らない以上、共産党が権力と生産手段を独り占めする大義はないんだよ。
    当然賄賂を取り立てて不正蓄財する権利もない。
    返せ。速やかに。
    党が禅譲しない限り、また支那は人民の反乱でズタボロになるな。
    その時はこの不法滞在者も反乱軍の兵として使ってやってくれ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。