上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

執拗に地元漁船追跡 領海侵入の中国公船 狙いは「拿捕」か 尖閣海域
(八重山日報 2013/02/20)



尖閣諸島の領海に18日に侵入した中国公船が、周辺にいた民間の漁船、第十一善幸丸を1時間半にわたって執拗に追跡していたことが19日分かった。

海上保安庁の巡視船が中国公船から漁船をガードしたため、被害はなかったものの、中国公船は一時、漁船から50~60㍍まで接近した。


yaeyama-nippo201302200001
18日、尖閣海域に領海侵入した中国公船。第十一善幸丸から撮影=アンセル倫子さん提供


名嘉全正船長(54)は「巡視船がいなかったら、拿捕(だほ)されていたかも知れない」と証言した。中国の攻勢が続く中、尖閣周辺で安心して操業できなくなっている現状が、改めて浮き彫りになった。

第十一善幸丸には、名嘉船長らの乗組員のほか、取材のため石垣入りしているチェコTVの記者、トーマス・エツラーさん(49)らが乗船。早朝に尖閣海域に到着した。

乗船者によると、午前7時半ごろ、接続海域に中国の海洋監視船「海監46」「海監50」「海監66」の3隻が姿を現し、海保の船も入り乱れ、緊張した雰囲気に包まれたという。

3隻は8時55分ごろから領海侵入。海保からは「中国船が来たので、北小島の北に移動してほしい」「速度を上げて領海外に出てほしい」などと連絡が入った。

中国公船2隻は9時半ごろから第十一善幸丸の追跡を開始。エツラーさんは「ターゲットにされた」と感じた。1隻は1時間後に追跡をやめたが、残る1隻はさらに30分間追跡を続けた

海保の巡視船2隻は、中国公船から第十一善幸丸をガードして航行。午後7時ごろ、第十一善幸丸が無事、石垣港に到着するまで守り続けたという。

名嘉船長は「巡視船がいなかったら、中国公船に進路をふさがれ、止められていただろう。そこまでやるのかという感じだ」と振り返った。

中国公船の狙いは領有権主張を目的とした地元漁船の拿捕だったのかという問いには「そう感じた」と話した。

同乗した名嘉船長の弟、秀三さん(49)は「(日本の領海なのに)自分たちが逃げ隠れしなくてはならないことに矛盾を感じる」と指摘。中国公船に追跡されたことに対しては「中国のパフォーマンスだとしても、度が過ぎる。許せない」と憤った。

エツラーさんは「1時間半も私たちを追いかけて、何を得るものがあるのか。中国が領有権を主張したいのであれば国際司法裁判所に訴えるべきで(実力行使で領有権を奪おうとするのは)おかしい」と中国の行動を疑問視した。


海監:EEZにおける権益保護を担当。国土資源部国家海洋局。
中国海警:海上警備のみを担当。中国公安辺防海警部隊。
海巡:捜索救助、海洋汚染への対応、水路業務などを担当。交通部海事局。
中国救助:捜索救助を担当。交通部救助サルベージ局。
漁政:漁業資源を担当。農業部漁業局。
(以上、wikipediaより抜粋)





中国紙「沖縄も中国領」 領土拡大、試される世界 尖閣問題に欧州も関心 チェコTV記者インタビュー (八重山日報 2013/02/20)

yaeyama-nippo201302180001
尖閣問題の取材で石垣入りしているチェコTVのトーマス・エツラーさん(中央)と、カメラマンのピーター・スビデンスキーさん(右)、通訳のアンセル倫子さん(17日午後)


尖閣諸島問題を取材するため、香港に駐在するチェコTVのアジア支局長、トーマス・エツラーさん(49)=米国=が石垣入りしている。八重山日報社は17日、尖閣問題についてインタビューした。

―尖閣問題に対する関心は、ヨーロッパでも高いのか。

「(中国と周辺国が摩擦を起こしている)南シナ海、東シナ海の問題は、ヨーロッパの人たちも気にしている。アジアからヨーロッパへの物資輸送は東シナ海や南シナ海を通る。大変重要な海だ。(尖閣問題は)経済力が世界1位の米国、2位の中国、3位の日本が関わっている。中国が何をしたいのか、世界中が注目している」

―尖閣問題をどう見るか。

「中国は世界を動かす力を握りたがっている。南シナ海でも東シナ海でも、隣国と友好関係ではなく敵対関係を作っている。

フィリピンの政府関係者は『中国は、どれだけ領土を広げられるのか、世界をテストしているようだ。かつてのナチスドイツと同じだ』と話していた」

―エツラーさんは香港に駐在しているが、尖閣問題をめぐる中国国内の状況はどうか

「香港は、主要新聞の1面はほぼ毎日尖閣問題だ。

昨年の人民日報(中国共産党の機関紙)傘下の英字紙、グローバルタイムスでは『(尖閣だけでなく)沖縄も中国の領土だ。中国は、沖縄のためにも戦わなくてはならない』『一つや二つの軍事衝突など小さなこと』と論じていた。

昨年の北京の反日デモはカメラマンのピーター・スビデンスキーさんが取材したが、警察が、日本大使館に投げ込む生卵などをデモ隊に渡していた。食糧や水を差し入れたのも目撃されている。通常のデモは、中国国内では起こり得ない。官製デモだ」

「中国は私が行った国の中で取材活動が最も困難な国だ。全く法律に違反していないのに、私は23回、ジャーナリストの妻は16回、逮捕された。妻は警察官から髪をつかまれたり、蹴られたりする暴行を受けている。中国人の通訳は『外国人と仕事をするのは売春婦だ』と罵倒されている」

―尖閣問題の解決策は。

「対話による平和的解決を望む。中国は経済力が世界第2位の大国として、国際法を守る責任がある。しかし、守っていない。日中関係改善のボールは中国側に渡されている。日本側としては、中国側の動きを見守るほかないだろう」




中国にとって「尖閣問題」は「資源問題」だと思うのですが、「東シナ海ガス田問題」について日本はその後どうしているんでしょうかね。




何かのために sengoku38の告白
一色正春
何かのために sengoku38の告白
日本を守りたい日本人の反撃 国境の島の「反日」教科書キャンペーン~沖縄と八重山の無法イデオロギー~ ジャパニズム 誰も見たことのない日本の領土 DVD (別冊宝島) (別冊宝島 1724 ノンフィクション) 彼らが日本を滅ぼす
by G-Tools



中国ニュース | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    そろそろ海保じゃ手に負えないでしょ。
    海自が出張ってもいい時期だと思うぞ。
    海域に「いる」だけでも。
  2. No title
    国会で、領海内で海賊行為等の有害行為をする他国公船を
    取り締まる法律を制定すべきでしょう。取り締まる法律が
    無いのが一番の原因ですから。
  3. No title
    沖縄県のマスゴミは、那覇以外は比較的まとも。

    この八重山日報は、沖縄では数少ない左翼ズレのない新聞社。
  4. ははは
    (正規軍のくせに)海保に勝てないからって民間船を狙い始めたか?
    虎の子の海軍の筈なのに、全世界に恥を曝してるだけだな(嘲笑)
  5. No title
    >フィリピンの政府関係者は『中国は、どれだけ領土を広げられるのか、世界をテストしているようだ。かつてのナチスドイツと同じだ』と話していた」

    良いコメント。
  6. No title
    虫獄
  7. No title
    好戦的で覇権主義の軍事独裁国家が中国の本性
  8. No title
    この事件何故か主要な報道機関が一切報道していない。やはりシナが怖いのか。
  9. No title
    ※8
    「日中両国政府間の記者交換に関する交換公文」(1972) 
    ちうごく政府に都合の悪い報道は規制されています。
    反すれば、強制退去+以降の記者査証を交付しない。
    ただし、片務的で、日本側は検閲しません。

    と、ちうごくから、その社の記者が追放される可能性がありますので、
    弱腰になっています。また、つきぢの会社のように、監視要員が
    送り込まれていたり、竹橋の不動産会社(元新聞社)のように、
    Z枠で送り込まれたり...
  10. ~「在日朝鮮人に対する措置」の文書~
    ~「在日朝鮮人に対する措置」の文書~
    http://zaitokuclub.blog.fc2.com/blog-entry-428.html

    反日売国テレビ局・マスコミの隠蔽して来た在日朝鮮人に纏わる様々な事実。とりわけ強調するのは朝鮮が
    日本に居た朝鮮人の引き取りを拒否した事である。即ち、在日朝鮮人は朝鮮から見放された人々であり、
    一旦帰国した者も再び混乱する日本に密入国してきた者達である。 所謂、強制連行などと言うのは、
    嘘も100言えば本当になると信じている朝鮮人の虚言である。 朝鮮人に支配された売国テレビ局・
    マスコミの捏造・偽装報道である。

    【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
    【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
  11. No title
    最初に相手に一発撃たせる、ってのがベストなので、
    海上保安庁のみならず自衛隊の戦闘機が
    超低空で威嚇するとか、いろいろやったらいいのに。


    今、マスコミに潰された森元首相が、プーチンと会談している。
    多分五月のアベ訪問で、北方三島返還で落ち着くだろう。
    日露平和条約締結後は、いよいよ日・露・米・東南亜による
    大陸包囲網が始動するはずだ。
  12. No title
    > 八重山日報

    しか報じていないとすれば、他のマスゴミはまさしく糞。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。