上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

'騒音プッツリ、振動アップ'逸品女性自慰器具開発...日本テンガ、3月3日発売
(TVリポート 韓国語 2013/02/15)



女性用自慰器具が次第に高級化されながら名品級ブランドランチングが行われている。ヨーロッパが掌握していた名品女性用自慰用品市場に日本も挑戦状を投げた。

去る2005年に誕生して世界40か国で総2,500万個以上を販売した男性用自慰用品『テンガ(TENGA)』。彼らは来る3月3日、男性より複雑で繊細な'女性の快感'を満足させる商品『いろは(iroha)』の発売を予告した


20130215_1360908483_00537700_1


女性用セルフケア商品の開発ミッションが下されたのは約3年前。女性社員だけでチームを結成して本格的に開発を始めた。

2011年夏、女性メンバーの他にも開発部の男性メンバーからもアイディアを受け入れた。デザインと品質面で最高の作品を作り出したのだ。

テンガ開発部関係者は「ヨーロッパの商品はデザインが優れている。ここに遅れをとらないように研究を繰り返した。独創性に最も力点を置いた」と話した。

女性使用者の意見を総合すると、自慰器具でおなじみの電動マッサージ器、ピンクロータ、バイブレーターなどは素材が固くて触感が悪いという。また、とても冷たいという意見も多かった。

開発部はこうした意見をすべて取りまとめるために努力した。開発部関係者は「肌にやわらかい感触を与えなければならず、外観がやわらかい曲線と親しみやすい色でつくられるべきだというのが絶対条件だった。その上、これまでの商品はモーター音がとても大きいという短所があった」と指摘する。


20130215_1360908460_42916500_1

20130215_1360908472_78672800_1


この問題を解決するために電動モーターの専門家を採用した。彼に与えられたミッションは音は静かだが振動は満足でなければならないという点だった。

素材とモーターの組み合わせは女性用自慰器具にあって最も大きい宿題であった。素材を厚くすれば満足する振動を得られないということ。また、とても薄ければやわらかい触感が損なわれてしまう。試行錯誤を繰り返したあげく、使用者が例外なく感動を感じることができる製品開発に成功したのだ。(機械翻訳 若干修正)



さすがアダルト業界には敏感ですね。




iroha プレジャー・アイテム YUKIDARUMA

iroha プレジャー・アイテム YUKIDARUMAiroha プレジャー・アイテム HINAZAKURA iroha プレジャー・アイテム HANAMIDORI
by G-Tools

日本ニュース | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    >彼に与えられたミッションは
    ミッション!

    ミッション、インポ。渋る。
  2. No title
    ほんとにチョンはキモイ 
  3. No title
    ふーん
  4. No title
    なんせ9cmだもんなあ
  5. No title
    株式会社典雅は、日本の会社なんだが……。
    知らないなら無理に叩くな、な?
  6. No title
    日本じゃ怪しげなトコぐらいだろ? こんな新製品、記事にするの・・・。
    さっすがチョンさんやでぇw 性に関して興味津々すぎるw
  7. No title
    こういうものについてよく記事が出るなぁ。日本の会社でそ?
    でもこういう分野ってヨーロッパが主導してきたの?
  8. No title
    てか常に監視されとるな。反応が早過ぎw
  9. 買い物は国産か否かだけが重要
    ロッテだって反日チョン企業て知らん人は知らんだろ。
    チョンが外国に「日本を装って(なりすまして)」出す商品名は、
    芸者とか天ぷらとかフジヤマ・サムライなど日本的な名前をつけてある。
    ここがそうかは知らんがな。
    それに起業しないで、もともと日本企業だった所に侵蝕したり、乗っ取ったりするのは得意。
    怪しい企業の、会社の役員名見ても「通名(偽名)」だし、かなり悪質。
  10. No title
    正しくは国産か否かじゃなく、国産が基本で、なければ「 反日国 産 じゃないもの」を選別する。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。