上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

尖閣侵犯、野田内閣“弱腰”で中国エスカレート 「関係悪くなる」岡田氏主導、曳光弾封印
(産経新聞 2013/02/04)



沖縄県・尖閣諸島周辺での中国機による領空侵犯を受けた航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)時の手続きに関する議論で、野田内閣が、当時副総理の岡田克也氏の主導により曳(えい)光(こう)弾による警告を意図的に封印していたことが3日、明らかになった。日本側の慎重姿勢を見透かした中国側はその後、海洋監視船搭載のヘリコプターを飛び立たせる動きを見せるなど、挑発のエスカレートを招いた。

政府関係者によると、問題の発端となったのは昨年12月13日に発生した中国国家海洋局所属の多用途小型プロペラ機Y12による領空侵犯。空自はF15戦闘機などをスクランブルさせたが、空自機が現場に到着した時点で中国機は領空外に去っていた。

その数日後、防衛省は領空侵犯に対して、空自機が無線による警告を行った上で曳光弾による警告も行い、Uターンする通常のスクランブルの手続きについて報告。

藤村修前官房長官や玄葉光一郎前外相ら関係閣僚は了承したが、

岡田氏が「防衛省がそんなことをするから日中関係がますます悪くなる」と反対


森本敏前防衛相は「これは国権の発動で、当然の行為だ」と主張したが、野田佳彦前首相は岡田氏の意見を採用するよう指示したという。

だが、野田前首相が退陣する直前の12月25日頃、尖閣諸島周辺海域に展開した中国の海洋監視船「海監50」が格納庫を開閉する動きをみせた。海監50はZ9A型ヘリコプターを搭載可能で、格納庫から出たヘリコプターが尖閣諸島に急襲上陸する可能性も考えられた。

これを受け、野田氏も海監50からヘリコプターが飛び立った場合は、曳光弾による警告をスクランブルの手続きに含めることをようやく了承したという。

第2次安倍内閣発足後は安倍晋三首相が今年1月5日、領域警備に関する対抗措置の強化を指示。領空侵犯機が無線警告に従わない場合、曳光弾を使った警告射撃を行うことなどが承認された。その後、10日に中国軍機が防空識別圏に進入したが、領空侵犯は行われていない。


plc13020408060007-p2 


 岡田氏、中国に配慮「決定は駄目だ」 離島奪還訓練断念の舞台裏
(産経新聞 2012/11/03

首相も追認、米は強い不快感

日米両政府は5日から日米共同統合演習を行い、沖縄県の周辺海域を島に見立てて離島奪還の模擬訓練を実施する。当初は無人島を使った奪還訓練が予定されていたが、岡田克也副総理がこの方針を撤回させていたことが2日、複数の政府高官の証言で判明した。尖閣諸島の国有化に対する批判を強める中国への配慮があったとされる。野田佳彦首相も岡田氏の判断を追認しただけで、方針を覆した日本政府の対応に米側は不信感を高めている。混乱の舞台裏を検証した。


plc12110309020008-p1


「よし、それでいい」

10月上旬の首相官邸。外務・防衛両省の説明を聞いた岡田氏は、11月中旬に無人島の入砂島(いりすなじま)(沖縄県渡名喜村(となきそん))で日米共同奪還訓練を行うことを了承した。首相も10月9日に説明を受け、異を唱えなかった。

防衛省は「ゴーサインが出た」と米国防総省に連絡した。

同じ頃、両省内には岡田氏の了承をいぶかる情報が駆け巡った。ある政府高官は「岡田氏は本音では奪還訓練をやらせたくないようだ。まだ安心はできない」と指摘していた。

10月中旬になり、この高官の危惧は的中する。奪還訓練の正式決定に向け両省が再び説明に出向くと、岡田氏は「決定は駄目だ」と翻したのだ

それと前後し、16日には集団強姦(ごうかん)致傷容疑で米兵2人が沖縄で逮捕され、県民感情が悪化した。地元の渡名喜村も訓練に反対する考えを伝えてきた。これらも踏まえ22日、日本側は訓練断念を決定した。

別の高官は断念に至る経緯について「最終的に岡田氏が決め、首相もそれを受け入れた」と明言した。岡田氏が重視したのは「中国への刺激を避けることだった」という。

実際、中国外務省は16日に訓練計画を批判している。

「一度決めた訓練をひっくり返すのはおかしい」

中止決定から3日後の25日に来日したキャンベル米国務次官補は外務省幹部に強い不快感を伝えた。「政府最高首脳の決定であれば仕方ない」とも漏らし、岡田氏が断念させたと把握していることも示唆した。首相周辺はこれをキャンベル氏の「警告」とみる。

外相当時、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合案を唱え、迷走させた元凶の一人-。キャンベル氏は岡田氏をこう評価しているという。その存在は日米同盟の障害にもなりかねない。



2010年05月25日
岡田克也外相は就任8カ月間「竹島問題」を日韓外相会談で取り上げていなかった!



参院選前にこうした事がもっと出てくると良いですね。




SAPIO (サピオ) 2013年 02月号 [雑誌]
B00AR0CK24

正論 2013年 03月号 [雑誌]
正論 2013年 03月号 [雑誌]
WiLL (ウィル) 2013年 03月号 [雑誌] 正論 2013年 02月号 [雑誌] 正論 2013年 01月号 [雑誌] WiLL (ウィル) 2013年 02月号 [雑誌] WiLL (ウィル) 2013年 01月号 [雑誌]
by G-Tools



日本ニュース | コメント(18) | トラックバック(0)
コメント
  1. 民主の腐れた話は
    表沙汰になってないだけで
    まだまだあるんだろうな。
  2. No title
    >岡田氏が「防衛省がそんなことをするから日中関係がますます悪くなる」と反対。

    逆。
    そんなふうに配慮しすぎるからこそ、中国はつけあがってくるんだよ。

    まあ売国奴の岡田だから当然かもな。
  3. 中共のような独裁国家は
    いつも革命による転覆の危険と隣り合わせだ。
    中国共産党幹部らは人道に対する罪を犯しており、革命成った暁には、怒れる人民によって挽き肉ハンバーグにされる運命である。
    国外から中共を支援する岡田フランケンは共犯者なわけだが、自身が挽き肉ハンバーグになる覚悟はおありかな?
    岡田始め気持ち悪い支那マンセー野郎は「政治犯」として革命政府に引き渡そうぜ!
    奴らの犠牲の上に日本政府と支那革命政府の友好関係が築かれるわけだ。
    鳩野郎のいう「友愛」の実践だ。
    本人達も喜ぶに違いない。
  4. No title
    岡田は常に中国よりで日本のことを考えなかったんだな
  5. No title
    そんなに支那が好きなら移住しちゃえよ。
    誰も止めないから。
  6. ジャスコの店長でも勤めてれば良かったのに、下手に政治家になるからこうなる。
    特売品のシール貼り付けでもやってろ、岡田ちゃんは。
  7. No title
    こいつが考えるほど中国は甘い国じゃないだろ
  8. No title
    外患幇助で、ジャスコ岡田を訴追しましょう。
  9. No title
    中国の暴動は、松下政経塾の野田総理を威嚇するためにパナソニックを襲い、岡田副総理を威嚇するためジャスコを襲った。

    中国はしっかり考えて襲うところを決めている。

    そりゃジャスコが襲われるってわかってたら日本を売るのも人情だ。

    我々にできるのはジャスコを落選させることと、ジャスコで物を買わないこと。
  10. No title
    どこのための政権だったのかが明確になるのはいいことですなぁ。
    魔来子外相の時の正男対応を見るがごとし。
  11. No title
    >岡田氏が「防衛省がそんなことをするから日中関係がますます悪くなる」と反対。
    一国の副総理として極めて無能。
    本気で国を守る気概はないのか?
    政治家辞めろ。
  12. No title
    おいおい、中国を刺激したら 向こうのジャスコの売り上げ落ちちゃうじゃん! 
    警告射撃はするなよ!!・・・岡田

    こんだけ気を遣って襲撃されちゃうって、今どんな気持ち?www
  13. No title
    北京政府は日本側がけしかけてきたと発表するらしい。
  14. No title
    ふはははは!シナのフリゲートか射撃レーダー照射しやがった!
    やれ!奴らに初弾撃たせろ!それこそ思うつぼだ。

    なんとかあっちをあおって、第一弾撃たせたいなあ……
    日本の歴史が変わるチャンスだ!!!
  15. No title
    奴らが攻撃しても、戦争にはもちこまなくていい。
    堂々と人と資本を引き揚げ、台湾と連携し
    中国民主派とチベット独立派を支援できる。

    安倍内閣の支持率も、改憲賛成もあがる。
    願ったりかなったりだ。
  16. No title
    ※14
    これで、岡田は外患誘致罪ですな。
  17. No title
    ※16
    告発状を警察に出すといいよ。
  18. ロックオン
    やはり中狂はアホだ。
    人民の不満で国が空中分解(笑)するのを防ぐため、強硬策をとっているが、やりすぎ。
    加減を知らぬか?
    これで尖閣の警戒レベルが上がり、より盗りにくくなる。
    日本に改憲されて再軍備されれば、中途半端な人民軍の近代化など、まったく無意味。
    外資が引き上げて景気は更に悪化、人民の騒擾も激化。
    いよいよ「滅亡」が目の前にちらついてきたな。
    建国百年も祝えず幕引きとはダセー奴らだ!(嘲笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。