上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

<外交列伝>“慰安婦強制動員認定”河野談話出てくるまで
(聯合ニュース 韓国語 2012/12/17)



韓国先に"道徳的優位措置"に、日本の立地狭くなる


“強制動員認定”表現、終盤まで妥協難航..ユ・ビョンウ(兪炳宇)元大使回顧

「私は日本軍慰安婦であった。」1991年8月14日。日本軍慰安婦被害者のうち最初にキム・ハクスン(金学順)おばあさんが記者会見を行い、日帝の蛮行を告発した。慰安婦被害者の公開証言が初めて出てきたのだ。

これを契機に慰安婦問題は1990年代初期の韓日間最大懸案に浮上した

慰安婦問題解決に進展がなければ韓日関係の維持も難しい状況まで発展したわけだが、日本では問題解決とは距離が遠い世論が造成され始めた。

すでに1965年韓日協定で補償問題はすべて終わったのに、補償をさらに貰おうとする目的で慰安婦問題を継続提起したのではないかという誤った認識だった。

このような状況で1993年2月25日に出帆したキム・ヨンサム(金泳三)政府は格別の対策を出す必要性が大きくなった。


◇出帆17日ぶりに誕生した“道徳的優位”措置

キム・ヨンサム政府出帆当日局長になったユ・ビョンウ当時外務部(省に相当)アジア局長は「新政府の勢いを利用して仕事をしなければならない」としながら直ちに大統領職引継ぎ委員会の時から構想した案を推進した。

日本でなく、我が政府が立ち上がって慰安婦被害者に補償をしようという内容だった

彼はハン・スンジュ外務部長官から先に承認を受けた後、大統領府首脳部の説得に入った。直ちに予算がかかるうえ、業務自体は福祉部の事業の性格が強くて、大統領府の総括的な調整が必要だった。

パク・クァンヨン秘書室長とキム・ジョンナム教育文化首席などと頻繁に協議して、こうしたことを超高速で進行させた。私たちが道徳的な優位に立ってこのような措置をしなければならないという説得に大統領府の人々も一緒に動いたのだ。

結局、当時、キム・ヨンサム大統領は3月13日の首席秘書官会議で「日本政府に物質的補償を要求しない方針で、これに対する補償は来年から政府予算でしなさい」としながら「そのようにした時、道徳的優位を持って新しい韓日関係に接近できるだろう」と指示した。

ユ局長が道徳的優位措置の準備に入って17日ぶりに結果が出てきたのだ。

我が方のこのような措置は、慰安婦問題の本質が補償問題として曇ることを防ぎながら、日本に道徳的な打撃を与える効果を見せた

直ちに、被害者の補償要求に対する否定的世論が少なくなかった日本で「先手を奪われた」という反応が出てきた。

補償を前面に出して責任認定問題を避けることができる機会を逃したという日本側の内部評価も出てきた

実際、日本は当時、被害者に支援するための基金(後日「アジア平和女性基金」として1995年発足)を民間団体を通じて作ることもした。政府の直接補償は責任認定問題が後に続くので、民間団体を通した人道的支援という手を使ったのだ。

しかし、私たちの道徳的優位措置で慰安婦イシューの流れが変わった

補償局面から日本が政府の責任を認めなければならない局面に場が変わったのだ

このような理由から我が方の中からは「建国以来最も新鮮な外交的イニシアティブ」(ホン・スンヨン当時外務次官)という評価が出てきた。


◇「総体的に本人意思に反した」..日本、強制動員初の是認

1993年8月4日、日本は初めて慰安婦強制連行を認める政府発表を出した。

慰安婦イシューが浮上した時、日本は政府や軍が関与したことはなく、強制動員もないという態度を取った。そうするうちに1992年に軍が関与したことまでは認め(加藤談話)たが、依然として強制動員の有無は分からないという態度を取ったが、これよりさらに進展した立場を河野洋平官房長官が政府代表として出したのだ。

この談話は、我が政府が道徳的優位措置を法制(日本軍慰安婦生活安定支援法)化して1か月余りぶりに出てきた

「昨年12月から調査を進めてきたが、今回の結果がまとまったので発表する」ということを表面的な理由として前に出したが、我が政府の道徳的優位措置で雰囲気が反転しながら出てきた結果だというのが大方の評価だ

実際、河野談話を発表するまで韓日外交チャネル間には談話文の表現をめぐり水面下の協議があった。「日本が処理する問題」だというのが当時のユ局長の考えだったが、慣例により東京で外交協議が進行された。

協議は発表進展まで続いた。最後まで残った問題は強制動員の部分の表現だった。

日本側からは『100%皆強制動員ではない』という認識が強かったし、このような理由から「概ね本人の意思に反した」ということを事実上マジノ線とした。このような立場の差で両者間の交渉は難航に陥った。外交部の一部では、日本の頑固な立場を勘案して彼らの要求を受け入れようという現実論も出てきた。

ユ局長は交渉担当者に「幾夜もさらに明かしなさい」としながら、私たちの立場をそのまま死守しろと繰り返し指示した

結局、数日後、日本は「(慰安婦の)募集、移送、管理なども甘言・強圧によるもので、『総体的に』本人の意思に反して行われた」という案を持ってきた。ユ局長はその時にしてやっと、この案を受諾した

当時、交渉を指示したユ・ビョンウ元トルコ大使は聯合ニュースとのインタビューで「日本語では総体(一括)的という語と全体(個別の合計)的という語を区別して使うが、その程度の表現なら99%は十分だと考えた」と話した。

日本がそれなりに総体的という表現をさがす努力をしたのは河野長官の性向も影響を与えたと評価される。自民党内では多少進歩的であったし、過去問題を認めるのにケチではないためだ。


◇「日本総理も大学は出たのではないのか」

河野談話が発表されたて3か月以上後である11月6日、キム・ヨンサム政府出帆後、初の韓日首脳会談が慶州で開かれた。

慣例のとおりならば、この会談を控えて韓日間の過去の問題に対する交渉をしなければならなかった

キム・ヨンサム政府で日本総理の初訪韓であるだけに、過去の問題について何らかでも言及しなければならないが、どの程度まで言及し、これに対する答をどのようにするのかを事前にあらかじめ調整、首脳会談で事故が起きることを防ぐための措置だった。

しかし、我が方はこの問題に関する交渉をしなかった。ユ局長の指示による措置だった

会談を数日しか残さなかった状況で日本外務省アジア局長から電話がきた。今からでも交渉をしなければならないのではないかという要求であった。

ユ局長は「日本の首相(総理)も大学は出たのではないのか。私は首相の哲学を聞きたい」としながら「もし首相の発言が満足ならば私たちの国民が惜しみなく評価するはずで、誤った発言なら日本が後の処理をしなければならないだろう」と話した。

事前交渉を省略したまま首脳会談の日が明けたし、キム・ヨンサム大統領と細川護煕総理間の慶州会談が進行された。

分野別での対話に続けて、過去の歴史部門について話をする番になった。同席した韓日局長の間にも緊張感が流れた。細川総理はワイシャツのポケットからメモ一枚を取り出した。題名程度だけ書かれた簡略なメモであった。

細川総理はメモを参考にしながら「日本の植民地支配によって韓国人が母国語教育の機会を剥奪されて名前を日本式に改名され、従軍慰安婦、徴用などの色々な形態で苦しみと悲しみに直面したことに対して加害者として心から反省して深い謝罪を申し上げる」と話した。

具体的な行為まで言及した前向きな謝罪発言だった。

この発言は1995年に発表された村山談話の土台を築いたという評価を受けている

ユ元大使は「慣例のとおり交渉したとすれば『痛惜の念』のように使うこともない変な表現が出てきたこと」としながら「別途に交渉をしないことで、むしろ心を打つ言葉が出てくることができた」と回顧した。

彼は「過去には韓日間の緊密な関係などがあり、独島などの問題が浮上してもイシューとして発展せず、互いに収拾する雰囲気があった」としながら、韓日関係発展のためには共通の利害関係を作らなければなければならないと助言した。

◇ユ・ビョンウ元大使

外交部内で自他が公認する最高の日本専門家だ。

日本に勤めながら様々な人脈を構築、各種懸案業務を推進した。単刀直入的で直接的な話法を駆使するスタイルで、各種対日交渉で主導権を行使するのに大きな役割をしたという評価を受けている。

▲仁川(68)▲外務部オセアニア・西南アジア・東北アジア1課長▲外務部アジア局長▲駐トルコ大使▲駐日本公使▲大阪総領事(機械翻訳 若干修正)



結局、今では「補償」も要求してることについての感想が聞きたいですね。



文庫 よくわかる慰安婦問題
4794219423
逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体
逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体 (小学館文庫)
逆検定 中国歴史教科書―中国人に教えてあげたい本当の中国史 (祥伝社黄金文庫) 日本史集中講義―点と点が線になる (祥伝社黄金文庫) 仏教・神道・儒教集中講座 (徳間文庫) ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座 (徳間文庫) 「誤解」の日本史 (PHP文庫)
by G-Tools



韓国ニュース | コメント(13) | トラックバック(1)
コメント
  1. No title
    軽いパーを担ぐとこまではいいけど
    発言権は与えちゃいけませんという教訓
  2. 慰安婦ババアの歳
    乳だしぼろ切れチョゴリ時代と異なり、大日本帝国の初等教育を受けたから自分の歳くらいは数えられる。
    それによると、皇軍兵士の相手をするには微妙に若い。
    今と違いロリコンは少なく(当時の貞操観念だから)、少女が欲望の対象になるとは考えにくい。
    だが丁度「朝鮮戦争」の時期だと妙齢の女性で、夫・子供がいそうだ。
    婆を犯し、夫を北のスパイと言いがかりをつけて殺し、子供をうるさいと軍靴で踏み潰して殺したのは、「大韓民国政府軍」ではないかね?
    この至上まれにみる卑劣な人道犯罪こそ裁かれるべき。
    韓国という国や財閥が破産してもかまわない。
    虐殺1人当たり×1億円を賠償汁!
  3. No title
    記事中に出てくる「道徳的優位」ってのは重要な単語ですね。儒教に毒された世界では。
    何か批判されたときに見当違いの話を持ち出してくるのは道徳的優位を保つため。
    道徳的に優れている方が絶対に正しい世界だから。
    もちろん「道徳」の内容は日本人の概念とは全然違うわけだがw
    今までは何があっても「慰安婦」ネタを出せば日本が黙ってしまうので、それによって優位を確保できたけど、これからは(というかすでに)効かなくなってくるからねぇ。

    慰安婦は捏造。日帝の支配もおかしいところは何も無し。それどころか竹島に関しては韓国に非がある。なんてのが白日の下にさらされると、道徳的優位性が保てなくなって発狂するだろうな。世界観/道徳観の崩壊だし。
    まぁ別にいいんだけど。
  4. No title
    つまり朝鮮人は信用できないと
  5. No title
    随分昔に謝罪も済んでるんだな。
    全ての問題が解決済みにも拘らず、
    何度も謝罪と賠償を要求した事に対して謝罪と賠償を要求したい。
  6. No title
    >韓日関係発展の為には共通の利害関係を作らなければならないと助言した

    これって韓国の利益の為に、わざわざ国を売る日本人に対しては、
    「金」や「女」といった、何らかの便宜を計って 共通の利害関係を作らないとだめニダ
    ・・・としか読めないんだけどw
  7. No title
    とりあえず嘘吐きばぁさんに作文の丸暗記はしとけとwww
    毎回、話が変わって逝くよねー「あれは忘れもしない云々・・・」前回とちゃうでーとバカ丸出しwww
  8. No title
    折り合えずまともな証拠を用意して出直せ。
    証拠は嘘をいうおばばじゃだめだからな。
  9. No title
    別に敵対する必要はない。
    アメリの機嫌とりつつ、徐々に関係を断絶しして行くのが一番。
  10. No title
    >『総体的に』本人の意思に反して行われた」

    相対的かと。
  11. No title
    タイムマシンが発明されたら一番困るのが韓国人だろなぁ。
    まず過去の事柄に耐えられまい。
  12. No title
    >タイムマシンが発明されたら一番困るのが韓国人だろなぁ。

    未来行けばなくなってるしな。
  13. No title
    一歩引かれると距離感を保とうとして一歩近寄っちゃう癖を何とかしないとね。問題解決を美徳とする日本の文化につけこまれてるんだけど、相手に問題を解決するつもりがないことをいい加減理解しないと。

    まあ、こんな日本人と「交渉能力」のある前世代の韓国人はもう死滅していて、「道徳的優位性」とやらをかさにきて怒鳴り散らすことを祈ろう・・・

管理者のみに表示
トラックバック
聖闘士星矢 聖闘士マスククロニクル マスクコレクション マスコレ レオ アイオリア フィギュア 単品 バンダイ聖闘士星矢 聖闘士マスククロニクル マスクコレクション マスコレ バルゴ ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。