上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

北ロケット発射 韓国“10大ロケット開発国”夢こわれるか
(聯合ニュース 韓国語 2012/12/12)



北の主張の通りなら、羅老号より先に衛星軌道進入成功

北朝鮮が12日午前、長距離ロケット『銀河3号』の発射に成功したと発表したことで、我が国の“10大ロケット開発国”または“10大宇宙クラブ”入りの夢も消える境遇に置かれた

北朝鮮当局はこの日午前9時51分頃、銀河3号を発射して1時間30分余の後、「銀河3号の発射と光明星3号の軌道進入が成功した」と公式発表した。

北朝鮮の主張をそのまま認める場合、銀河3号の発射の目的が高度300km内外の低軌道にロケットの一番前の部分に積んだ衛星を乗せるという点で、我が国最初の宇宙発射体として来年初めに3次発射を待っている羅老号と変わらない。

当初、教育科学技術部(省に相当)は羅老号が2009年と2010年の失敗を乗り越えて3次発射に成功すれば、世界で10番目に自らロケットを打ち上げて衛星を軌道に乗せた国になると説明してきた。いわゆる“宇宙クラブ”の10番目の会員という話だ

北朝鮮の今回のロケット発射を、政治的意味などで世界が受け入れないことはあるが、北朝鮮の主張の通り銀河3号と光明星3号が正常に作動したのなら、私たちとしては今後、羅老号発射に成功しても“10大ロケット開発国”という修飾語を使うことが困難な境遇になった

一般的に世界で“ロケット開発国”と認められる基準は、衛星をロケットに載せて正常軌道に上げるところまで成功したのかどうかだ。

この基準により今まで世界でロケット開発に成功した国はロシア、アメリカ、フランス、日本、中国、イギリス、インド、イスラエル、イランだ。

ソ連は1957年10月4日、スプートニク1号衛星を積んだロケット『R-7/SS6』の発射に成功した。

これに対し刺激されたアメリカは翌年2月1日、エクスプローラ衛星を搭載した『ジュピターC』を打ち上げたし、1965年にフランスがA-1衛星をディアマンロケットに載せて無事に軌道に乗せた。

隣の日本と中国は1970年に世界でそれぞれ4番目、5番目にロケット開発に成功した。両国はその年の2月と4月にそれぞれ『ラムダ4S-5』、『長征1号(CZ-1)』を発射した。

引き続き、イギリスが1971年に『ブラック・アロー』、インドが9年後の1980年に『SLV-3』の発射に成功した。
1988年と2009年にはそれぞれイスラエルとイランがロケット開発国の隊列に合流した。(機械翻訳 若干修正)


統一……




POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~/If you love me,don’t for

Nothing Without You 決戦は金曜日 GREEN GARDEN POP【初回生産限定盤】 Poison-Movie Mix-
by G-Tools



韓国ニュース | コメント(13) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    米国 「我々も北朝鮮の衛星が軌道に乗ったことを確認した」 韓国「ええええええええええええええ」

    ttp://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1355288553/

  2. No title
    同じ民族だから同胞認定する必要も無いし、誇ってもいいんじゃない?
    失敗続きで先を越されたのは情けないけどな。
  3. 日没する韓国
    策を弄し他人の成果を横取りすることを好む(つまり自分では何物も生み出せない能無し)
    南チョンの脳内では北の核もロケットも自分達のもの。
    崖ダイブ大統領のように自分の保身は図ったうえで、祖国の主権を北に売り飛ばすリーダーが現れるに違いない。
    まあそいつは北チョンの権力闘争で消されるとして、統一朝鮮が次なる敵として日本を狙うことは想像に難くない。
    朝鮮人や漢人の作る幼稚な国は外敵を求めるしか維持するすべがないからな。
    だが統一朝鮮の戦力は日本の足下にも及ばない。
    ふたを開ければ核はミサイル搭載不可爆撃機搭載不可の核爆発装置(笑)にすぎないし、ミサイルは液体燃料且つ命中精度の恐ろしく低い打ち上げ花火。
    対して日本はすぐにでも世界最先端のハイテク兵器に転用可能な民生技術を持ち、一糸乱れぬ統制を誇る。
    どう考えたって「自殺」だが、朝鮮人はきっと向かってくるだろう。
    弱者は真の強者の力を知り得ない。
    普段平和憲法でだんまりを決め込んでるから日本は弱いと思い込んでる。
    能ある鷹は何とやら。
    はったりから入るチンピラみたいな喧嘩は朝鮮人と漢人のやり方。日本人とは違う。
    因みに朝鮮人と漢人はその種のチンピラみたいな喧嘩法で半万年北方民族にボコボコにやられ続け、彼らの尻の下で近代を迎えている。
    所詮その程度よ(嘲笑)
  4. No title
    <丶`∀´> ピコーン!
    “11大ロケット開発国”“11大宇宙クラブ”に拡大すればいいニダ!
  5. No title
    同一民族なんだから無問題ダロ。
    お得意の自己同一化で、
    あたかも韓国がやったかのように思い込めばいいだけだ。
    事実など、あいつらの前には何の意味もない。
  6. No title
    早く統一しろよ。
    チャンスだぞ。
  7. No title
    北に頭下げて来いw
  8. バ韓国が格下
    統一するなら北朝鮮が主導(宗主国)確定だなw

    反日に散財しまくってるアホとの差が出たなww
  9. No title
    まあ、あえて韓国を擁護すれば、ミサイル技術の転用で打ち上げてる北に比べて南はそのタイプの物は打ち上げさせてもらえないからハードルは高いってのはありますけどね。
  10. No title
    解体を始めたとか、韓国のニュースソースなんて信じるとろくな事にならんと云うのを再確認できたな。
  11. No title
    ナロ一発ロシアに打ち上げてもらって成功したところで何の自慢にもならんでしょうが!!
    まだ気づいてない様子なんで呆れた。
  12. 特亜三バカの宇宙開発のルーツは同じだ
    ロシアだ。
    支那はソ連崩壊のドサクサに紛れて技術者を買い叩き、
    北鮮はソ連のスカッドをベースに開発を進め、
    南鮮はロシアに高い金を払い開発パートナーにしてもらっている。
    どんな途上国でも簡単にコピーできるのがロシアロケット(ミサイル)の強み。
    因みに精緻を極める日本のロケットの敵ではない。
    アメリカの圧力さえ無ければ、より高性能のロケットが開発可能。
    特亜ロケットはオリジナルであるロシアロケットを決して超えられない。コピーはオリジナルの範囲内で遊んでろ(笑)
    だがもし三バカに順位を付けるなら、
    ①支那
    ②北鮮
    ③南鮮
    の順。
    ロシアにより近い国が有利なわけだ。
    南鮮は旧西側であるにも拘わらず、つまらない見栄のため、日米を裏切り、ロシアに事大の礼をとってロケット開発を進めている。
    つかロシアのロケット開発に金を出させられている。
    まあコウモリ野郎がふらふらすればするほど、己の首を絞めるという教訓だ。
    極東で一番戦略性に欠けるのは日本ではない。
    韓国だ。
    あんな多分野で何重も奴隷になってどうする。
    バカすWWW
  13. ケンチャナYO
    >もう“10大ロケット開発国”や“10大宇宙クラブ入り”と言えないニカ?

    統一すればホルホル

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。