上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

宇宙に向かった夢…年内現実化可能だろうか
(イーデイリー 韓国語 2012/11/29)



ナロ号の29日打ち上げ、17分残してカウントダウン中断
12月5日までの打ち上げ難しく..年内も不透明


我が国初の宇宙ロケット『ナロ(羅老)』号(KSLV-I)の3度目の打ち上げがまた再び延期になった。打ち上げ17分を残して一部の部品の電力過負荷現象が感知されたからだ。正確な調査のために起立されたナロ号を移動して分離しなければならないなどの手続きが必要で、打ち上げ予備日である来月5日はもちろん、年内の再打ち上げも難しい状況だ

政府は調査の結果と手続きなどを勘案して今後の日程を決めるという計画だ。イ・ジュホ教育科学技術部(省に相当)長官は29日の記者会見でで「これまで声援を送ってくれた国民の期待に応えられず、再び延期することになり非常に残念だと思う」として「成功の可能性に焦点を置いて日程を決める」と話した。


◇ナロ号、打ち上げ17分前にカウントダウン中断

ナロ号は29日午後4時の打ち上げが確定した後、午後1時58分から燃料と酸化剤の注入作業などが円滑に進行された。しかし、打ち上げ17分を残して‘上段部の信号異常’で突然カウントダウンが中断された。韓国航空宇宙研究院は放送を通じて午後3時43分、上段の状態点検中、問題が発生してナロ号のカウントダウンが中断されたと説明した。

打ち上げ中断を呼びおこした部分は、ナロ号上段ロケットの方向を制御する推進力方向制御機(TVC)だ。チョ・グァンレ ナロ号打ち上げ推進団長は「固体ロケットのノズルを固定させるTVCを駆動するには油圧が必要だが、油圧を作るポンプを制御するコントローラーが故障したと判断される」と話した。ポンプコントローラーはTVCに内蔵されている。

該当の部品は当初、国産製品と知られていたがフランス産製品だと明らかになった。航宇研は「フランス産の製品で去る1度目打ち上げ時から使った部品」としながら「2個の予備があり交替が可能だ」と説明した。


◇打ち上げ予備日内の打ち上げ難しく..年内も不透明

原因調査の日程を考えると、ナロ号の3回目の打ち上げの日程はまだ不確かな状態だ。調査のためにはまず起立しているロケットに注入された燃料と酸化剤を取り出した後、零下183度に露出したロケットの温度を高める作業をしなければならない。その後、ロケットを組み立て棟に移動できるので、30日午後または、翌月1日に組み立て棟に移すことができる。連結されている上段と1段目の解体作業にかかる時間などを考えると実質的な調査作業は12月1日から始まるものと見られる。ロシアとの日程調整も必要だ。

キム・スンジョ航宇研院長は「12月5日までに打ち上げすることは容易ではない」として、年内打ち上げの可能性に対しても「まだ話す段階ではない」と話した。

科学界では、ナロ号の打ち上げが再び延期になると遺憾を隠せずにいる。ユン・ヨンビン ソウル大学機械航空工学部教授は「今回は必ずナロ号が跳ね返して飛び上がって欲しかったが残念だ」として「まだ国内の経験も不足している状態と様々な信頼度を高める過程で経験がない延期の状況が発生すると見る」と話した。

一方、ナロ号は去る2009年8月に初めて打ち上げされたが、離陸後216秒後にフェアリングの一方が正常に分離されずに失敗したし、翌年6月に2回目の打ち上げが行われたが、離陸して136.3秒後に1次振動が起きたし、137.3秒後に内部爆発による2次振動が発生した後、交信が断たれて失敗した。現在までナロ号開発事業に投入された予算は計5200億ウォン規模だ。(機械翻訳 若干修正)



[一問一答] ナロ号、成功の可能性に焦点合わせて日程を決める
(イーデイリー 韓国語 2012/11/29)

(略)次はイ・ジュホ長官とキム・スンジョ韓国航空宇宙研究院長、チョ・グァンレ ナロ号打ち上げ推進団長の一問一答だ。
(略)

-異常が生じたコントローラーが国産の部品なのか外国の部品なのか、交替するならばスペア部品があるのか知りたい。

▲数回上段に関連したすべての製品はほとんど国産化されたが、今回の部品はフランス産だ。予備品は2つ程持っている。

-上段の部分は1度目の打ち上げの時に作られた、あらかじめ作っておいた部分であり、使用年限が今年の末までとの話があった。ひょっとして古くなって発生した問題ではないのか。

▲それは今、断定的に話しにくい。約5年余り程経過した製品にあたる。私たちは3か月ごとにロケットに対する状態チェックをしていて異常がないということを確認した。5年程の保管期間で問題があるものと見ない。何回も検証実験通じて使用可能と判断した。(略)(機械翻訳 若干修正)



上段(2段目)は韓国製と言っていたのに不具合があると国産比率が下がるんですね。


ロシアとの契約は「打ち上げ成功2回。但し失敗があったら3度目も有」というものです。 これ↓

1度目(1号機) 2度目(2号機) 3度目(3号機)
=契約終了
× =契約終了
× =契約終了
× × =契約終了
× × =契約終了
× × × =契約終了

なので現在は、1度目=失敗、2度目=失敗、3度目の打ち上げ予定が2回中止された状態です。



2012年10月26日
「羅老号」の3度目の打ち上げが“ロシア”のせいで延期ニダ! 最悪は春以降ニカ?




ロケットローター ブラック

ロケットローター  ブラック
インスピレーション (ブラック) EXE JULIA+ ローション付き EXE DENMA 24 ピンク 電池付き EXE CLIMAX BLACK 単4電池3本付 セレブるバッティー7(セブン) ゼブラ
by G-Tools

韓国ニュース | コメント(20) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    v-217また他人のせいですか・・・
    どうせケチって安価な性能ギリギリの部品を使ったんでオーバーロードしたんだろうね
  2. No title
    成功したらウリの手柄!
    失敗したら他人のせい!
    こいつらって本気でクズだな

    フランス製のパーツの組み付けしくじってるんだろ
  3. No title
    国産化しようとした劣化コピー品で使ってるんだろ。
  4. No title
    よく○○国制の部品がって言うが、何で悪いのは他国になるんだ?
    文句ばっかり言うなら全て自国の部品で、自国の技術で飛ばせよ。

    だから、お前らの国では内も外も「信頼」と言う言葉が皆無なんだよ。
    嘘吐き・パクリ・失敗すれば人のせい。相手して貰えるうちが華って
    事に未だ気づかないんだな。
  5. No title
    純韓国産の中國製発射台。

    純韓国産の露西亜製ロケット。

    純韓国産の仏蘭西製人工衛星。

    独自技術を他国に公開する韓国って凄いな!




  6. No title
    予備品が有るから、原因究明なんかまともにやらんのだろう。
  7. No title
    ベクタースラスタの異常とはなぁ
    自爆ブレーキない状態でハンドル効かないって何その盲ミサイル
    最悪の組み合わせじゃんよ
  8. No title
    もうロシアは契約履行したと言えるんじゃないの?明らかに韓国のせいででスタッフが長期間拘束されるんだから賠償請求すればいいと思う。あるいは引き上げちゃっても韓国は文句言えないのでは?
  9. No title
    ウリ達の独自技術とはパクリ技術ニダ!
    中国はバカの一つ覚えの丸パクリだがウリ達は少し手を加えて100%独自の者と主張する技術にあるニダ!
  10. カウントダウン中かよ(笑)
    察するにバカチョン技術者がケンチャナヨ精神で作った一部部品の欠陥をパートナーの露助に隠し続けたが、土壇場でバレ、即中止するよう求められたのだろう。
    テラバカすWWW
    南チョンは共産朝支那と同じく、国威発揚と人権弾圧と海外投資金詐取で漸く保ってる国だが、国威発揚にしくじる南チョンは支那以下である。
    実力も無く、パクりのテクニックも中途半端な南チョンは即刻滅亡汁!
    弱き者が淘汰されるのは自然の摂理であり、奴らの大好きな「天命」だ。
    天が朝鮮人に亡ぶよう命じている。
    その通りにせよ。



  11. No title
    前にも書いたかもしれんが、ペンシルロケットからやり直したら??
  12. アマゾンwwwww

    毎度お馴染み
    他人のせいですか。

    回路組んだのお前らだろ。
    かける電圧でも
    間違ったんじゃねえの?
  13. No title
    何でも人のせい誰かのせい。
    なら何で「自国産」のを使わないんだ?
  14. No title
    ロケット型時限爆弾
  15. No title
    フランス製だから自分じゃ直せないニダ!
    ところでロシアとの契約はどうなっているんだろう?
    ロシアはいつまで待てばいいの? 期限が切れちゃったらどうするの? お金あるの?
    どこまでもネタまみれだなぁ。
  16. No title
    燃料の酸化剤を入れたら、腐食が始まるからすぐ飛ばさないと行けないと思うんだけど、
    酸化剤を抜いただけで大丈夫なん?
    それで失敗したらフランスのせいで、自分は悪くないっていつものヤツか。
  17. 金属疲労
    これ、同じ機体じゃもう信頼性は殆ど無いと思う。
    なぜなら、発射直前で二度も中止になったという事は燃料タンクはマイナス180度以下の極低温に2度も晒されて、金属疲労は相当なもの。
    多分そのまま発射したら間違いなく落ちる。
    だから、その事実を認識した時点で、これ以上失敗を繰り返したくない、恥をかきたく無い一心から、発射はウヤムヤになると思う。
    で、ウリは悪くない、ロシアが、フランスが、いや、一番悪いのはイルボンニダ!となるに決まってる。
  18. No title
    燃料注入は5回まで保証されているニダ。まだ2回目ニダ。
    それで失敗したらロシアの所為ニダ。

    まあこうなるだろうな。

  19. No title
    みんなはどの未来がお好みニカ?

    ①点火した瞬間、燃料タンクが破裂して気化爆弾と化し、発射場もろとも消滅。
    ②離床するものの、なぜか推力が上がらず発射台に逆戻り。発射場と南鮮チョン全国民が火病発症。
    ③一段目は成功するが、二段目が切り離せず落下。ピンポイントでウリナライージス艦に直撃して轟沈させる。
    ④一段目成功、二段目のスラスタコントローラーがGJな仕事ぶりを発揮して、青瓦台一帯を粉砕。
    ⑤成功寸前、北の将軍様のテポドンに偶然鉢合わせて撃墜される。
    ⑥完全成功。数か月後、搭載衛星にチェ所長が組み込まれていたことが判明。

    ウリ的には⑥が希望ニダ。以降のロケットは所長不在のため全て失敗、なんてオマケ付きなら最高ニダ。
  20. No title
    宇宙の起源は姦国、よってすべて純国産ニダ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。