上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

韓国ロケット打ち上げ延期 ガス注入口に異常
(共同通信/産経新聞 2012/10/26)



韓国教育科学技術省は26日、同国南部・全羅南道の「羅老宇宙センター」で同日午後に予定していた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」(KSLV-I)の3度目の打ち上げを、3日以上延期すると発表した。1段目のガス注入口に異常が見つかったため。

同省などによると、26日午前、発射台に設置されたロケットの1段目にヘリウムガスを充填した際にガスが漏れ、注入口の部品に破損が見つかった1段目を開発したロシア側と協議し、打ち上げの日程を再調整する。

羅老号は全長約33メートルの2段式で、2段目は韓国が独自開発した。

2009年と10年に打ち上げたが、いずれも失敗した。(共同)



ナロ号打ち上げ最低3日延期.."ヘリウム注入部位の漏れ"
(聯合ニュース 韓国語 2012/10/26)

打ち上げ日早ければ来週初め、遅れれば来月中旬
"1段連結部位壁材破損"..ナロ号打ち上げ台で撤収

我が国初めての宇宙発射体(以下、ロケット)『ナロ(羅老)』(KSLV-I)が打ち上げ予定日である26日午前、打ち上げ準備過程でヘリウムガス注入のための連結部品の漏れが発見されて打ち上げが最低3日以上後に延ばされた。

チョ・ユルレ教育科学技術部(省に相当)次官はこの日の記者会見で「今日午前、ヘリウムガスを充填している中、1段目と打ち上げ台の連結部品の漏れが発見されて打ち上げ日を延期することに決めた」と明らかにした。

教科部と航空宇宙研究院によれば、ロシア開発陣がこの日午前10時10分頃、ナロ号1段目(下段)にヘリウムガスを注入する過程でヘリウムガスの圧力が十分に上がらない現象を発見した。

これは連結部品の締め切り材(シーリング)が破損したためと確認されている。ナロ号はヘリウムガスの圧力でバルブなどを調節する。

漏れ連結部品がロケット1段目内部だけにロケットをひとまず打ち上げ台から撤収して修理した後、再び打ち上げ準備に着手しなければならない状況だ。したがって打ち上げは最低3日以上延期しなければならないというのが航宇研側の説明だ。

航宇研関係者は「破損部位が大きくなくて修理に時間がかからなければ理論上、来週初めの打ち上げも可能だが、破損が深刻な水準ならば当初26~31日と国際機構に通知した打ち上げ予定日を後の期間に再び決めなければならないかもしれない」と明らかにした。

シーリング破損部位の修理はロシア側が行って情報を我が方に伝える方式で進行される予定だ。

今回の打ち上げ延期でナロ号は再びロケット組み立て棟に移送された。

チャン・ヨングン韓国航空大学航空宇宙機械工学部教授は「1段目のエンジンには様々な推進機があり、推進力を得るために圧力が必要だが、ヘリウムガスが噴射されながら圧力を得る」として「このためにヘリウムガスボンベにヘリウムガスを充填しても圧力計の圧力が上がらなかったということで、ガスボンベ注入口にパッキングのように密着させる'シーリング'部分で漏洩が発見されたようだ」と説明した。(機械翻訳 若干修正)



航宇研「ヘリウム注入口連結部位破損」
(聯合ニュース 韓国語 2012/10/26)

キム・スンジョ航宇研院長、パク・ジョンジュロケット推進機関室長の一問一答
ロシアで作った1段目ロケットの“シール”に問題

我が国初の宇宙発射体(以下、ロケット)『ナロ(羅老)』号が打ち上げ予定日である26日午前、打ち上げ準備過程でヘリウムガス注入連結部位の漏れが発見されて打ち上げが延期になった。

チョ・ユルレ教育科学技術部次官は記者会見で「今日午前、ヘリウムガスを充填していた中、1段目と打ち上げ台の連結部品の漏れが発見されて打ち上げ日を延期する」と明らかにした。

次はキム・スンジョ航空宇宙研究院院長、パク・ジョンジュ航宇研ロケット推進機関室長との一問一答。


--2回目の打ち上げ時もヘリウムガス注入の問題で打ち上げ延期になったが同じ原因なのか。

▲(パク室長)他の原因だ。2回目の打ち上げ遅延問題は圧力センシング(調節)に問題があったもので、今日は地上でロケットにヘリウムを入れる注入口の連結部位の“シール(Seal)”が破損したのだ。


--発見時刻は。

▲(パク室長)今日(26日)午前10時10分頃だ。ヘリウムを注入する過程で圧力が落ちるのを確認してロシア研究陣が肉眼で“シール”の破損を確認した。


--破損した理由は。

▲(パク室長)“シール”はガスが漏れないようにしたもので、欠陥があれば圧力を受けた際に破損する。


--どんな種類の“シール”なのか

▲(パク室長)ロシア側が作る1段目の部品は非公開が原則なので材質、大きさ、破損程度を確認できなかった



--組み立て棟に移すのか。現在の作業状況は。

▲(キム院長)ナロ号を水平に寝かせて組み立て棟に再び持っていって直さなければならない。今(ナロ号を打ち上げ台から降ろす)作業を始めるのを確認して降りてきた。


--ロケットを降ろして再び立てるならば予備日内に打ち上げることができるのか。

▲(キム院長)一度降ろせば打ち上げ予定日の前日から再び始めなければならない。現在としては日付がいつだと言い難い。


--次の打ち上げはいつ可能なのか

▲(キム院長)技術的には組み立て棟に移送して再び打ち上げ台に立てるまで最低3日がかかる。技術的には月曜日に可能だ。もし打ち上げ予定日内の打ち上げできない場合、期間を新たに承認されなければならない。他の国は一週間から10日後にするので、私たちも似た水準だと見る。


-‐ロシア側の問題なのか

▲(パク室長)そうだ。(ロシアが作った)1段目のロケットの中にある“シール”で破損が発見された。(機械翻訳 若干修正)




ナロ号打ち上げ中止…来年の春になる?
(京郷新聞 韓国語 2012/10/26)

26日の打ち上げが延期になったナロ号(KSLV-Ⅰ)が、来る31日までに予定された‘打ち上げ予備日’内に打ち上げることができないものと見られる。31日より打ち上げがさらに遅れれば、韓国航空宇宙研究院(航宇研)がロシア側と再び協議をして打ち上げ日程を定めなければならないと見られ、この時期は早くとも11月中旬と予想される。

31日までに打ち上げが不可能と思われる最大の理由は天気のためだ。26日午前、ナロ号1段目の燃料注入口の一部が破損したのを発見した航宇研は「修理のためには少なくとも3日かかる」と話した。いくら早くても29日以降の打ち上げが可能だということだ。

今週末である28~29日と来る30~31日は全国的に雨が降る可能性が大きく、29日月曜日でなければナロ号を打ち上げ難い。気象庁関係者は「27~28日に全国的に雨が降る」としながら「30~31日には北西側から気圧の谷が接近するので、今週末より雨がさらに多く降る可能性がある」と伝えた。雨が降れば落雷の危険性があり、ナロ号の打ち上げをできない。

ナロ号1段目の破損部位の修理が早く行われ、月曜日までに完了するにしても、打ち上げ台にナロ号を移して再び打ち上げ準備をするには最低一日以上の時間が必要とされる。修理日程と天気のためにナロ号の打ち上げは11月に延ばされるしかない状況だ

打ち上げ予備日が過ぎれば、航宇研はロシア側と協議して打ち上げ日程を再び協議した後、国際機構に通知して承認を受けなければならない。打ち上げは早くとも11月中旬になるものと見られる。もし11月を過ぎれば低い気温と大雪によって今年の冬は打ち上げが不可能で、来年春以降に打ち上げが可能だ。(略)(機械翻訳 若干修正)



楽しみにしていたのに残念ですね。





地上 噴出花火 予測不可能
B003FSRNEU

H-IIBロケット&移動発射台 実物フェアリング付きVer
スペースクラフトシリーズNo.08 H-IIBロケット&移動発射台 実物フェアリング付きVer Exploring Lab. 1/700 地球深部探査船 「ちきゅう」 1/48 サイエンスワールド 無人宇宙探査機 ボイジャー 1/1500クリエイターワークスシリーズ宇宙海賊戦艦 アルカディア (CW05 ) 1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット1 (宇宙戦艦ヤマト2199)

宇宙企画 生中出し [DVD]
宇宙企画生中出しコレクション4時間 [DVD] スーパーアイドルにタップリ生中出し フル・スロットル [DVD] 宇宙企画 コレクション 2009 4時間 [DVD] 激カワ女子校生に生中出し [DVD] 宇宙企画 コレクション2009 4時間 2 [DVD]
by G-Tools



韓国ニュース | コメント(16) | トラックバック(1)
コメント
  1. No title
    上がるより国がコケるほうが早そうだ
  2. No title
    なんだか哀れだな・・・ロシアにおんぶにだっこじゃないか。
    こんな状態でたとえ打ち上げが成功したとして、嬉しいのか?
    いや韓国人だもんな、同情してもしょうがないんだよな。宇宙大国って騒ぐんだろうな、どんだけ馬鹿なんだよ。
  3. No title
    >「ロシア側の問題なのか?」・・「そうだ」

    ・・・って、ロシアがいなくちゃ自力でロケット打ち上げなんか出来ないだろうがw
  4. No title
    ロシア側のモチベーションの問題もあるだろ。
    やる気が出ないといつまでも進まないよ。
  5. No title
    ロシア側からしてみれば韓国にロケットの打ち上げをしてもらいたくない
    のは明らかのような気がするけどねU^ェ^U
  6. No title
    打ち上げ花火だから、晴れてないとね。
  7. No title
    今回は、ねずみ花火かもしれんぞ
  8. 日中韓宇宙競争時代ニダ!
    とは小生は思わない。
    なぜならば、
    中国=ソ連崩壊時に「金で」ソユーズその他を買う(つまりまんまロシア技術)
    韓国=「金で」ロシアに打ち上げてもらう。
    ぼったくられ率は韓国の方が悲惨だな(大笑)
    因みに日本は、かっての同盟国ナチスドイツからのVⅡロケットの技術提供→情熱と奇跡のペンシルロケット→はやぶさと続く栄光の開発史である。
    長さも重厚さも違う。
    有人宇宙飛行は高い訓練施設維持費に見合うメリットが無いから「やらないだけ」ら知れ。ユーロだってやってないだろ。
    世界の覇権を狙うアメリカは別として、金に任せて宇宙開発するのは中韓などの時代錯誤のクズ独裁国家のみ。
    国威発揚しないと人民革命で明日にも崩れ去る弱い国だけ。
    しかも「失敗」か。ますます救われんな。
    いっそ北朝鮮に併合を申し出てはどうかね?
    賄賂漬けの政府高官は既に半分以上その気だろ?戦争ごっこを続ける意味なし。
    そして赤化朝鮮を「踏み潰して」大日本の覇権が再び甦るのだ。
  9. No title
    さすが韓国は豊かだね、こんなでかいロケット花火で遊んでるなんて
  10. No title
    Wikipediaで見てみたらすごいな。
    自国技術では50kgの低軌道衛星すら打ち上げられなかったのかよ。
    「ウリナラも宇宙先進国ニダホルホル」のために乏しい財源を使って、ご苦労なことだ。
    ロシアも正直「やめとけばよかった」と思ってるだろうよ。
  11. No title
    あのー「自爆装置」のないロケットって打ち上げても良いもんなのかい?
    http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2012102693958

    だから、揉めてんのと違うの?
  12. No title
    たぶんヘリウムじゃなくて他の燃料とかと間違って注入したんじゃないか?
    ロシア「あ~っ!チョン!お前何やってんだ!」
    チョン「何ってヘリウムニダよ。注入~」
    ロシア「バカそれ燃料!」
    チョン「ハハハ、そんなハズは無いニ・・・あっ!アイゴー!!!!!!!!!!!!!」
    ロシア「ダメだコリアー」
    ドリフの曲が流れる。


    >「ロシア側の問題なのか?」・・「そうだ」

  13. No title
    大玉花火の打ち上げ延期かぁ…残念。

    早く治してね。で、今度こそ斜め上を究めて、

    「青瓦台にピンポイントで命中」させてね。
  14. No title
    早い遅いより、成功する方が大事じゃないのか?
    冷戦時代の米ソの開発競争じゃあるまいし。
  15. No title
    >ドイツからのVⅡロケットの技術提供→情熱と奇跡のペンシルロケット

    前者は液体燃料、後者は固体燃料で共通技術はまったくない。
    全段固体燃料は日本の完全オリジナル。
  16. No title
    >栄光の開発史である。 長さも重厚さも違う。

    まるで自分の手柄のように語るのな。かっこ悪すぎ。

管理者のみに表示
トラックバック
★ 在特会ピックアップイベント ★ < 自衛隊パレードを妨害する反日極左を許すな! カウンター街宣 in 出雲 【島根支部】 > 出雲駐屯地開庁59周年記念市中パレードを守ろう! 国 ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。