上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

北朝鮮、「貿易代金、現金の代わりに米で決済してほしい」
(ノーカットニュース 韓国語 2012/07/17)



決済代金を米に変えて送る場合、貿易代金を一部減額と提示

北朝鮮の貿易会社が、中国に輸出した物品の代金を、現金の代わりに米で決済することを要求していると分かった。

北-中間の貿易取り引き事情に明るい中国のある消息筋は16日「北朝鮮と取り引きしている中国の貿易会社が、北朝鮮の貿易会社のこのような要求に困惑している」と自由アジア放送に話した。

消息筋は「北朝鮮の貿易会社が決済代金を米に変えて送る場合、貿易代金の一部を減らす条件を提示している」と話した。

彼はまた「中国の相手(貿易商)が、米の代わりに中国当局が輸出を許容しているとうもろこしや小麦粉などで決済すると提案したが、米でのみ決済することに固執している」と付け加えた。

消息筋は特に「北朝鮮と貿易を継続しなければならない一部の貿易会社は、やむをえず米を北朝鮮に不法搬出している」としながら「これにを感づいた中国税関当局が北朝鮮-中国境地域での米不法搬出の監視を強化している」と伝えた。(機械翻訳 若干修正)




北朝鮮内は干ばつで、

西海岸で続く干ばつ、農業に大きな被害、大雨対策も
(朝鮮新報 2012/06/29)

朝鮮の西海岸で4月末から続く干ばつは、農業部門に大きな被害を与えている

朝鮮中央通信が伝えたところによると、平安南道だけでも1万㌶余りの耕地に植えた作物が枯れており、檜倉郡では耕地面積の26%が、粛川郡では770㌶余りの耕地が干上がっているという。

平原郡、文徳郡、寧遠郡などでは、数百㌶の畑でトウモロコシの種まきを再び行わなければならず、多くの労力と種子、燃料などが追加支出されなければならない状況だ。

朝鮮中央通信は、このような状態が持続する場合、今年、道全体の穀物生産量が大幅に減少する見込みであると伝えた。

黄海南道の干ばつ被害も深刻で、集計資料によると6月21日現在、道全体で1万300㌶余りに植えた農作物が枯れており、青丹郡、康?郡、甕津郡などで最も被害が大きいという。 また、黄海北道では6月23日現在、約2万㌶が甚大な被害を受けている。(略)




韓国にはたかれない、

韓国輸出入銀、北に食糧借款の返済求める
(朝鮮日報 2012/07/17)

韓国輸出入銀行はこのほど、北朝鮮が延滞している食糧借款を早急に返済するよう再び要求した。

同行は16日午前、北朝鮮の輸出入銀行に当たる朝鮮貿易銀行に対し「対北食糧借款の元利金を延滞し続けているにもかかわらず、何ら措置を講じていないのは遺憾だ」として「延滞している元金を早急に返済するように」と通告した。

同行は2000年以降、6回にわたって計7億2005万ドル(約567億7600万円)の食糧借款を北朝鮮に提供し、コメ240万トンとトウモロコシ20万トンを支援した。

このうち、00年に初めて提供した583万ドル(約4億6000万円)について、先月7日に満期を迎えた。00年当時、北朝鮮側との間で、12年が経過したら元金を返済するという契約を締結したためだ。

同行は満期を迎える1カ月前の今年5月初め、朝鮮貿易銀行に対し満期について通告したが、北朝鮮側はいかなる反応も示さなかった



 
中国は下賜してくれない、

中国、北朝鮮に食糧10万トン、石油50万トンを毎年無償援助
(東亜日報 2012/06/25)

中国が、北朝鮮に対し、△食糧10万トン、△石油50万トン、△北朝鮮が要求した2000万ドル相当の品目を、毎年無償で援助してきたことが明らかになった。これは、北朝鮮の緊急事態の発生や中国最高指導者の訪問時の特別無償援助とは別枠から行われる定期的な支援だ。これまで、中国が定期的に北朝鮮に無償援助をしていることは知られていたが、具体的な規模と内容は公開されていなかった。

中国の北朝鮮筋は24日、「中国商務省と北朝鮮政府は毎年、無償援助の品目と量、時期について協議しているが、概ね食糧10万トン、石油50万トン、2000万ドル相当の北朝鮮の要求品目を基準に柔軟に調整してきた」と明らかにした。昨年は、食糧約9万トン、石油約50万トンなどを北朝鮮に無償支援するなど、毎年若干の調整はあるという。同筋は、「定期的な援助は、長期借款や現物交換などの条件がついていない純粋な援助だ」と話した。

09年に中国外務省は、「数年間、可能な範囲内で北朝鮮に対して無償援助を継続してきた。これは、北朝鮮人民の経済難を克服することが目的だ」と明らかにしたが、具体的な内容は公開しなかった。

興味深いことに、今年6月中旬現在、中国政府の無償援助のうち、食糧は10万トン中1万トンしか送られていないという。北朝鮮は、不足する食糧の相当量を中国に依存している。東亜(トンア)日報が入手した中国税関統計によると、08年から11年まで、北朝鮮が中国から購入した食糧は12万5000トンから35万6000トンに増加した。

同筋は、「今年は、金正恩(キム・ジョンウン)体制登場後の最初の年なので象徴性が大きく、特に端境期で雨不足の被害が深刻だが、中国は、これまでの慣例どおり無償で与えてきた食糧支援を延ばしている」とし、「これは、中国が強く再考を要請したにもかかわらず、北朝鮮が4月中旬に長距離ミサイルの発射を強行したことに対する懲罰的措置だ」と分析した。(略)




北朝鮮内で米価格は青天井なんでしょうね。



米がなければ(以下略)
52527453275





景品に 【お米一年分(5kg×12)】特大A3パネルと目録、お米引き換えハガキ×12枚のセット B008HZL09K

3合米俵入り新潟県産こしひかり
B007CJVIM6



北朝鮮ニュース | コメント(19) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    喰わなきゃ出てこないだろ・・・
  2. No title
    北の風土には稲作が合ってないんだから、米を食べる事を諦めた方がいいと思うぞ。
    大人しく雑穀を食べておけ。
  3. 特アは皆同じだ
    「特」別劣る「ア」ジア諸国の意である(嘲笑)
    中華人民共和国は本来敵である筈の西側ブルジョア(企業)を経済特区に招き入れ(利敵行為だろ)強引に経済成長しているが、撤退が相次いでいる。
    国内の企業は技術力等基盤が全く整っていない。見放された時点で負けだ。
    ならばと、不動産・株バブルに故意に誘導したが、これも冷めたな。上海の株価とか先行き明るい国の株価じゃない。
    最後は地方政府に借金させての箱物工事だが、これも時間の問題。ギリシャも真っ青の借金大国になるさ。
    大韓民国は西側陣営だが、北朝鮮と戦うからと経済支援を日米にせびり(実際には戦う意志も能力も無いので詐欺行為)、経済成長を果たした。
    その後のバブル誘発、崩壊、国の借金で底上げ、経済的破滅という流れは中華人民共和国よりちょっと先んじているというだけ。
    くだらないな。
    実に。
    日本国に勝つとか比べるとかもおこがましい低レベルである。
  4. うん、闇市場では米が一番儲かるってことか。どうせ輸出代金は生産者に渡るまでに9割以上が闇に消えていく訳だからね。
    北鮮ってのは、社会構造が李氏朝鮮の丸ごとコピーだな。王朝が金一族になっただけ。両班が朝鮮労働党と軍部に変わっただけ。ひと握りの支配層が人民から搾取する構図は不変。
    変わったと言えば、宗主国様を始めとして周辺国におねだり(と言うよりタカリ)を出来るようになったことくらいか。
    自らの立場を理解できない愚鈍さも変わってない。
    南鮮も同じだがね。
  5. No title
    外貨がないから米で払うのかと思ったら逆だったでござる
  6. 正鵠を射ています
    >チョンカスいじり殿
    ご指摘される支那と朝鮮の旧態依然の社会は、「天下盗りの夢(笑)」としてはある種のロマンがありますが、世界史的に見れば「大馬鹿者」「敗北者」の論理です。
    シナーとチョンには元々「怠け者」という農耕民族として致命的欠陥(耕さなければ収穫は無い、当然)がありますが、更に(天下の)奪い合いまで起こしては、ズブズブと社会の基盤そのものが沈んで行くのは当然でしょう。
    金のためなら何でもする日教組やNHKの「中華は偉大なり」のプロパガンダはもう厭きました。
    真に偉大な民族は人口比数十分の一の少数狩猟民族(満州)に征服されたまま「近代」を迎えたりしないし、その時点で「中華」とは言えません。
    清朝以前にも恥ずかしい「被征服履歴」はあり、NHK自慢の「平清盛」の時代もそうです。
    女真人に北半分奪われたうえ臣下の礼を取る偉大な大宋帝国(笑) この時代の後世界帝国モンゴルと五分以上の戦いを繰り広げた日本の皇室を「王家呼ばわり」する資格なしです。
    朝鮮は支那に輪をかけてダメ。
    酷評すれば、同じ「中原」とやら(笑)と境を接していても、モンゴルらと異なり中原の征服歴の無い唯一の劣等民族。
    過去の歴史、現在の国情を見るかぎり、まーったく尊敬に値しないし、千代に八千代にの永久不滅の大日本国のパートナーとしても相応しくない。
    隣人だろうが切って捨てる。それしかない。
  7. No title
    今は一番米が無い時期だしな。
  8. No title
    ※1
    ゆりーか!
  9. No title
    またデノミすればいいよ。
  10. No title
    >両班野郎殿
    ごもっともです。
    農耕社会では生産が本分であり、そして蓄える。蓄えにより生じた余剰時間で、新たに別の生産を行う。或いは生産性向上の技術革新を行う。
    分業が重要視される農耕社会では、社会の中での相互依存性が要求され、温和で、規律のある社会が育って行く。これこそ現代社会にも通じる先進的産業構造のあり方です。
    日本社会は、日本海によって特定アジア諸国からある程度隔離された地政学的条件を背景に、大陸の退廃的な奪い合い文化の影響を受けずに着々と独自文化を育んできたのです。
    一方、特亜3バカと言えば、他人の生産物を奪うことに心血を注ぐのが第一だったので、何の裏付も持たない虚構のプライドとは裏腹に、高度な文化、技術など生み出せ得なかったのです。
    そして現代においても何ら変わりません。領土、技術力、文化は奴らにとっては奪うものなんです。
    こんな連中と付き合うことは、寄生虫を養うことに他なりません。
  11. 不思議な民辱ですよね(笑)
    >チョンカスいぢり殿
    先も書いたとおり(つか史実)「征服された」負け犬民族なので、遺伝子的に農耕民族以外の血(匈奴、突厥、契丹、女真、モンゴル、満州など多数)が入っています。
    奪うだけが取り柄の能無しなのはやむを得ない面がありますが、その割にはモンゴル人等の持っている潔さ、精悍さ、素朴さ、自然崇拝、哲学は持っていません。
    まるで「悪いところだけを集めたような」救いようのない雑種ですよ(笑)
    他人を利用して伸し上がることが「賢者の証」であるかのように勘違いしている節があり、現に彼らの建国と発展の歴史は大日本帝国に「辛勝」して覇権を守った白人国家の力を借りています。
    言わば白人達の掌の上。
    この先日本人が白人共にリベンジするのかしないのか分かりませんが、仮にリベンジするなら、手を組むのはインドを始めとした「アジア」が良いでしょう。
    「特ア」はいくら人口が多く、表面上経済が好調に見えても、いくつもの爆弾を内部に抱え、しかも白人共の随意で起爆可能です。
    奴らと組んだ時点で我々日本人の敗北は確定します。戦いに於いては、まず「一番弱い者」から攻撃するのが定石だからです。
    ナチスドイツより更に頼りない奴らです。
    「同じ過ち」を繰り返してはなりません。
  12. No title
    北も南も恩知らずw
  13. 図に乗りすぎた特亜
    >両班野郎殿
    その通りですね。しかし、この本来負け犬であった特定アジアを調子に乗らせた原因は、日本にもあるんですね。
    次の2点では日本は歴史に学び、二度と繰り返さないようにしなければなりません。
    1.日韓併合
    最終的には安重根なるテロリストが引き金を引いた訳ですが、これにより、日本は自らに大きな禍根を残すことになりました。
    終戦以前には、日本国籍の朝鮮人により日本人の品位を傷付けられ、半島を豊かにすることにより劣悪DNAを増殖させ、日本本土に劣悪鮮人の流入を許したこと。
    そして、鮮人に関わった結果の法則が発動して、現在も鮮人のユスリ、タカリ、盗み等の被害を受け続けていること。
    2.日中国交正常化
    田中角栄の負の遺産です。
    世界から孤立していた中共に、世界への扉を開いてしまったこと。
    そして、腹黒い支那人に経済と技術を惜しみなく与えてしまったこと。
    現在、その結果として中共は世界中で横柄且つ横暴な態度を取り、その力を背景に民族浄化まで行なっている。
    日本はこれ以上、特亜3バカと深く付き合うことを控えるべきです。特定アジアが図に乗ると、世界人類にとって良いことはありません。
  14. 度々どうも
    >チョンカスいぢり殿
    先に上げられた二つの「汚点」についての私見です。
    1.日韓併合
    チョンカスいぢり殿の仰る通り「生産」と「備蓄」を繰り返した結果、明治日本は小さな図体に似合わず恐ろしい規模の国内資本を持つチート国家であり、貧しい大清帝国及び李氏朝鮮を征服併合する必要を感じませんでした。
    故に明治政府の奴らに対する最初の外交基本戦略は奴らを「自立させ」然る後「共に白人共と戦う」という至極良心的なものでした。
    その失敗の結果が、日露戦争及び日韓併合です。
    因みに失敗したのは「奴ら」が自分の足で立てなかったからで、日本人に一切非はありません。劣等民辱の巻き添えです。
    2.日中国交正常化
    アメリカはイギリスの「中国人全員に自国製の靴下を穿かせる」という夢を承継し、シナーの傀儡政権を必要としていました。
    国民党、中国共産党と二つの「売国奴」がいましたが、勝ち残った後者を日本に支えさせようとしたものです。
    シナーの政権は権力者が(つかの間)贅沢するための「玩具」に過ぎないので、過信は禁物です。「そもそも国に非ず」と割り切るが吉。
    なお、アメリカが極東で最も怖れるライバルは「日本国」です。自らの傀儡に過ぎない中華人民共和国を怖れる理由がありますか?
    ただの新冷戦「ごっこ」です。真の狙いは日本封じ。
  15. No title
    一言「李氏朝鮮」かいと( ´,_ゝ`)プッ

    「金氏朝鮮」も米穀で年貢ですかとm9(^Д^)プギャー
  16. No title
    残念だが、飢え死にするしかないね。
  17. No title
    あえて言おう! 南北共々死ねと‥‥‥
  18. No title
    西側の銀行の小切手で決済してやれよ
  19. No title
    どうせ寒いんだしロシアからライ麦もらえ
    北の寒さでも育つ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。