上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

『ハローキティ』ロイヤリティー着服、45億取りまとめた会社代表捕まる
(文化日報 韓国語 2012/06/22)



検察が日本の代表的キャラクター商品である『ハローキティ』(図)の特許商標を国内で使用しながら、日本企業にその使用料を少なく報告する手口で数十億ウォンの不当利益を得た国内ライセンシング会社A社のキム某前代表(50)(仮名?)に対して拘束令状を請求したと22日、明らかにした。

ソウル中央地検調査部(部長検事パク・キュウン)によれば、キム前代表は2008年1月1日から昨年11月まで『ハローキティ』商標を使用する国内の他企業等から支払われたキャラクター使用料を、商標特許企業である日本『サンリオ』に少なく報告する方法で45億ウォンを横領した疑いを受けている。

検察によれば、キム前代表は去る2008年に日本『サンリオ』と『ハローキティ』国内独占使用権(ライセンス)契約を結び、『ハローキティ』キャラクターを使用して関連商品を製作する国内の他企業らから商標使用料名目でロイヤリティーを受け取ってきた。

しかし『サンリオ』は昨年、A社に対する特別監査の過程で、『ハローキティ』等キャラクター商品の売り上げを偽り、ロイヤリティー送金額を故意に減らしてきた事実を明らかにし、これを検察に告訴した

検察関係者は「最近まで被疑者と関連参考人に対する調査を終えた状態で、現在4人程度が起訴されるものと見られる」として「公正で透明な執行を見せることによって外国企業の国内投資の活性化に寄与する」と話した。

これに対してA社は「日本『サンリオ』は国内有数の法律事務所と会計事務所を前面に出して特別監査を進め、『問題がある企業』云々して会社の信用と名誉を傷つけた」と主張しながら『サンリオ コリア』を不当な契約解除と業務妨害の疑いで相互告訴していた

白い子猫のキャラクターである『ハローキティ』は、1974年に日本のキャラクターデザイン会社である『サンリオ』で開発され、資産価値が約20兆ウォンに達するなど、日本で作られたキャラクターのうち最も高価なキャラクターとして挙げられている。

『ハローキティ』は国内での関連売り上げが年間5000億~7000億ウォン規模で、我が国のキャラクター市場で1位を走っていると知られる。(機械翻訳 若干修正)




ハローキティをめぐる韓日戦... その真実は?
(アジアトゥデイ 韓国語 2012/03/25


″契約違反による事業権還収" vs "国内市場蚕食のためのペテン"


国内キャラクター市場で認知度1位を占めているハローキティ。これを製作した日本のサンリオ社が国内流通を担当する会社のマスターライセンシング(主事業権者)権限を不法的に剥奪したという主張が提起されている。

アイシスコンテンツ(ISIS contents)は去る2008年、ハローキティの国内流通を今後10年間担当する主事業権者契約を締結した。アイシスは以後、ハローキティの売上を毎年30%以上増やし、国内でのキャラクター認知度1位を占める成果を成し遂げた。

実際、去る1998年から10年間サンリオの国内法人であるサンリオコリアがライセンシングを担当していた当時、年間売上は40億ウォンに過ぎなかったが、アイシスコンテンツが事業を進めて3年目である2010年に売上額は150億まで増加した。ハローキティの成果は、去る2011年の国会国政監査期間に話題にもなった。

しかしサンリオは昨年、アイシスコンテンツ側に契約違反事実があるという理由を挙げて契約解除を通知したと知られた。

サンリオ関係者は「確認されていないアイシス傘下のサブライセンシングが中国に工場を置いて製品を生産したり、契約書上のロイヤリティー率と実際の取り引きに違いが生じていたなど、多数の契約違反事実が発見されたので契約を解除した」と明らかにした。

この関係者は「2010年の会計監査でも多数の誤りが発見され、確認書を受けた経緯がある」としながら「同じ問題が再度発見されるて措置を取った」と強調した。

今後のハローキティの流通については「サンリオコリアを通した直接流通を準備中だ」と付け加えた。

これに対して、アン・ウジン,アイシス代表は23日、ソウル市汝矣島の中小企業中央会で開催された事業説明会後に開かれた記者会見で、「契約違反はサンリオ側の一方的な主張に過ぎない」と主張した。アン代表は「アイシスと150余りのサブライセンシング(協力会社)で何年間も苦労し、売上増加を成し遂げると、サンリオで直接事業を試みようとする意図をあらわした」としながら「国内有数の法律事務所と会計事務所を前面に出して特別監査を行い、業界に問題がある企業という噂をたてるなどの業務妨害行為が継続的に続いている」と明らかにした。

アイシスは去る1月、サンリオコリアを名誉毀損および背任、業務妨害の疑いで刑事告発した状態だ。(機械翻訳 若干修正)




>検察関係者は~「公正で透明な執行を見せることによって外国企業の国内投資の活性化に寄与する」

「他人の著作権を侵害する」が悪いことだからではなく、「外国から変な目で見られる」が嫌なので検挙したようです。






日本ニュース | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    知ってた

    韓流グッズも在日がめいめい勝手に作って売ってるしなw
    祭りの露店みたいな小汚い店ぽっぽこぽっぽこ建っとるで
  2. No title
    犯罪者(国・社)と関わる奴まだいたんだ
  3. No title
    まさにコリアクオリティ。
    撤退しても勝手に使うのが居そうだから、粘り強くやらないといけないんだね。
  4. No title
    朝鮮側はパクられるモノが何も無いからやりたい放題だな。

    これが持たざる者の強さ…か!
  5. No title
    損害全額+懲罰的賠償とか取れる制度だっけ?
    まあ、愛国心が発動される裁判制度みたいだけどな。
  6. No title
    衣料密輸入で現金大量に持ち込んで逮捕された事件、アレにキティちゃん入りの衣服も相当量含まれてたんじゃないの?
    もしかして。
  7. No title
    韓国でハローキティが有名なのは、ウリのおかげニダ! ハローキティはウリが育てたスミダ!!

    いやいや、マライア・キャリーだの、レディー・ガガだの、海外有名人が大勢、
    キティ好きを公言するくらい人気キャラですよ。
    さんざん売り上げちょろまかしといて 何言ってんだ。
  8. No title
    日本ですら税務調査すると脅せば消費税に賛成する新聞社だらけ。韓国で叩いてホコリが出ない会社はないから、税務調査しないという発言が雇用促進さくとして使われたりする。
  9. No title
    ぬれぎぬ差別といつもの言い訳……

    バレなけりゃいいと騙しておいて、
    バレたら怒りだすと言うのは
    永遠に治らないな。
  10. 相変わらず低次元だな
    朝鮮人や漢人に「第二第三のキティ」を生み出す力が無い。(創造性の欠落)
    ↑この事実こそ重要。
    どんなにロイヤリティを誤魔化すスキルやロビー活動のスキルを研いたってムダだ。
    漢人も朝鮮人も過去数千年「奸計」を駆使してきたが、結果満州人とかいう狩猟民族に征服された状態で、「近代」という時代を迎えることになった。
    恥ずかしい歴史だな。
    数千年の積み上げも「敗北者」に終われば意味ない。
    「奸計」など一時しのぎに過ぎない。
    そんなモノにすがり続ける限り、漢人・朝鮮人は永遠に負け犬であり続ける。
    それはそれで愉快だがね。
  11. No title
    100ウォンで7円として、
    45億ウォンで3100万円かw
    横領も低次元だねw
  12. No title
    低額でも、まかりません。全部払え。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。