上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

[単独]最先端誇ったら…また‘国璽詐欺’
(アジアトゥデイ 韓国語 2012/05/11)



第4代国璽が‘伝統技法詐欺’で廃棄された中、昨年、韓国科学技術研究院(KIST)が希少金属イリジウムを入れて最先端技法で製作したという第5代国璽にイリジウムが含まれていないことが11日、確認された

国の象徴の主務部署である行政安全部(省に相当)は、第5代国璽の監理を主管する国防技術品質院から提出させた監理報告書を通じてこうした事実を知っても、イリジウムが入っていると判定していた

アジアトゥデイが入手した第5代国璽監理報告書によれば、韓国化学融合試験研究員(KTR)の国璽成分の分析の結果、第5代国璽はイリジウム(Ir)が含まれず、金(Au・75.1%)、銀(Ag・11%)、銅(Cu・12.5%)、亜鉛(Zn・1.07%)の合金だった。


638766(0)-m550810_39087


監理報告書には「イリジウムの場合、挿入量が0.475g(0.01%)の少量である関係で成分分析が難しかったが、監理団の立ち会いの下で挿入を確認した」と書かれている

しかし、第5代国璽の成分分析時にKTRが用いた湿式分析法は、ppm(100万分の1、0.000001%)単位まで検出されるほど精密度が高い。

KTR関係者は「国璽にイリジウムが入っていたとすれば成分分析結果で検出されるのが当然だ」として「検出されなかったということはイリジウムを入れなかったということ」と指摘した。

当時、成分分析を担当したKTR関係者は「分析についての結果や内容は、依頼者でない第三者には言うことはできない」として「分析は依頼された金属成分に限り行われる」と話した。

これに対して鋳物業界関係者は「行安部とKISTが国璽の強度を高めようとイリジウムを入れたと明らかにしたのでどうにか成分分析結果に出てくるようにしたこと」としながら「彼らの説明のように監理団の立ち会いの下で入れたというのなら、成分分析はいったい何故したのか」と反問した。

彼は「合金が難しく、高価格なイリジウムをあえて入れる理由がない。既存国璽のように18K(金75%以上)合金でも十分な強度を持つ」として「これは第4代国璽の時に伝統技法として詐欺を働いたのと同じく、第5代もKISTの技術不在を最先端技法で覆おうとした対国民詐欺」と批判した。

これだけでなく、イリジウムが入ったという最終結論は、監理団でなく行安部と国璽製作委員会が下したことが確認された。 しかし行安部関係者は「技術的な部分はよく分からない。監理団に聞いてみなさい」と話した。

先立って第4代国璽を作ったミン・ホンギュ前製作団長は、金・銀・銅・亜鉛・錫の五つの合金を使用した伝統技法で国璽を作ると明らかにしたが、その後の成分分析で錫が含まれていなかったことが明らかになって、詐欺疑惑などで懲役3年の刑を宣告された。(機械翻訳 若干修正)




[社説]国璽製作、今度は政府が詐欺を働く
(アジアトゥデイ 韓国語 2012/05/15)

伝統技法詐欺と判明して去る2010年に廃棄された第4代国璽の代わりに再製作された第5代国璽が、当初計画した素材が使われていないなど不良品であるのに、行政安全部がこれを黙認したことが確認されたという。行安部と製作を引き受けたKIST(韓国科学技術研究院)は当初、第5代国璽を金、銀、銅、亜鉛、イリジウムの五つの合金で製作すると発表し、昨年10月25日の使用前にもこれら五つの合金が皆使われたと確認した。

しかし最近、韓国化学融合試験研究院が分析した第5代国璽の成分分析報告書を見れば、これら成分のうちイリジウムが入っていないと判定された。情けないことは、行安部が昨年KISTから第5代国璽を納品された時、国防技術品質院が提出した監理報告書でこれを確認してからも、イリジウムが入っていると反対に判定したことが明らかになったのだ。KISTは当初、指定された素材を全部使ったと嘘をついたし、行安部はこれを知ってもイリジウムを使用したと国民を欺いたのだ。

第5代国璽は、当初の国璽デザイン公募当選作と異なり、縦横が各10.1cmでなければならなかったのが10.4cmに大きくなったし、取っ手は一つにまとめた奇形に作られたという。小さい亀裂現象も現れた。総ての事ごとにこのように適当に移る具合だから国政が粗末にならざるを得ない。

国璽は国家の権威と正統性を象徴する。過去には王位継承の象徴であったし、今は国の重要文書および外交文書に捺印するのに使う。したがって、国璽製作は当代の最高技術力と繊細さを必要としたのだ。ところがこれを扱う行安部とKISTの姿勢からは、権威や技術力を全く探してみることはできない。

第3代国璽は1999年2月1日から2008年2月21日まで使われた。

2005年の監査院の監査の結果、政府納品当時からの亀裂が発見されて新しく製作したのが第4代国璽だ。

これはミン・ホンギュ前国璽製作団長が600年の伝統技法で作ったと言ったのだ。

しかし伝統技法詐欺で、昨年再び製作したのが第5代国璽だ


KISTは第5代国璽は強度を高めるためにイリジウムを使うと言った。しかし鋳物業界関係者は「合金が難しく高価なイリジウムをあえて使う必要はない」として、イリジウムが無くとも強度を十分に持つと話している。技術力がないためなのか、安易な製作態度のためなのか、原因から明白にしなければならない。

日本の国璽は金製で1874年に製作、今まで138年間使用している。まだ亀裂どころか永続的な使用が可能だという評価だ。縦横に各9.09cm、重さ3.5kgで私たちのもの(縦横に各10.4cm、重さ3.8kg)と似ている。国璽一つまともに作ることができず、当局は国民を欺く考えだけしている。(機械翻訳 若干修正)




印鈕
(取っ手)
公募で「鳳凰または、ムクゲ、太極旗など国の象徴の一つを選ぶ」と規定

伝統工芸家の“鳳凰とムクゲをあわせたデザイン”が当選


印文
(文字)
公募にあたり、当局が「篆刻学会」に審査員の推薦枠を付与 

審査員5人のうち2人が篆刻学会員になる

篆刻学会会長の作が当選


制作 入札で、ひび割れ第3代国璽を制作した「韓国科学技術院」が落札

落札後、当局が「強度を高めるためイリジウムを入れる」と制作規定を変更

イリジウムが使われてない(?)



第1代国璽:1949年~ 現在、行方不明。 約14年使用
第2代国璽:1963年~ 印鈕が「亀」(中国の諸侯国の象徴)であることが議論になる。約36年使用
第3代国璽:1999年~ 「先端技術で制作」としたが、内部にヒビが発見される。約 9年使用
第4代国璽:2008年~ 「伝統技術で製作」としたが、素人が現代技術で制作したことが発覚。約3年使用




第一報から数日たってもアジアトゥデイ紙しか取り上げていないようなので真偽のほどは定かではありませんが、第5代も“韓国の国璽”として風格を備えつつあるようですね。






韓国ニュース | コメント(46) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    >彼は「合金が難しく、高価格なイリジウムをあえて入れる理由がない。既存国璽のように18K(金75%以上)合金でも十分な強度を持つ」として

    オレもイリジウムを入れる必要性がわからない。
    イリジウムの用途って、他の金属だとダメになる1000℃以上の高温でも十分な強度があることを利用したものばかり。
    国璽を1000℃以上にすることなんてあるのかよ。
  2. No title
    そもそもひび割れる物を作る感覚がなあ
  3. No title
    朝鮮人は何でもテキトーだな。今も昔も。
  4. No title
    国璽には詐欺が付きものって定説が出来たな。
    毎回やってくれるとわかりやすくていいな。
  5. No title
    様式美を感じる
  6. No title
    こうして毎回毎回詐欺疑惑に塗れることで韓国の国璽としての風格が高まるというものですね。
    ヨス万博よりもよほど興味を引きますね。
  7. 別にこの時代に限らずチョンの国璽は伝統的にショボいので気に病むことはない。
    チョンの伝統的国璽とは貢物の見返りにシナー皇帝から授かるものだが、あれだけ事大した割にはチョン王が貰ったのは最下級の国璽だ。
    女しか貢ぎ物が用意できないチョンの評価などその程度よ。
    逆にむっちゃ反抗している日本の支配者に対しては最上級の册封だ。しょっちゅう遊牧民に征服される弱く愚かな漢族は日本との衝突を避けねばならなかったからな。
    チョンのしがみつくものは本当価値が無いな。
  8. No title
    そもそも国璽が必要なのか?

    もう、シナに下賜してもらえww
  9. No title
    >国璽には詐欺が付きものって定説が出来たな。
    デザインからして既に詐欺です
  10. No title
    色々と欲を出す前に、まずまともな物を作ってからにしろよ、と。
    1963年以前に使用されていた第2代が36年も持ったのに、何でそれ以降のものが10年持たないんだよ。
    工作技術力が落ちてるじゃねーか。

    本気で近隣諸国に下賜してくれるように頼んだほうが良いのではないか?
    時流としてはシナかロシアかの二択だが・・・戦前の状態とさしてかわらんなぁ。
  11. No title
    え?俺ら笑わすために作ってくれてんじゃないの?
  12. No title
    未だにハンコもまともに作れないニカ?
  13. No title
    いったい、いつになったらまともな国璽が…

    って今までどんな決済してたの。国璽でしょ?
  14. No title
    酋長の血判でいいじゃん。
  15. No title
    国璽ってこんなに再々作り直すものなの?

    最初の国璽を紛失するような、アホな国なんだから
    もう、国璽なんて必要ないんじゃない?
  16. No title
    もう訳がわからないよ
  17. No title
    >国璽を1000℃以上にすることなんてあるのかよ。

    燃やされても大丈夫なようにイリジウムを入れるニダ

  18. 実に韓国「らしい」としか
    言えないわなぁ…w
  19. 様式美だなぁ…もぅいっそ芋判で良いじゃないか。
  20. 入れたイリジウムが全く溶けていなかっただけだったりしてね。
  21. ×しかし伝統技法詐欺で、昨年再び製作したのが第5代国璽だ。
    ○また伝統的詐欺技法で、昨年再び製作したのが第5代国璽だ。
  22. イリジウムを入れておけば、盗まれて鋳つぶされても捜査できると考えたのかもしれないな。
    まあ、実物から検出できないのでは、意味がないが。
  23. No title
    >アマゾン

    吹いたW
    バンダイに依頼したほうが手っ取り早いよWWW
  24. No title
    韓国と言う国を的確に表している素晴らしい国璽だね。
    ウソと偽物の塊。
  25. No title
    自分たちの物ですらちゃんと作る気がないのか・・・
  26. 韓国では、橋といえば国の内外を問わず落ちるのが普通です。
  27. どうせ滅亡するんだから国璽など要らないだろうに。
    順に新羅の開祖は売国奴、高麗は逆臣、李氏朝鮮も逆臣、大韓民国は李承晩(終身大統領になるために市民虐殺をしたクズ)だがタイプとしては売国奴かな。アメリカへの身売り乙。
    次に「天下を盗る者」は誰かな?
    まあ自分の予想だと、朝鮮民主主義人民共和国に祖国を身売りさせるノムヒョン君弐号だな(笑)
    そいつが国璽を作ればよい。
    でも中華人民共和国→朝鮮民主主義人民共和国→旧大韓民国領(つまり一番下っぱ)なので、国璽は作れないかも知れない。それは国じやない「一地方」だ。
  28. No title
    チョン、相変わらず やる気無えぇ~www
  29. (◎_◎;)
    そもそも、イリジウムを含有させる、
    意味がなかったようです。
  30. No title
    だからイモ判にしろとあれほど言ってるのに・・・
  31. 本当に検査したの?
    レポートにイリジウム(Ir)の項目がないのはなぜ?
    検査したのなら項目があって0%となるはず。
  32. No title
    100パーセント

    ウリジウム

    で国恥゛を作ればいい。
  33. No title
    もしかしてこうやって国璽の代を重ねれば、それだけ伝統や歴史が重ねられて誇れるとか考えてないよな?
    数字だけが増えりゃいいってもんじゃないぞ。

    半島だけにプラスとマイナスも同音異義語で誤読されていそうな感じもするが。
  34. No title
    シャチハタで十分だろw
  35. No title
    「職人魂」なんて言葉、チョンには千年たっても理解できないんだろうなぁw
    『たとえどんな仕事であろうと、己が関わったのなら立派にやりとげてやる!』
    ・・・というガッツや プライドがチョンには無い。
    「国のハンコ造り」なんか任されたら、子々孫々まで残るような、
    立派なモノを造ってやろうとは思わんのかね?
    さすが「老舗」と呼べる様な企業が、ただの1件も無いってのもうなずけるわw
  36. No title
    もういいから、消しゴム削って作れよ。
    文面は…K-POOPで良かろう。簡単だし。

    >>シャチハタで十分だろw
    シャチハタ逃げて~!
  37. No title
    それで、第5代国璽は使うの?
    それとも、第6代国璽を作るの?
  38. No title
    伝統を感じる。
    詐欺民族の。
  39. No title
    そもそも国璽が五代目とか言う事自体がヒドイ話だ
    管理能力ゼロじゃんか
  40. No title
    第2代国璽にしとけよ。
  41. No title
    今WBSで日本企業がイリジウムをばんばか万年筆製造(ペン先部分)に使っている映像が出てるんだが・・・。
    ダイヤモンドの次に固いんだって。
    相応しい場所に使われてよかったね。
  42. 栄光ある大韓民国の国璽を作らせていただけるなら、「当然」報酬は辞退すべきだ。
    あろうことか国庫から血税を詐取したこの職人は、日帝野郎かアカ(北朝鮮)野郎の手先に違いないので、速やかな処刑が必要ニダ。保導連盟事件、光州事件マンセー!
    とまあ冗談はさておき、誰一人大韓民国を愛する韓国人はいないことが記事から窺える。
    では彼らは何を愛するのか?
    答:自分
    ただそれだけだ。
    熊のような単独生活者であり、そもそも国や社会を形成することが間違ってる。
    まあしかし嘘をつくとか、パクるとか、強○するとか、「個体」としても決して優秀とは言えんがね(嘲笑)
  43. No title
    お得意のITで、電子承認にしちゃえば?
    Verisignにでも承認して貰えば、数年で変わる国璽より信頼性高いんじゃね?
  44. No title
    一方、田んぼから発見された漢委奴国王印は、未だひび割れもしていないのであったw
  45. No title
    大体、全体の1万分の1、1g未満のイリジウム入れたくらいで強度が変わるわけないだろw
  46. No title
    悪いとは言わんが、Wikipediaにやたら詳しく韓国の国璽について載っててワロタ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。