上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

整形、泌尿器科"窓枠に打つシリコンか…"衝撃
(CBSノーカットニュース 韓国語 2012/03/19)



専門病院・医院で工業用シリコンで堂々と違法手術

専門の整形外科と泌尿器科で工業用シリコンを使用した事実が検察の調査で明らかになった

特に工業用シリコン補形物が広範囲にすでに流通していて、数千人余りの患者が許可を受けていない違法製品で手術を受けた事実も確認された。

昨年1月、江南のA整形外科とB泌尿器科など全国の20の病院・医院が、医療機器法違反容疑で検察の調査を受けた。

食品医薬品安全庁からの許可を受けていない人体挿入シリコン補形物を購入し、患者に手術した疑いだ。

検察などによれば、これら病院は去る2009年から昨年まで、泌尿器科で使用される男性用シリコンと整形外科用鼻補形物などを医療機器販売商A氏から購入した

A氏から工業用シリコン補形物を購入した病院は計55か所

これらは1個当り単価5千~4万ウォン相当の男性用性器挿入シリコンと鼻などの整形に使用される補形物数千点余りを購入した。A氏が去る3年間、これら病院に販売して得た収益は2億ウォン余り。該当の病院は少なくは十個余りから多くは数十個まで製品を購入したし、計2千人余りの患者が工業用シリコン補形物で手術を受けたと調査された

問題は、このような工業用シリコン製品が違法手術業者でなく専門の病院・医院で使用されたという点だ。また、このような違法行為が一部の病院の間で密かに存在したという点も問題と指摘される。

19日、食品医薬品安全庁によれば、人体挿入用シリコンの場合、食品医薬品安全庁から製造、輸入許可を受けた製品のみ病院で手術用として使用が可能です。

1~4等級に分かれる医療用シリコンで3・4等級に該当する人体挿入用シリコンは、ISO国際規格である『医療機器の生物学的安全に関する共通基準規格』により毒性テスト、発ガン物質テストなど数百種類以上の検査を経なければならない。

しかし、検察の捜査を受けた該当病院は、医薬用と人体挿入用はもちろん、食品用としても使用が禁止されたシリコンを使用したものとCBSの取材の結果、明らかになった。

検察が押収した16kg工業用シリコンオイルボックスには《工業用として開発された製品なので食品用、医薬用、人体挿入用としては絶対使用してはいけない》という警告文が記されていた。

検察は「これら病院が市場価格より安い3分の1水準の価格で違法補形物を数年間購入してきた」と明らかにした。

該当病院に工業用シリコン補形物を納品してきたA氏は、一部の病院で通常的に工業用無許可シリコンが使用されている状況だと伝えた。

A氏はCBS取材陣との電話通話で「通常的に(違法シリコン補形物を)病院が使ってきた」と打ち明けて、「許可製品の場合、供給も少なく単価が高いので病院側から許可製品ではないものを要求したりもする」と話した。

医療機器業界関係者も「高収益を望む一部の病院でたびたび違法製品を使う実情」と伝えた。


◇食品医薬品安全庁「無許可製品の安全性確保できない」

一部の医者たちが許可を受けていない工業用シリコン補形物を使用することに安易な認識を持っているという点も問題だ。

ソウル市江北のある泌尿器科医師は、シリコン補形物が許可を受けた製品なのかどうかを尋ねる質問に「病院では許可を受けた製品なのかどうか分からない」として「許可を受けたから(病院に)入ってくるのだろう」と話した。彼は「問題がでたらシリコンを抜けば良い」と話した。

江南のある整形外科医師も「窓枠に使われるシリコンと医療用シリコンは実際には紙一重の差」として「どんな基準で食品医薬品安全庁で許可を出すかも分からないし、たとえ許可を受けていないシリコンでも問題はない」と話した。

ソウルのまた他の泌尿器科医師は「許可を受けていない製品を使用中にその製品が食品医薬品安全庁の許可を受けることになれば、結果的に問題にならないのではないか」としながら「許可を受けた製品と許可を受けていない製品がかわらないこともある」と話した。

この医療スタッフは「他の泌尿器科の手術の場合、副作用がたまに発生するが、シリコンを手術して癌ができたとかという副作用は聞いたことはない」と話した。

工業用製品が蔓延した理由の中には、無許可シリコン使用に対する処罰が綿棒(綿の棒で懲らしめること≒手ぬるい処罰)に過ぎないという点も一役買っている。

該当事件を調査した仁川地検富川支庁は、A氏から工業用シリコンを購入して手術した全国55の病院のうち計17人を立件した。このうち1人だけが略式起訴され、残りの16人は起訴猶予処分を受けた

これら病院の大部分は現在も営業を続けている
。医療関係行政処分規則上、医療法違反の場合にだけ営業停止、免許停止処分を受けるが、医療機器法違反は行政処分規則に該当しないためだ。

立件された医者たちは検察の調査で「無許可製品ということを知らなかった」とか「前の院長から引き継がれてそのまま使った」と言ったと伝えられた。

しかし、これに対して医療業界関係者は「無許可製品ということを医師が知らなかったというのは事実上の言い訳」と批判した。この関係者は「食品医薬品安全庁で品目許可番号を受けるので、それだけ確認しても許可製品なのかどうか知ることが出来る」と話した。

食品医薬品安全庁関係者は「無許可シリコン補形物の場合、安全性が確保されているとは考えにくい」として「ひとまず手術して、副作用が出たら抜けば良いという医師の話を聞いて手術する患者がどこにいるか」と反問した。

この関係者は「患者自らも、手術する時は食品医薬品安全庁で許可を受けた製品なのか必ず確認しなければならない」と述べた。(機械翻訳 若干修正)




goshi.jpg
  「患者自ら確認しろ」ですか? 手術中に?

 (施術前に確認しても実際に使用されるかわからない)





見かけがすべての韓流 ──なぜ、大統領までが整形するのか
4898316603

ラブクラウド サイクロンポンプ 電動 膨張ポンプ
ラブクラウド サイクロンポンプ  電動 膨張ポンプ
ラブクラウド ビッグマンポンプ 膨張促進ポンプ ラブクラウド MAX GAUGE(マックスゲージ) ドクターポンプスーパーマックス お姉さんのくちゅくちゅ アンドロヤマトV3
by G-Tools

韓国ニュース | コメント(20) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    >「窓枠に使われるシリコンと医療用シリコンは紙一重の差」だとして

    マジウケルwww やっぱり、チョンの敵はチョン自身なんだよねw
  2. No title
    やっぱチョンはチョン。
    こんなの氷山の一角でしょ。
  3. やれやれ。
    「顔面工事」の方も手抜きニカ?
    さすが労働を卑しむ世界でも希有な(ダメ)ミンジュクだ。
    そうしてチョン同士で首を締め合う分には一向に構わないんだが(むしろ奨励する)、「格安整形ツアー」とかで大和撫子も犠牲になるんだから笑えない。
    男性器の被害者は専らチョン男オンリーっぽいが、9㎝を大きく見せて子孫を残そうとしてるニカ?
    お先真っ暗なエラ民族の子に産まれる「悲劇」をよく考えてくれよ。
    可哀想だろうが。
  4. No title
    フランスの会社が、豊胸用でやっていましたからねぇ。
    ttp://www.news24.jp/articles/2011/12/24/10196972.html
    イギリスの厚生省は、「ただちに被害が出る物では無い」と、無料交換手術を拒否していましたが、方針を変更しています。
  5. 数年後、風船チ○コオジサンが登場するのかあ~~マジ楽しみだ(笑
  6. No title
    医療用を使ったとしてもそのうち崩壊するだろ。
    だって朝鮮人の仕事だし。
  7. No title
    有機溶剤が含まれてなかった?工業用は
  8. No title
    こういうの日本はテレビで伝えないと、
    安いからという理由で韓国で手術を受ける女性が出てくるかもよ。
  9. No title
    コーキング剤発射するところを想像してしまった。
    >工業用として開発された製品なので食品用、医薬用、人体挿入用としては絶対使用してはいけない
    人体挿入用が警告文にあること自体おかしくないか?
  10. No title
    先日の「偽証罪起訴は日本の66倍、誣告事件は305倍、詐欺事件は13.6倍ニダ!」に直結する。


  11. No title
    悔改めよ。ニダ。
  12. No title
    流石に朝鮮の整形は嘘を嘘で塗り固める鉄壁の仕上げですね。
  13. No title
    どうなんだろ。工業用も認可取ってないだけで特に害はない、って可能性も本当にあるんじゃないかね。

    似た例でアロンアルファの一般用と医療用。
    医療用は品質検査が厳しいだけで中身は同じだと聞いた。
  14. No title
    >>12
    あはははは、そうそう、
    その「品質検査」が一番大事なのに、
    全く機能しないってのが
    すべての事柄について
    普通の状態になってるんだナ。
    すべての朝鮮人にとって
    命にかかわるものにエラーがあろうが無かろうが
    同じもの・普通のものなんだ。
    朝鮮人の命の価値ってのを
    朝鮮人が一番良くわかっている。
  15. 品質検査が重要
    品質検査してないということは、万が一の場合に、大量生産品で被害続出するよ。
    しかも、違法だとわかっているから、みんな逃げて、ほとんど誰も責任を取らない。
  16. 医療用と工業用
    医療用と工業用が同じ場合があるというが、同じでない場合や医療用に使われたことがない場合もあるということなんだよね。
    私が知っている例として、農薬があるが、登録するためには、製造方法から指定しなければならない。
    製造方法が変われば、試験からのやり直しになる。
    医療用でも同じようなものだろう。
    違法な使い方をしているものに安全を求める事なんてできないよ。
  17. No title
    泌尿器科でシリコンが必要な理由が、良く分からない…
    包茎治療にでも使うのか?
    サイズ変更なら整形外科だと思うのだが。

    まぁそれはそれとして、「トイレ清掃用の桶と、食事用の桶の区別をしないので注意しろ」という、旧日本軍の朝鮮人取り扱い注意書を思い出しました。
  18. No title
    実はK国製の医療用より、工業用の日本製の方が安全だった・・・
  19. No title
    ハイリスク、ノーリターン
  20. No title
    工業用… ブリードが怖い、なんてレベルじゃないと思うぞ。 
    シリコンオイルなどが皮膚表面に染み出してきて、アザのように黒ずんでくるはず。しかも絶対に消せないシミ。その部分の皮膚を切除するしか対症療法はない。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。