上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

警察官発砲:大阪高裁も「適法」 遺族の控訴棄却
(毎日新聞 2012/03/16)


奈良県大和郡山市で03年、逃走中の乗用車に警察官らが拳銃で銃弾8発を発砲し、2発が高壮日さん(当時28歳)に命中して死亡した事件を巡り、発砲は違法と主張する遺族が、県や警察官らに約1億1700万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が16日、大阪高裁であった

安原清蔵裁判長は「発砲は警察官職務執行法の要件を満たす適法なもので、賠償請求の理由がない」として、原告側敗訴の1審判決を支持し遺族の控訴を棄却した。遺族は上告する方針

訴えていたのは高さんの母親の金順得さん(74)。1審の奈良地裁判決は、警察官らの正当防衛を認める一方で「至近距離から車内に銃弾8発を発砲しており(警察官は)車内の人を殺害する可能性があることを認識していたというべきだ」と指摘し、警察官の未必の殺意を認めた。この点について高裁は、発砲は適法と認定し、高さんの死亡については「故意か過失かを検討するまでもない」と判断した

判決によると、03年9月、大和郡山市の国道交差点で、他の車両と衝突しながら逃走する乗用車に警察官らが発砲し、銃弾2発が助手席の高さんに命中。高さんは翌月、死亡した。この事件を巡り、付審判決定による裁判員裁判が奈良地裁で開かれ、殺人と特別公務員暴行陵虐致死の罪に問われた警察官2人が、無罪となった。




2003月9月10日 :高壮日、被弾。
2003月10月5日 :高壮日、死亡。
2003年11月 :母親が殺人と特別公務員暴行陵虐致死の容疑で告訴。
2006年1月11日 :奈良地検が不起訴。
2006年1月12日 :母親が奈良地裁に刑事責任を問う付審判を請求。
2006年 :母親が県と警察官4人を相手取り約1億1770万円の損害賠償請求。
2010年1月27日 :損害賠償請求を奈良地裁が棄却。母親控訴。
2010年4月14日 :警察官2人について特別公務員暴行陵虐致死と同致傷の罪で審判に付す決定。
2012年2月28日 :奈良地裁が無罪判決(求刑・懲役6年)。
2012年3月16日 :大阪高裁、損害賠償請求棄却。
   
高壮日

:2004年5月、殺人未遂や公務執行妨害、窃盗などの疑いで書類送検、奈良地検は被疑者死亡で不起訴処分。

運転手 運転手:窃盗罪などで懲役6年の有罪判決。



これ↓の続報
2010年01月28日
息子が警官に撃たれて死んだから損害賠償を請求したのに棄却されたアル?ニダ?

この事件の刑事↓
2012年02月28日
暴走逃走車の助手席の高壮日を射殺した警官に付審判の地裁で無罪判決!

↓は別事件
2011年02月11日
ビザ切れ中国人射殺で不起訴後に付審判請求された警官、付審判(地裁)で無罪!







日本ニュース | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    判決は当然でしょう。これが中国本土での出来事なら、訴訟すら取り上げないか、逆に遺族が逮捕されているかもしれません。
  2. No title
    そもそもこんな事件が裁判になったこと自体が悪い冗談だろ
  3. No title
    開かれた司法制度があるという証明以外の何物でもなし。
  4. No title
    開かれた司法も結構だが、犯罪の無い安心安全な国こそが日本国民にとっては重大関心事。

    こんな訴訟で警察官が有罪にされるようでは、外国人による凶悪犯罪を追認するようなもので日本人が安心して暮らせる場所がなくなってしまう。

    高裁判断を支持します。

    最高裁でも同じ判断が示されることを期待します。
  5. No title
    あぁこれ。
    どっかで「殺された人は、起訴されてないから無罪だろ。それを殺すなんて」と勘違いしてるアホがいたよ。
    被疑者が死亡すると、有罪も無罪も関係なくすべて不起訴にするのが「検察の慣例」だぜ。
    被告がいないまま裁判をするのは「欠席裁判」と言って、近代法治国家としてやってはいけないものの一つだからね。
  6. 最早死那人を農耕文明を築いた偉大な漢民族の末裔とは考えない方がいいだろう。
    自分も初等教育で日狂組に、中華は偉大なり!(笑)と刷り込まれたが、すっかり冷めたよ。
    中世以降はダメダメだな。
    「天下取り」か何か知らんが、勝手に殺し合いを繰り返し、結果間隙を突かれて第三者である草原や森の民に「天下取り」を許すとは何たるバカだ。
    そのおかげで「強制的に」混血が進み、現在の自称漢民族は漢字を生み出した人達とはDNA的に「別物」らしい。
    最後は満州人から西欧列強に「支配権」が移る予定だったものを日本人が血を流して止めた。
    全ては死那人の腐敗と無能の故。でなきゃ近代になって思い出したように海外遠征などせんよ、日本人は。
    現代に於いても中国共産党の統治下で「輪をかけて」劣化が進んでいる。
    日本人のパートナーたる資質は無い。十倍人口がいようが物の数ではない。
    ただの潜在的(本能的)犯罪者の群れに過ぎぬ。
    この国で犯罪を犯せば「制裁」あるのみ。
    せっかく上手く行ってる日本国を乱すなよ。「嫉妬」もいい加減にせい。
  7. 容疑者が日本人でも、死んで当然の話。まともな日本人なら、これを訴えようだなんて思いもしませんわ(笑)。
  8. No title
    で、逃げたんでしょ。
  9. No title
    キジも鳴かずば撃たれまい って諺は向こうにはないと
  10. No title
    息子が引き起こした犯罪は問題ないのニカ?
  11. No title
    凶悪犯なんだから、蜂の巣にされても文句は言えないだろ。
    こういう事件が度々起こるなら、警官にもっと強力な火器を持たせる事も検討しないと。
  12. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。