上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

総領事館移転計画発覚 新潟、不安と期待
(産経新聞 2012/03/13)



 中国が総領事館拡充のため新潟県庁近くにある新潟市中央区新光町の民有地1万5千平方メートルもの取得を秘密裏に進めていることについて、地元では広大な土地が中国に所有されることへの警戒感が広がっている。一方、経済界には人の動きをあてこみ、活性化へのチャンスとの期待感もある。


plc12031322200026-p1.jpg


 新潟市議会でこの問題を追及した佐々木薫市議は、「総領事館の存在には反対でないが、中国が日本の土地を所有する必要がないし、1万5千平方メートルもの広大な土地は必要ない」と指摘。今後も引き続いて土地を取得されることを警戒し、政府に外国人の土地取得を制限できる法整備を求める意見書を市議会に提出する準備を進めている

 日本会議にいがた女性の会の藤崎孝子事務局長は「土地取得が防げない段階にきているのなら、住民がいつでも総領事館内に立ち入りできる査察のような仕組みを要求したい」と語る。住民に何の説明もないまま進んでいることにも不信感を募らせ、国などに情報開示を求めていく考えだ。

 こうした不安に、政党の動きは鈍い。自民党県連会長の星野伊佐夫県議は「新潟市と県の対応を見守るだけ」と、県連としての考えの表明を避けている。

民主党県連も意見を集約しておらず、市川政広県議は「なぜ広大な土地が必要なのかは明らかにしなければならない」とした。

 一方、地元経済界はおおむね歓迎の姿勢だ。新潟商工会議所の敦井栄一会頭(北陸ガス社長)は「中国が近くなったということ。(人が集まれば)すそ野が広がる」と経済波及効果に期待感を示す。「総領事館の大小で親密、疎遠ではないが、新潟は港町。来るもの拒まず」とも付け加えた。同会議所の別の幹部も「立派な総領事館ができることは、国際的にも新潟が拠点性の観点からも魅力ある都市だとPRできる材料になる」と話す。

 新光町に近い鳥屋野校区コミュニティ協議会の阿部洋一会長は、「問題の土地には住民がいないので自治会はなく、校区なども不明。だから狙われたのかもしれないとは思う。どう対応すればいいのか」と困惑している。(記野重公、佐藤克史)


 ■総領事館移転計画をめぐる経緯

 駐新潟中国総領事館は国内6カ所目の総領事館として平成22年6月、新潟市中央区の万代島ビルに開設された。7月には地元紙の対談で王華総領事が新潟中華街構想を提案。8月には職員の居住スペース確保などを理由に市中心部の市有地1万5千平方メートルの売却を市に打診し、篠田昭市長は受け入れる意向を示した。

 しかし、尖閣諸島沖で起きた海上保安庁の巡視船と中国漁船の衝突事件をきっかけに、地元住民の対中感情が悪化。「市中心部の1万5千平方メートルもの土地は市民のために使うべきだ」とする考えも広まり、売却反対を求める請願が市議会に提出された。23年3月にこの請願が採択され、篠田市長は売却断念を表明した。この間、総領事館は同区西大畑町の民間ビルに移転している。



公邸、領事館用地、各地でトラブル 政務三役、取得制限論も
(産経新聞 2012/03/13)

 総領事館建設などを名目にした中国政府による広大な土地取得問題をめぐり、各地でトラブルが相次いでいる。しかも日本政府は中国側が新潟市の民有地を取得した事実は「後で知った」(外務省儀典官室)状態だ

 さらに、日本政府が北京の日本大使館新築に際し、中国側に国内の中国総領事館の移転などに協力するとした「口上書」を提出したことに野党から批判が出ている。中国国内では外国政府による土地取得が認められていないため、日本も中国による土地取得を制限すべきだとの声が野田佳彦政権内部からも上がった。

 中国政府は昨年4月、大使公邸などの建設のため、東京都港区南麻布の国家公務員共済組合連合会所有の土地約5677平方メートルを一般競争入札で落札した。名古屋市でも総領事館の移転・拡張のため国家公務員宿舎跡地の一部約1万平方メートルを取得しようとした

 外務省の浜田和幸政務官は13日、産経新聞に対し「中国国内の土地は売買できない。中国の求めるままに日本の土地をどんどん買っている状況は本当に対等な関係に資するのか」と疑問を呈したうえで、中国政府による土地取得の制限について「個人的にはそうすべきだと思う」と述べた。

 中国国内の日本大使館と総領事館の計7施設はすべて賃貸。これに対し、日本国内の中国大使館・総領事館7施設は、名古屋、新潟両市を除いてすべて中国政府が土地を所有している。米国大使館や英国大使館は賃貸契約になっている。

 外交関係に関するウィーン条約では大使館などの土地取得に対し、受け入れ国が便宜を図るよう定めている。政府は固定資産税免除などの便宜を図っており、自民党の小野寺五典衆院議員は「5千坪、7千坪の土地が領事業務で必要なのか。過大な土地の税金が免除になれば納税者として理解できない」と批判する。

 一方、中国に提出した口上書に関し、野党側は「だれが考えても中国側との間に密約があったはずだ」(自民党閣僚経験者)と追及しているが、日本政府は公開要求を拒否している。(杉本康士)



2012年01月31日
北京大使館の移転許可は新潟と名古屋の土地取得を外務省が約束したからアル!



河村名古屋市長の「南京大虐殺否定発言」での中国側(官民)の対応も、市長が国有地払い下げに反対していることに関係あるんでしょうね。





最終目標は天皇の処刑 中国「日本解放工作」の恐るべき全貌
最終目標は天皇の処刑 中国「日本解放工作」の恐るべき全貌
ぼくらの祖国 フジテレビデモに行ってみた! -大手マスコミが一切報道できなかったネトデモの全記録 王道の日本、覇道の中国、火道の米国 扶桑社新書 中国が隠し続けるチベットの真実 (扶桑社新書 30) ならずもの国家 中国の本性―蹂躙されたチベット (WAC BUNKO)
by G-Tools

中国ニュース | コメント(16) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    日本は支那で土地の取得はできません。相互主義すら成り立たない相手に、日本の土地を売ることまかりならん!
  2. No title
    犯罪を犯しても所有地に逃げ込めば安全に逃げられる環境を新潟や名古屋に作ったということ
    市外から逃げ込むものもいるだろうがそれ以上に市内で犯罪を犯しても平気だって連中が増えることになるだろう
  3. No title
    港町なんだしメガフロートでも造って、そこを使わせればいいじゃん。
    いざとなったら曳航して送り返すこともできるし。
  4. No title
    ったくどこの国の政府だよ!
  5. No title
    賃貸で十分。経済の為に魂を売る奴は日本から出ていけ!!
  6. No title
    この新潟の所在地を地図で見たけど、この場所ヤバいだろ。
    直ぐに日本海に出れる河口近くだし、土地自体も川に隣接しているから、密航だの何だの楽にできる。
  7. ふっ
    それは中華人民共和国が「所有権」という観念を持たない下等な国というだけのこと。
    専制政治を維持するのには都合良いのかも知れないが、後で後悔することになる。
    専制政治で失敗したからこそ、多くの国が近代化したと知れ。周回遅れも甚だしい。これで日米を倒し世界制覇とか正気か?
    あとUP主殿が添付してくれた本のタイトルについて、個人的には著者とは違った見方をしている。
    ムダに懐古趣味のある支那人は世界でたった一家残った皇室を潰すようなことはせんよ。
    「乗っ取って」支那人のボスが皇帝に即位するのだ。
    できない話ではない。
    「禅譲」という制度があるからな。
    例えば「人望の無い幼い女帝」を即位させ、中国国家主席のジジーが強引に結婚、その後妻に「譲位」を強要すれば「中華帝国」完成だ。
    漢のリュウホウ、明のシュゲンショウだよ。
    支那人なら誰もが夢見る中2病的夢だ。
    ただそこいらの農民一揆指導者の家系と皇室を一緒にされては困るな。
    「バカ騒ぎ」は支那人だけでやれ。日本人が付き合う価値は無い。
  8. No title
    それでもシナに気を遣って台湾の扱いはぞんざいなんだよね。
    それが民主党。日本の恥さらし民主党。
  9. No title
    信濃川…しなの川…

    シナの川…

    ( ゚д゚)ハッ!
  10. No title
    取得したってんだから当然、税金は納めたよなぁ?

    まさかお目溢し?
  11. 経団連を筆頭に、日本を金のために売ろうとする、自称経済人のバカが多いこと。日本の病巣は間違いなくコイツらだよ。
  12. No title
    年間土地、家屋の税金を50億から100億と通知すれば諦めるな
    10年で500億べらぼうに高い税金をふっかればあきらめる場所が悪すぎる 日本海側 海の側 密入国しようとすれば何人処か特殊部隊一個小団位軽く受け入れ可能な敷地と手に入れた後、後日別館を建てても建築許可など必要ない治外法権の土地だ
    領事が釣りをしたいから港を設置したいと申請しても新潟では判断できず外務省や自治省に打診しても許可しか出て来ない 泥棒に軒下貸して母屋を乗っ取られるしかない 今の法体制では
    最初に書いている通りのやり方であきらめさせる方法しか無い これは地方自治体が決められる唯一の方法で国法&各省庁が口を挟む事が出来ない
  13. No title
    12の追記だが ウイーン条約は国家間の取り決めだが便宜であって固定資産税を決めるのは県、市の議会が決める事で、各省庁が便宜を要請しても、地方議会決定事項には 変更、異議、命令は出来ないが地方交付金が人質となる為だが、国防維持を盾にした場合各省庁は口を閉ざすしかない
    最後まで口出しするのは内閣府と自治省当たりだろうが 防衛、外務、国土は議会決定で終わるだろ
    通産などは他山の石ととして最初だけだと見ている
  14. No title
    絶対、売ったらあかん。危険だと思わんの?
  15. No title
    そこに人民解放軍の基地ができるんだろ?
    当然外交特権で手入れはできないから橋頭堡にはもってこい
  16. No title
    日本国民も新潟県民も反対しているんだろうね。
    議員は知らないのか、県民を舐めきっているのか。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。