上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
訪米の李大統領晩餐会に日本料理 韓国で“失礼”と批判の声
(産経新聞 2011/10/25)

 先ごろ米ホワイトハウスで行われた韓国の李明博大統領に対する国賓晩餐(ばんさん)会の際、メニューに日本料理が出されたと韓国で“不満”の声が出ている。とくに韓国のメディアは「ホワイトハウスの深刻なミス」と批判している。

 韓国では近年、日本料理に対抗して「韓国料理の世界化」が叫ばれ、官民挙げてキャンペーンが展開されているが、韓国大統領歓迎の晩餐に日本料理が登場したことに自尊心を傷つけられたようだ。

 李大統領を迎えてのオバマ大統領主催の晩餐会は13日夕、ホワイトハウスで開催された。韓国誌「週刊朝鮮」(朝鮮日報社発行)の最新号がワシントン発でそのメニューを詳しく伝えている。

 それによると、スープの次に出された前菜風の料理が、赤い魚卵をのせたすしで「MASAGO(マサゴ)」と名付けられていた。これに添えられたサラダも「ダイコン」と表記されていた

 メーン料理のステーキも「ワギュウ(和牛)」で、添えられた野菜も「カボチャ」となっていたという。

 同誌は、すしは“カリフォルニア巻き”に近く、高級牛肉の「ワギュウ」や「ダイコン」は米国でも日本語そのままに使われていると紹介する一方で、韓国側はいい気持ちがしなかったはずだという。

 そして「これはホワイトハウスの深刻なミスで失礼にあたる。とくに韓国料理の世界化に努力中の韓国大統領の金潤玉夫人は不満だったはず」と伝えている

 こうした不満や批判は韓国当局者が直接語ったものではないが、同誌は「現実的に米国では日本料理は最高級料理になっている」としながらも、「韓国人出席者は受け入れがたい気持ちではなかったか」と指摘している。



元記事↓

イ大統領のホワイトハウス国賓晩餐にどんな料理上がったか
(週刊朝鮮 韓国語 2011/10/25)

『ミシェルの畑』の野菜で作ったカボチャ粥、『マサゴ』の卵をのせたカリフォルニアロール、テキサス・ステーキ…

アメリカ東部時間で10月13日午後6時30分から始まったイ・ミョンバク大統領招請ホワイトハウス国賓晩餐は、バラク・オバマ大統領としては5回目、歴代韓国大統領としては3回目に行われた行事だ。

晩餐メニューの具体的な内容は、晩餐開始1時間前に公表された。ワシントンポストと料理・ワイン媒体は、直ちに『号外』でメニューを知らせた。国賓晩餐はワシントン政治で最も重要な行事の中の一つだ。国賓晩餐に招待される人は両国関係で最もパワーがある実力者を意味する。全部で230人余りが招待されたが、両国間の閣僚を除く場合、招待客は180人程度に過ぎない。

晩餐パーティーが夫婦同伴で行われるという点を勘案すれば90人がリストに上がる。90人の中に入るためのあらゆるロビーが広がざるを得ない。晩餐を聞きに行くためではなく、『そこに行った』という自慢の種を作るためだ。招待状は晩餐前日に個人的に伝えられる。

今回の国賓晩餐は通常のように3コースで行われた。美食大国イタリアやフランス大統領が来る場合、4つまたは5つのコースが出てきたこともあるが、3つ以上は例外的だ。まず、最初に出てきたのはカボチャ粥だ。韓国式の料理を念頭に置いて作られたのだ。蜜を塗ったクランベリー(Craneberry)とバージニア特産のハム、ズッキーニの種、クレームフレッシュ(Creme fraiche)がカボチャ粥の中に溶けて入っている。クランベリーは酸味が強い実で、小さいユスラウメの実を想像すれば良い。元々神聖な動物である鶴(crane)が好む実という意味を持っている。クレームフレッシュは酸味を出すフランススタイルのバターと見れば良い。30%近い脂肪を持っていて韓国人が食べると胃に負担を感じるほどの重い材料だ。

70歳のイ大統領の年齢を考えると、何もなしにそのままカボチャ粥だけ溶かして食べるのが、最もおいしそうに感じられそうだ。不必要な材料をとてもたくさん入れたと考えるだろうが、3コースの中でホワイトハウスが最も気を遣って作った料理ではないだろうかと判断される。料理に使われた材料の大部分が、ファーストレディーのミシェル・オバマが“耕作するという”ホワイトハウスの畑で収穫されたものであるためだ。1週間前、ミシェルが収穫に出た時の様子は、ほとんど生中継に近くアメリカ全域に報道された。カボチャ、クランベリー、蜜、ズッキーニの種の皆、庭園で収穫された。多分、食事中、オバマが自身の夫人の自慢をイ大統領に熱心にしただろう。


メニューに日本語表記

2つ目のコースが出てきた時、韓国人のお客さんたちの気持ちは多分良くなかったかも知れない。特に韓国料理の世界化に力を注いでいるキム・ユンオク女史の場合、多少上気した表情になったかも知れない。米酢を少し入れ、サンマのいとこぐらいのキャペリン魚
(Capelin。カラフトシシャモ、smelt roe)の赤い卵がのせられたご飯が出てきたためだ。韓国料理だということもできるが、明らかに日本の寿司のカテゴリに入る料理だ。小さい魚の卵で覆われた『カリフォルニアロール』と呼ばれる寿司を想像すれば良い。キャペリン魚でなく最初から『マサゴ(Masago)』という英語で表記した日本式発音の単語がメニューの中にあり、寿司の隣にそえられた薄く切ったムー・サラダもメニューに『ダイコン(大根)』という日本式発音で明記されている。ダイコンでなく、英語でホワイトラディッシュ(White Radish)と呼んだらより良かったという未練が残る。一般的にムーがアメリカ人の間でダイコンと呼ばれるという点を勘案しても、英語のキャペリンの代わりにマサゴをメニューの中に明記したことは、国務省韓国担当官とホワイトハウス儀式チームの“深刻な”失敗と見ることができる。

オバマを韓国青瓦台
(大統領府)に招待して、メニューの中でアメリカンパイではなくイングリッシュパイという名前の料理を提供したら気持ちはどうだろうか?

日王をホワイトハウスに招待して、オサケ(お酒)でなくソジュ(Soju、焼酎)という酒をもてなせばどのように反応するだろうか?

3つ目のメイン料理で登場したのはテキサス牛肉ステーキだ。ショウガとオレンジを混ぜたソースも用意された。ステーキ料理の隣には、ケールとカボチャを軽く火を通して淡泊な味を感じられるようにした。カウボーイテキサスが誇る最高の牛肉を用意したと見られる。しかし、ホワイトハウスは2つ目のコース料理の時と同じ“深刻な”失敗を犯した。

牛肉を『ワギュウ(和牛)』、ホバクを『カボチャ』という日本の発音でメニューに載せたためだ。ワギュウはビールを飲みながら放牧される牛肉で、軟らかくて口当たりの良い日本最高の牛肉に数えられる。
テキサス居住の日本人たちが日本品種を持ち込んで育てた、アメリカで最も高い牛肉がテキサスワギュウでもある

普通より値段が3~4倍高い。高級でおいしい料理だが、晩餐会場の韓国人たちには親しく受け入れ難い時間であっただろう。


料理長はフィリピン出身

現在のホワイトハウスの料理長は、2005年から働いているフィリピン出身のクリステタ・カマーフォード(Cristeta Comerford)だ。フィリピンの皆が誇らしく思う人物で、1962年にマニラで生まれ、料理人として働き、23歳の時にアメリカへ渡ってきた。ある程度アメリカ料理に馴染んでいるだろうが、基本はフィリピンの味だ。味覚は普通、6歳を前後して決まるという。いくら西欧化されたとしても、強い香辛料をベースとしたフィリピン料理から抜け出すことは難しい。

2005年からホワイトハウスで働くことになったのは、テキサス出身で強い味を楽しむブッシュの味覚を満足させたためだ。
フィリピンの立場で見る時、韓国料理は日本料理の一部類と見なすことができる。反対する人もいるだろうが、現実的にアメリカで日本料理は最高級料理と認識されている。それなりに最善を尽くして韓国大統領夫婦を満足させるために、最高級の材料を使うという意味で、日本の名前のメニューが入った可能性が高い。

善意と考えることもできるが、失敗を越えて欠礼まで行ったのだ。 胡錦濤中国主席を招いたホワイトハウス晩餐の時も、胡主席の席番号を中国人が敬遠する4番に割り当てて、後ほど中国代表団が正式に抗議したことがあった。


デザートはチョコレートと梨

デザートにはチョコレートと薄く切った梨が提供された。口に入れると壊れる薄い飴のようなような印象を与えるアーモンドが混ぜ合わせたブリトル(Brittle)も出てきた。キム・デジュン元大統領のホワイトハウス国賓晩餐時に出された金剛山をモチーフにした大きな桃のデザートとは違い、簡単で少ない量で提供された。ホワイトハウスの首席パティシエは2007年から働くウィリアム・ヨセス(William Yosses)だ。ニューヨークのミシュランスターレストランのブーレイ(Bouley)で働いていて、ホワイトハウスにスカウトされた。お腹をいっぱいにする料理より各種デザートやパンがさらに有名なところだ。甘みが強くてバターがたくさん入った重い味のデザートという記憶が残っている。薄く切った梨がどの程度口当たりをすっきりさせるかわからないが、雰囲気だけでも胃に負担を減らすデザートだったと判断される。

晩餐メニューは全体的にミシェル・オバマの庭園で育った野菜とアメリカ最高の材料を混ぜた健康食で整えられた。直接、料理をするかは分からないが、有機農自然産野菜を楽しむミシェルの見えない影が料理の隅々に染み込んでいる。
ワシントンの1級レストランで作る場合、3つの晩餐コースとデザートの価格はどの程度になるだろうか?

推測したところ、おおむね1人当り100ドル水準ではないかと判断される。有機農野菜とワギュウだけでもすでに60ドルを越えることができる。


今回の国賓晩餐で一つ不満はワインだ。メニューに『料理に合うようにアメリカ産ワインが提供される』という説明だけで、具体的にどんなものが用意されたのか確認することはできなかった。すぐに明らかになるだろうが、楽しいことが多かったためにもしや飲みすぎるかと思って心配になって、適当に伝えたのかもしれない。(機械翻訳 若干修正)



「Japanese Restauran」と看板を掲げている食堂の多くが韓国人経営なんですからしょうがないですね。






韓国ニュース | コメント(34) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    もしもフランス料理だったら、どういう反応をしたんだろうな。
    逆に喜んだんじゃねーかと。(苦笑
  2. No title
    キムチなんてもんを米国の晩餐会で出せるわけ無いんだからあきらめろ!
  3. No title
    もう金輪際、日本食食うなよバカどもが
  4. No title
    >招待状は晩餐前日に個人的に伝えられる。

    有り得ない。一日でどうやって出欠を確認するの?むしろマナー違反だろ。

    「深刻な失敗」と同様で絶対”有り得ない。”
  5. 何て言うかさ、
    相応しくない国賓扱いしてもらった分際でよくもまあこんだけブチブチブチブチ文句並べられると思う
    てめーら本来なら裏口から三跪九 叩の礼をもって入らなければならないようなゴキブリ以下の生物だろーがよ
  6. No title
    弱い犬ほどよく吠えるの代表例
  7. No title
    韓国の常套手段だよ
    不満は大声でぎゃんぎゃん吠えて
    相手が引いたらこれみがよしに
    押し通して優位に立とうとする。

    だから日本は威勢だけはいい
    韓国に下手に出る結果になってんだけどね
  8. さすがアメリカ

    アキヒロが大阪生まれであることを配慮してこういうメニューにした訳だな。
  9. No title
    これはアメリカ側のミス。
    南朝鮮の独裁者には高級品のマクドナルドで歓待すべきであった。
    BSE&コウテイエキで被害の受けた南朝鮮に配慮して。廃鳥のクズ肉ミンチで合成したチキンナゲットが相応しい。

    って書くと。どうなんでしょう?
    確か。カナダ、ロシア、イギリス、フランス各国首相とオバマ大統領がマクドで飯食ってたコト考えると。破格の待遇のような気がする。
  10. No title
    もてなしに感謝するどころかイチャモン付けるし、
    値段まで推測するとか下衆にも程があるだろ。
    第一、全然日本料理とは思えないんだけど。
  11. 何でも韓でも唐辛子ニンニク味で、マジェマジェで見た目も汚らわしい下朝鮮飼料

    こんなの出されたら誰だって罰ゲームだと思う罠
  12. No title
    値段がどうのワインの銘柄がどうの、デザートのボリュームがどうのってさ。
    結局ブランドとプライスとかって最も下品な物の見方しか出来ひんのな。
    キムチに金箔でも振り掛けて出しといたったら良かったンや無い?
  13. アイゴー!
    別に日本料理出されたっていいんじゃない?食う時にまじぇまじぇすれば、あっという間にいつもの犬飯…いや韓国料理に変身するんだから。文句いうな アホ民族。
  14. No title
    アメリカに韓国料理を御馳走になるのもおかしな話だと思うけど。アメリカはアメリカの料理でもてなすべきなんだろうね。ハンバーガーとか。
  15. No title
    きっと、日本料理風のアメリカ料理がでてきたんだろうけど、もっとアメリカアメリカしてたほうがよかったんだろう
    今度、英国に行ったときには
    英国に、英国英国した、英国伝統料理で
    もてなしてもらうといい
  16. No title
    みのもんたの朝の番組でこれやってた。韓国料理を韓国がいかに世界化しようとしていることだけを説明してたっけ。でも実際税金使って大統領と夫人まで使っていろいろやってるけど結果大失敗お金の無駄遣いという結果は見事にスルーでした。
  17. No title
    アキヒロ君も久しぶりにまともな食べ物を食べられて良かったじゃないか?
    女房が、韓食普及に努力しているなんて実際の生活としてみれば最低の話だよね。
  18. No title
    日本料理をお得意の韓国起原と主張すれば問題解決
    次!
  19. No title
    つーか、ゲスト国のお国料理出すルールってわけじゃないから
    単におもてなし料理としてテーブルマナーで笑われないように日本料理出してきた可能性w

    そしてそれに噛み付くことで準紛争国みたいにアピールされたならおいしい感じ
  20. No title
    ホワイトハウスでキムチありますか?

    発音がちがいまーす、きむちでーす!
  21. No title
    ミスって何のミスだよw
    韓国人に日本料理を出しちゃいけないなんて決まりごとでもあるんかいな。

    全く,土人の考える事は理解出来ないわ。
  22. No title
    スシをウリナラ起源と言い張るカスがいちいち言い掛かりを付けるんじゃねーの!
    アメリカじゃ朝鮮人がゲロのような食い物を偽寿司にして日本食の品位を汚してるくせに。
  23. No title
    日王って誰だよ?
    大手の新聞がそういう言葉を使うのは、
    日本の新聞が「李明博酋長」と書くくらい失礼だぞ。
  24. No title
    フィリピン人シェフを見下してますね。
    味覚はこどものうちに決まるからフィリピン料理の枠を出ない、って、
    どの口がそれを言うんだか。

    晩餐がいくら相当か、って金銭に換算するのも下品な気がするけど。

  25. No title
    万が一韓国への嫌がらせで日本料理出されても文句言える立場じゃないと思うがな、韓国は。
    まぁ普通に箸で食べれて国賓に出せる料理に「韓国料理」は存在しないから仕方ないんじゃないの?www
  26. No title
    「胃に負担を感じるほど」だの、
    「簡単で少ない量で提供された」だの、
    「深刻な失敗」だの、よくそこまでケチをつけられるなwww
    こいつ等はホンモノの基地外だわね。
  27. No title
    日本料理出されてミスって。
    米側としては良い物を出してもてなそうとしてくれたんだろ、……
    ありがとうの一言も言えないんじゃ外出るなよ。
  28. No title
    和牛も南瓜も日本料理も、みんなウリナラ起源だとアメリカ様が認めてくださったニダ
    ってホルホルすべきところだろww
  29. トンスルは出せんわな
  30. No title
    天皇陛下は焼酎などの下品な酒は飲まない。今を去る約40年前私が学生時代に親父からの手紙に「焼酎だけは飲まないで。焼酎を飲む位金欠なら仕送りを増やすから、其処までは落ちぶれないでくれ。」と在った。現在の焼酎と当時の焼酎の評価も質も異なるが当時は日本在住の最下級に属する人の飲み物だった。特に朝鮮人土方の飲み物だった。・・・此れは事実。日本人は最低でも日本酒の二級酒を飲んでた。
  31. No title
    しかし、失礼なミンジョクだな。
    招待されて料理を出されて、その料理にイチャモンを付けるかな。其れも自称友好国と言ってる国にね。
    第一に米国大統領の晩餐会に「キムチ」を出せるか。「生栗」を出せるか。「チジミ」を出せるか。小便の臭い充満した「発酵したエイ」を出せるか?丸で屋台の料理試食会に成ってしまうだろ。
  32. No title
    寿司の起源は韓国なんです。
    和牛は韓国牛が起源なんです。
    ですから、日本料理は韓国料理なんです。

    この様に韓国の大統領が考えていると思いました。
  33. No title
    日本料理であろうと何であろうとグチャグチャに混ぜてゲロを作れば立派な朝鮮料理。アキヒロはそうやって食べれば?
  34. 歴代朝鮮王とその取り巻きの「悪政」により、普通の朝鮮人は米の飯と肉のスープが食べられなかったんだから仕方ない。「食文化」が育つはずも無し。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。