FC2ブログ

BLV、行安部相手に「第5代国璽製作中止」仮処分を申請
(アジアトゥデー 韓国語 2011/09/14)


落札者選定後の国璽規定改正は不公正な行動

第5代国璽製作の入札に参加した一企業が、発注部署の行政安全部(省に相当)と落札者の韓国科学技術院(KIST)を相手に、入札結果の無効申請と国璽製作中止の仮処分申請を出す方針だ

金とダイヤモンドで芸術作品を製作する(株)ビーエルブイ(BLV・総括代表チョン・ムニョン)は、行安部が落札者選定後に国璽製作技術がないKISTのために関連法を改正したことは、政府と公共機関の密室協約で行われた不公正な行動とし、14日、このように明らかにした。

これに対する不法可否を確認するために、検察と監査院に告訴状受付と異議申し立ても積極的に検討している。

現在、第5代国璽は印面(字を刻む部分)が規定より横・縦各々0.2㎝大きくなったし、規定にないレアメタルである『イリジウム』を含んで製作されている。 これに合わせて行安部が、規格と材質を変更する内容の《国璽規定改正案》を立法予告した状態だ。

これにより、KISTが国璽製作の技術力がないということと、行安部の落札者選定基準が不十分だったということを、彼ら自ら証明した訳だとBLV側は明らかにした

BLV側は「行安部がメディアを通じて、レアメタルのイリジウム0.1%の極少量を入れ国璽の強度を高める、と明らかにしたことは国民を愚弄した処置」として「18K合金を使っても十分だというのが関連鋳物業界の一般常識」と話した。

引き続き「国璽製造過程は特殊技術でなく一般的な鋳物技術だけに、動画撮影をして落札者の製作過程を検証しなければならない」として「落札者の製作・納品以後も、鋳物関連専門の民間企業が参加して徹底的に検収しなければならない」と強調した。(機械翻訳 若干修正)


ピーエルブイ、行政安全部相手に裁判所に第5代国璽製作中止仮処分を申請
(ニュースワイヤ 韓国語 2011/09/14)

去る5月、大韓民国第5代国璽製作請負入札に参加した唯一の民間企業である(株)ビーエルブイ(総括代表チョン・ムニョン)は、国璽請負発注機関の行政安全部と第5代国璽落札者の韓国科学技術院を相手に、第5代国璽に対する入札結果の無効申請と、国璽製作中止仮処分申請を各々該当裁判所に同時に提起することを積極的に検討中だと9月14日午前、報道資料を通じて明らかにした。

また、ビーエルブイ側は、行政安全部の突然な第5代国璽製作に対する関係法令変更が、落札者選定後に行われたことについても、不法の有無の確認を検察と監査院に告訴状受付および異議を申し立てて、追加で確認することも積極的に検討中だと明らかにした。

名品ゴールド・ダイヤモンド印鑑『ボンディーノ』の製作会社(株)ビーエルブイが、第5代国璽関連の訴訟を準備することになった主な理由は、すでに去る9月6~7日付メディアに報道された国璽規定の突然の変更と、製作前から様々な疑問に囲まれた落札者(韓国科学技術院)の技術力に対する疑問など、報道機関が提起した様々な不正疑惑らに対して、当時の入札参加企業として国民に透明で、正確な情報を提供するためだと付け加えて伝えた。

行政安全部で、落札者選定後に国璽製造に対する技術力が適合しない落札者のために、最初からの法令の変更を突然にして、国璽の素材、規格、材質などの多様な変更を支援したことは、政府と公共機関の密室協約で成り立った厳然な不法であり、入札参加者らに対する不公正な行動と言えるし、これを通じて第5代国璽落札者の韓国科学技術院(KIST)が自らの製作技術力がないということと、行安部の落札者選定基準が非常に不十分だったということを自らもう一度さらに確認したものと(株)ビーエルブイのチョン・ムンチョル本部長(法人長)は明らかにした。

また、行安部はメディアを通じてレアメタルのイリジウムを浮上させて、国民の知性をレアメタルという見出しの記事で目を覆ったことは、国民をもう一度愚弄した行動だと伝えた。

イリジウムは一般的に最先端LEDやアイパッド、薄型テレビなど電子製品製造時に使われるもので、イリジウム0.1%のとても極少量を入れて、百年使用できる国璽をアピールすることは国民をバカにしたものであり、既存の18K合金を使っても十分だというのが関連鋳物業界の一般常識だと明らかにした。

また、第5代国璽製造過程は特殊技術でなく一般的な鋳物技術だけに、動画の撮影を通じて落札者の製作過程を検証しなければならないし、落札者の製作・納品後にも鋳物関連専門の民間企業が一緒に参加して徹底的に検収をしなければなければならないと伝えた。(機械翻訳 若干修正)



印鈕のデザインの件↓は解決したのかな? 


理屈っぽい頤が多い国璽、今度は‘規定違反’論議
(ハンギョレ新聞 韓国語 2011/03/01

「当選作、2つの象徴合わさっている」という主張に
行政安全部「創作自律性の範囲」と反論

理屈っぽい頤が多い新しい国璽(国を代表する印鑑)の製作をめぐり、また再び論議がおきている。今回は、去る25日に行政安全部が当選作を発表した第5代国璽の公募規定が俎上に上った。

昨年12月23日から先月14日まで進行された国璽の印鈕(取っ手部分)模型の公募審査過程で、伝統工芸家ハン・サンデ氏の当選作が公募規定を違反したという主張が、一部の落選者らの間で提起されている

行安部が部署ホームページと新聞等を通じて公表した公募規定を見ると、印鈕の形は鳳凰または、ムクゲ、太極旗、愛国歌など国家の象徴を活用した模様のうちの一つを選択して作るようにしたが、当選作は規定を破って鳳凰とムクゲの2種類をあわせて出品したというのだ

実際に当選作を見ると、番いの2羽の鳳凰の間に満開のムクゲの花を配置し、造形的な注目度を高めた姿を帯びている。一部の落選者はこれを問題にして、出品規定を破った作品に特典を与えたと反発している。

落選者のト・ハクフェ韓瑞大教授は「応募当時、行安部側に直接問い合わせした結果、鳳凰とムクゲなどの国家の象徴は公表した規定のとおり一緒に組み合わせて作ることができないという返事を受けた」として「出品作の一部はこうした規定で縛っておいて当選作などに規定を適用しないのは不公平なだけでなく、行安部が応募者らに嘘をついたこと」と主張した。ト氏はこれと関連して去る25日、行安部側に異議申立書を送って公式説明と審査の無効化、再公募などを要求したし、「納得できる説明がない場合、法的な対応も考えている」と明らかにした。

行安部側は、手続き上、特別な問題はないという見解を見せた。行安部議定議会活動担当官室関係者は、「公募規定に明記しなかったが、創作自律性次元で鳳凰を主な柄として使用してムクゲの花の模様を少し混ぜたことは、常識的に理解できる次元でないか」として「一部の出品者などが公募規定を間違って理解しただけ」と説明した。

しかし、印鈕部門当選者を選んだ審査委員会のハン委員は、「率直に技術力や造形性の面で、当選作に推薦するには全体出品作らの水準が不足したし、委員らの間でも選定基準をめぐり意見の一致がうまくできなかった」と明らかにして、公募過程をめぐる論議は簡単に鎮まらないものと見られる。先立って第4代国璽は、昨年、製作を引き受けた職人ミン・ホンギュ氏の詐欺行為が明らかになって廃棄された。(機械翻訳 若干修正)

PYH2011022402250001300_P2.jpg



印鈕:公募規定違反(?)の作品が選ばれる。
印文:審査委員5人のうち2人が所属する篆刻学会の会長の作品が選ばれる。
制作:使用6年でヒビが発見された第3代国璽(金合金)を制作したところが入札で選ばれた後、仕様変更。


だんだん箔がついてきましたね。


2011年09月07日
第5代国璽が今月末に完成ニダ! 印文選定、製作技術ですでに問題発生ニカ?
2010年09月01日
高麗・朝鮮時代には中国から下賜された『印』を“国璽”にしていたニダ!




Zippo18金限定モデル GGB-41
B001QBAS2M

金萬体質 [DVD]
ゴールデンボディ / 金萬体質 [DVD] 裸の夏 The Naked Summer [DVD] 金粉蝶 羽ばたいてご開帳 [DVD]
by G-Tools

韓国ニュース | コメント(19) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    なんか、ガサガサしてて 汚ねえ印鑑だな。
  2. (◎_◎;)
    次の国璽の製作に、
    力を出せばいいじゃないの。

    ロシア語で。
  3. No title
    多分、国璽の鋳型の元になる蝋細工じゃないか?これを元に型を作ってその中に合金を流し込めば国璽の完成になる。
    つまりロストワックスとういう技法です。
    しかし、鳳凰の羽と思われる所に既にヒビがはいっているし、
    こんなので本当に大丈夫なのか?
    それとも、前もってヒビを入れておく事で、その部分にヒビが発生しても目立たないとういう、今までと180°異なったコンセプトで国璽を作るのか?

    ゴメン!入力間違えた。管理人さん一つ上のコメントは消去しておいてください。
  4. No title
    国璽って、本来そんなに作り替える物じゃないだろ。
    権威の象徴としては、歴史が浅ければ浅いほど格が下がるわけだし。
    どうせこの国璽も、10年もしないで手抜きが見つかると思うと、作るだけ無駄なんじゃね? としか……。
  5. No title
    奴らの権威なんて、すぐに忘れられたり、壊されたり、なくされたりするからちょうどいい感じだネェ。
    歴史の踏襲って感じで。
  6. No title
    日本のは、と調べてみると、
    1871年(明治4年)に作られた初代の石印が、字体とかが不評
    1874年(明治7年)に2代目を金印で作り直し → 現在も使用中
    なんだね
    韓国も、紛失した初代や、ヒビの入った3代目はともかく、2代目国璽はちゃんと保存してあるんだから、それをひっぱり出してくれば?
  7. どうせ
    訴えたところで、誰ひとりまともに作れないニダ
  8. No title
    2代目のは、すげー中国っぽいんだっけ?
    gdgd言わんで、中国の属国に戻ればいいのにね
  9. No title
    技術の優秀な日本の企業に頼みなさい。
    素晴らしいのを作ってくれますよ。
  10. No title
    国璽いらんって、この国は。
    なんならシャチハタで作ってあげたら?

    日本は二千年前の金印なんかか残ってるけど。
  11. No title
    良いアイディアがある。
    そんなにもめて、何度も何度も何度も作り直すなら、芋版かコンニャク版かゴム印にして、持ち回りで毎週新しいのにしたら?
    死ぬほど安い予算で。

    あ、だったら誰も手を挙げないか。
    まあ、法外に高い予算だから、砂糖に群がるアリの様にチョンが寄って来るだけなんだろうけど。

    見栄っ張りで、嘘つきで、強欲な民族だから仕方無いか。
    その全てを証明している事件だな。
  12. No title
    韓国の経済破綻が目前だというのに。
    そんな事でもめてる場合か?

    沈没しそうになっている船上レストランで
    隣の皿の盛りが多いだの少ないだのと、首まで水に浸かっている状態になっても、やっていそう。

    そのまま沈めば?
  13. No title
    大統領の拇印で
  14. No title
    白菜の断面にキムチ汁つけて押印しとけば?
  15. No title
    支那に下賜して貰えば?
  16. シャチハタで作った判子のほうが長持ちしそう(笑)
  17. BLVって、ブルガリとルイヴィトンのパクリくさい社名だな。
  18. No title
    確か2代目国璽って3代目以降と比べるとやたら長持ちしてたよな
    あの国じゃたぶん今後どれだけ頑張っても2代目国璽の品質を越える事は二度と出来ないと思うよ
    もうこれは2代目国璽をまた使い続けるって事でいいじゃん!
    その方が宗主国様もお喜びになるよw
  19. 世界最古の国(日本国)と比べて申し訳ないが、何とも安い国璽である。
    朝鮮人は国璽に慣れていないからなあ。
    彼らにとって国璽は作るものではなく、中華王朝に頭を下げ、下賜されるものだ。そのためならモンゴル人の皇帝でも満州人の皇帝でも頭を下げるニダ。
    因みに册封国によって与えられる「印」のゴージャス度も違ったとのこと。
    一番近く従順な下僕である朝鮮は「銀印」。
    気まぐれなうえ中華王朝に反抗的な日本は「金印」。天皇の臣下に過ぎない者(室町幕府将軍)でも、大倭コウ(笑)をやり明の禁軍を半殺しにした者(豊臣秀吉)でも好待遇は変わらない。
    シナは「実力で」相手を評価することがよくわかる。
    単に土下座すりゃいいってもんじゃないってこと。
    現代の対中外交でも参考になるニダ。

管理者のみに表示