FC2ブログ
朝鮮学校、補助金で不明瞭接待 ずさん管理浮き彫り
(産経新聞 2010/12/06) 


 福岡県から市民交流の名目で九州朝鮮中高級学校(北九州市)に平成20年度に支給された補助金208万円のうち、98万円が教員らと特定支援者との不明瞭な交流費に使われていたことが5日、分かった。大半が飲食接待をうかがわせる「渉外費」として処理されていた。県内の朝鮮学校では補助金の二重取りも発覚しており、補助金管理のずさんさが改めて浮き彫りになっている。

 情報公開請求で開示された20年度の報告書によると、県内の朝鮮学校の経理を統括する「福岡朝鮮学園」を通じて県が支出した補助金800万円に対し、同中高級学校は「市民交流」費として53件計208万円を申告。

うち22件計98万円が日本人による支援組織「朝鮮学校を支える会」メンバーとの会合にあてられていた
。同校教員らを合わせて出席者が2~6人という会合が多くを占めた。

 出席者4人で、交通費など諸経費を除いた「渉外費5万3300円」、

 5人で「渉外費3万4700円」
といった教員らと少数の支援者との飲食に使われたとみられる不明瞭な明細が目立ち、

 支える会への「粗品代」として「14万4850円」や「8万7600円」という記載もあった。

 産経新聞の取材に同校は「責任者が不在で、分からない」。

 補助金を管轄する県私学振興課は「領収書を学校側に返却しており、渉外費の詳細は確認できない。小人数の会合でも広い意味では交流であり、適正な支出と考えている」としている。ただ、県の財政部門は「渉外費ではあいまいなため通常、食糧費などと明記している」と説明、朝鮮学校への補助金に関するチェックがずさんであることが表面化した。

 東京基督教大の西岡力教授は「生徒の教育のためではなく、特定支援者との一種の政治活動に使われていて明らかにおかしい。ほかの自治体も含め、改めて補助金のあり方が問われるべきだ」と話している。




朝鮮総連の取り巻きは、こうしたお金でゴハンを食べさせてもらいながら、“良心派”日本人の役を演じているんですね。


2010年12月03日
福岡の朝鮮学校が県と市から補助金を二重取り!




 

北朝鮮利権の真相
北朝鮮利権の真相 (宝島社文庫)
北朝鮮利権の真相 金正日に騙された面々編 (宝島SUGOI文庫) GHQ焚書図書開封 歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実 (祥伝社黄金文庫) 民主党の正体-矛盾と欺瞞と疑惑に満ちた、日本人への恐怖の罠(OAK MOOK 305 撃論ムック) 朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった
by G-Tools
北朝鮮ニュース | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    寄生虫朝鮮人は、日本の血税を養分としながら肥大化してゆく。
    関係者すべて横領で厳罰に処せよ。
    朝鮮人が嘘、ごまかしをするのはDNAの所為、当然分かっているのだから、甘い蜜など絶対に与えてはならない。
  2. No title
    福岡、止まらねぇな
  3. No title
    氷山の一角・・・

    全てが不明瞭だろうなw

    補助金打ち切ってしまえ!
  4. No title
    打ち切るのは朝鮮人の首の方が良いと思う。
  5. No title
    福岡県は普通の日本の学校にも「渉外費」とやらを認めているならともかく、
    朝鮮学校にだけ認めている時点でダメすぎだろ

管理者のみに表示