FC2ブログ
外務省、尖閣問題で「中国に分がある」コラム掲載のNY紙に反論
(産経新聞 2010/09/21) 


 沖縄・尖閣諸島をめぐり、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は10日と20日付の2回、ニコラス・クリストフ記者のコラムを掲載した。内容は、「中国に分がある」「尖閣諸島の紛争で米国が日米安全保障条約を発動する可能性はゼロ」などというものだ。駐ニューヨーク日本総領事館から反論文が寄せられたことも紹介している。

 クリストフ記者は、ニューヨーク・タイムズ東京支局長の経験があり、米ジャーナリズム界で最高の名誉とされるピュリツァー賞を2度受賞している。

 クリストフ氏は10日付のコラムで、「太平洋で不毛の岩礁をめぐり、緊張が高まっている」と指摘。その上で、「1972年に米国が沖縄の施政権を日本に返還したため、尖閣諸島の問題で日本を助けるというばかげた立場をとるようになった。米国は核戦争の危険を冒すわけがなく、現実的に安保条約を発動する可能性はゼロだ」とした。

 また、「はっきりした答えは分からないが、私の感覚では、中国に分があるようだ」とした。

 ちなみに、尖閣諸島に岩礁はあるものの、少なくとも魚釣島や南小島は岩礁ではなく、沖縄県宮古島の漁民らがカツオブシ工場などを経営していた島だ。

 次に20日付で、10日付のコラムに対し、日本の外交当局から反論文が寄せられたことを紹介した。クリストフ氏は、尖閣諸島が歴史的、国際法上も日本の固有の領土であることを指摘した反論文を一部掲載、読者に反応を呼びかけた

 読者からはさっそく「日本政府は歴史を改竄(かいざん)するのが得意だ」(カリフォルニア在住の男性)という書き込みがあった。

 駐ニューヨーク日本総領事館によると、反論文は17日付で、従来の日本政府の立場を示したものだ。同総領事館の川村泰久広報センター所長名でクリストフ記者に直接手渡した

 総領事館は「そもそも尖閣諸島をめぐる領土問題は存在しない。にもかかわらず、希薄な根拠をもとに中国に分があるような記述をしていたため、直接会って反論した」と話す。



ニューヨーク・タイムズ (Wikipedia)

ニューヨーク・タイムズ(英語:The New York Times)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く、新聞社ならびに同社が発行している日刊新聞紙。アメリカ合衆国内での発行部数はUSAトゥデイ(211万部)、ウォールストリート・ジャーナル(208万部)に次いで第3位(103万部)


概要

(略)日本においては、朝日新聞社と提携しており、東京支局を朝日新聞社東京本社ビル内に設けている。また、共同で英字紙ヘラルド朝日(International Herald Tribune/The Asahi Shimbun)を発行している。東京支局長はマーティン・ファクラー(Martin Fackler、2009年5月現在)。(略)


報道内容に関して

日本関連記事を巡る問題

ニューヨーク・タイムズは伝統的に日本や日本人を憎悪する傾向があり、「日本は、先進国から転落する」とした社説を掲載したり、レディースコミックのレイプ描写をネタに「日本女性が純真だと思う人は読んでみろ」と煽る記事を掲載するなど枚挙に暇がない。

1991年の湾岸戦争の際、ニューヨーク・タイムズの女性コラムニストが「日本は国際的責任分担しておらず、無責任」とする著名入り社説を掲載。(略)

2006年12月 「北朝鮮による日本人拉致問題について、本来の拉致問題解決に焦点を絞らず、北朝鮮・中国に対する日本国民の嫌悪感をあおり、そうした世論を憲法改正問題などの政治的問題にも利用しようとしている」とする記事を掲載(略)

2007年3月には安倍晋三首相(当時)の強制連行否定発言を受け、安倍晋三を「国家主義者」と呼び、日本政府の対応を批判する従軍慰安婦特集記事を一面に掲載した。

(略)1995年の沖縄で起きた米兵3人による沖縄米兵少女暴行事件の直後、「日本女性が読む野蛮なコミック」と題して、「日本女性はレディースコミックを読み漁り、レイプされることを望んでいる」、「電車で痴漢に遭っても無抵抗」と書いたことが挙げられる。

2008年にも、やはり沖縄で起きた少女レイプ事件を速報せず、3日後に小さく記事にしただけである。(略)

同年、麻生太郎首相就任の2日後に「好戦的な民族主義者」と社説で主張した。(略)

2009年8月には、鳩山由紀夫民主党代表(当時)がPHP研究所発行の「Voice」に寄稿した論文を無許可で転載しただけでなく、内容を改変・削除し、鳩山代表が「反米主義者」であるとの印象を米国政府に与える結果を招いた。(略)

2010年8月30日 在日特権を許さない会をレイシスト(人種差別主義者)とした記事を紙面に載せた。





ニコラス・クリストフ氏の妻は中国系のようですね↓




新中国人
ニコラス・D. クリストフ
シェリル ウーダン

4105327011
内容(「BOOK」データベースより)

政府の尾行や脅しの中で何百人もの中国人をクールに取材し、「天安門事件」を報道した若き
北京支局長・クリストフ。自らの祖先のルーツを農村に見て貧しさに愕然とする中国系三世の妻・ウーダン。バターフィールド『中国人』を超える空前のスケールで描かれたパワフルなレポート。

ピュリツアー賞受賞のNYタイムズ夫婦記者による変貌する中国人の実像。


日本ニュース | コメント(53) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    >その上で、「1972年に米国が沖縄の施政権を日本に返還したため、

    こう書いてるんだから、日本の領土だと結論づけるのが普通だと思うが、

    >また、「はっきりした答えは分からないが、私の感覚では、中国に分があるようだ」とした。

    は?
    根拠もなく言ってるのかよ。orz
    しかも記者本人が書いている事実に反することを、感覚だけで覆すとは.....
  2. No title
    アメリカ左翼の牙城 New York Timesですね。
  3. No title
    この汚馬鹿記者の周りをあらうと・・・あ~ら
    不思議、なんと人民元が蛆ャ蛆ャ・・だったりして
  4. No title
    嗚呼 ああ ぁぁ・・・

    駄目だコイツ・・・

    何を言っているんだ?・・・

    記者ならウラをとりなさい・・・

    自分の妄想で記事を書くなよ・・・
  5. No title
    中国からなんぞもらったりしてないか
  6. No title
    NYTはアカピーや変態と同列だしねー
  7. またオオニシか!
    ...え、違うの?
    でもNYTが腐った反日新聞なのは周知の通りですね。
  8. No title
    中国のロビー活動の成果が少しずつ出てきてるんじゃないかなぁ、それにくらべて日本は何やってるの?って感じだね。
    自国の領土問題なのに第三者視点で傍観してる人が多すぎる。
    「将来、中国に占領されるかも・・」とか言うと「そんなことにはなるはずがない」と笑ってる人がいかに多いか。
    このままで行けば将来日本国はないよ。
  9. No title
    アメリカにも朝鮮人のように、中国に擦り寄る輩が存在すんだな。
  10. No title
    >>9
    結構居ますよ.キッシンジャーとか,その急先鋒でしょう.

    それにしても,1970年以降になって急に領有権を主張し始めた
    国の言い分の方に分があるとか,頭おかしいんじゃないのか.
  11. No title
    >変貌する中国人
    のフリですね
    あいつらは何処でも住める
    自己益のみ追及してね
  12. No title
    >日本政府は歴史を改竄(かいざん)するのが得意だ
    そう思うなら、自分で調べればいいのにね。
  13. No title
    選挙期間中ずっと放置プレイだった民主党と違って
    役人はちゃんと仕事してるな。
    当然と言っちゃ当然なんだろうが・・・
  14. No title
    部数がどんどん減ってるって言うよね。
  15. 尖閣諸島が岩礁ならさしずめアメリカは一面のベースボール場だな
    どうせ中国からこう書けという指示と報酬を貰ってんだろ
    かつて自国がやったことも調べないんだからな
  16. No title
    >私の感覚では、中国に分があるようだ
    お前の感覚がおかしいのだ。
    沖縄返還で尖閣諸島は日本の領土であると決したのだよ。
    中国に分など無い。
  17. 秋の長期ツアーが不調 一部で値下げも、支那の観光業落ち込む
    http://www2.explore.ne.jp/news/articles/14963.html?r=sh
    今年は長め黄金週間が期待できるとあって、多く
    の旅行社が例年より早い8月20日前の国慶節ツ
    アーの発表を行なったが、販売担当者によると
    今年は市場の動きが非常に鈍いという。 
    通常10月1日や9月30日に出発するツアーは
    半月前に発券するのが普通だが、今年はツ
    アーの成約率が低く、まだ発券できていない。

    このニュースは沢山の支那漁船が尖閣諸島付近
    で領海侵犯して拿捕される前のものです。
    国慶節休暇の観光旅行の成約率が前年比50%減
    と低迷する支那の景気で市民の不満が高まってい
    る事が判ります。 
    市民の不満の吐け口に尖閣問題を更に拗らせて行
    くでしょう。 
    一連の報道から支那の権力闘争勃発、組織分裂の
    兆候が見えます。
    【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

    米掃海鑑:平良港に寄港 市民団体、抗議集会へ
    http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20100921rky00m040002000c.html
    米海軍の掃海鑑ディフェンダー(1312トン)が21日
    午後零時半すぎ、宮古島市の平良港に寄港した。
    【前航空幕僚長の論文問題の掲示板】
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
  18. No title
    朝日みたいなもんかw
    在米特ア人の犯罪はNYT名とかで伏せられてるのかなぁw
  19. No title
    欧米人のメディアに対する不信感は日本の比じゃないですからね。

    既存マスメディアの凋落もあちらの方が先行しているようですから、
    欧米メディアの現状と対策は日本のメディアの参考になるでしょう(棒)
  20. No title
    沖の鳥島と勘違いしているようですね。
  21. No title
    NTYってレベル低いんだな。
  22. No title
    在特会はNYTデビューしてたのか
  23. No title
    アメリカの新聞に非難されて~ってソースロンダリングに使われてて吹いた

    ちゃんとアメリカの日刊ゲンダイって言わないと駄目だよねw
  24. No title
    この間、叱られたのにまたやったってこと?

    赤旗の方が上だわ
  25. さすがアメリカは侵略国家だ。
    てか、この場を借りてみんなに質問。

    この世から日本が消えたらどうなるか?

    俺は、世界大恐慌がおきて、日本がある程度保ってたパワーバランスも崩れ核戦争が起き人類が滅亡すると思うが。
  26. No title
    このニコラス・クリストフの奥さんって中国系じゃないかw
    二人の共著で「新中国人」って本出してるぞ。
  27. No title
    ニコラス・クリストフ記者
    ↑こいつ今度からあだ名は赤井邦道な。

  28. No title
    カリフォルニア在住の男性(支那系或いは朝鮮系)「日本政府は歴史を改竄するのが得意だ」
    非常に分かりやすいな。

    まぁ、それはさておき。
    朱に交われば赤くなる、とはよく言ったモノだな。
    この馬鹿記者、見事に支那色に染まってるやがる。
  29. No title
    おっと、チャンコロに買収されたか?
    そのうちグアムは中国の領土だと主張するかも知れんぞ。
  30. No title
    NYTは日本の敵」=シナチョンの味方
    朝鮮で言うところの朝鮮日報レベル。
    はっきりいって精神異常者の集団。
    相手にするだけ時間の無駄だぜw
  31. No title
    このカスは、いくら貰ったのかな?
  32. No title
    外務省が仕事してることが驚きだよw
  33. No title
    この程度の輩が二度も授賞出来るピュリッツァー賞って何?
    メリケンは猿に勲章授与すんのか?


    >「はっきりした答えは分からないが、私の感覚では、中国に分があるようだ」

    個人的な印象だけしか根拠ないのに、それを紙面に載せるとか朝日もビックリだね。
    米政府は公式に「尖閣諸島は日本の施政化にあり、安全保障条約の適用対象である」って言明してるのに。
    もし尖閣諸島を中共が冒すのを傍観するのなら本気で「安保廃棄・自主防衛」の議論が起きるぞ。
    オレだって沖縄に米軍がいるのを容認する立場だけど、この件で裏切ったら反米に寝返る。
    日本国民なら譲れない線だろ。
  34. No title
    竹島もそうだけど、
    日本が徹底的不利だと相手に
    信じ込ませ、
    「こりゃ勝てる」と
    国際司法裁判所に持ち込ませるのが
    一番。

    こちらが勝てば、相手に打撃。
    日本が負けても、
    どうってこたあない。


    ともかく尖閣と竹島の状況を
    徹底的に利用して
    新アチソンラインの存在を
    世界に広く認識させよう。
  35. No title
    こいつの妻は中国人だそうだ。
  36. 訂正
    ×こいつの妻は中国人
    ○こいつの内縁の妻は中国系三世のシェリル・ウーダン
  37. No title
    中華人民共和国 日本省になりかねない!!

    お断りだ!!
  38. 国際子供手当て詐欺、不正システムが形成されつつある
    http://www.santanokakurega.com/2010/09/post-148.html#comments
    不動産業を営んでいるが、最近、中国人や韓国人
    が日本の田舎の中古住宅を買い漁っているという
    話を耳にする。私のところにも、カタコトの日本語を
    喋る外国人の問い合わせがあるようになった。
    全国規模で増えているのではないか。

    【津川雅彦『遊び』ぶろぐ ?サンタの隠れ家?】
    開いた口が塞がらない。小沢の総裁選出馬!
    より転載
    反日テレビ局・マスコミが隠蔽する、日本人社会
    の破壊者による支那人や朝鮮人を動員した
    日本侵略活動が急加速しています。
    【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
    【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
  39. No title
    よくこんなんでなんとか賞取れたね。
    っつかなんとか賞って所詮そんなもんだと。
    今度受賞者見たら鼻で笑ってやろ。
  40. No title
    N なぜなら
    Y 嫁が
    T 中国系
  41. No title
    もう普通にNYTはアメリカの中では信頼の低いものって全部巻きこんじゃえよw
  42. No title
    中国に居た頃は北京政府批判で鳴らした夫妻だが
    リベラルの立場からの権力批判であって
    反中ではないのさ
  43. オオニシは、どこに住んでいる?
    オオニシは、どこに住んでいる?
     こういう 在日は、殺したほうがよい
     こういうテロを 容認する
  44. No title
    アメリカが日本を守るなど結局は幻想だということだ
    もしアメリカが日本の領土を守るというなら、なぜ竹島を奪還しない?北方領土はなぜほったらかしなのか?
    アメリカ人が日本人を守るために死んでくれるなどあるわけない
    なぜ他人の国の他人の土地のために死ななくてはならないのか
  45. No title
    アメリカ大陸は鄭和が発見したから、中国領だ!と書かれたらどうするつもりなんだろうか?

    まぁネイティブアメリカンが先に発見してるんだから、
    白人・黒人政府が追い出されるだけなんだが。
  46. No title
    NYTって資金難で買取とか身売りとか言われてなかったっけ?
  47. No title
    近代史やり直してこい、話はそれからだ。
  48. No title
    >>45
    まあまあ。
    WWⅡでもアメさんは蘭印の奪還、中華民国への軍事援助をしたし、その後も韓国、南ヴェトナム、クウェート、アフガンに出兵してる。
    経済的にまだまだ重要な存在である日本をまんま見捨てるってことも考え辛いでしょ。
    沖縄の部隊が張子の虎でも只の飾りでもないことを証明するには強敵とでも一戦交えないと。
    赤くなる国ってのは相手が本気だと分かると尻尾を巻いて逃げ出すものだし。

    「条約守るよね?」ってアメさんに圧力掛けつつ将来の国防政策考えないと。
  49. 「アメリカが日本を守る訳ない」
    よく散見される意見だが、何故当然の事を力説するのか理解不能。

    日本を防衛するのは、日本国に決まってる。
    日米安保条約を読めば理解できるはず。日本の防衛は、一義的に日本が行い米国が支援するというのが主旨。日本が主で米国が従の関係。
    いざという時の保険は大事だが、日頃からの備えはもっと大事だ。
  50. No title
    「私の感覚では、中国に分がある。」と、言うのは推測でしかないが、中国の成長、軍事力拡大や日本の衰退、軍事力縮小を見て言っているんだろうなと思った。
    結局外交はその国が切れるカード(経済力、軍事力、国際的地位、コネクション)の強さが物を言うから、今の日本は正論であっても外交的圧力で封殺されかねないね。
    こういった記事に個人単位でも反論していき、むしろ主張していかないと、国際的に日本は落ちぶれる運命なんだよな。
  51. No title
    >>49
    部隊が強力であることを示すのに、その部隊が戦う必要はない。

    同じ国の別の部隊が戦っても示すことが出来る。
    というか、他国はそう受け取る。
    その部隊によほどマイナス面がなければね。

    中国の動きを見てれば、正にそう受け取ってることがわかるよw
  52. No title
    …という外交官の努力も民主党政権の元ではあっさり水泡に帰したのであった。

    「悔しいです!」

管理者のみに表示