上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
怨恨関係の教会牧師の家に放火した40代の元牧師を検挙
(ニューシス 韓国語 2010/09/07)


7日午前4時40分頃、東莱区安楽洞のある2階住宅で放火と推定される火災が発生し、家主と放火犯ら2名が負傷する事件が発生した。

火災が発生するとすぐに119消防隊が緊急出動し、火災発生20余分ぶりの午前4時58分頃火災を鎮圧した。居間のタンスやベッドなど什器類を燃やし、消防署推算1500万ウォン相当の財産被害が発生した。

警察は、家主で某教会牧師のA氏(40)と怨恨関係にあった元牧師B氏(47)が、A氏の2階の家の寝室にガラス窓を破って侵入し、ライターオイルなどを振りまいて放火したと推定し、正確な事件経緯を調査中だ。

一方、この過程でA氏が両足と両手、顔部などに二度の火傷をして病院に搬送されたし、現場で検挙されたB氏は目を負傷して病院で応急治療を終えた後、警察で調査を受けていると分かった。(機械翻訳 若干修正)




釜山で放火推定の住宅火災..2人負傷
(聯合ニュース 韓国語 2010/09/07) 

7日午前4時40分頃、釜山市東莱区安楽洞のA氏(40)の2階住宅で放火と推定される火事が起こり、A氏と火をつけたイ某氏(46)が顔などに大火傷を負い病院で治療を受けている。

火はまた、2階の家の大部分を燃やして消防署推算1千500万ウォン相当の財産被害を出し、30余分で消えた。

警察は、イ氏が、牧師のA氏の教会で3年余りの間、献身的に働いてきた自分の妻の賃金支給問題などで長い間争っていた、という周辺の人々の話を土台に、イ氏がA氏に恨みを抱いて火をつけたと見て正確な経緯を調査中だ。(機械翻訳 若干修正)




恨みを抱いて家放火...2人重傷
(YTN 韓国語 2010/09/07)

今日未明4時40分頃、釜山の安楽洞にある家に47才のイ某氏が火をつけました。

この火事で、イ氏と家主で40才のハン某氏が火傷を負い病院に搬送されたが重体です。

また、家の中100余㎡が燃え、消防署推算3,000万ウォンの財産被害を出しました。

警察は、イ氏が3年前、ハン氏に凶器を振り回して拘束されたことに恨みを抱いてこのような犯行を行ったと見ています。(機械翻訳 若干修正)




“3年前に妻の賃金問題で凶器を振り回して拘束されたことを切っ掛けに、長い間争ってきた”ということですかね?

まあ、何にしてもいつものことですね。







1/220 みにちゅあーとプチ 教会 (ペーパークラフトキット)
B003OIBDW4
火ニュース | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    ほのぼのとした、下朝鮮の
    日常風景ニダ

    平壌運転~平壌運転~
  2. No title
    いつもの光景で微笑ましい.
  3. No title
    肥溜め半島はいつも楽しそうじゃのぉ。
    でも日本には近付かんでくれよ。
  4. No title
    日本にも生臭坊主は居るけどさ、
    朝鮮の宗教関係者はそんなレベルじゃないな。
    なにしろ犯罪を犯す為に教祖、神父、牧師その他になるぐらいだもんな。
  5. No title
    韓国の牧師は右の頬を殴られる前に相手の左の頬を殴ります。
    理由は、舞台に上がる職業なので。
  6. No title
    いや、いつものとおりじゃないよ。
    3年我慢できるチョンなんてそうはいないぜ?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。