FC2ブログ
「韓国併合肯定なら歴史語るな」崔洋一監督の「言論封殺」
(J-CAST 2010/8/16) 


 日本で活動している韓国の映画監督、崔洋一さん(61)が、NHKの討論番組で、韓国併合を肯定するなら歴史を語る資格はない、と別の発言者を批判して波紋を呼んでいる。番組は、未来志向の趣旨だったようだが、逆に日韓両国の溝の深さを浮き彫りにした。

 きっかけは、「アニオタ保守本流」というブログを書いているウェブデザイナーの古屋さん(27)が、自説を展開したことだった。


京大准教授「権力者の言論封鎖はいけない」
 
 NHKで2010年8月14日に3時間近く放送された「日本の、これから ともに語ろう日韓の未来」。

 
そこで、日本側の一般市民として選ばれた古屋さんは、韓国と日本は、同じ大日本帝国の一員だったとして、一緒に英米と戦った戦友だと主張した。韓国併合のときは、韓国人を虐殺したわけではなく、帝国主義の時代でやむを得ずにやっただけだともした

   これに対し、崔洋一さんは、そうしたイデオロギーが日本を支配していたのは認めたものの、そのために韓国併合があったというのは、とんでもない史観だと指弾。そして、顔を紅潮させながら、次のように語気を強めたのだ。

「36年間にわたる植民地支配がそれによって肯定されるという考え方は、基本的に歴史を語る資格がない!」

 番組司会者は、慌てて話題を変えたが、そこに口を挟んだのが、京大准教授の小倉紀蔵さんだ。崔さんのこの発言は間違いだとして、歴史にはどんな考え方もありうると指摘した。正さないといけないのは、間違った事実に基づいて自分の歴史観を構築したときだけだ、というのだ。

 すかさず、崔さんは、韓国併合には、客観的な歴史的事実があるとして、それを歪めることは間違っていると否定するのが大人の責任だと反論した。小倉さんも、権力者の言論封鎖はいけないと言い返し、議論は平行線のまま終わった。


NHKに電話やメール約1800件が殺到

 崔洋一さんの主張について、ネット上では、理解を示す声もあったものの、異論も噴出している。2ちゃんねるでは、スレッドが乱立する祭り状態になっており、「映画監督が言論封殺しようとするとはw」「なら討論番組に出るな」「自分自身の首を絞める事になる発言」といった書き込みが相次いでいる

 NHKの広報局によると、番組への電話やメールは、2010年8月16日夕までに約1800件にも達しているという。

 崔さんの怒りを買った古屋さんは、自らのブログで、番組には編集でカットされた別の部分があることを明らかにした。

 それによると、日本側出演者の1人が、日本と韓国は過去に恋人関係にあり、日本が浮気したから韓国が怒っているなどと発言。会場内では受けたものの、崔さんが「歴史とはそいういうものでない! 君はこの場所に一番場違いな人間だ!」と烈火のごとく怒ったという。

 また、古屋さんは、2ちゃんでも質問を受け付けたといい、そのスレでは、件の「歴史を語る資格なし」発言は、この「場違い」発言の直後にあったと言っている。怒りモードのまま、矛先が古屋さんに向けられたというわけだ。

 この場面のカットについては、崔さんが切れすぎたためテレビ的にNGだったのではと言う。ただ、NHKは変わってきており、番組ディレクターは、中道保守的でネット言論にも理解があったとする。そして、古屋さんは、その証拠に「資格なし」発言が放送されたとして、「日本人に不利な編集はしてません」と断言した。もともとは、5時間の録画だったという。

 NHKでは、取材に対し、「番組の編集に関わることについては、お答えしておりません」とコメントしている。




「政府関連団体が助成金を出した映画が“反日映画”ではないのか?」と話題になった時には、こんな↓ことを言っていたのにね。


監督協会「強く抗議」 映画「靖国」めぐり議員に
(共同通信 2008/03/31)

 靖国神社を題材にしたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、日本映画監督協会(崔洋一理事長)は31日、一部国会議員が配給元に試写会を要求したことなどに「強く抗議する」とした声明を発表した

 試写を求めた自民党の稲田朋美衆院議員は、3月28日の記者会見で「『事前検閲だ』とか『表現の自由を侵害している』などと批判されたが、私の意図とは違う」と弁明。

 これに対して声明は「今後行われる上映活動を委縮させるとともに、表現者たる映画監督の自由な創作活動を精神的に圧迫していることは明らか」と反論した。国会議員向けの試写会は3月12日に開かれた。

 声明は、上映中止が広がっていることなどに「大きな危惧を抱かざるを得ない」とした上で「あらゆる映画は自由な発想と意志のもとに作られ、自由に上映されるべきだ」と訴えている。



↑の崔洋一氏や、

“犯罪が起きた時に犯罪と出自が因果関係が有るかのような、在日コリアンと言う出自を暴くと言うマスコミのやり方と言うのは如何なものか”と主張しながら、芸能界やスポーツ界で活躍している人は、日本帰化者であろうがハーフであろうが在日コリアンとして扱い、活躍と出自に因果関係が有るかのように主張する大阪市立大学大学院の朴一教授や、




都職員の管理職になれなかったと、2005年に↓の発言をしながらも、

yomiuri20050126w.jpg



その後も都の職員として努め、今年無事(?)定年をむかえた東京都の保健師・鄭香均氏↓

yomiuri20100327w.jpg



“声の大きい韓国人”の主張なんて、しょせんこんなものですね。






NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム(OAK MOOK 293 撃論ムック)
西村幸祐
NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム(OAK MOOK 293 撃論ムック)
民主党の正体?矛盾と欺瞞と疑惑に満ちた、日本人への恐怖の罠(OAK MOOK 305 撃論ムック) 世界を愛した日本―勇気と誇りを与えてくれる、私たちの近現代史(OAK MOOK 284 撃論ムック) 反日マスコミの真実2010 ―日本を壊す、言論統制と情報封殺システム―(OAK MOOK 327 撃論ムック) (単行本) 迷走日本の行方――内閣支持率70%?!死に至る日本の病と新政権(OAK MOOK 308 撃論ムック) 日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書)
by G-Tools
日本ニュース | コメント(34) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    初ゲット(`・ω・´)
  2. No title
    NHKにもまともな人材はいるんだな
    集まった人間はちょっとアレな奴が多かったようだけど。

    古屋さんに関しては本当にお疲れ様って感じ
  3. No title
    今NHK見たら姦流なんたら。
    日本人の金使って何流しとるんじゃ!!!
    酷いなこの頃のTVの姦国寄りは。
    何でも姦国に結び付け仲よくするには等
    ほざいている。
    法則発動してもしらんぞ。
  4. No title
    最近テレビは刑事ドラマくらいしか見ないな…。
    新聞もとるのやめた。
    偏向番組・偏向記事、CMはパチスロ、サラ金、インチキ保険屋ばかりで見るのが苦痛だし。
    ニュースはネットで主体的に見たほうがいい。
    NHKに受信料を払いたくないから、地上波がなくなったらテレビとはおさらば。
  5. No title
    自分に都合がいいことは「表現の自由を守れ!」
    自分に都合が悪いことは「お前には発言する資格などない!」

    見事な二重基準。

    日本人と(歴史観ではなく)「真実についての意識」が違うなら日本の放送局の番組に出演すべきでない。
    何なら映画ももう作らない方がいい。
  6. No title
    日本に来るなと言った人は国に帰らずしつこく日本に居たのですね。100%予想の範囲内ですがね。
  7. No title
    とりあえず彼の言う「客観」が他の朝鮮人と同じように「自分のこうあって欲しい事実」ということですね。

    http://www.youtube.com/watch?v=Zae_r9IPG4M
  8. No title
    まぁこいつらの議論は相手を黙らせる事だから不思議ではないよね、世間一般ではそれを議論とはよばないけど。
  9. まぁ、「朝鮮人は持論以外は受け付けない」と言う事でしょうね。
  10. No title
    文化人を気取ってみても所詮朝鮮人ですからwww
  11. No title
    チェも偏った歴史観しか持ち合わせていないので歴史を語る資格なし。そして言論封殺するのであれば、映画も撮る資格もなし。

    日本にはあなたのような人間は要らない。祖国へお帰りなさい。
  12. No title
    『日本の、これから』ともに語ろう日韓の未来 崔洋一の思い上がり 【NHK】 テレビにだまされないぞぉ
    2010年8月15日 (日)
    http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-b72b.html

    崔洋一の『靖国』に対するコメント    【ミヤネ屋】 テレビにだまされないぞぉ
    2010年8月16日 (月)
    http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-b5c2.html

    ぼやきくっくり 「日本の、これから」日韓の未来 古屋君と崔監督&ドラマ「歸國」
    2010.08.16 Monday
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid868.html

    ★NHKの日韓討論番組で崔洋一が気に入らない意見に対し「歴史を語る資格はない!」と偉そうに言い放つ - ★厳選!韓国情報★ South Korea News Channel
    2010年08月15日 20時04分31秒
    http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/5a8057f8280e0385f05a4a04a00a2441
  13. No title
    この理事長の言いたいことは、
    「日本人への言論統制が韓国人の理想」ってことだろ?
  14. 強姦魔崔洋一
    暴力にみる民族的違和感より
    ttp://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuunanadai

    (引用開始)
    レイプ事件考

     このごろレイプ事件がよく報道されている。それを読みながら、かつての在日活動家たちの隠れたレイプを思い出す。
     古い資料だが『マルコポーロ』1993年9月号に、梁石日、崔洋一、鄭義信の対談があった。

     崔「一時流行ったんだな。左翼少女を口説くときは日帝三十六年史で落とせというのが。」
     鄭「いまだにそんな手を使っている人、いるんだよね。」
     梁「男の風上にもおけんなあ。」
     崔「梁さん、唇、震えてますよ(笑)。」

     朝鮮問題に関わる日本人女性たちが、在日活動家に警戒心をなくし、レイプされるという事件が少なくなかったのである。そして彼女たちは、反体制意識を持っていたために警察に通報することもなく、泣き寝入りした。周囲からは運動団体内でフリーセックスが流行ったと思われたのだろうが、実態はレイプであった。
     人権に最も敏感なはずの在日活動家が何故そんなことをするのか。また日本の女性たちは、活動家とはいえ在日男性がたずねてくると、なぜ警戒心をなくして部屋にあげてしまうのか。
     今はどうなのか知らないが、昔はそういう時代であったということである。
    (引用終わり)
  15. No title
    「活動家によるレイプ事件」考 tsujimoto blogより
    2008/03/07 23:56
    ttp://tsujimoto.asablo.jp/blog/2008/03/07/2708813

    (転載開始)
    拙論第87題で、>朝鮮問題に関わる日本人女性たちが、在日活動家に警戒心をなくし、レイプされるという事件が少なくなかったのである。> ttp://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuunanadai と論じた。これについてもう少し詳しく記されたものを見つけた。この問題は、事の性質上なかなか公になることはほとんどなかったので、貴重な記録になると考え、紹介したい。

    >1970年代の初頭であった。民族差別問題に熱心に取り組んでいた都内某大学の女子学生グループがいた。彼女らはある在日韓国人青年を呼んで勉強会を開いた。その青年は、贖罪意識を煽って次々と女子学生の体を犯した。遂に、チューターの女子学生が自殺するという悲劇が起きた。他にも幾つか似たような事件が起きている。‥‥贖罪意識を利用して日本人女子学生の体を弄ぶ在日韓国・朝鮮人が今もいるかもしれない。>   佐藤勝巳「映画パッチギLOVE&PEACE”の欺瞞を切る」(『現代コリア475号』42頁下段)

     佐藤氏はこの当時、民族差別と闘う運動のリーダーとして活躍されていたのであるから、この情報の確度は高い。抽象的な情報ではあるが、私の得たものとも一致する。

    【関連論考】人権団体におけるレイプ事件

     民族差別問題だけでなく、同和問題に関わる団体・人間たちにも、こういった事例があります。 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/07/28/1685192

     人権を呼号し、過激な糾弾を繰り返してきた集団は、一皮めくればこのような実態があります。 人権団体だから人権を尊重する人たちばかり、とか思ってはならないということです。むしろ人権団体だからこそ、こういった実態を隠蔽しようとするものです。
    (転載終わり)
  16. No title
    崔は北朝鮮出身のザイニチです。
    言論統制を遣っていないと何も出来ないんです

    で、都合が悪くなれば在日コリアンと言えばいいんでしょうよ
  17. No title
    NHKよりも日本映画監督協会や配給会社とかに抗議したほうが効果的ではないでしょうか。
    あと、崔洋一監督作品の製作会社とか配給会社とかスポンサーとか。

    あ、「パッチギ!」のシネカノン(設立者は李鳳宇)はすでに倒産したんでしたっけ。
  18. No title
    日本映画監督協会 - Directors Guild of Japan
    http://www.dgj.or.jp/

    所在地 〒150-0044
    東京都渋谷区円山町3-2渋谷後藤ビル5F
    電話:03-3461-4411
    FAX:03-3461-4457

    メール infoml@dgj.or.jp <infoml@dgj.or.jp>
  19. No title
     そりゃ、在日からすりゃ日本の言論の自由よりも朝鮮の正義のほうが上にあるに決まっているだろ。

     わりと崔監督好きだったけど、残念だよ。
  20. No title
    NHKが韓国のイメージ悪くする放送したニダって記事まだ?
  21. No title
    映画「デトロイト・メタル・シティ」の監督も李なんとかだが、
    あれも在日なの?
  22. No title
    さっさと国へ帰って反日映画でも思う存分撮ってろよ、超賤人。
  23. No title
    初代が黒沢だった日本映画監督協会も
    今じゃこんなもんか
    どこでもエラいのを飼ってるよなあ、
    日本人は寛容なのか腑抜けなのか
    まあ民主が政権握ってるぐらいだから
    単に愚かになったんだろうな
    あ~あ

  24. No title
    なんだ、朝鮮人の映画監督とか、やっぱりこの程度か。
    それにしても、日本でずっと生活しておきながら、
    朝鮮人=正義、日本人=悪 この図式から離れる事が
    できないなんて、何て可哀想な人なんだろうな。
  25. こいつが色んな番組にコメンテーターとして呼ばれる理由が分からん┐(´ー`)┌

    どうかしてるぜっ!!(by ブラマヨ吉田)

  26. No title
    日韓併合を否定するなら大韓帝国成立も否定しなきゃね。
    あれだって日本の権益のためにやられた話なんだからな。
  27. No title
    崔のレイプ事件の話、本当だとしたら、こいつら許せない。天誅って話ですよ。えらそうな面して、やってることは、チンピラ下衆野郎じゃないですか。
  28. 実態はもっと酷いものだった
    >>12
    >>14

    追加

    「レイプ事件」考、それは泣き寝入りではなく自殺だった tsujimoto blogより
    2010/08/19 19:05
    ttp://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/08/19/5296007#c

    (転載開始)
    この数日ほど、拙HPのアクセスが急に多くなりました。

     何事か?と調べたら、NHKの討論番組「日本の、これから ともに語ろう 日韓の未来」で、崔洋一監督が一般参加者の発言に対して、「36年間にわたる植民地支配がそれによって肯定されると いう考え方(を持つ人)は、基本的に歴史を語る資格がない」と発言。 これについて小倉教授がたしなめたにも拘わらず、崔監督は居直った、という経過があったようです。

     これが2ちゃんねるで、大きな話題となり、その過程で拙HPの{第87題 暴力にみる民族的違和感} http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuunanadai にある崔監督の発言が取り上げられました。そのために拙HPのアクセスが急増したということのようです。

     ところで、この拙稿において、被害者の女性は「泣き寝入りした」と書きました。この文を書いたのは1994年でしたが、その時はそういう情報だったのです。(なおHPにアップしたのは2006年3月です)

     ところがかつて民族差別を闘う運動団体のリーダーだった佐藤勝己氏は、それどころではなく「自殺」があったことを報告しています。

    >1970年代の初頭であった。民族差別問題に熱心に取り組んでいた都内某大学の女子学生グループがいた。彼女らはある在日韓国人青年を呼んで勉強会を開いた。その青年は、贖罪意識を煽って次々と女子学生の体を犯した。遂に、チューターの女子学生が自殺するという悲劇が起きた。他にも幾つか似たような事件が起きている。‥‥贖罪意識を利用して日本人女子学生の体を弄ぶ在日韓国・朝鮮人が今もいるかもしれない。>   佐藤勝巳「映画パッチギLOVE&PEACE”の欺瞞を切る」(『現代コリア475号』2007年10月号 42頁下段 ) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2008/03/07/2708813

     拙論では「泣き寝入り」としましたが、実態はもっと酷いものだったということです。

     なお佐藤氏の文章の引用のなかにおける省略部分には、次のようなくだりがあります。

    >日本人女性の贖罪意識を扇動して、女性に貢がせヒモのような生活を送っていた在日韓国人一世もいた。
    (転載終わり)
  29. 強姦事件は今も
    >>27

    本人ら3人で話してる(伝聞ですらない)から、間違いなく事実。しかも大事なことは、こういったことは決して過去のことではなく、現在も人権派、在日、朝鮮系キリスト教や韓国関係で、同じようなことがあるはずだということ。ただめったに表に出ないだけで。大マスゴミがめったに表沙汰にしないだけ。
  30. No title
    映画の完成披露試写会で「この犯罪者!」って叫ぶオフってないかなw
  31. No title
    >>19

    >わりと崔監督好きだったけど、残念だよ。

    あの監督を好きだった奴なんかいたんだ!?
    売国奴だな。
  32. No title
    東京市街戦
    って映画を上映するのも、
    表現の自由ですよね?
  33. No title
    >31
    いやいや、今回みたいに公衆の面前で本性現してくれないと気付かないもんでしょ。
    日本人の映画監督にも酷いのいるし。

    認識を新たにしただけいいことだと評価しなきゃ。
  34. No title
    文化人面した無知なノータリンが火病ったのか。
    こんな無能な輩を理事長にする日本映画監督協会
    とは一体何だ?ゴキブリ集団か?
    居心地のいい日本に居座り、日本を食い物にする寄生虫の朝鮮人どもは強制送還すべし!

管理者のみに表示