FC2ブログ
「面会所含む南側資産を凍結、管理職員を追放…開城工業団地も全面見直し」宣言
(中央日報 2010/04/09)  


 北朝鮮が8日、離散家族面会所をはじめとする金剛山(クムガンサン)地域内の韓国側所有施設を凍結し、現地にいる現代峨山(ヒョンデ・アサン)など管理職員を追放する、と明らかにした。 

  これを受け、08年7月に北朝鮮警備兵の銃撃で韓国人観光客パク・ワンジャさんが死亡した事件で中断された金剛山観光は、破局の危機を迎えることになった。 

  金剛山観光を管掌してきた北朝鮮名勝地総合開発指導局の報道官は8日の声明で、「南朝鮮当局の資産である金剛山面会所と消防隊、韓国観光公社所有の文化会館・温泉場・免税店を凍結し、その管理人を追放する」と明らかにした。 

  報道官は「危機に直面した金剛山観光を救援する方法がなくなった条件で、委任により、すでに明らかにした通り、金剛山観光地区の南側不動産に対する調査に続き、次の行動措置に入ることを厳粛に宣言する」と述べた。「委任により」という表現は、今回の措置が北朝鮮最高権力機関の国防委員会や金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の指示に基づくことを示唆している。 

  この報道官は「現代との観光合意と契約が効力を持たなくなったため、すぐに新しい事業者による国内および海外金剛山観光が始まるだろう」と明らかにした。 

  また「今回の不動産調査に参加しない南側の現代証券、イドゥン商事、ピョンアン繊維工業株式会社の事業権をはく奪し、その関係者の金剛山への出入りを認めない」とし「長期間の観光中断でわれわれが受けた経済的損失は非常に大きく、観光地区内の南側の不動産と施設をすべて没収しても補償にならない」と主張した。 

  報道官は「南朝鮮保守勢力勢力が対決の道を進み続ける場合、開城工業地区事業も全面的に見直すことになるだろう」と警告した。



「中国旅行会社、金剛山観光契約を締結」
(中央日報 2010/04/09)

 北朝鮮が金剛山(クムガンサン)観光を担当する新しい事業者に中国の旅行会社を選定し契約したと、YTNが対北朝鮮消息筋を引用して9日報じた。 

  YTNによると、北朝鮮当局は金剛山観光事業について中国の旅行会社と6カ月間の契約を締結し、中国人観光客が金剛山観光地区内の宿泊施設を利用できるよう保障したという。 

  この中国旅行会社はすでに中国人観光客およそ1000人を募集し、20日ごろから金剛山観光を始める計画だと、消息筋は伝えた。

 中国人観光客は韓国観光公社が運営する温井(オンジョン)閣免税店や温泉場も利用する見込みだ。

  消息筋は、北朝鮮が金剛山面会所と温泉場・免税店など韓国側当局の資産を凍結し管理人を追放したのは第1段階の措置、と分析した。1週間後に第2段階の措置として、金剛山地区内の現代峨山など南側民間会社の資産も凍結し、管理人を追放する、とみている。



【週刊韓(カラ)から】金剛山は北朝鮮の一大リゾート地
(産経新聞 2010/04/04)

 南北経済協力事業で開発された北朝鮮の金剛山観光地区は、ホテルはもちろんゴルフ場からスパ施設、免税品店まで備えた一大リゾート地だ。そのほとんどの施設を、韓国企業が所有する


kumgangsankanko-0020.jpg


 金剛山観光は、年間30万人を超えるツアー客が参加する人気ツアーの1つで、北朝鮮側にとっても多額の外貨を獲得できるドル箱的存在だった。しかし2008年7月、北朝鮮兵士による韓国人観光客射殺事件が起きたことをきっかけに観光事業は中断。今は金剛山を訪れる観光客もなく、ひっそりとしている。北朝鮮側が最近になって突然、観光を再開しなければ、韓国側の資産を没収すると主張。再びスポットを浴びている金剛山観光を紹介する。(ソウル 水沼啓子)


 朝鮮半島では「金剛山も食後の眺め」(花より団子)ということわざがあるほど金剛山は親しまれ、名勝地としても有名だ。韓国人にとっても一度は訪れてみたい場所だったが、南北分断後は金剛山が北朝鮮側にあるため、長らく訪問することもできずにいた。

 その後、韓国人でも訪問できるようになったのは、韓国の財閥「現代」の創業者で北朝鮮出身の故・鄭周永氏が自ら北朝鮮に渡り、当局や金正日総書記から金剛山観光事業の承諾を取り付けたのがきっかけだ。こうした経緯から、金剛山観光事業は、「現代」グループの「現代峨山」が中心となって行ってきた。

 1998年11月、韓国の港から観光船で金剛山を訪問するツアーが始まった。2003年9月からは陸路を利用し、バスで金剛山を往復する観光も可能になり、翌04年からは陸路に一本化した。

 また08年からは自家用車で金剛山までを往復できるようになった。自家用車の受け入れは1日20台までに制限。バス利用の場合と同様、韓国人だけでなく日本人など外国人の利用も可能だ。ただし自家用車で訪朝した観光客も、金剛山のホテルに到着後は、地区内の移動の際は、指定のバスを利用しなければならない。

 観光地区内には韓国の一般企業が運営するホテルやコテージ、ゴルフ場、リゾートスパ、温泉施設のほかに、韓国政府所有の南北離散家族面会所、韓国観光公社所有の免税品店などがある。また銀行や病院、文化会館まで備えている。

 このほか北朝鮮が所有するホテルや食堂もあるが、こうした施設を現代峨山側が賃貸して運営している


kumgangsankanko-0012.jpg

kumgangsankanko-0013.jpg

kumgangsankanko-0010.jpg

kumgangsankanko-0003.jpg

kumgangsankanko-0014.jpg



 観光地区内では金剛山へのハイキングのほか、ゴルフ、海水浴、温泉、リゾートスパでのエステなど多様な観光メニューが用意され、北朝鮮のサーカスや歌謡ショーといった公演も鑑賞できたという。


kumgangsankanko-0005.jpg

kumgangsankanko-0006.jpg

kumgangsankanko-0007.jpg

kumgangsankanko-0016.jpg

kumgangsankanko-0017.jpg


 中断前の金剛山観光に関する概要をみると、ツアー料金は2泊3日で30万ウォン(約2万5000円)程度からあるが、ホテルのグレードなどにより料金は違ってくる。金剛山観光地区内で使用できる貨幣は米ドルで、韓国ウォンは使えなかった。

 韓国統一省によると、07年6月に金剛山観光事業開始以降、観光客数が150万人を突破。この年は年間約34万5000人の観光客が金剛山を訪問した。観光事業開始以降、韓国在住者を中心に日本人観光客は1500人ほどが金剛山観光に参加している。

 08年7月、韓国の女性観光客が誤って立ち入り禁止区域に侵入し、北朝鮮兵士によって射殺される事件が発生した。これを受け、韓国政府は金剛山観光事業を停止。現在も中断したままだ

 韓国政府は、身辺安全の保障や真相究明、再発防止策が施されなければ金剛山観光を再開しないとの立場だ。一方、北朝鮮側は再開を求め、金剛山観光地区内にある韓国側の資産没収といった脅しをかけながら、韓国への圧力を強めている

 事業再開のめどはたっていないが、今も現代峨山の職員らが金剛山に残り、施設で勤務している。施設の維持費だけでも大変な額になるはずで、中断による損失は計り知れない。

 金剛山観光に関するホームページをみると、韓国の観光地かと見間違うほどだ。北朝鮮の住民にとっては、金剛山観光地区は桃源郷のような別世界ではないだろうか。




≪解説≫金剛山の韓国資産凍結、背景と見通し
(聯合ニュース 2010/04/09)

 北朝鮮・名勝地総合開発指導局の報道官が8日に声明を出し、北朝鮮・金剛山地区にある韓国政府資産の南北離散家族面会所と消防署、韓国観光公社所有の文化会館、温泉場、免税店を凍結し、管理担当者らを追放すると発表した。先月25日から31日にかけ、金剛山の韓国側不動産調査を行ってから8日目にしての措置となる。

 韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没事故への北朝鮮の関連が取りざたされ、南北関係に微妙な気流が流れているなか、北朝鮮が強硬措置を取ったことから、関係が再び揺れ動く公算が大きくなった。

 北朝鮮が同日に発表した内容は、先月4日に朝鮮アジア太平洋平和委員会報道官の談話で予告した、金剛山の韓国不動産凍結、既存契約の破棄という、いわゆる「特段の措置」の第1段階と受け止められる。不動産凍結と併せ、北朝鮮側の調査に立ち会わなかったとの理由で現代証券など3社の事業権をはく奪し、関係者の金剛山出入りを禁じた。その上で、近く新事業者と国内・海外金剛山観光を開始すると宣言した。

 一見すると「超強硬措置」に映るが、一つのカードを何個にも分けて段階的に用いる北朝鮮特有の戦術で、韓国政府にプレッシャーをかけようとする意図が色濃いと専門家らは分析する。

 まず、北朝鮮は最初の不動産凍結対象から純粋な民間業者は除外した。また、政府や観光公社所有の一部不動産に対する凍結と管理者の追放も、金剛山観光が中断されている現状ではさほど意味が大きくない「象徴的な措置」と受け止められる。

 観光事業者の現代峨山によると、離散家族面会所では中国に暮らしていた韓国人警備員1人が常駐しており、同社の金剛山事務所職員4人が管理を兼任している。また、観光公社所有の建物と消防署には常駐管理者がいないとされ、北朝鮮の説明を文字通りに解釈すると、この措置による追放対象は1~5人にとどまる見通しだ。

 また、先月に朝鮮アジア太平洋平和委員会が既存契約の破棄を予告したが、8日の声明は「現代との契約がこれ以上効力を持ち得なくなった」としただけで、厳密には契約破棄を宣言したとはいえない。現代証券など3社の事業権はく奪も、観光中断の長期化でこれら企業が事業継続の原動力を相当失っていることから、実質的な意味は小さいというのが政府当局の分析だ。

 一方、声明は現代に代わる新たな事業者を物色する意向をほのめかしたが、実際には中国の旅行会社を介し、金剛山に外国人観光客を誘致する程度にとどまるものと専門家らはみている。

 こうしたことから、今回の措置が韓国政府・企業に与える実質的なダメージはさほど大きくないというのが総論だ。

 今回の措置を受け、韓国は対話で事態を収めるか、強硬姿勢に対抗し強い態度で極限状況まで向かうかの岐路に立たされることになった

 北朝鮮が金剛山の不動産調査を終えた先月31日、政府は北朝鮮に強い警告のメッセージとともに、対話で問題を解決しようと提案した。北朝鮮からも、韓国政府への圧迫を通じ、観光再開に向けた対話にこぎつけたいという意図が見え隠れする。

 ただ、双方が考える対話の「概念」が異なることが問題に挙げられる。

 政府は観光中断の契機となった2008年7月の北朝鮮による韓国人観光客射殺事件に関する真相究明、再発防止策の策定、観光客の身辺安全保障という条件を満たすため、突っ込んだ対話を希望している。

 一方の北朝鮮は、金正日(キム・ジョンイル)総書記の保障などでこれらの条件は解決済みだとの姿勢で、観光再開を決定する形式なレベルの対話を望んでいる


 さらに、「天安」事故の真相究明にどれだけ時間がかかるか、またどう結論付けられるかが分からない点も、対話の見通しを暗くしている。

 韓国政府の立場では、北朝鮮が対話を提案してくれば拒否はしないものの、沈没事故に北朝鮮の関連がないと確認されるまでは、積極的に観光再開問題を話し合う余裕がないと見込まれる。そのため、「天安」問題にけりがつくまで、対話による反転は期待し難いという見方が優勢だ。

 また、「魚雷被弾」の可能性に重きを置く金泰栄(キム・テヨン)国防部長官の発言を機に、北朝鮮に事故の容疑がかかり、今後韓国の対北朝鮮世論が冷え込む可能性も提起されている。



カネ集めに必死ですね。





北朝鮮なんでも大図鑑―金正日将軍様生誕65周年記念
北朝鮮なんでも大図鑑―金正日将軍様生誕65周年記念 (OAK MOOK (141))
北朝鮮の不思議な人民生活―他では見られない貴重写真満載で綴る、北朝鮮人民の〈衣・食・住〉 (別冊宝島 (1359)) 北朝鮮・驚愕の教科書 (文春新書) 将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情 本当はどうなの?今の北朝鮮 (中経の文庫) 北朝鮮の不思議な人民生活 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-78)
by G-Tools
北朝鮮ニュース | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    うんうん、いつも通りで安心したw
  2. No title
    無条件で観光再開してない韓国政府の対応が、まともすぎて、逆に怖いなw
    北の将軍様前にはさすがにたじたじらしい。
  3. No title
    亀裂箇所を見せないってことは天安は自壊したってことで決着
    でも当事国は違うと言うしかないニダ
  4. No title
    命をかけてまで行きたい所じゃないな。
    兵士がウロウロしてるって事は、観光中に開戦した場合、人質になるんだろうし。
  5. No title
    射殺されるかもしれないスリルを味わう観光にすれば?
  6. No title
    どんなに立派な施設に見えても客の来ない観光施設には経済的価値は見出せない。

    韓国の施設を接収したところで1ウォンにも成りはしない。
    では、ここに中国人観光客を積極的に誘致すると言うことは、銭にならない多数の中国人を招き入れると、施設とその従業員が泣きを見る。

    北朝鮮は中国人から躾をして貰うと良いかもしれない。
  7. No title
    だからもう殴りあえって。
  8. No title
    こんな出鱈目な方針を打ち出す当局が信用なんか出来るかよ、と。

    韓国人が行かなかったらどこの誰が行くと思ってるんだろ。

    それにしても北朝鮮当局から「解決済み」って台詞を何度聞いたことか。
  9. No title
    どんどん締め上げて北朝鮮を干上がらせてやれ
  10. No title
    >>「金剛山も食後の眺め」(花より団子)
    観光地としてダメじゃね?

管理者のみに表示