上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
家族置いて脱北したオ・キルラム氏「私がバカだった」
(聯合ニュース 韓国語 2010/02/22)  


「私は本当に馬鹿みたいに生きてきた」

1985年、ドイツ留学当時、家族と共に越北したオ・キルナム氏(68)は、ワシントンポスト(WP)とインタビューでこのように嘆いた。


C0A8CA3D0000011F637248D00001934B_P2.jpg


ある政府外郭研究所の研究員として在職してきて退職したオ氏は、酒に依存して、過去に縛られたまま、一日一日をやっと生きている、として苦しい心情を吐露した。

WPは22日のインターネット版で、《北朝鮮の残忍で悪らつさに破壊されたある家族と良心》という題名でオ氏のインタビュー記事を掲載、ドイツで経済学を勉強していた韓国留学生が二人の娘と妻を連れて北に行き、一人で脱出して、苦しさの中に暮らしている話を詳しく紹介した。

1985年、ドイツのテュービンゲン大に留学していたオ氏は、日ごろから韓国の権威主義政権に批判的な発言をたびたびする学生だった。こうした彼に目をつけた北朝鮮機関員はオ氏に近付き、肝炎を病んでいた妻の病気を良くなるようにするとしながら、良い職場も提供すると誘った。

「妻は北朝鮮に行きたがらなかったけれど、私は反対を無視したんです。」


東ドイツとソ連を経て彼らは平壌に1985年12月3日に到着、山岳地帯の軍部隊に連れてかれて行った。オ氏は「軍部隊に連れていかれた時、初めて妻の言葉が正しかったし、私の判断が間違っていたということを悟った」と話した。

妻の肝炎治療どころか、彼らは数か月間、キム・イルソンの教示だけを繰り返し学習しなければならなかった

以後、対南宣伝放送で働き口を得たが、北朝鮮当局はオ氏にすぐドイツに戻り韓国留学生を抱き込め、との指示を与えた。もちろん、家族は連れて行くことはできない、という条件だった。

「私が韓国留学生を連れて来ると言うと、妻が自らの良心に照らしてそんなことは出来ない、と言いながら顔を叩きました。北朝鮮を離れて再び戻って来ないように、とも言ったんです。交通事故でもう家族が皆死んだと思いなさい、と言いました」

北朝鮮当局の指令を受けてドイツへ向かった彼は結局、デンマーク,コペンハーゲンで救助を要請し、1992年に韓国大使館に自首した。

オ氏が北朝鮮を脱出した直後、彼の妻と娘は逮捕されて“15号収容所”に送られた、と伝えられた。

19年前、オ氏はドイツに駐在する非公式北朝鮮機関員を通じて、妻の自筆の手紙と雪原で撮った写真、娘の声が録音されたテープを渡されたりもした。娘は録音テープでパパに会いたいと涙声で話した。

WPは、オ氏の切ない事情を伝えながら、悪名高い“15号収容所”は公開処刑がありふれていて、殴打と強姦が横行し、収監者は飢えと強制労働に苦しめられて惨めに死んでいくと知られている、と伝えた。

またWPは、北朝鮮は政治犯収容所の存在を否認するが、韓国政府の資料によれば北朝鮮は6か所の収容所に15万4千人を投獄していると推測されている、と付け加えた。(機械翻訳 若干修正)


A family and a conscience, destroyed by North Korea's cruelty

By Blaine Harden
Washington Post Foreign Service
Monday, February 22, 2010

SEOUL -- "I am fool."

That self-assessment comes from Oh Kil-nam, a South Korean economist who moved to North Korea a quarter-century ago, dragging along his unhappy wife and two teenage daughters. He then defected to the West, leaving his family stranded in a country his wife had called "a living hell."

Oh lives alone now in a fusty, computer-filled apartment here in the capital of South Korea. At 68, he is retired as a researcher for a government-funded think tank. He says he drinks too much rice wine and dwells too much on what might have been.

His wife and daughters -- if alive -- are believed to be prisoners in Camp No. 15, one of several sprawling political prisons in the mountains of North Korea.

Nineteen years ago, North Korean authorities, via unofficial intermediaries based in Germany, sent Oh letters that were written in his wife's hand, saying she and the girls were in the camp. There were pictures of them posing in the snow -- and a cassette tape with voices of his daughters begging to see their daddy.

High-resolution satellite images of Camp 15 and several other political prisons have been widely circulated in the past year on Google Earth, arousing increased concern about human rights abuses inside the North Korean gulag, which has existed for more than half a century -- twice as long the Soviet gulag. But documentary evidence of life inside the North's camps remains exceedingly rare.

Oh is the only person known to have received this kind of evidence about inmates, according to Lee Jee-hae, legal advisor to Democracy Network Against the North Korean Gulag, a human rights group based in Seoul.

North Korea officially denies the existence of the camps and has never allowed outsiders to visit them. But about 154,000 people are being held in six large camps, according to the latest estimate by the South Korean government.

Defectors who have been released from Camp 15 say public executions are common there, along with beatings, rapes, starvation and the disappearance of female prisoners impregnated by guards. They say that prisoners have no access to soap, underwear, socks, tampons or toilet paper -- and that most inmates die by age 50, usually of illnesses exacerbated by overwork and chronic hunger.

 The self-acknowledged foolishness of Oh began in Germany in 1985.

He was married with two young daughters and studying for a doctoral degree in economics at the University of Tuebingen. He was also an outspoken and left-leaning opponent of the authoritarian government then running South Korea.

His activism attracted the attention of North Korean agents, who approached Oh and offered help with a family medical problem. His wife, Shin Sook-ja, a South Korean nurse, was sick with hepatitis. The North Koreans convinced Oh that she would get free first-class treatment in Pyongyang and he would get a good government job.

"My wife did not want to go," Oh said. "I ignored her objections."

Via East Germany and Moscow, the family arrived in Pyongyang on Dec. 3, 1985, Oh said, and was immediately taken to nearby mountains for indoctrination at a military camp.

"The moment we stepped into that camp, I knew my wife was right and that I had made the wrong decision," Oh said.

His wife received no treatment for hepatitis. Instead, she and her husband spent several months studying the teachings of Kim Il Sung, the "Great Leader" and founding dictator of North Korea. He died in 1994 and was replaced by his son, Kim Jong Il, who continues to run what is often called the most repressive state on earth.

Oh and his wife were given jobs working in a radio station broadcasting propaganda to South Korea. Soon, though, authorities ordered Oh to return to Germany and recruit more South Korean students to live in North Korea. His wife and daughters, he was told, could not go along. Oh recalls that he and his wife argued bitterly about what he should do.

"She hit me in the face when I said I would come back with some South Koreans," Oh said. "She said I could not have that on my conscience. She told me to leave North Korea and never come back. She told me to think of her and our daughters as being dead from a car accident."

En route to Germany, Oh turned himself over to authorities in Copenhagen and was granted political asylum. He was debriefed for several weeks in Munich, he said, by U.S. agents from the CIA.

Shortly after Oh defected, his wife and daughters were detained in Pyongyang and taken to Camp 15, a former North Korean prisoner told Amnesty International. Two years later, according to another former prisoner, the three were moved from a "rehabilitation" section of the camp, where prisoners are sometimes released, to a "complete control district," where they work until they die.

There has been no further information about Oh's wife and daughters since then.

In the early 1990s, Oh wrote a book, "Please Return My Wife and Daughters, Kim Il Sung." It did not occasion a response from North Korea. Oh said he sometimes believes his family is still alive, and sometimes he is convinced that they are dead. Either way, he blames himself.

 Special correspondent June Lee in Seoul contributed to this report.



>北朝鮮を離れて再び戻って来ないように、とも言ったんです。交通事故でもう家族が皆死んだと思いなさい、と言いました

ほんとうに?




北朝鮮 隠された強制収容所
北朝鮮 隠された強制収容所
北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫) 収容所に生まれた僕は愛を知らない 北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫) 北朝鮮大脱出 地獄からの生還 (新潮OH!文庫) 北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)
by G-Tools
北朝鮮ニュース | コメント(22) | トラックバック(1)
コメント
  1. No title
    「私がバカだった」

    そうでない超賤人がいるのかと。
  2. No title
    ■<夫婦別姓法案>緊急拡散お願いします!

    <緊急拡散希望>夫婦別姓法案について反対FAX凸ご協力のお願い。

    こんにちわ。
    突然の投稿で失礼します。

    ■大阪14区選出民主党衆議院議員 長尾たかし氏のブログより
    「選択的夫婦別姓を含む法案の概要が提出されてしまった・・・しかし、まだや
    れることはあるっ!」
    http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/ac778a00f3e34c0fd5e593254d0e88a9
    のエントリーがあります。まさに危険水域だそうです。
    なんと、来週の月曜日(2/22)に、選択性夫婦別姓問題議論の予定が立てられた
    そうです。
    永田町では、誰も騒いでいない、永田町でも闇の中で進められているようです。
    この土日・可能な限り拡散していただき、民主党議員・国民新党・自民党議員に
    反対の声を届け、世論をもりあげるよう、ご協力いだだければと思います。

    宜しくお願いいたします。
  3. No title
    韓国人が「反体制」という厨二病に罹ると、
    大迷惑だという良い見本です。
  4. No title
    家族を見捨てて自分一人だけ逃げて出したニダ
  5. No title
    その上、バカ面を晒してしまったニダ。
  6. No title
    整理すると、妻と娘をドイツから北朝鮮の強姦収容所送りにしましたってことだな。本人は元通りだから。
  7. No title
    《自ら北朝鮮に妻子を残して帰ってきた自己中心的な酒びたり韓国人》
    こういう表題だろ
    こいつだけ帰ってくるとか同情とかされないだろ
    善性のあった妻だけは死に悪性のモノだけ生き残った
    これが韓国なんやな
  8. No title
    まぁ、このバカ韓国人は置いておくとしても、北鮮のこの現状は相変わらず酷いな。左巻きの連中や利権屋はそれでもこんな国と国交正常化したいんか?
  9. っていうか
    せっかく引退後の余生をうまい酒に浸って楽しんでたのにギャーギャーうるさいから北朝鮮に置いてくると同時に三人を売って小銭を稼いだニダ!
    まさに一石二鳥。売りはやっぱり天才ニダ!!
    が正解では?
  10. No title
    今後、脱北が成功しませんように(-人-)
    逃げ場をなくした民衆が金豚に襲い掛かりますように(-人-)
  11. No title
    現在進行形の非人道行為には何の興味も示さないくせに、100年前の実際にあったかどうかもわからない日帝の暴虐には泣くわ喚くわの大騒ぎ。
    どうかしてるでしょ。
  12. No title
    読んでいて胸糞が悪い
  13. No title
    なんでこいつ生きて表に出てきてんだ?
  14. No title
    妻と娘に会えないのは可哀想だから、
    コイツを北に連れていって置いてきてやれ。
    脱北者として収容所に入るだろうから、
    そこで会えるかもしれんぞ。

    …死体と。
  15. No title
    妻と娘は北朝鮮で性奴隷にされてることだろうよw
  16. No title
    「私、北朝鮮には行きたくない!」
    問答無用ニダ。
    ~行ってみたら~
    だまされたニダ。ひどいところニダ。
    「妻と娘は死んだと思って逃げてください」
    わかったニダ。

    こういうことか?朝鮮人らしい都合のいい物語だなぁ。
  17. No title
    こいつ最低最悪の屑だな。

    向こうに渡って一応まともな生活してるらしいよど号乗っ取り犯どもも救い様ないが。
  18. 妻と娘を売りに北へ行ったんだろ?
  19. No title
    本当に一部の隙もなく馬鹿すぎて笑ったw
  20. No title
    まず、本当に結婚していて妻と娘が実在するのか調べないと。朝鮮人だと、発言全てが妄想の場合がままある。
  21. No title
    >11
    >泣くわ喚くわの大騒ぎ。

    これ、比喩じゃないんだよなw
  22. No title
    和田春樹や大江健三郎もこの人と同じ行動をとるべきだよね

管理者のみに表示
トラックバック
わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 ジャーナリストの宇田川敬介氏の取材によると、「外国人地方参政権付与」に関する韓国政府による民団への働きかけを韓国大統領側近が否定したともとれる発言をしたそうだ。 花うさぎの「世界は腹黒い」/韓国、参政権までは求めて?...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。