上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
韓国の歴史正しく教えるようにしなければならないですね
(コリアタイムズ 韓国語 2010/01/25) 


『ヨーコ物語』の退出中心人物スザンナ・パク氏、KAFE会長引き受けて熱心
まだ、多くの学校で教材採択...米学生ための韓国歴史本、編纂計画


何年か前の、日本人が韓国の人の被害者として書かれている日本作家の小説『ヨーコ物語(So far from the bamboo grove)』による、“アメリカ教育の中の韓国歴史歪曲”等の物議が、今は記憶の中に消えたように静かだ

しかしこれらすべてのことの出発点になったウェストチェスターカウンティのライに居住するホ・ボウンさん(Alexandra Hugh:アレックス・ホ)のお母さんスザンナ・パク氏は、去る4年間引き続きこれに関連したことに努めている


west2-susannapark.jpg


スザンナ氏は「もちろん韓国の人々が力を合わせてカリフォルニアの多くの学校などアメリカ内170余学校でこの本を退出させたが、まだ数多くの学校でこの本を教材として使っているとのことです。」としながら、それより先ずアメリカ教育の中に正しい韓国の歴史を教えることがさらに重要だ、ということを悟ることになったという。彼女このことによってカリフォルニアの非営利団体Korea Academy fo Educatorを組織して、アメリカ教師たちに韓国の歴史を教える仕事をしているマリー・コーナー氏(Marry Conner)を知ることになったし、結局、現在この団体の会長(Executive director)として仕事をすることになった。

2006年、当時7年生だったポウンさんがヨーコ・カワシマ・ワトキンス氏の本を学校で読んで、「家で習ったことと違う」として登校を拒否して、これらすべてのことの出発点になった。 ポウンさんの学校の『ライデイスクール』では結局、この本を7年生の教材から除くことになったし、ちょうどボストン地域の韓国人親たちも同じ問題立ち上がることになるや、スザンナ氏はこれらとも力を合わせて教材除去に力を注いぎ続けた。しかし、各州教育庁に公文書を送るなどその過程が大変で、複雑で、大きい効果をみるには韓国人父兄の次元では力不足という。

「『so far from the bamboo』がアメリカ図書庁では小説(Fiction)として上がっているのに、学校ではNon Fictionとして、作家の回顧(Memoir)と教えています。」として、まだこの問題を切ながるスザンナ氏は、PAAHE(Parents Association For Asian History Education,paahe.org)というウェブサイトを作った。

一方、去年8月にはKAFEが主催するセミナーに直接出席したし、その後昨年10月から70才を越えて一線から引退をしたKAFE創始者マリー・コーナー氏の仕事を譲り受けて、会長職を引き受けることになったのだ。あまりにもカリフォルニア地域の韓国人社会ではたくさん知らされたKAFEが、その範囲を広めていっているに際して、この間にはワシントン総領事館の教育長のキム・ウングォン氏の助けで、韓国の『コリアファンデーション』から支援を受けたりもした。「韓国からくる助けも重要だが、アメリカ国内の韓国人社会でこのことに関心を持つことがより一層望ましいと考える。」として、スザンナ・パク氏はこれからニューヨークを中心にして繰り広げる事業計画を明らかにした。

韓国検事出身のお父さんの影響なのか、美術で大学院まで終えて画家として活動したスザンナ氏は、このことを一歩遅れて発見した使命と感じるという。先ずはニューヨーク地域で基金の募金で始めて、それからアトランタ、ボストン、シカゴなどの地にもKAFEを組織して、同じ趣旨を持つ他の機関らと力を合わせて、共同の壮図を用意する計画だ。そして、幼稚園から12年生のアメリカの学生らのための韓国歴史本を編纂するつもりだ

『ヨーコ物語』が物議をかもす頃、この地域の学校らをそれぞれ訪問して弁解をした作家に対するボストン・グローブ紙の記事は、《...オレンジ色と黄色の着物と赤色の帯姿のヨーコ氏が7年生の学生たちの暖かい歓迎を受けた。(orange-yellow kimono with a red sash across her waist. She received a warm reception.The Boston Globe 2006/11/19)》と書いている。このように徹底して明確な日本人の姿で学生と父兄を説得させる作家に比べて、私たちの韓国人らがどれくらい熱心に肯定的な韓国の姿をアメリカ社会に植え付けているのか考えてみることだ。

ニューヨーク地域で繰り広げられるKAFEに多くの韓国人らの関心が集められることを期待する。(機械翻訳 若干修正)



>2006年、当時7年生だったポウンさんがヨーコ・カワシマ・ワトキンス氏の本を学校で読んで、「家で習ったことと違う」として登校を拒否して、これらすべてのことの出発点になった。

「間違った『ヨーコの話』学びたくない」  (朝鮮日報 2007/01/21) 
 
 米国に住むある韓国系の女子中学生が、「日本による植民地支配末期に韓国から日本へ避難する日本人女性・子供たちに韓国人が性的暴行を加えたとする、日本人作家の自伝的小説『ヨーコの話』を学ぶことはできない」とし、1週間登校を拒否した。

 『ヨーコの話』は、日本による植民地支配末期の1945年7月、咸鏡北道に住んでいた鉄道会社員の娘「ヨーコ」が、母や姉と共に韓国から避難し日本に戻る過程で、日本人女性たちが無残に死んでいき、韓国人男性に強姦されるのを目撃したと記述した本で、米国の一部地域の学校で教材として採用されている。

 米国生まれでニューヨーク近郊のある私立学校に通う7年生のホ・ボウンさん(米国名アレックス・ホ)=11=は、「韓国を侵略し多くの人を殺したのは日本人のほうなのに、この本の至る所で韓国人が日本人を暴行し、とても悪いことをしているように書かれている。ある一節を読み、涙がとめどなく流れそうになった」と語った。

200701210000.jpg

 ホさんは「私のクラスの友達がこの本を読んだら、私をからかい、悲しくなるのではないだろうか。私自身が心の平穏を感じ、思う存分意見を述べる場であるべき学校のクラスで、こうした扱いを受けることはあってはならないこと」と心配した。

 ホさんは2004‐06年の夏に母親と共に韓国を訪れ、国立博物館などを見学し、日本が植民地統治などで韓国人に被害を与えたという歴史的事実をきちんと知っていた。

 ところが韓国人のほうが日本人を脅かし、性的暴行を加えたという内容の本が昨年9月に英語の授業の教材として配られたことから、ホさんは先生に「私は家に帰る」と告げ、カバンを持って帰宅したという

 ホさんはその後、この本を教材として授業が行われた1週間ほど登校を拒否し、学校側はついに『ヨーコの話』を教材として使わないことを決めた





アメリカ版モンスターペアレントですね。


2007年01月11日
アメリカの学校の推せん図書に韓人保護者がファビョる。
2007年01月24日
歴史歪曲?の「竹の森遠く」は、“やっぱり”許せないニダ!
2007年02月19日
「731部隊」研究家のアメリカ人が『ヨーコの話』の著者を質問攻め?
2008年10月23日
『ヨーコの話』をカリフォルニア州の学校教材から排除するニダ!



So Far from the Bamboo Grove
So Far from the Bamboo Grove
Weedflower When My Name Was Keoko GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた    小学館文庫 閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫) Kira-Kira
by G-Tools
韓国ニュース | コメント(26) | トラックバック(0)
コメント
  1. No title
    朝鮮人キモチワリ。
  2. No title
    自分の学んだ歴史と違うのはね・・・

    お 前 達 が 間 違 っ た 歴 史 を 習 っ た か ら!!!

    なんだよ。
    この腐れキムチめ!
  3. No title
    今も変わらぬ朝鮮の伝統文化を伝える良い本じゃないか。
  4. No title
    いつまで経てもドコに居ても、お花畑な連中だな。

    ところで、

    >韓国の『コリアファンデーション』
    つまり、朝鮮の汚れた地顔を塗り潰す組織なんですね。
    素晴らしいネーミング。感動した。
  5. No title
    侵略?
  6. No title
    グレンラガンのニュースかと思い・・・
  7. No title
    当然、半万年属国だったとか、乳出しチョゴリとか、ウ○コ食文化とか、キリストは韓国人とか、地球文明は韓国人が作ったとか、世界で初めて飛行機を作ったのは韓国人とか・・・(その他、多すぎるので省く)も掲載するんだよね。
    アメリカ人は韓国の“真の歴史”にさぞ驚くだろうね(棒)
  8. No title
    間違った土ミンジョクは地球上から退出させたいものだ
  9. ウリナラは全員が善人ニダ。チョッパリは全員悪人ニダ。
    ウリの言うことに間違いは無いニダー!
  10. No title
    港の
  11. 日本はヨーコの話を世界中で勉強させたいな。
  12. No title
    この子の習ったことはこの子にとって真実だが
    他の真実には真正面から見ることもしない
    思いも馳せない
    これが韓流である
  13. No title
    運良く、日本に帰国できた 女性達のなかには
    半島で犯され、妊娠している者も多く、ヤミ(?)
    で中絶手術を行いました・・・と、証言する
    当時の看護婦さんの話を聞きました。

    涙が流れそうになるのは こっちじゃボケ!!

    ほんまにチョンのクソガキどもは・・・(怒)
  14. No title
    アメリカに居ようが日本に居ようが朝鮮人は朝鮮人なんだなぁ。
    事実を知って火病る事がない分、糞半島から出ない方が幸せだろうに。
  15. No title
    ほんと、正しい歴史観が必要ですねw
  16. No title
    普通に、戦争にかかわる災いは悲しいと感じないのだろうか?

    日本の半島侵出で女子供や若い男を連れ去られ、兵隊や売女として扱われたというのなら、同じく戦禍で心身を蝕まれるような悲しみを経験した女性の話を理解できないのか?
    国でなく人として、同姓として、個人として。
    そういう教材じゃないのかと。
    ドイツもイラクもロシアもフランスもタイも…戦争を経験した国ではほぼ必ず存在する悲しい事象の一つじゃないかと。

    「絶滅収容所でガス室送りにされたのはユダヤ人だけ」みたいな、そんなエゴイスティックな自己憐憫と選民意識は人徳を蝕むな。
  17. No title
    「自分だけは神の視点で正しい事実を知っている。
    少しでも疑義を唱えるヤツは(以下世界一豊富な罵倒用語)」
    これがチョンの思考法
  18. No title
    朝鮮人が日本で宗教ひらいたら。
    地位利用して変な理由付けてレイプしてるって事をアメリカで教える必要出てきたなw
  19. No title
    戦勝国の歴史はきれいな歴史

    ですからね。本当のことは知られるのはまずいでしょうね。
    日教組に委託すれば楽になると思うよ
  20. No title
    >>運良く、日本に帰国できた 女性達のなかには

    ヤミじゃなくて堕胎用の病院が北九州にあったよ
  21. No title
    えええ~っ?

    本当に正しい歴史を教えてもいいの?
    コリアンは外国に住めなくなると思うんだがな…。

    南オセチア並の存在意義しかないくせに。
  22. No title
    朝鮮併合はお互いに不幸な結果をもたらした。日本は膨大な日本の税金が朝鮮半島のインフラに使われ、また民間資本は工場建設などに、これもまた膨大な資本を投下した。これらは全て無駄金となってしまった。一方朝鮮は同じアジア人の心ある他民族に支配されたことを屈辱としてとらえ、この屈辱心が不幸として残った。また朝鮮併合は良い結果ももたらした。日本には朝鮮民族の残虐性と民度の低さが理解できたこと、そして最も良かった点は、どんなことがあっても朝鮮人とは関わりを持ってはいけないことを体験できたことだ。朝鮮人にとって良かったことは、日本人のお陰でインフラが整備され、町がきれいになり、今までなかった学校ができ、最先端の工場もできてそこで働き、いい生活ができるようになったことだ。それと今までは食うや食わずの生活から農産物の生産が大幅に向上したことにより、食料品が朝鮮中に溢れ日本に輸出もした。これらが良い結果として残った。
  23. No title
    韓国の植民地の期間は35年、台湾は50年。しかも台湾の方が武力鎮圧を多く行った。だが台湾では、植民地時代についての歴史教育はプラス面もマイナス面も教えている。韓国では植民地時代についてはマイナス面だけを教え、プラス面は韓国人の抵抗と努力と教えている。韓国のこういう教育が韓国の可能性を著しく阻害している。
  24. No title
    韓国は日本に統治されたという拭い去ることの出来ない歴史を持ってしまったため、日本に対する屈辱感、劣等感が戦後60数年経つというのに消えず、それが反日の源となり、歴史も文化も自分達に都合よく解釈するご都合主義に陥ってしまっている。「国家ブランド」のない韓国が日本を含む周辺諸国、あるいは世界の国々の信頼を得て「良きパートナー」になりたいと望むであれば、それは国際会議を数多く開催することではない。韓国が国際社会で中で取り残されないための最低条件は、まず国家としてご都合主義を改め、何でもかんでもウリナラマンセーを叫ぶ傲慢不遜で夜郎自大な国民性を変革していく必要があるのではないか。
  25. No title
    私は若い頃北国に住んでいたことがあり、1月から3月頃の朝の雪かきには悩まされた。近所に精肉店を営んでいる朝鮮人がいて、自分の家の屋根から落ちた雪や、除雪車が通った後の玄関の前の雪を片付けることは無く、市役所に片付けろと文句を言っていた。他の家は各自片付けてから仕事に出かけるのに、その家だけはそうではなかった。通学路で小学生がその家の前を通るのだが、中には滑って転んだり、車道を通る子供もいて非常に危険だった。通名で日本名を名のっているが近所の人は何となく気付いている様で、その朝鮮人家族も雰囲気を察してか交流を避けている様子であった。駅前に夫婦と娘夫婦で店をやっていて、日本人のパートを一人雇っていた。その店の500m位先に私の友人の家がありよく晩飯をご馳走になった。
    ある日、友人から家で一杯やろうと誘われ、単身赴任の私は、しめた美味い晩飯にありつける、と二つ返事で応じ、友人の家に行った。食後テレビを見ていたら、友人の婆さんが中国残留孤児のニュースを見て、終戦当時中国も朝鮮も同じ状況だったのに、中国人は日本人の子供でも育てたが、朝鮮人は日本人の子供は殺してしまった、止むを得ず朝鮮人に子供を預けた日本人は多かったけど、誰一人として帰ってこない、と悲しそうに言っていた。また終戦直後、徒党を組んで駅前の商店から食料品を奪い取ったり、女性を乱暴したり、中には家を奪い取って住んでしまった朝鮮人もいて、本当に怖かったと言い、こういうことを知らない日本人は韓国ドラマだの旅行だのと騒いでいるが、自分は韓国ドラマを見たり、ましてや韓国など死んでも行きたいとは思わない、とも言っていた。
  26. No title
    過去の朝鮮の歴史は属国史であったと言えるでしょう。何千年もわたって、漢民族に侵され、モンゴルに凌辱され、近代には日本に併合される。このような虐げられた環境の中で朝鮮民族が生きていくためには権力者にへつらい、嘘、裏切り、騙しを繰り返して来たのでしょう。この韓国人の特徴はDNAに染み込んでいます。朝鮮人がありもしない”輝かしい5千年”をねつ造するのもこのような属国という情けない歴史を覆い隠すための手段なのです。起源を捏造して中国人や日本人から馬鹿にされるのもこのような背景があるからなのです。冷静な朝鮮人なら自分達が属国の歴史の中で生きてきた事を知っているはずですが、大部分の朝鮮人はその事を認めたくない、捏造された歴史であってもそれを信じたいというところでしょう。嘘も100回繰り返すと真実と思い込むようになるといいますが。まさにこの事は朝鮮人に当てはまります。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。