FC2ブログ
韓国社会で整形が持つパワー
(朝鮮日報 2009/12/23) 


「芸能人もみんなやっている」と当然視する風潮
「整形しなかったら取り残される」手術をしない人も動揺


 昨年1年間で海外から輸入されたり、韓国国内で生産された「ボトックス」用原液の量は、少なくとも12万人分と推定される。これは、40万-50万人が顔のしわ取り手術を受けられる分量に当たる。

 豊胸手術で形状保持用として人気の高い「コヒーシブ・ジェル」は、昨年2万8341個が輸入された。これだけあれば、およそ1万4000人が手術を受けることができる。そのほかにも、整形関連の材料が数百種類にわたって、輸入・生産・消費されている。これらは誰の体内に、どのような理由で埋め込まれているのか。

 大学院生のチェ某さん(24)は、2007年にあごを矯正しようと、200万ウォン(現在のレートで約15万3800円、以下同)をかけて、筋肉の動きを抑制するボトックス注射と同時に、ほおをふっくらさせる脂肪注射を注入した。その後、6-8カ月に1度は40万ウォン(約3万円)するボトックス注射を受けようと、アルバイトを続けている。チェさんは「ときどき、“整形中毒なのではないか”と思うけれど、刃物を入れているわけじゃないから大丈夫だろう」と語った。

 最近では、チェさんのように就職や結婚を控えた20代だけでなく、下は10代、上は60代まで、美容整形をする年齢層が急速に拡大している

 ソウル市江南区のA高校に通うチェ某さん(17)=2年生=は、昨年の夏休みに整形手術を受け、まぶたを二重にし、鼻を高くした。チェさんは「同じクラスの33人中3人が、大なり小なりわたしのように整形している」と語った。

 ソウル市銅雀区に住むソン某さんは3年前、垂れ下がっていたまぶたを引き締めた。そして今年3月には、下あごの脂肪を取った。「最初は夫が、“そんな年でどうして顔に刃物を入れるんだ”と嫌がっていたが、今では“きれいになった”と言って、鼻の手術も勧めている。友人の中には、整形するために互助会に入会した人もいる」

 整形ブームの主な動力の一つとして、専門家は、医療市場の地殻変動を挙げた。2000年代に入って医師が整形外科に押し寄せ、先を争って新たな手術法を開発した。芸能人を利用し、激しい広報合戦を繰り広げる中、社会も変わった。梨花女子大社会学科のチェ・セッピョル教授は、「容姿も能力という風潮が社会全般に広まり、“不細工な人が整形しないのは礼儀に反する”というジョークがあるほどだ」と語った。


 10月13日午後、仁川にあるB女子産業高校2年生の教室。休み時間になると、生徒5-6人が教室後方にある鏡の前に群がり、アイラインを整えるなど化粧直しをしていた。

 「このクラスでは何人二重まぶたの手術をしたのか」と聞くと、全員が「7人!」と叫んだ。チャン某さん(17)は、「中3の夏休みに、友達と一緒に95万ウォン(約7万3000円)をかけて手術した。整形したらどうせ気付かれるんだから、やったのにやっていないというウソは言わない」と話した。

 担任の教諭は、「生徒たちが好きな芸能人がテレビで堂々と“整形した”と話しているため、生徒たちも“かわいくなるなら整形くらい大したことない”と考えているようだ」と語った。ほかのクラスでも、1学級当たり6人から7人が「整形手術をした」と答えた

 同校1年のチェ某さん(16)は、目に二重まぶた用のテープを貼ったまま、一日中授業を受けていた。チェさんは週6日、午後6時から夜11時まで焼き肉店でウエイトレスのアルバイトをしている。時給は4000ウォン(約307円)。冬休みに二重まぶたの手術を受けるためだ。「整形しなくてもかわいい」と言うと、チェさんは首を横に振った。「テープを取ったら最悪です。どうしても二重まぶたになりたい」

 文系の女子高校の間でも、整形に対する願望は同じだった。「もうすぐ入試のため、試験が終わるまで後回し」というだけのことだ。

 ソウル市蘆原区にあるC高校2年のヤン某さん(17)は、今年初めから「鼻の手術をしたい」と両親にせがんできた。「あまり若いうちに整形するのは良くない」と説得していた両親も、半年以上せがまれ、降参した。ヤンさんは今年8月、江南区の有名整形外科で250万ウォン(約19万2000円)をかけて、団子鼻をすらりとした鼻にした。ヤンさんは「ハン・ガインみたいな鼻にしたかったけれど、母が“とがり過ぎるのはだめ”と言い、病院でも“そこまでするのは難しい”と言われたため、少しだけ高くした」と話した。

 「恥ずかしいとは思っていない。芸能人もみんなやっているし…。学校では、“あの子、鼻を整形したらしい”と陰でひそひそ話をされるけれど、面と向かってばかにされることはない。親しい友人は“きれい”とうらやましがっている。最近、ミニホームページに自分の写真をたくさん載せた。鏡を見るたびに、本当に気分がいい」


 10代の美容整形の背後には、親世代の認識の変化がある。「絶対にだめ」としかりつけるのではなく、代わりに「大学に受かったらさせてあげる」と妥協したり、「容姿のせいでストレスを感じているのなら、整形した方がいい」という親が増えているという。

 京畿道安養市に住む主婦ハン某さん(42)は今年7月、高校1年の娘(15)に二重まぶたと鼻の手術を受けさせた。ハンさんは、「娘がしきりに“人相が悪い”と言われ、鼻が低いことにストレスを感じていたため、悩んだ末に整形させた。わたしの友人の中にも、高1や高2の娘に整形手術を受けさせた人が5人ほどいる」と語った。

 延世大文化人類学科のキム・ヒョンミ教授(46)は、「10代の少女も、韓国社会で美容整形が持つパワーをよく理解している。その結果、両親が子どもに“一生懸命に勉強すれば○○してあげる”と交渉する際、整形を“オプション”として活用するようになっている」と語った。


 10代の少女が整形によって「セクシーな女性」になろうと気をもむ一方、中年の主婦は、整形の力で童顔を取り戻そうとしている

 釜山に住む主婦キム某さん(55)は、「夫と腕を組んで歩いていると、何度も周囲からにらまれた」と語った。年齢相応に見える夫(62)=中小企業経営=とは異なり、自分は誰が見ても40代前半に見えるため、「不適切な関係」に見られやすいという。キムさんは1998年から釜山とソウルを往復し、整形手術を受けてきた。最初は目と鼻を整形し、2000年からは定期的にボトックスの注射を受けている。毛穴を減らし、肌の弾力を回復させるレーザー治療も受けた。最近は、童顔に見えるようにとほおに脂肪注射を注入した。これまでキムさんが美容整形に費やした金額は、1500万ウォン(約115万円)以上に上る。

 「夫は、最初は嫌がっていたけれど、今では若く見えると言って喜んでいる。わたしの年くらいになると、童顔が競争力を持つ。服やハンドバッグと共に、美しい肌が“わたしの暮らしはこれくらい”と物語っている。もっと年を取ったら、目のしわの除去手術もしたい」


 こうした美容整形の風潮が広まっている一方で、整形しない人々も動揺している。「若くてきれいなことも競争力」「整形しなければ後れを取る」という考えが、人々の意識の中に浸透しつつあるからだ。ファッションデザイナーのパク某さん(31)は、「この業界では、ともかく美人であってこそ就職でき、物事もうまく解決する、というのが定説のようになっており、やむを得ず目と鼻を整形した」と語った。


 ソウル市城北区に住むイ某さん(72)は、末の娘(37)に積極的に整形を勧めた。イさんは、「性格が良く勤め先もしっかりしているのに、嫁に行けないため、これは外見が理由ではないかと思った」と語った。「父親のわたしが、“しない”と意地を張る娘に、顔の輪郭手術を受けさせた。今ではすらりとした顔になり、本人も満足している。わたしから見ても、よくなったと思う」


 女子大生のキム某さん(23)は、上あごと下あごを少しずつ整形する手術を受けようとお金を貯めている。キムさんは「手術による後遺症の心配より、2000万ウォン(約154万円)もする費用のせいで、まだ手術を受けられずにいる」と語った。「外見がそれほどよくなかった友人が、お金をかけて美人になった後、生まれたときから白雪姫だったように扱われるのを見て、腹が立った。それに、数千万ウォン(数百万円)かかる整形を、耳にピアスの穴を開ける程度に簡単に語ることも嫌だ」


 海外の大学でホテル経営学を専攻し、今年初めに帰国したチョン某さん(25)は昨年、ソウルの某高級ホテルでインターンとして働いていた。チョンさんは、「社員が平気で“二重まぶたにしろ”“鼻をもうちょっと高くしろ”と言っていた。最初はショックで腹が立ったけれど、時間がたつにつれ、ストレスがひどくなっていった」と語った。

 「外国では、“言語的セクハラ”ですぐに問題になるような発言。外国にあるホテルに就職できればいいけれど、韓国のホテルで就職するとなると、鼻の手術をしなければならないようだ



646467365.jpg「不細工な人が整形しないのは礼儀に反するニダ」




実録芸能人のタブー整形芸能人SP
実録芸能人のタブー整形芸能人SP (ミッシィコミックス)
BUBKA (ブブカ) 2009年 10月号 [雑誌] 芸能人流出スキャンダルスペシャル (ミッシィコミックス) BREAK MAX (ブレイクマックス) 2009年 09月号 [雑誌] BREAK MAX (ブレイクマックス) 2009年 10月号 [雑誌] BREAK Max (ブレイクマックス) 2009年 11月号 [雑誌]
by G-Tools
韓国ニュース | コメント(17) | トラックバック(0)
コメント
  1. 勝手に整形してもいいが、キムチ国だけにしろよ。
  2. それよりもトンスラー全員の遺伝子の整形手術の方が必要だ
  3. No title
    外面だけ良くしても、拗くれひん曲がった民族根性は整形できませんよww

    そこに気づくのにあと何万年必要だろうか?www
  4. No title
    ヒトモドキのメンタリティを正確に伝える良い記事ですね。
  5. No title
    k国人は人を上っ面でしか見ないからね~
  6. No title
    〇〇みたいになりたい、とかだから
    みんな同じ顔、気持ち悪いほど、同じ顔
  7. 「本人も満足している。私から見ても、良くなったと思う。」 そこで国技発動出すね。
  8. No title
    ハンコ顔とか金太郎飴顔とか
    量産型顔ですな。
  9. 後のメンテナンスはどうするんだろう?扇風機おばさんが量産される予感が…
  10. No title
    >後のメンテナンスはどうするんだろう?

    “使い捨て”じゃないかな。
    所詮、簡易量産品ですからWWW
  11. No title
    >>k国人は人を上っ面でしか見ないからね~

    ノーベル賞も資格マニアの発想でしか考えることが出来ないのです。
  12. No title
    不細工多くないとこんな国にならないよなw
  13. No title
    みんな似たような顔にするんなら、能面でも貼り付けた方が早いよ。
  14. No title
    競争力とか、他人の扱われ方に腹が立つとか、外見も才能とか、そりゃどこの世界でも多少なりともあるとは思うけど、嫌な社会だね韓国って。
  15. No title
    こんなサイボーグを日本人と思って毛唐どもは金出して買うわけか。
  16. No title
    しないとブサイクばかりだからなw
  17. No title
    一度弄ったら取り返しがつかないのにな…。
    「個性を尊重する」って文化がないんだろ。

    日本ではオアシズやハリセンボンだって頑張って生きてるんだぞ。

管理者のみに表示