上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

MS、韓国でウィンドウズ撤収検討 (韓国語機械翻訳 2005/10/28)

 マイクロソフトは 27日(現地時間) 公正取引委員会の調査は窮極的に韓国でウィンドウズ製品の撤収または新しいバージョンのウィンドウズ製品導入引き延ばしなどの結果をもたらすことができると警告して出た。

公正取引委、MSの「組み込み販売」審議へ (朝鮮日報 2005/07/11)

公取委「MS社に対する申告取り下げと関係なく調査続行」 (朝鮮日報 2005/10/13)

これでマイクロソフトがウィンドウズの販売を止めるとは思わないが、 市場が今後大幅に伸びる可能性も少ないし、違法コピー率が50%を超えてる国だから、もしかすると・・・・・・。

 

 

 

記事全文

MS、韓国でウィンドウズ撤収検討  (韓国語機械翻訳 2005/10/28)

 マイクロソフトは 27日(現地時間) 公正取引委員会の調査は窮極的に韓国でウィンドウズ製品の撤収または新しいバージョンのウィンドウズ製品導入引き延ばしなどの結果をもたらすことができると警告して出た。

 アメリカ証券取り引き委員会に出した分期報告書でマイクロソフトは公正委がウィンドウズハングル版のコード除去またはウィンドウズ再説係などを要求することができると明らかにしてこの場合韓国市場でウィンドウズを撤収するとかまたは新しいバージョンの発売開始が引き延びになるのが不可避だと明らかにした。

 マイクロソフトはまた公正委がメディアまたはインスタントメッセンジャー技術を含んだウィンドウズバージョン提供を禁止することもできると明らかにした。 公正取引委員会はその間“マイクロソフト(MS) 製品挟んで売ること” に対して調査して来たし来月中旬最終決断を出す予定であることと知られた。

 

公正取引委、MSの「組み込み販売」審議へ  (朝鮮日報 2005/07/11)

 米マイクロソフト(MS)社が、コンピューターの基本ソフトウェア(OS)である「ウィンドウズ」 にインターネットチャットプログラムであるMSNメッセンジャーなどを組み込んで販売しているのは、 公正取引法に違反するものかどうかについて、公正取引委員会が13日から全院会議を通じて審議を始める。

 2001年9月、ダウム(Daum)コミュニケーションが「MS社が、 ウィンドウズにメッセンジャーを組み込んで販売するのは市場支配力を濫用した行為で公正取引法違反」 として公正取引委員会に届けていた。以来5年目にしてこのような措置を取ることになった。

 公正取引委員会関係者は 「昨年末にMS社の件に関する1500ページに及ぶ膨大な量の審査報告について検討を終え、12月に上程する計画だったが、 さらに米リアルネットワーク社がメディアプレーヤーなどの組み込み販売について申告し、さらに数か月を要してしまった」と説明した。

 ダウム・コミュニケーションなど申告人側は国内運営市場を事実上独占しているMS社がパソコン・ メーカーにメッセンジャーやメディアプレーヤーなど応用ソフトウェアまで購入するようにしむけるのは、 市場支配力を濫用した不公正行為であるという立場だ。

 消費者の立場で本人に必要かどうか検討の余地を与えず、コンピューターを買うのと同時に、 MS社の他のアプリケーションの購入を強いられる被害が発生するということだ。

 しかし MS側は“押売り”ではなく、 最近IT業界で一般化している技術統合の流れを受けた自然な販売行為であると反論している。ゲーム機やカメラ、 録音機などの機能を備えた携帯電話など、他の“技術複合型”商品の登場と同じ脈絡というのだ。

 公正取引委員会関係者は「全院会議に上程されても、技術的に複雑な事案が多すぎるため、 審議期間が何か月も延長することもありえる」とし「違法かどうかの判断を下すのも簡単ではないが、急変するIT技術市場を考慮した時、 MS社側にどんな制裁を下すことができるのかを判断するのもとても難しいため」と説明した。

 

公取委「MS社に対する申告取り下げと関係なく調査続行」  (朝鮮日報 2005/10/13)

 公正取引委員会は12日、マイクロソフト社の「メディアプレーヤー抱合せ販売」事件に関連し、 マイクロソフト社を申告したリアネットワークスの申告取り下げとは関係なしに調査を続けると発表した。

 米国の動画像再生プログラム会社のリアルネットワークスは11日(現地時刻)、 マイクロソフト社側から7億6100万ドルを受け取る条件で、 独占禁止法と関連したすべての法的紛争を終了させることで合意し、米国内の損害賠償訴訟や韓国の公正取引委員会、 欧州連合(EU)の競争当局に出していた申告を取り下げることにした。

 公取委のキムヨンベ競争局長は 「マイクロソフト社の抱合せ販売事件は1企業の苦情を解決するというレベルの問題ではなく、 市場の競争秩序を損なった容疑について調査すること」とし、「申告取り下げとは関係なく、引き続き事件処理は続ける」と述べた。

 キム局長は「マイクロソフト社の抱合せ販売事件は、 リアルネットワークスから申告を受け付けた去年10月28日以前の去年4月、すでに公取委が職権で調査に入っていた事項」と付け加えた。

 公取委は現在、マイクロソフト社件について事実関係の確認作業に入っており、 処罰するかどうかは今月か来月中に結論を出す方針だ。

 リアルネットワークス社はマイクロソフト社がウィンドウズとサーバーコンピューター用OS (基本ソフト)を販売する際に、メディアプレーヤーとメディアサーバープログラム(映画音楽などを配信するプログラム) をバンドルして販売していると公取委に申告していた。

 一方、 2001年にマイクロソフト社がウインドウズにメッセンジャーをバンドル販売していると申告した韓国企業のダウム (Daum)はこの日、「申告を取り下げる計画はない」と発表した

韓国ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

    管理者のみに表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。