FC2ブログ
指紋“切除”で不法入国が続発 生体認証すり抜け狙い
(共同通信 2009/06/29)  


 入国審査時に指紋を読み取り、過去に強制退去処分を受けた外国人らのリストと照合する「生体情報認証システム」をすり抜けるため、指紋の一部を切除するなど改変し、成田空港から不法入国を図るケースが相次いでいることが29日、入管当局などへの取材で分かった。

 昨年、不法残留で強制退去処分となった韓国人の女が特殊テープを指に張り付け、同システムをすり抜けて青森空港から再入国していたことが判明。警戒を強める中での新たな手口の登場に、関係機関も対策に追われている。

 入管当局は今年から、青森空港事件などを受けて認証システム頼りの審査を見直し、指紋読み取り機が異常を察知した場合は逐一、入国者の指紋を直接肉眼で厳重チェックする方法に改めた。

 この結果、成田空港では1月以降、指紋の一部を切除した後に縫い合わせたり、やすりのようなもので指紋を削った中国人の男女計4人を相次いで発見。千葉県警が、この4人を入管難民法違反容疑で逮捕し、いきさつを詳しく調べた。

 県警によると「中国で、5千元(約7万円)で医者に手術してもらった」などの供述を得ており、中国側の密航あっせん組織が関与している可能性もあるとみて、動向を注視している。

 東京入管成田空港支局は「出入国が活発になる夏の繁忙期を控え、今後も厳重な警戒を心がけたい」と話している。


「次々と新しい手口」 対応追われる入国審査官 (産経新聞 2009/06/29)

  「新しい手口が次々出てくる。いたちごっこだ」。指紋照合のシステムをすり抜けようとする新たな手口の続発に、成田空港の入国審査官は、ため息交じりに漏らす。指紋を変える特殊テープ、切除、縫い合わせ…。「もう機械だけに頼れない。目視も併せた審査を」と監視強化に懸命だ

 法務省によると、生体情報認証システムを導入した平成19年11月から今年3月末まで、入国を認めなかった外国人は約1100人

 一方で、システム導入以来、指紋を変えた不法入国のケースが続発。法務省は、機械で読み取った指紋の鮮明度が一定値以下になった入国者に対し、審査官による目視を導入。今年3月には指紋を映し出すモニターも設置した。入国者を逐一肉眼でチェックできる態勢整備を進めている。

 入管職員は「審査の厳格化と、審査時間の短縮を両立することも重要」と力を込めた。


来月からは、これ↓ですから、より大変になりますね。

中国訪日個人観光ビザ、まずは「地ならし」-高いリスクに緩和を求める声も
(トラベルビジョン 2009/06/23)

 7月1日、中国からの訪日個人観光ビザが解禁となる。6月4日に開催された中華人民共和国訪日団体観光客受入旅行会社連絡協議会(中連協)の総会の後には、訪日個人観光ビザの解禁決定後、初めて観光庁が取り扱いに関するセミナーを実施した。これまでの観光ビザとの違いや運用面での注意点などに加えて、中国人の訪日観光の現状を説明。中連協メンバーの旅行会社からは、実際の運用面での負担やリスクなどを懸念する意見や質問があがった。                        
                  
中国訪日観光ビザと旅行会社の責任

 個人観光ビザは、2008年3月に施行された家族観光ビザを緩和させたものといえる。発給対象は家族観光ビザと同じ社会的地位や経済力を有する人で、発給するのは北京、上海、広州の在外公館。1年間を試行期間とし、中国全土への拡大は2010年7月の予定だ。中国人の訪日個人観光旅行を受け入れる場合、日本側訪日団体観光旅行取扱旅行会社の指定を受けることが前提となっている。

 しかし、家族観光ビザ、および団体観光ビザと大きく異なる点がある。それは中国側、日本側いずれの添乗員の同行なしで観光を可能としたこと。家族観光ビザの発給数は、施行された08年3月から09年4月末までで29件と低迷しており、日本の旅行会社からの「富裕層はより自由度の高い旅行を求めることから、添乗員の同行が負担になるのでは」という意見をもとに改善したという。

ただし、ビザの発給にあたり、日本側旅行会社が身元保証をし、招聘保証書を発行する必要があり、旅程の管理は日本側旅行会社の責任となる。日本側旅行会社が旅行者の帰国を確認しなければならず、空港で帰国を見届けるために担当者を配置することが義務づけられた。また、観光庁に帰国報告書を提出することになった。

 さらに、失踪防止策としてペナルティ制度も継続。団体観光とは別の加算で、個人観光ビザのペナルティポイントは失踪の発生1名につき、無過失は3点(団体:1点)、過失は5点(団体:3点)、通謀は10点(団体:同)。団体観光や家族観光のビザよりも厳しい基準となるが、取扱が停止となる累積ポイント数は団体観光と同じだ。ただし、個人観光ビザのペナルティで個人観光が取扱停止となっても団体観光を取り扱うことはできる。(略) 



観光庁(国土交通省)の予算を、入国管理局(法務省)に回したいですね。




通訳捜査官―中国人犯罪者との闘い2920日 通訳捜査官―中国人犯罪者との闘い2920日
坂東 忠信


いつまでも中国人に騙される日本人 (ベスト新書) 日本の中国人社会―司法通訳だけが知っている (祥伝社新書) 中国の闇―マフィア化する政治

by G-Tools
日本ニュース | コメント(26) | トラックバック(1)
コメント
  1. そこまでして「嫌いな日本」に入って来たがるんだね
  2. 指紋押捺を復活させて、網膜認証を実施するべきですね。
  3. 遺伝子検査すればいいんじゃね?
  4. >2
    映画「天使と悪魔」では網膜認証をパスする手口が登場しましたね
  5. 指紋切除は入国禁止。過去に審査を不正に通過しようとした国は
    ビザを厳しくしたら良い。
  6. わたしのおばあさんは戦時中、突然やってきた日本兵に指紋を切る手術をされてしまいました。
    5年前の旅行の時と指紋が変わっているのはそのためです。
  7. 10指全部確認すればいいんじゃね?
    1本7万円なら、全部で70万円かかるから末端は諦める……わけないか。
  8. もう韓国人と中国人は入国禁止でいいよ
    韓国のビザが免除になってからチョンの犯罪件数が倍近くになったんだぜ
  9. 特定アジアの観光ビザ免除なんかやるからこうなる。
  10. > 失踪防止策としてペナルティ制度も継続。
    身元保証した中国人が指紋認証で細工した場合にも
    ペナルティを課すべきでは?
  11. 虹彩と併用すべきだな
  12. >11
    つ コンタクトレンズ
  13. 死刑だね。
  14. >日本側旅行会社が身元保証
    何社潰れるのだろうか…それとも、身元を保証する会社がなかったり。w
    でも、在日が旅行会社とか作ってたりするんかな?
    おそろしいなぁ。
  15. 時限爆弾付きの首輪が必要だな。
    爆弾じゃなくて毒物注入でもいいけど。
  16. 失踪防止策を用意してまで特亜から観光客を誘致したい奴がいるんだねえ。
  17. もう全員へタグ打ち込んじゃえよ。
  18. 中国人による殺人・強盗・強姦・盗難も旅行会社が補償してくれるんだろうな。
  19. 特亜人に対しては、指紋じゃなく指を採取すべき。冷凍保存して出国時に返却。これぐらいやらんと犯罪は減らんぞ。
  20. >19
    ポコチンもおねがいします
  21. 手首から先がある韓朝支の国民は全面的に入国禁止。
    目玉もなければ尚良し。
  22. 紅傭兵とか冬柴とかさぞ誇らしいでしょうねぇ
    で、その旅行会社のリストって公表されてないのかなぁ?
  23. 指紋を手術してまで日本に入国しようとするやつらがまともな連中なわけがない
    入国を認めないだけなんてぬるい対応ではなく投獄+強制労働も課すべき
    抵抗するようなら射殺も可
  24. 指紋を手術してまで日本に入国したいなんて、よほど日本が好きなんですよ。
    やはり外国、特にアジアの国とは仲良くしなくてはいけませんね。
    鳩山、鳩山をよろしくお願いします。
  25. 手のひらの静脈認証+指紋+網膜かな
  26. >25
    手間がかかるなあ
    ニンニク臭のする奴は全員不合格、残りを検査すればいいよ
    ニンニク臭自体が迷惑行為だから、世間の理解も得られるだろう

管理者のみに表示
トラックバック
暑いですね。ぼーとうっかりするには最適の季節。 携帯・うっかり添付画像「日本のテレビはまるで韓国」先日、テレビをつけていて韓...