FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

米国内の対韓国世論の改善に10億ウォンの予算 (聯合ニュース 2005/11/28)

 国政弘報処が来年度の予算案で、 韓国に対する米国内の否定的な世論を改善する名目で10億ウォンの予算を編成したことが28日分かった。

 国政弘報処の関係者は聯合ニュースの電話取材に対し、米国内で反韓感情が現れており、 韓国に対する友好的な雰囲気作りが必要と説明した。当初は40億ウォンを要請したが、弘報処内の協議の結果、 10億ウォンに縮小されたという。

予算は、
▼米国現地での広報、またはコンサルティング業者を通じた広報
▼米国内の世論を主導する層を対象とした各種のセミナー支援
▼英文ホームページを通じたイメージアップ
▼「韓国世論の改善メッセンジャー」役の米国内韓国人居住者や留学生らを通じた世論改善
――などに使われる。

 

仮に計画がうまく進んでアメリカ人が韓国に興味を持ったとしても、 自分たちで調べ始めたら嫌韓になっちゃうよ。 まず他国の人が韓国に接したときに魅力を感じられるようにする国内の改善に努めたほうがいいんじゃない?それよりも私は “親韓派”でも“嫌韓派”でもなく「カンコクッテドコデスカ?」と言われるような“無韓派”がいいと思います。

日本ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

    管理者のみに表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。