FC2ブログ

寄生虫の卵 感染、ラッキーかも (毎日新聞 2005/11/19)

 寄生虫に感染するとアレルギー反応を抑制できるという学説を唱える藤田紘一郎・東京医科歯科大名誉教授は、自らもサナダムシを体内に共生させていたことで有名だ。花粉症が抑えられる上に、いくら食べても太らないなどと聞くと、魅力的とすら思う。

 とはいえ、さすがに自分から卵を飲む勇気はない。「キムチで感染したら、ラッキーかもしれない」と頭をかすめ、深夜に鍋を平らげた。感染よりも、まず食べ過ぎに注意すべきかもしれない。 (猪飼順)

 

武田病院「健康アラカルト」寄生虫症より

Q.|身近な動物の犬や猫にも回虫がいると聞いたのですが
A.|その回虫も人間にうつります。本来の宿主である犬や猫の中ではおとなしくしているのですが、人間に入ってくると居心地が悪いらしく、腸を破って体の中を移動していきます。

Q.|そうすると、どうなるのですか
A.|どこに行くかによります。眼球に入っていくと失明する可能性がありますし、脳の場合だと痙攣や脳症状を引き起こすこともあります。

 

もう、感染しているのですね。

 

 

記事全文

寄生虫の卵 感染、ラッキーかも (毎日新聞 2005/11/19)

 鍋物の季節がやってきた。我が家の定番はキムチ鍋。冷蔵庫にあったキムチは、寄生虫の卵が検出されたと話題の某国製だったが、炒めたキムチを使うのがおいしさのコツというから、卵があっても問題ないだろう。

 子どものころ、野菜を洗っていて「虫がいる」と大騒ぎして怒られたことを思い出した。行商に来る農家から買っていた野菜は、虫食い跡は当たり前。菜っ葉類を洗うと、必ずといっていいほど、元気な虫に遭遇したものだ。慣れてしまえば、「虫がつくほどおいしい」と思えてきた。

 寄生虫に感染するとアレルギー反応を抑制できるという学説を唱える藤田紘一郎・東京医科歯科大名誉教授は、自らもサナダムシを体内に共生させていたことで有名だ。花粉症が抑えられる上に、いくら食べても太らないなどと聞くと、魅力的とすら思う。

 とはいえ、さすがに自分から卵を飲む勇気はない。「キムチで感染したら、ラッキーかもしれない」と頭をかすめ、深夜に鍋を平らげた。感染よりも、まず食べ過ぎに注意すべきかもしれない。 (猪飼順)

日本ニュース | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
  1. 手遅れですか・・・・せめて静かに余生を送ってもらえないものか、この先生。
  2. 毎日しんぶん・・・こいつはっ・・・こいつは!!
  3. これは「かえって免疫力がつく」とかなんとかとは別の記事ですよね?
    毎日新聞はなぜそんなに寄生虫を推すのでしょうかww
  4. ギャグ?
    ひどすぎるな(笑
  5. 毎日が韓国好きなのは自由ですが、記者の思い込みで嘘を垂れ流すのは許せません。
    あんまりにも酷い記事なので、毎日にメル凸します。
  6. 幼虫に感染すると
    http://www.marutakai.or.jp/kumareha/yakuzai/douraku/kusuri17/kusuri1708.html
    【有鉤嚢虫症】
    卵が一斉に孵化したと考えてみましょう。無数の卵から一斉に孵化した有鉤のう虫は、皮下や筋肉内へ移動します。一部、脳などに移動するものも居ます。それで痙攣を起したりする場合もあります。
    こういうように、有鉤嚢虫が、体の内部をモゾモゾを這い回っているものを「有鉤嚢虫症」とか「嚢尾虫症:cysticercosis」と言います。(嚢虫:Cysticercus cellulosae)
    有鉤嚢虫の方は、外科的な摘出しかありません。
    【予防方法】
    ブタの生肉で、管理されていないもの(外国で食べる生のブタ肉)は御用心。
    日本医科歯科大の藤田先生の著書によれば、有鉤嚢虫症を「韓国の風土病」として紹介しています。
    <引用終わり>
    やっぱり寄生虫が脳まで来てる民族です。
  7. 後に同コラムで訂正の記事がでましたが、言い訳じみていて明確な謝罪の言葉もない見苦しいものでしたね。
  8. No title
    韓国を擁護するためなら日本人が何人死んでもかまわない猪飼

管理者のみに表示