FC2ブログ

東京新聞  「筆洗」  (2005/11/24)

▼かねて風邪気味のときは、 ニンニクをこってり利かせた焼き肉を食べるに限ると教わり、以来、風邪対策の特効薬代わりにしてきた。キムチは最近、 寄生虫卵騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫力がつく。

 

犬などが宿主の寄生虫が人に寄生したときの怖さを知らないんだろうな。

ところで “風邪気味のときニンニクをこってり利かせた焼肉を食べる”風習はどこの地域ですか?

 

 

記事全文

東京新聞  「筆洗」 (2005/11/24)

源平富士川の合戦でもあるまいに、鳥の羽音に驚くような、最近…

 源平富士川の合戦でもあるまいに、鳥の羽音に驚くような、 最近の鳥インフルエンザ騒ぎを苦々しく思っていた。そこへ今回のタミフル騒動だ。パソコンまでが「民降る」 と誤変換するほどの情報パニックから、そろそろ醒(さ)めてはどうか

▼今回の騒ぎは、米食品医薬品局(FDA) が副作用で死亡した十六歳以下の服用者十二人は全員が日本人だったと発表したのがきっかけ。本紙特報面によれば、スイス・ロシュ社の調査で、 過去五年間にタミフルの処方を受けた日本人は二千四百万人、世界の77%を占め、 子どもへの処方量では日本は米国の十三倍だった

▼医師も患者も、日本人の薬好きにはあきれるが、タミフルは本来インフルエンザ発症後の治療薬。 それをこんなに大量に“予防内服”に使えば「免疫力が弱まって耐性タイプの新型ウイルスをつくりかねない。とんでもない話だ」 と専門家も指摘している

▼厚生労働省はタミフルの備蓄目標を従来の一・七倍、二千五百万人分に増やしたが、 世界各国が必要とする時にこの大量消費は国際批判を招きかねない

▼だいたい日本ではまだ人への感染が確認されていないのに、そんなに怯(おび)える必要があるのか。 普通の風邪なら、栄養と睡眠をとって休めば済むのに、高価なインフルエンザ専門薬を予防服用する必要はなかろう

▼かねて風邪気味のときは、 ニンニクをこってり利かせた焼き肉を食べるに限ると教わり、以来、風邪対策の特効薬代わりにしてきた。 キムチは最近、寄生虫卵騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫力がつく。

日本ニュース | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
  1. はいノはいノ先生!!
    カンコックだとおもいまーす。
  2. あまりの韓国べったり擁護コメントに心底あきれてしまいましたよ>東京新聞
    これからはアサピーよりも東京新聞を国賊扱いすべきなのかも(いや、同列だな)
  3. 風邪のときに焼肉を食べるのはアルゼンチン。
    韓国人はあんまり焼肉は食べないみたい。
  4. 間違った情報を新聞に載せて多くの読者を死の危険に曝したことについて、筆洗いを書いた無知蒙昧の糞馬鹿野郎は謝罪したのかな?
  5. この駄文書いた糞は殺人未遂で逮捕してもいい
  6. なあに、かえって(誤報への)免疫力がつく。

管理者のみに表示