FC2ブログ

断水の中国ハルビンで住民が空港や駅に殺到 (ロイター 2005/11/23)

 ハルビン市の水源となっている松花江から数百メートルの距離にある吉林省の化学工場で13日、爆発が発生し、5人が死亡した。 これを受けてハルビン市当局は水道供給を遮断。パニックに陥った住民はボトル入り飲料水や食料の確保に走った。

工場爆発の余波、 中国ハルビン市で水道停止…住民混乱 (読売新聞 2005/11/23)

市民がパニックに陥る騒ぎとなっている。

河川汚染で水道停止 市民生活が大混乱 ハルビン市 (毎日新聞 2005/11/24)

「地震が起きる」 などのデマが流れるなど社会不安が広がり、市当局は市民に冷静な対応を呼び掛けている。

 

汚染水流が24日にも水源到着か 中国・ ハルビン (朝日新聞 2005/11/24)

現地からの情報によると、 大きな混乱は伝えられていない。

 

住民が地域から脱出しようとしたり、パニック状態になったり、デマが流布しても“大きな混乱” ではないらしい。

 

 

記事全文

断水の中国ハルビンで住民が空港や駅に殺到  (ロイター 2005/11/23)

 目撃者が23日、明らかにしたところによると、 22日未明に水道が遮断された中国黒竜江省ハルビン市では、市外へ脱出しようとする住民が空港や駅に殺到している。

 ハルビン市の水源となっている松花江から数百メートルの距離にある吉林省の化学工場で13日、 爆発が発生し、5人が死亡した。これを受けてハルビン市当局は水道供給を遮断。 パニックに陥った住民はボトル入り飲料水や食料の確保に走った。

 ある工場経営者はロイターに対し、「皆ハルビンを出たがっている。 まるで旧正月のときのように切符を買うのが困難になっている」と語った。

 京華時報は、汚染物質はベンゼンだと報道。地元水道当局者は匿名で、「確実に汚染が起きている。 汚染物質は松花江に流れ込み、土手や下流にも影響している」と述べた。

 ただ、国営テレビは0300GMT(日本時間午後零時)現在、ハルビン市に汚染物質は届いていない、 としている。

 新華社通信によると、15の病院が汚染による被害者の受け入れ態勢を整えている。

 水の供給を4日後に再開するとした政府の通達は取りはずされており、 断水状態がいつまで続くか疑問視する向きが強まっている。


工場爆発の余波、中国ハルビン市で水道停止…住民混乱  (読売新聞 2005/11/23)
 
 中国吉林省吉林市で13日起きた石油化学工場の大規模爆発事故で、隣接する黒竜江省の省都ハルビン市(人口約970万人)が22日から、 事故で流出した化学薬品による水源汚染の可能性などを理由に、市全域で水道水の供給を緊急停止し、市民がパニックに陥る騒ぎとなっている。

 新華社電によると、市当局は21日、4日間の水道停止を突然発表。22日時点で汚染は未確認だが、 市の水源である松花江の支流に大量の化学物質が流れ込んだ恐れがあるという。

 市は各機関に対し、「可能な限りの水備蓄」を指示。一方、市民は買いだめに走り、 ペットボトル飲用水の値段が通常の3倍以上に高騰している。さらに「近く大地震が発生する」とのデマが広く流布され、 混乱に拍車をかけている。

 本紙の取材に対し、市内の大学病院当局者は「約1000トンの水備蓄があるが、 2日間の突貫工事で井戸を掘る」と語り、ある中学校も「学校で必要な水は井戸水で対応する」と話した。


河川汚染で水道停止 市民生活が大混乱 ハルビン市  (毎日新聞 2005/11/24)

 中国吉林省吉林市で今月13日、石油化学工場の爆発事故が発生し、 流出した化学薬品で汚染された松花江を水源とする黒竜江省ハルビン市(人口970万人)が23日から水道水の供給を停止した。 このため市民が飲料水の購入に殺到するなど混乱が起きているという。

 新華社通信によると、ハルビン市は当初、23日午前0時から4日間の供給停止を発表したが、その後 「具体的な復旧の日時は後日発表する」と変更され、復旧のめどは立っていない。

 突然の水道水停止で、飲料水や食料を購入する市民が商店に殺到し、価格が高騰。 市外へ脱出しようとする市民が駅や空港に殺到しているとの情報もある。市内の小中学校は23日から30日まで休校となった。 病院15カ所が健康被害に対応する準備を整えている。

 また「地震が起きる」などのデマが流れるなど社会不安が広がり、 市当局は市民に冷静な対応を呼び掛けている。

 吉林市での水質調査では、汚染濃度は徐々に低下しており、 ハルビン市内では23日午後までに汚染物質は検出されていないという。


汚染水流が24日にも水源到着か 中国・ハルビン  (朝日新聞 2005/11/24)

 中国黒竜江省ハルビン市で水源である松花江の水質汚染の恐れから水道水の供給が停止されたことを受け、同省政府は23日、 汚染水流が24日にも水源近くに到着する可能性があると発表した。また外務省の劉建超(リウ・チエンチャオ)副報道局長は24日、 同省に隣接し、松花江の下流が流れるロシアに汚染状況を通達したことを明らかにした。

 現地からの情報によると、大きな混乱は伝えられていない。

中国ニュース | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
  1. 要するに取材して無い・捏造記事は朝日クオリティだからです。
  2. 「現地の情報が混乱してるから伝わってこない」が正しいんだ

管理者のみに表示