FC2ブログ

黄教授「箸の技術」91年に日ですでに発表 (中央日報 2005/12/27)

 

 

黄教授「箸の技術」91年に日ですでに発表 (中央日報 2005/12/27)

  黄禹錫(ファン・ウソク) 教授チームの源泉技術として挙げられるいわゆる「箸の技術」(絞り出す技術=Squeezing Method)はすでに10年前、 海外で発表された技術だという主張が提起された。

  26日、 ディーシーインサイド科学ギャラリーサイトによると、日本の近畿大学角田幸雄教授が1991年、 日本繁殖技術会報に出した論文で初めて発表した技術だというもの。

  この論文によると 「ガラス針で極体部位の透明帯の一部を切開し、卵子を固定用ピペットで固定したままガラス針で卵子を圧縮し、極体周辺の細胞質を10~30% 圧出した」となっているが、これは黄教授チームの「絞り出す技術」と同じだと同サイトネチズンは主張している。

  また「角田教授は1992年、 日本畜産会報に出した論文でもこの技術を使っており、韓国でも1990年代初め高麗(コリョ) 大でこの方法を活用して論文を出していることから、黄教授チームでも使い始めたとみられる」とし 「もう数年前に論文に発表された技術を自分の固有のものであるように言うのは恥ずかしいこと」と主張した。

  このネチズンは 「黄教授の方法は2度ずつガラス針とピペットを変えて挟まなければならない煩わしさがあるが、 既存の方法に慣れた人々はどの方法を使っても同じような結果を得ることができる」とし 「核を安全にとり除くことは絞り出す方法ではなくてもいくらでも可能であり、絞り出す方法が実はクローンの核心技術とは言えない」 としている。

シャッテン教授チームの3人の韓国人研究員とは? (朝鮮日報 2005/12/02)

 ソウル大学の黄禹錫(ファン・ウソク) 教授チームから米国ピッツバーグ大学のシャッテン教授研究チームに派遣された研究員は全部で三人。彼らはそろって、 クローニングとヒト胚性幹細胞の培養において世界最高レベルの技術を持った人材であるこという。 黄教授とシャッテン教授の決別が決定的になった際、「黄教授チームの保有している技術が流出するのではないか」と憂慮されたのもこのためだ。  ~中略~

 朴某研究員は、2003年に卵子に小さな穴を開けて圧力を加え、 あたかもぶどうの種を絞り出すように核を除去するという技術を創案した。

 

パクリ技術でつくった捏造技術。たぶん、ソウル大がシャッテン教授と一緒に朴某研究員(女性29) を訴えます。でもよりによって日本の技術とは…、韓国のネチズンの反応が楽しみです。

韓国ニュース | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
  1.  この前NHKで、サムスンが、日本の東芝が開発したフラッシュメモリーの技術を我が物にする為に、東芝の技術者を3倍の給与、美人秘書、高級車、億ションで厚遇して、ついに東芝を抜いたと言う話がありました。
     日本社会は、技術者に対する待遇が「匠の思想=良い仕事は、一人の優れた技術者によってのみ為されるのではないから、成功したからと言って、報酬に拘るべきではない」から十分でなく、隙だらけだという感覚を禁じえませんでした。
     その背景には、テクノロジーの普及は、ライバルの出現を促し、結果、原料原価や市場価格を押し下げると言う展開に持っていけるので、高度技術の広まりに寄与する事になって、消費者としては、恩恵を受けるのだけど、なにか釈然としない。

管理者のみに表示