上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

発信箱:どのツラ下げて… 山田孝男(編集局) (毎日新聞 2006/01/30)


 毎日新聞西部本社(北九州市)が発行した1945年8月16日付朝刊は1面の一部と2面が真っ白だった。 当時の新聞は表裏2ページしかない。前日まで焦土決戦をあおった揚げ句、 「国民も今日から転換するのだなどと、どのツラ下げて言えた義理か」という高杉孝二郎編集局長の判断で終戦勅語と行政告示しか載せなかった。 彼はまもなく社を去った(毎日新聞130年史)。

 検察の尻馬に乗った鈴木宗男バッシングを競いながら、今や彼を評論家としてもてはやすメディア。 前日までホリエモンをもてはやしながら、検察次第で怒とうの堀江たたきに走るメディア。むかし軍部追従、いま検察追従で、 変わらぬものといえば俗論迎合の卑しさしかないおまえが、どのツラ下げて明日を語り、針路を説くのか。 そう感じている読者が少なくないと思う。

 小泉純一郎首相はホリエモン選挙に肩入れした責任を問われて「批判は甘んじて受けるが、メディアはどうなのか」と切り返した。 「新聞批判は甘んじて受けるが、テレビ、週刊誌こそ」と言ってしまいがちな私どもと似ている。

 いまや政治に対する観察者、批判者であるという以上に、 政治権力を生み出す装置となった感のあるメディア。その無節操な暴走癖、過剰な存在感・ 圧迫感と加害性を省みず、「悪いのはオレではない」と逃げ腰の醜さが読者の失望を誘っているようだ。どうにも旗色が悪いが、 毎日新聞は署名記事を原則にしている。だから許せとは言わない。白紙の新聞を出す予定はないが、 それを出した先達の存在を肝に銘じて進みたい。


中韓が絡まないと、ちゃんとした意見が言えるんですね。

日本ニュース | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
  1. ほほ~、エライ人がいたもんだ。
    今時のジャーナリストに、そこまでの見識・度胸を持った人がいったい何人いるんだろうか??
  2. >毎日新聞は署名記事を原則にしている
    原則はあくまでも原則であり(略
  3. 週刊プレイボーイ2005/03/01
    「老人"抵抗勢力"に大反論!
    いっそのことニッポンごと乗っ取って
    本誌が決断!
    ホリエモンを総理大臣に! 」
    http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/1937208/s/
    アホだよな、これ
  4. WPBなんて、二十数年まえから単なるグラビア誌と思ってます。
    そのころの記事でスペースシャトル特集を載せたんですが、NASAの担当者いわく初号機の名前「エンタープライズ」は海軍の圧力で決められたと…。
    ここまであからさまな捏造記事は、なかなかないと思いますよ、いまだに。
  5.  何でも「売らんかな」の姿勢しか観えない最近の商業紙にも骨のある奴が居るんですね。
     でも辞めちゃうのを止めないんじゃ、毎日は、依然として毎日なワケですね。
  6.  ↑は、昔の話なんですね、よく読んでないのが見え見えですな、恥かしい。
  7. 毎日、ちょっと見直した
  8. 最近マスコミの薄汚さが顕著になってきたからこの記事みてかなり癒されました。
    でもこの人煙たがられるのかな
  9. でも、この人だって無力なんでしょ?
    だから編集部にいられるわけで。
    それにしても、『毎日がナニナニ』とか『朝日がどうこう』って言う人たちに聞きたいんだけど、この二紙以外の新聞ってこの二紙よりマトモなの? 誤報の訂正を滅多にしない産経とかもまともとは思えないし……。それともおいらが知らないまともな新聞があるの? どれも付和雷同するマスゴミにしか見えないんだけど。
  10. ↑ で、おまえは何がいいたいのかと。
  11. やはり毎日はまともな左寄りの新聞だな。署名記事だから情報量は少ないし、まともすぎて面白くないけど。
    朝日は反権力なだけのエセ人権・エセ左翼だから、政府や人権が絡むと信用できない。情報量が多いのだけは認める。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。