上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「日本だけ自国中心?」…韓中日歴史教科書比較  (朝鮮日報 2006/01/30)

 
 「近現代史とは、“自分の国”だけが唯一闘争し、業績を残した歴史なのか」

 韓中日3か国の歴史教科書の記述が相互交流の内容を記すよりは、むしろ徹底して「自国中心」の側に傾いているとの分析が出された。

 韓国教員大の金漢宗(キム・ハンジョン)教授ら7人の近現代史専攻者らが共同で出版した研究シリーズ「韓中日3か国の近代史認識と歴史教育」は、望ましい歴史認識の共有に向け3か国の近代史認識をすべて批判的に検討したもの。

 ソウル大の辛珠栢(シン・ジュベク)社会発展研究所責任研究員は論文『3国の植民地認識』で、まず日本の歴史教科書について言及した。

 日本では文部科学省の「学習指導要領」により、「帝国主義時代の韓国人と中国人の抵抗を民族運動という名で簡潔に言及するよう」定められているという。

 これは、日本が近隣国家や民族を侵略・支配していた歴史が近代史全体の中心的流れの1つだったにもかかわらず意図的に歴史的真実から目を背けようとしている、との説明だ。

 扶桑社と明成社の教科書は、植民地朝鮮での日本の「恵沢」を強調し、抑圧と収奪を否定する代表的な「植民地美化論」の立場を取っている。

 もちろん最も根本的な間違いを犯しているのは日本の教科書だ。しかし、他の国の教科書には全く問題がないのだろうか。

 韓国の第7回教育課程上の「韓国の近現代史」教科書の日帝時代について書かれた部分は、各時期の代表的な経済政策を通じ日本の経済侵略とそれに苦しむ韓国人の姿を記述している。

 ところが、日本が本国の資本と商品を「輸出」できる「市場」として植民地朝鮮を作ったという記述と、朝鮮の土地を「略奪」し米や資源を「収奪」したという内容が混在している。需要と供給による輸出入という資本主義的経済行為までもすべて「収奪」として画一化する矛盾を内包している、というわけだ。

 また、日本が台湾と満州をどのように支配したかに対する記述が全くなく、周辺の歴史を韓国との関連性の中で見ることができないようにしている、との指摘だ。

 中国は現代史を「中国人民が民族独立と社会進歩を勝ち取るため、反帝・反封建闘争を行った歴史」、すなわち侵略と抵抗の歴史として圧縮している。

 日本軍の占領地域での政策は「野蛮的経済的略奪」と「奴隷教育の実施」に圧縮記述され、収奪と民族抹殺を強調している点で韓国と似ている。

 民族運動に関する部分でも事情は似通っている。春川教育大の金正仁(キム・ジョンイン)教授は、『3か国の民族運動に関する歴史認識の分析』で韓国の教科書が右派と資本主義系列中心の民族運動史を追及し、中国は共産党中心の抗日戦争と社会主義的愛国主義を強調している、と分析する。

 一方、日本は被支配民族の抵抗歴史に対する記述そのものが簡略化されているため、教科書を読んだだけでは「日本は加害者」という明白な歴史的真実をつかみにくい。

 闘争の歴史に対する共有と交流に到達するためには、依然として長き道のりが残されているというわけだ。


◆韓中日3か国の歴史教科書~近現代史に対する認識~

?近代化運動に対する認識
韓国:開化派は内在的に形成され、東学運動は民衆改革運動だった。
中国:洋務運動は資本主義発展と外国勢力の拡張を阻止する役割を担った。
日本:明治維新など近代国家理念が周辺国に大きな影響を与えた。

?植民地に対する認識
韓国:日帝の“侵略と収奪”に対する“抵抗”の構図から叙述。
中国:日帝の収奪と民族抹殺に対抗する反帝・反封建闘争。
日本:隣接国に対する“侵略”を希釈し、日本の業績を強調。

?民族運動に対する認識
韓国:右派・資本主義系列中心の民族運動史。
中国:共産党中心の抗日戦争を強調。
日本:被支配民族の抵抗を簡潔に言及。

<資料:「韓中日3か国の近代史認識と歴史教育」>

 

韓国の“感情でつくられた歴史”と中共の“政治に利用するための歴史”とが、日本の“学問としての歴史”と違うのはあたりまえですよ。

そもそも教科書なんて「自国中心」があたりまえでしょ、「他国中心の教科書」なんて聞いたことないですね。

韓国ニュース | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
  1.  気をつけないと日本の教科書が世界最初の例外になるかもー
  2. 中韓の近代史で最も悲惨なのは、日本によってもたらされたものではなくて、その後の同士討ち(中国は共産党による粛清、韓国は朝鮮戦争)なんだけどね~。
    それには目をつむりたい訳ね。
  3. シナ様とウリの歴史認識を丸呑みしない日本が憎いニダー!
    マンセー!!
  4. すでに他国中心の「教科書」が存在しています。
    未来をひらく歴史―日本・中国・韓国=共同編集 東アジア3国の近現代史
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4874983413/249-0108086-7325147
  5. てゆーか、今更かもしれませんが、教科書がいかに酷い部分があるかを知らない人(親)は、それこそ社会的にまずいんじゃないかと思います。
  6. >http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=64560
    『中央日報』205/06/15
    (前略)(ノ大統領による靖国・歴史歪曲・竹島/独島問題の説明のあと)少ししてブッシュ大統領が再び話し始めた。「いずれにせよ小泉首相と盧大統領の説明は少し食い違っているようだ」と話を切り出した。すると盧大統領が即座に「小泉首相と私が習った歴史教科書の内容が互いに違うようなんです」と答えると、座中に爆笑がどっと起こったという。
    『座中に爆笑がどっと起こった』のが何故なのか考える・・・ワケはないですよね。
  7.  韓国人は、もぅ少し国家の未来について真剣に考えないと、本当に、歴史を逆戻りする事になるでしょう、地理的に一番危ない場所に在りながら、後ろで支えてくれる日本の頭を踏んだり、顔につばをかけたりした挙句、親分を仇と呼んでみたり、こっそり敵と仲良くしようとしてみたりして、
    そろそろ、支持国もパトロンも失う事になりそうですね、そしたら、北朝鮮共々、大中華帝国に参入して貰うつもりなんでしょう、少なくとも今の大統領のママでは、もぅ始まっている破滅へのカウントダウンを止められないでしょう。
     まぁ、今更、自制心や道徳心を求めても無駄な民族だから、最大譲歩しても、成り行きを見守ると言う事になりますが、出来れば、一日も早く国交断絶して、竹島を奪い返して、韓国の更なる侵略に備えて欲しい。
     シナの歴史教科書の最初ページには、共産党史観と言うモノがうたわれていて、それに拠れば、「歴史は、事実が如何であれ、共産主義と言うモノを通じて認識すべきものらしい」、つまり、ハナから、科学的な検証は必要ないといっているワケです。
     こんな2国と歴史の共通認識なんて出来るわけが無い。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。