FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

静岡県立大学 大磯正美研究室


憂慮すべき韓国の夢想自大主義  (2006/01/14)

 韓国の国民的英雄だったソウル大教授のヒトクローン胚研究成果がすべて虚偽だったという事件は、国際政治の視点から見ると一層よく分かる問題である。
 日本では一般に、科学者の研究競争が世界的に激化しているので、こういう行き過ぎが起きるのだと受け取られている。日本でも東大などのトップ研究者が実験の信憑性に疑いをもたれているではないかと、いかにも日本的な「以て他山の石とせよ」という謙虚さに基づく報道が散見される。

 しかしこの事件は、そういう表面的な比較だけでは表面的な理解しかできない。韓国独特の自大主義(事大主義のもじり)が、とうとう行き着くところまで行ったということであって、この頂点の下部に巨大なピラミッドが積み上げられていることが、問題の核心なのである。

 朝鮮民族の歴史的な心理としていわゆる事大主義があることは、日本でも学校で教えているが、その正確な意味は「大国(中華)に事(つか)えて、小国(日本)を見下す」ということだ。「小中華」という表現もほぼ同じと考えていい。
 戦後、朝鮮半島の南半分だけでスタートした大韓民国は、東西冷戦の期間中は小中華を表面化させるだけの国力を持っていなかった。
 やはり変わり始めたのは経済力で日本に追いつき追い越せと言い出し、ソウル・オリンピックを成功させてからである。それが冷戦終結後に一気に駆けだしたのである。

 日本を見下す自大主義を意図的な政策としたのは、軍事(軍人)政権時代が終わって文民政治家が大統領になって以降である。特に金大中(キム・デジュン)の左派政権から現在の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権までは、加速度をつけてひどくなっている。

 いま韓国の国民は日本文化のすべてが、もともと韓国が教え伝えたものだと信じ込んでいる。これを「韓国起源」現象、すなわち「ウリジナル」と呼ぶまでになっている(日本人の側では揶揄で使っている)。韓国語のウリ(我)とオリジナルの駄ジャレである。
 
 古くから言われている止利仏師や高麗青磁ならいざしらず、今は剣道・柔道などの武道全般から、寿司・刺身・茶道、盆栽・折り紙・扇子、最近のアニメ、天皇の出自も、そうだ相撲も、といった具合に、手当たり次第なんでもかんでも韓国起源だと誰かが言い出し、それをマスコミが宣伝し、国民が喜んで信じ込むようになってしまった。
 日本の桜ソメイヨシノが韓国済州島から伝わったという俗説はまだ序の口で、れっきとした学者が日本に来て「日本の生態系はすべて韓国起源だ」というまでに過激化しているという。

 2002年のサッカーW杯を日本と共催したとき、ホストの韓国サッカー協会はホームページに「サッカーの起源は朝鮮半島」と書いて世界中から抗議され、いつの間にか削除したという話がある。

 しかし、その前にも88年のソウル・オリンピックのときに「テコンドー」をお手盛りで公開競技とし、2000年シドニーではIOC副会長国の影響力を行使して正式種目に昇格させている。日本の空手道は母屋を取られて、もはやこっちが本家ですよと世界に訴える気力もなさそうだ。
 日本の剣道界では、柔道の苦い経験を見て、剣道をスポーツ化させないためにあえてオリンピック種目を目指さない方針でいる。それをいいことに、韓国は勝手に世界剣道連盟といったような組織をつくり、「テコンドーの夢よもう一度」と狙っているらしい。

 その理論的根拠として、剣道も朝鮮民族が発明して日本に教えたものであり、日本の武士や武士道は朝鮮の模倣であるとする。剣豪小説家の荒山徹氏によると、朝鮮の武器は主に弓であり、護身用の短刀はあったが日本刀のような長剣は存在しなかったという。槍もなかったらしい。

 それでも近年、「武士(MUSA)」というような時代劇映画が盛んに作られ、輸出もされているので、韓国民だけでなく日本人も外国人も、武士の本家は朝鮮にあったと思いこんでしまう恐れが出てきた。
 現に、テレビドラマ「宮廷女官--チャングムの誓い」には、針灸が朝鮮の発明のように描かれていて、それが中国で放映されたときに視聴者からクレームが付いたと報道された。

 いまや、ウリジナル攻勢の矛先は日本だけでなくなったわけだ。「事大」主義で膝を屈する相手である中華に対してまでも、「こっちがオリジナルだ」と歯をむく韓国になった。だから事大主義を超えて夢想自大主義に突入したと判断されるのである。

 黄・ソウル大教授による実験捏造事件は、決して突発的に起きたものではない。韓国が国を挙げて夢想自大主義を具体的証拠で確認したいと要求したから、ひとりの「弱い自分」に勝てなかった学者がそれに応えただけである。

 問題は、韓国民の夢想がこれで覚めるかどうかだ。教授の記者会見や国民の反応を見ると、やはりまだまだ懲りていないことが分かる。
 科学分野のノーベル賞を国民が渇望していることは分かるが、金大中のノーベル平和賞(2000年)だってカネで買ったも同然だということを、韓国民はとっくに知ったが無視してきた。数億ドルの貢ぎ物を金正日独裁者に贈って首脳会談に応じてもらったことが公になり、関係者が自殺までしているのに、金大中自身は口を拭って知らん顔をして今日に至っている。

 反省しない国民性なのだ。専門雑誌への虚偽論文がばれたぐらいは大したことではないと片づけるだろう。国内問題としてはそれでもいいのだが、もはやウリジナル現象は国内問題の域を超えている。あきらかに迷惑をこうむっている日本が、それに対してどう対処していくべきか、われわれも真剣に考えなければならない。
 このまま韓国民が突き進めば、いずれもっと大きな挫折を経験することになるだろう。いい加減にしなさいよ、と忠告するいい機会ではないだろうか。


憂慮すべき韓国の夢想自大主義(続)   (2006/01/27)

 韓国民が「なんでもかんでもウリジナル(我国起源)」を信じ込むようになったのは、中年以下の世代が漢字を読めなくなったからだという見方がある。おそらく正しいと思われる。

 黄禹錫教授の虚偽論文事件を大々的に報じる韓国紙をテレビで見たが、黄の字(つまり姓)を漢字で書いたのが1紙だけ。あとは皆、一面全部がハングル文字で埋め尽くされていた。

 あくまで画面に映った範囲に限られるが、一字も漢字のないハングル新聞を読んでいる韓国民は、問題教授の姓名すら「ファンウソク」という音で「聞いて」いることになる。実際、若い世代になると、自分の名前さえ漢字で理解していないといわれ、いわんや他人の名前を漢字の「意味」で理解するという習慣は、もはや廃絶したといっていいだろう。
 
 昨年、韓国の公文書館(National Archives)にあたる国家記録院で、1948年制定の韓国憲法の原本を紛失していることが分かった。監査でさらに、52~62年にわたる改正憲法の原本も、重要書類でない一般書類に分類されて保管されていた一方、大統領関連の重要書類として保管されていた文書の74%が、資料として価値のないクズだったことが分かった(読売、05/10/29)。

 これが実態である。いまや公務員が漢字を読めないのだ。だから重要書類の重要さが分からずに、ウリナラ(我国)憲法の原本さえ捨ててしまうのである。

 ここで重要なのは、「読めないなら誰かに聞けばいい」。日本人ならそう考える。韓国民、なかんずく公文書館の職員でさえ、そういう習性がないということがいちばんの問題である。

 歴史を自分で検証することができないだけでなく、それが歴史への関心を希薄にしているのではないだろうか。

 日本人は、大新聞の主筆が今頃になって「東条はヒトラーと同じだ」などと曰(のたま)えば、その当時の文献を誰でも探して読めて、本当かどうか検証することができる。60年前どころか、2千年も昔の漢文資料を読みあさって、邪馬台国はどこだったと熱中する古代史マニアも掃いて捨てるほどいる。

 しかし、韓国民の大多数は(おそらくノムヒョン大統領を含めて)、漢字の混じった文書を読むことができないので、自分たちの過去が分からなくなってしまった。
 それなら作ってしまえ。
日本との歴史的な条約等は誰も読めない、読まない、読みたくないので、それならいっそ不平等条約だったからすべて無効だ、政府は再交渉せよ、というように飛躍する。

 戦後、韓国では日本からの独立を強調するあまり、ハングルを公用語として採用し、70年からは義務教育で漢字教育を全廃してしまった。その後、社会生活の不都合から約900字だけを教えるように是正されたが、新聞の実例に見るように実際にはほとんど使われていない。

 ハングルは15世紀半ば、李朝の4代世宗が漢字の読めない庶民のために考案させ公布したとされるが、漢字を敬う支配層の事大主義に抑え込まれ、あまり普及しなかった。それをよみがえらせたのは明治の日本人である。漢字かな(カナ)混じり日本文に似た「漢字ハングル混じり文」を考案し、朝鮮に持ち込んだ。朝鮮王国はそれを公用語(国文)として受け入れた。
 
 日本に併合された後、ハングルは国文ではなくなったものの(公用語は日本語)、準公用語として認められ、学校教育をはじめ社会生活で堂々と使われていた。朝鮮総督府はハングル教育のための辞書も編纂している。

 したがって、反日、克日の目的で漢字を追放しハングルに切り替えたのは、大いに矛盾した政策だったことになる。3年前、麻生太郎・自民党政調会長(当時)が講演で「ハングルは日本人が広めた」と言ったとたん、韓国から「何という妄言か、取り消せ」と強い抗議が寄せられた。
 韓国民が怒る「妄言」のうちでも、これは特A級の妄言ということになるだろう。無条件に全否定しないと、自己矛盾で動きがとれなくなってしまうからだ。

 日本としては、そういうところをやんわりと突くのが、うまい外交ではないだろうか。もういちど漢字を取り入れてハングル混じり文に変えていきませんか、と提案する。その漢字は、日本、中国、韓国、台湾で統一化を図ろうではありませんか。中国の漢字も、簡略化しすぎて「感字」から離れてしまったから、、。

 漢字という名称も換えて、「共通文字」と呼んだらいい。共通文字があれば、どの国民も歴史上の文献を自分で検証することが容易になる。「文献がない」「全部、秀吉が浚っていったから」と片づけて独自の「過去史」を夢想することもなくなる、、、はずだ。

 日米中の共同歴史研究よりも、また日中韓の教科書研究よりも、このほうがよほど現実的で未来志向ではないだろうか。外交には上策、中策、下策、がある。

 

ウリジナルや自大主義が教育の場で語られるのはいいことですね。「共通文字」には反対ですが。

日本ニュース | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
  1. 漢字の起源は韓国です。
  2. >漢字の起源は韓国です。
    ↑まじめに、こういうこと言い出すんじゃないの?
    でも、こんな事いったら中国様が黙ってないだろうし、そんでもって、中国が反日に向けてる力を韓国に・・・
  3.  今日、嫌韓流の正体(だっけ?)と言う本を買ったけど、そこに、戦後日本の財界が、莫大な資産を半島に残して去った後、日本の統治下で力を失っていた両班層が復活して、それら資産を合法・違法を問わず自分のものにした上に、復讐としての反日を始めた、とあった。
     さも在りナンの話ですね、自分の目先の利益の為には、竹馬の友も、永年仕えた大恩ある人も、下手をすれば、自分の親兄弟でさえ刀の錆にしてしまう連中です、彼らにとって、日本人は余所者ですから、世話になった人に恩を仇で返す位、平気の平左でしょう、両班のプライドの根拠は家柄だけですが、家柄を示す家系図自体、捏造OKの紙切れさえもが売り買いの対象になっている事や、元々紙切れ一枚で、本人が何の「徳を備えている証明」にもなりはしないのです、韓国の度を超した反日、これで、納得が行きました。
     って、今や、韓国民の8~9割は、自分は両班出身だって言っているそうですから、ダメじゃな、こりゃ。
  4. >漢字の起源は韓国です。
    漢字じゃなくて実は韓字で、元祖はウリだ、との電波を発信済(まぁ流石にこれは国を挙げてでは無いみたいだが)
    >「共通文字」には反対ですが。
    まとめる過程で「近代的概念に関する述語は、漢字表記であってもみんな日本製」ってことを同時に啓蒙するなら共通文字も面白いかもしんないw
  5. 国際的に誇るべき文化がなにもない、人が誰もいない国、韓国。
    だからこそ自分たちが誇れるような文化を欲しがり、結果として日本から持ってきて臆面も無く『ウリジナルだ!』と称する。なんか・・・可哀相な国だ。
    >ナポレオン・ソロ様
    戦後の両班の復活と反日活動・・・なるほど、と納得してしまいます。 
  6. 共通文字の部分、ぼくにはいわゆる正字のことだと思えました。
    今でも台湾で使用されている繁体でしたっけね。
    手書きの際に速度を上げ難いですが、入力デバイスでの変換作業で書くことを思えば、読む際に大変便利なものでもあります。
    漢字という名称、読み方を換えるというのは暴論すぎるとしても、正字への回歸をしてもいい頃なのかもなと思います。
    国内で言えば、普通一般人の和歌や俳句などの古典的なものの読み解き、創作作業もやりやすくもなりますしね。
    国という字にしても國の方が分かりやすいですし。
  7. 卓見ですね。確かに韓国の若い人は漢字が読めないし書けない(韓国語教師でも)。それだけ軽視されてるのでしょうが、漢字を使用すれば日本人も中国人もすぐ理解できるのに、と思います。韓国ドラマがアジアで流行した理由には、韓国語の語彙には中国語起源のものが多く、中国語字幕がつけやすいと言うこともあったかも。中国語(起源)語彙を抜いたら韓国語は使用できないとも言われています。
    中国に対する劣等感も恐れもあるのでしょうが、それで日本に当たるのはやめていただきたいものです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。