FC2ブログ

韓国、 外国人妻を迎える農村男性に支援金 (ロイター 2006/01/24)


 韓国の地方当局は、海外から妻を迎える農村部の独身男性に対し、金銭的な支援を計画している。

 当局者が24日に明らかにしたところによると、 同国南部の慶尚では、外国人女性と結婚する農村男性に600万ウォン(約70万4000円) を援助するプログラムを、試験的に開始する計画だという。
 韓国の女性の間では農村での生活を嫌がる傾向があり、農村部の男性は近年、アジアの他地域から妻を迎える事例が増えている。

 慶尚の農業政策担当者は、電話で 「地方の若い男性は結婚相手を見つけるのに苦労しており、他に目を向け始めた」と指摘。 「こうした男性に対し試験的に金銭的な支援をすることを決定した」と述べた。
 政府の推定によると、
農村の男性が外国人の妻を見つけるのに必要な手数料や旅費などのコストは、およそ1200万ウォン。


外国人妻10人中8人「韓国人とは2度と結婚したくない」  (朝鮮日報 2005/11/23)

 昨年、 韓国人男性が外国の女性と結婚した件数は全体婚姻届の数の11%におよんだ。

 特に、農村は4件中1件が国際結婚をしており、 このような文化は都心全体にまで拡散している状況にある。

 しかし問題は国際結婚をした夫婦間に暴力問題が絶えないことだ。

 10月、「城南(ソンナム)女性の電話」 が韓国人男性と結婚した外国人女性を対象にアンケート調査を実施した結果、32%が夫から暴力を受けた経験があると答えたことが分かった。

 「城南女性の電話」の関係者は、 「外国人女性を妻にしたと考えているのではなく、自分が代価を払って連れて来たのだから、 自分の好きにしていいという間違った考え方が暴力につながっている」と説明した。

 また、 夫から暴力を受けても制度的な保護を受けることの難しい現実と関連しては、 「外国人女性は結婚後2年以上韓国に居住しなければ国籍を取得する資格を得ることができず、 さらなる問題は夫が保証人にならなければ国籍取得ができない」とし、夫の同意がなければ20年以上暮らしても国籍を取得できないと説明した。

 一方、 韓国イメージコミュニケーション研究院が先月21日から今月7日まで韓国人男性と結婚した外国人女性100人を対象にアンケート調査を行った結果、 妻10人中8人が「2度と韓国人男性と結婚したくない」 と考えていることが分かった。

 

不幸な女性が増えるだけです。

韓国ニュース | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
  1. 伝統的な男尊女卑の国ですからね。
    それに加え小中華思想からいったら、外国人女性なんて人間として扱われるかどうか。
    たしかに、不幸な女性が増えるだけかもしれないですね・・・。
  2. 日本の農村部にいっぱい来てるのに。でも評判悪い。「お金目当てだ」って。
    逆に某宗教がらみでずいぶん日本人が行っているそうだし。
    男尊女卑が当たり前な国。行ったら苦労しますよォ。
  3. 某宗教絡みで行方不明になった日本人女性が何千人もいるという話がありましたね。

管理者のみに表示