上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

各種パパラッチが横行する韓国 
(朝鮮日報 2006/02/28)

【特集】監視社会化すすむ韓国(上)

 食堂を経営するキム某さん(43)は、 区役所から送られてきた30万ウォンの過料の通知書を受け取って驚いた。先日、食事を済ませた客に紙コップに入れたコーヒーを手渡すキムさんの姿が、「盗撮」され、使い捨て用品を無料で提供した容疑で区役所に通報されたのだ。

 「店の中に、小さな自働販売機を設置し、 お客さんが自分でコーヒーを取り出すセルフサービスを行っているが、あるお客さんから『この店の料理はうまい』との褒め言葉と共に、 『コーヒーお願い』と言われ、私が直接コーヒーを渡したのが災いしました」

 キムさんは、褒賞金5万ウォンを狙った、いわゆる 「パパラッチ」の罠にかかったのだ。「飲食店の従業員が紙コップのコーヒーを渡せば取締の対象になり、 お客さんが自ら運んでくれば問題ないというのはおかしな話」と、キムさんは嘆いた。

◆食パラッチ、土パラッチ、税パラッチ…

 今、大韓民国では密告が日常となっている。政府の各部処(日本の省庁に当たる) や地方自治体が先を争って通報褒賞金制を新設したり、支給額の上限を上方修正し、褒賞金を「だし」 にした政策がありとあらゆる分野に広がっている。

 現在、中央政府、地方政府が導入した通報報奨金制度はおよそ60種類に達する。現政権が発足して以来、 全体褒賞金額の半分に当たるおよそ30種類が新設されるほど、通報褒賞金制度はますます脚光を浴びている。

 最近でも、今月23日に国会・財政経済委員会の租税審査小委員会が、 国税滞納者が隠匿した財産を通報する者に最高1億ウォンの褒賞金を支給する国税基本法改正案(政府提出)を可決した。企画予算処は、 これまで公務員に適用した予算の無駄遣い通報褒賞金制度を、今年から全国民を対象に拡大し、 褒賞金も2000万ウォンから3900万ウォンに引き上げた。

 来月からは、 首都圏などの土地取引許可区域から許可を受けているのとは違う用途で土地を使用している土地所有者を通報すれば50万ウォンの褒賞金を与える、 いわゆる「土パラッチ」も実施される。法務部は、 今年5月31日行われる全国地方選挙運動から違法な選挙運動行為を通報した者に支給する報奨金を現行の5000万ウォンから5億ウォンに引き上げる方針だ。

 褒賞金を狙うセミプロのパパラッチを指す呼び名も生まれた。「食パラッチ」(非衛生的な危害食品)、 「捨パラッチ」(ゴミの違法投機)、「封パラッチ」(使い捨てのビニール袋)、「ノパラッチ」(カラオケボックスの違法営業)、 「税パラッチ」(脱税の通報)、「選パラッチ」(違法選挙運動)などだ。



「パパラッチで月収1000万ウォン」
(朝鮮日報 2006/02/28)

【特集】監視社会化すすむ韓国(中)

 ◆パパラッチ養成スクールも登場

 政府と地方自治体が、各種の通報褒賞金制度を増やす と、「パパラッチ」 で儲けようとする者を対象にした各種のインターネットサイト、専門のスクールも登場した。 ソウル三城洞でパパラッチを養成するMスクールを経営しているムン・ソンオクさん(57)は、35万ウォンの受講料を受け取り、 褒賞金を獲得するための理論や盗撮などの技術を、一日のコースで教育している。

 ムンさんは「熟練したパパラッチになれば、通報の褒賞金として一日50万ウォン、月1000万ウォン(約119万円) 以上の収入が優に保障される」とし、「受講料は決して高くない」と主張する。

200602280000591in_09

 ムンさんは、受講生にとって「褒賞金を受け取るための証拠確保には、店主、 従業員の顔と店の商号が写るよう撮影しなければならない」と教えている。 スーパーマーケットでビニール袋の値段を受け取らなかったことを立証するため、領収書も必ず受け取らなければならないという。

 ムンさんは、「街のあちらこちらにメシの種がある」とし、 「スーパーマーケットなどで買い物をする際、ビーニル袋に入れてくれる場合が多いが、 それをビデオで撮影すれば、1件当たり2万ウォンから50万ウォンまで受け取ることができる」と述べた。

 街の薬屋も、パパラッチのターゲットだ。ムン院長は光化門のある薬局に入り、 1箱のドリンク剤を買い、店側が商品をビニール袋に入れてくれる様子を記録する過程を記者に実演して見せた。もちろん、 薬局はビニール袋代を受け取らなかった。ムン院長が肩に担いだカメラには、そのすべての過程が収録されていた。



通報褒賞金制度の功罪
(朝鮮日報 2006/02/28)

【特集】監視社会化すすむ韓国(下)

◆市民監視か行政便宜主義か

 政府が様々な分野でパパラッチに褒賞金を支給するのは、 公務員がアプローチできない行政の死角地帯に、市民の告発精神を導入するという趣旨だ。しかし、副作用を指摘する声も少なくない。 他人の過ちを告発するために盗撮を利用するという市民監視の風潮が拡散するだけでなく、 政府がやるべきことを放棄した行政便宜主義的な発想という主張だ。

 韓京(ハンギョン)大学の李元熙(イ・ウォンヒ)教授は、「通報褒賞金制度には、 それなりの効果があるものの、政府が行政目的を達成するため市民を操り人形のように利用している側面がある」と指摘した。

 延世(ヨンセ)大学の金皓起(キム・ホギ)教授(社会学)は、「政府が金銭万能主義を利用して、 簡単に政策広報効果を上げようとしている側面が強い」と説明した。

 



これで店側から紙コップ代や袋代を請求されたらファビョるんだろうな~。

お店側は大変だな、請求すればファビョられて、サービスすれば密告される。 目の前の小銭の為に、自分たちでどれほど住みにくい世の中にしているのかわかっていないですね。


ソウルファイター―韓国ハチャメチャ滞在絵日記ソウルファイター―韓国ハチャメチャ滞在絵日記
木村 彩日香

ソウルで新婚生活。―新妻ヨーコちゃんの韓国暮らし ヨンとよーこの韓流LOVE もっとおもろい韓国人―熱くて楽しい隣人たち 韓国の「変」―コリアン笑いのツボ82連発! 韓国およめいり

by G-Tools

韓国ニュース | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
  1. 密告社会は嫌いだが、紙コップのコーヒーを渡す行為が違法になる国って怖すぎです
    次の段階は反国家的発言したかで強制収容所送りだな
  2. ただでさえ気持ち悪いのに
    ますます気持ちの悪い国になるな。
    これって観光客もターゲットになるのかな?
    だったら寒流で狂う日本のおばさま方も
    痛い目にあって目が覚めるといいよw
  3. 下の薬局の写真●イアグラと書いてありますが・・・
    そっちの方がよっぽど問題だ~
  4. 自縄自縛という言葉は韓国にはないんですかねぇ?
  5. ~/  ´・ω)ミ<なーんだ、既に赤化できる社会的素地はできあがっていたのですねw
    ~/  ´ーω)ミ<となると大韓「人民共和国」にいつなってもおっけーだな…
    ~/  ‘ω)ミ<はやくとーいつすればいいのにw
    ~/  ´ーω)ミ<そうなると国家元首は金一族なんだろうなぁ…
  6. 盗撮も問題ながら、ビニール袋に課金しないでサービスしたら違反罰則というのは、あの国に住みたくないととことん思わされます。
  7. 違反したら罰金なんだったら、とにかく違反しないようにすればいいだけなんじゃないのかな。
    違反とするには、あまりにも軽微なものを法律で括ったりしているのなら、それは法適用の精神が貧しく、その法自体が不正な部分も多く認められるのに法審査を通してしまい、一般生活に支障が出ているだけなのであって、誠に民度が低いと申しましょうか、そも悪法なら改正しないのも問題であると言えるように思う。どうでもいいけど。本当に心からどうでもいいけど。
  8. 驚きました!まるで江戸時代の日本だ・・・。
    これ、現代の民主主義国家での話ですよね?
    知れば知るほど嫌いになる、というよりも、知れば知るほど、信じられない国ですね。
  9. すみません、トラックバックっていうのをやってみたんですけど・・・こちらにウチに記事が『トラックバック』として表示されるんですね!
    私はまた逆かと思っていました。大変失礼いたしました。事後承諾になりますが、改めてこちらのアドレスを本文の中で紹介させていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか?
    またトラックバックがもし失礼にあたるようでしたら、削除なさってください。なにぶん、初心者なもので・・・失礼いたしました。
  10. ↑コメントしたいのか宣伝したいのか。
  11. こういう政策はどんどんやって下さい。
    あの国が自滅するのをお祈りいたします。
    それにしても、密告で金を稼げるなんて、
    昔の賞金稼ぎみたいに元手が要らないんで、
    儲かるだろうなー。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。