上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「靖国」で中国要人と激論 原田衆院外務委員長
(産経新聞 2006/04/25)

 中国を訪問していた原田義昭衆院外務委員長 (自民党)は24日、北京市内で中国の武大偉外務次官、姜恩柱全人代外事委員会主任委員らと相次いで会談、 靖国問題などで激論を交わした。
 武次官は小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「両国の政治外交関係が頓挫しているのは、 日本のごく少数のリーダーがA級戦犯が祭られた靖国に参拝するからだ」と批判した。

 原田氏は「靖国神社は敬愛されており、 首相の参拝は当たり前。中国の批判に圧倒的多くの日本国民と議員は怒りを感じている。中国と同様に日本も誇り高い独立国であって、 内政干渉に屈するのは断じてできない」と中国側の再考を促した。

 原田氏は東シナ海の日中中間線付近での中国のガス田開発の中止を要求したが、武次官は拒否した。 また原田氏は中国原子力潜水艦の領海侵犯事件、上海領事館員自殺事件、反日暴動について 「中国の謝罪は行われていない」と指摘。中国の軍拡には懸念を示した。

 同日夜帰国した原田氏は 「意見の違いを認めつつ極めて重要な日中関係を築くのが両国の政治家の役目だ。中国は日本国内の意見を正確に知るべきだ」と話している。

 

原田義昭氏HP『ヨッシーサイト』 より

中国外交関係要人との会見(pdf)

 日時 平成18年4月24日(月)
場所 中国北京市 人民大会堂及び外交部
会見相手
路甬祥(ロ・ヨウショウ) 全人代副委員長(国会副議長に相当)
姜恩柱(キョウ・オンチュウ)全人代外事委員会主任委員(国会外務委員長)
武大偉(ブ・ダイイ) 外交部副部長(外務副大臣)

1.
原田)米中首脳会談の成功に対しお祝いを述べた。 続いて北朝鮮に係る六カ国協議において中国政府ならびに武大偉副部長らの指導力に感謝するとともに核開発や拉致問題の解決に向けて更なる努力をお願いした。

武氏) 北朝鮮も次回協議にむけて前向きの可能性が出ていることまた東京の会合のとき韓国人の夫のDNA鑑定が出た事には戸惑った。

2.靖国問題について。
中国)いずれも型どおりの意見陳述、即ち一握りの戦争指導者が数千万の人民を殺傷した、 この霊を合祀した神社に国の首相が参拝することは国民が許さない。胡錦涛主席も首相が参拝を止めさえすれば両国間は平常に戻ると言っている。

原田)自らの祖先をいかに敬うかはそれぞれの国民の宗教観、死生観によっている。 靖国神社は多くの国民に敬愛されており、つい数日前も150人以上の国会議員が参拝したがこれは国民を代表しての参拝だ。 日本は先の戦争を深く反省しておりそれ故に一貫して平和主義を貫いている。 小泉首相はA級戦犯を除いた多くの英霊たちに祈りを捧げているし平和を誓っている。国と国とには考えや伝統がちがっているのが当然であり祖先の祭り方も違う、 その違いをお互い認め合うのが成熟した国同士の関係である。意見が違うから会わないというのは関係をよくしようとする気持ちがないのではないか。 それをあまり外から言うと「内政干渉」という印象を多くの国民に与えている。中国国民が「誇り」を高く持っているように、日本人も「誇り」 の高い国民であって中国が靖国発言をすればするほど日本は譲れなくなる。 小泉首相は民主的手続きで選ばれ5年以上高い国民の支持を得ているが彼は国民の意を戴して行動しておりいささかでも中国国民を傷つける気はない。 3月末に7団体の責任者が胡主席に会って「靖国に行くな」といわれたが国では甚だ評判が悪い。

中国)中国には「和をもって尊し」 「人のいやがることを施してはならない」などの諺がある。小泉さんもこれをわかって欲しい。

原田)全く同じ考えだ。 これだけ靖国参拝の平和的意義を説明しているのにどうしてわかってくれないのだろう。未来志向でいけないのか。

3.
原田)誇りといえば私は中国を「礼節の国」と尊敬してきた。 然るに
3月の李肇声外相の発言、 昨5月呉儀福首相がドタキャンした事件など意見が違うからと他人を認めないのは礼節に悖るのではないか。

4. 一昨年の潜水艦侵犯事件、昨年の反日暴動、 上海総領事館員の自殺問題などいずれも謝罪を受けてない。これらは日本国民に心の傷を残している。 また未だ反日教育が中国では行なわれているというがこれは改めて欲しい。

5. 東シナ海のガス田開発に対して日本側の提案にしっかり応えるべきだ。 我々はこれを平和の海としたい。まず中間線を認めることがベストで大陸棚を主張するなら日本は200海里を主張する。 また紛争がある限りは開発すべきでないというのが海洋法条約の考えだ。武氏頷く。

武氏)我が方は大陸棚主義を取っており日本案は受け取ってない。 「共同開発」について外に発表してないがその辺は日本の外務省とよく相談して欲しい。

原田) 今回中間線を大きく越えて船舶航行禁止令を出したがそれを撤回したと聞いているが当然のことである

6.
中国側)中国は軍事的にも経済的にも脅威などにはなり得ない。軍事費などは国土の大きさ、 海岸線の長さなどからみると先進国よりはるかに見劣りがする。

原田)わが国はそれほど感じてないが「脅威」 というのは与える側が言うものではなくまわりがどう受け取るかが大事なのだ。 中国のように巨大な国土と人口、さらには大きな経済的発展性などから周りの国がそれを「脅威」と見るかもしれない。 大国というものは常に自国の存在が他に大きな影響を持つということを知らなければならない。

7.
原田・姜)日本の国会と中国の全人代(国会) との間には議長を長とする定期交流会があるがこの会はどちらかというと儀礼、セレモニーが主である。 むしろ具体的な問題について突っ込んだ議論をするためには衆議院外務委員会と全人代外事委員会との間で定期的に交流する場を立ち上げよう。

 

原田義昭Blog 04月24日(月)

何故、私は闘うのか

 私は昨夜9時北京に到着、宮本大使の主宰で夕食会、 その後経済産業省出身の関係者としばらくお茶で意見交換しました。就寝は1時すぎ。
 
 今朝はただちに会見の準備、発言要旨をまとめて30分ほど居石秘書と天安門広場の手前を散策。9時半には人民大会堂。 実に荘厳な建物でその大きさに圧倒されます。路甬祥全人代副委員長(日本の国会副議長に相当)と会見。 なかなか豪腕の政治家で議論のし甲斐があったところで大幅に時間を超えてしまいました。11時前から姜恩柱全人代外事委員会主任委員 (国会外務委員長に相当)、私のカウンターパート。ソフトだがベテラン外交官らしく言うところはピシッと言われます。 予定時間を大分越えたところで昼食会は院内別室で。午後2時からは外交部(外務省)の建物に移動し、武大偉副部長(副大臣)と会見、 彼とは日本大使の時会っているのだがなかなかのつわもの。日本語での会見なので中身も大いにあったと思います。 続いて日本大使館そばのホテルで日本人記者会への簡単なブリーフ(内容説明)、 30分で切り上げ飛行場まで急ぐという極めて慌しい北京での一日でした。

 日中はこれからも極めて重要な二国間です。政治外交が今不調といわれる日中関係ですが「靖国問題」 を中心にもっと中国側に日本の立場や考えを「正確に」伝えなければならない。いくら国内で高度な議論をしてもそれが相手国に伝えなければ意味がない。黙っていることは相手に過ったメッセージを与える。 その意味で私はこの機会に言うべきことをしっかり言ってきたつもりだ。 国益を守るためには断固として闘うべきであり、「国益」 とはただ経済的な側面ばかりでなく国民としての「誇り」とか「生き甲斐」など精神的な価値もしっかり含まれているのだ。 日本の外交は腰が弱いと久しく言われていますが、 私は文字どおり戦いに行くような気持ちでこれら要人たちと激論し、遠慮することなく日本が今何を考えているかを伝えてきたつもりです。
 

>飛行場まで急ぐという極めて慌しい北京での一日
酒池肉林目当ての訪中団は見習ってくださいね。

“言うべき”事をはっきり言ってくれてすがすがしい。

ちなみに原田義昭議員は、『在日外国人への地方参政権付与』、『女系天皇』、『人権擁護法案』に反対しています。




日本人として最低限知っておきたい“Q&A”近現代史の必須知識日本人として最低限知っておきたい“Q&A”近現代史の必須知識
水野 靖夫

反日に勝つ「昭和史の常識」 日本とシナ―1500年の真実 中国・韓国人に教えてあげたい本当の近現代史 子々孫々に語りつぎたい日本の歴史 皇室消滅

by G-Tools
日本ニュース | コメント(28) | トラックバック(0)
コメント
  1. これが「当たり前」なんだよな。
    すごいと思うし、清々しいけど、これが対等なんだよな。
  2. 当たり前の事をしている国会議員なのに目立ってしまう現状ってのが日本の政界のおかしさをクローズアップしている今日・・・・orz
    とにかく、原田外務委員長には(*^ー゚)b グッジョブ!!
  3. この人は応援したいと思った。
  4. 外務省がこういう人たちだけで構成されてたらいいのに。
  5. 国会議員がこんな人ばかりだと
    日本の未来も明るいんですけどね
    どうして社民党とか売国奴政党が
    日本に存在するか不思議でなりません
    (イヤ、ナゼ存在するか理由は知ってるけど・・・)
  6. 大変すがすがしい気分です。
    先の売国セブンでの鬱憤がはれました。
  7. 国会議員がこんな人ばかりならば、税金も喜んで支払うのだが・・・。
  8. 工作員の連中にハメられないように祈ってます。
  9. 原田義昭議員、応援します!
    くれぐれも、身辺にはお気をつけて。
  10.  自民党のご意見募集にGJメールを送っておきました。
  11. 素晴らしい。正直今まではっきりとは覚えていない
    政治家の一人でしたが、名前と顔をこれを機会に覚
    えることにしました。今後の活躍も期待します。
  12. いいな5区の人は
    応援のしがいもありますね
    なんでウチはエロ拓なの
  13. この調子で、韓国の要人とも激論をして頂きたい。
    次期内閣の外務大臣に推薦したい。
  14. 通りすがりですが原田氏いいですね。
    こういう人が政界の主流派になって欲しいですね、特に野党。
    ただ一言、保守派の意見に女系天皇反対の声が強いようですが、私は一番大切なことは天皇制の維持、二番目が伝統の維持だと思っています。男系維持派は今後の天皇制の維持についてどう考えているのでしょうか?
    できれば具体案をお伺いしたいところです。
  15. >どうして社民党とか売国奴政党が日本に存在するか
    難民扱い・不法入国などで日本入り→税金免除とかで資金的余裕→工作費や政治献金に
    こんな感じ?
  16. んー普通の議員ってのはこうあるべきなんだけどなぁ
    国民の権利と利益を守るのが議員のはずなんだが、いつの間にやら…
    ともかくGJ!
  17. >小泉首相はA級戦犯を除いた多くの英霊たちに祈りを捧げているし平和を誓っている
    これだけは惜しい…
    「戦犯はすでに赦免されていて、靖国には犯罪者の英霊など存在しない」とは言えなかったのだろうか?
    そもそもサンフランシスコ講和条約に批准してない中国は、戦犯に対して口出しする権利など無いはずだけど、これも指摘できないものだろうか?
    まあ、でも現状では充分過ぎるほどの発言ですね。
  18. 立派だ!
    『当たり前の事をするのが如何に重要か』 が良く解る。
     A級戦犯の名誉が回復されているのは、
    小泉内閣は国会の民主か社民かどちらかからの質問に対して、国会の決議で回復したかどうかの答弁を拒否して答えていなかった為に、
    原田議員は言えなかったのでは?
    と思います。
  19. シナ人は言うことを黙って聞く人間よりも、原田代議士のようにディベート力に長けた人間を信用すると聞く。
    今後は日本の政治家も、シナ人とおおいに議論を戦わして頂きたいと思います。
  20. すばらしい
  21. こういうマトモな人に税金でお給料が出るのはいいが
    なんで社民共産みたいな
    キ○ガイにまで税金で
    給料が出るのか。
    いっそ、社民共産の分は
    支持者が出してやれば
    いいのに…
  22. >社民共産の分は支持者が出してやればいいのに…
     激しく同感!なんですが、そうすると国内にもぅ一つ国が出来るのを1部認めた事になって、奴等の思う壺に…(泣)
     比例代表制での復活当選には、大きく制限を懸けるべきでしょう、何せ、そう言う人は、地元の選挙民に一旦「No」の裁定をされて居るワケですから、復活を許容するに、惜敗率95%以上無いと納得できません。(第一位当選者の得票が10万票なら、9万5千票以上)
     亦、少なくとも、国益を削って年間4700万円と言う巨額の歳費を賄っているのですから、社民党の辻元議員の様に、「私は国家の枠を壊すために議員に選ばれたと思っている」と言っている=国家の破壊を心掛けている様な議員には、「今まで払った歳費を全額返してもらった上で、議員辞職して頂きたい。
  23. 城内さんや森岡さんが前回の選挙で落ちたのは
    痛い 原田議員含めこういう人たちを応援していかなくては
  24. エントリーとは関係ありませんが、この件は非常に由々しき事態ゆえ、お許しください。
    >>のりちかさま
    >一番大切なことは天皇制の維持、二番目が伝統の維持だと思っています。
    本気で言っているのであれば、あなたはまんまと「天皇廃止論者」に騙されているとしか言いようがありません。なぜなら伝統を破壊することで皇室の存在価値を無にすることこそが、廃止を正統化する廃止論者の狙いに他ならないからです。
    「地震対策のため、法隆寺を鉄筋製に立て替えました。これでもアナタは法隆寺に価値があるといえますか?」
    この言葉の意味を考えれば、存続の絶対条件こそ「伝統を守ることである」ことが理解できる思います。
    皇室の価値は、2600年万年一系で続いたとされることでもありますが、それ以上なにより、神と人をつなぐ皇族方が皇室で執り行なわれる数々の雅やかな儀礼儀式であります。
    これらの儀式は、当然男系であることが前提になっている(というか、当たり前な)ため、女系天皇ではところどころ不都合が生じることになります。
    そのため女系天皇が誕生した時点で、今までの伝統儀式を全て捨てて、新しい女系用の儀式を新しく作らなければならなくなります。当然皇室の「聖域」のルールも変えなきゃならなくなるでしょう。最悪日本中の神社の体制も大きく変えることになるでしょう。
    女系になったことで、伝統的な雅やかさを全て捨てることになってしまう。空虚になった皇室に存在価値はあるのでしょうか?
    よく考えていただきたいと思います。
    ちなみに解決策は「旧皇族の復籍」コレに尽きます。
    「60年も一般市民として過ごしてきた旧皇族が戻れるはずがないし、国民の理解も得られない」とどこかで聞いたかと思われますが、これは旧皇族を否定させるための大嘘です。
    なぜなら美智子様や雅子様、紀子様は一般人から皇室にあがりましたし、のちの愛子天皇の相手も一般人になる可能性が高い。にもかかわらず、皇室の儀式に参列し、今でも「準皇族」としての役目を十分に果たされている、より皇室に近い旧皇族が戻れないなんて、そんなバカな話はありません。
  25. ヨッシーだ!
    うちの選挙区だyo!GJ。
  26. 自分は女系天皇容認派だからちょっと複雑だけど、こういう風にガツンと言ってくれる人を待っていた。
    ぜひとも応援したい。
  27. このご時世によく言った!!
    まさしく神。これから見かけたら応援しよう。
  28. 原田義昭か。名前覚えておこう。GJ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。