FC2ブログ
テポドン2国際包囲網で「韓国蚊帳の外」の深層
(SAPIO 7月12日号)

アメリカのブッシュ大統領は、世界の指導者について好き嫌いがはっきりしていることで知られる。外交関係者によれば、嫌いな指導者の1番目は北朝鮮の金正日総書記で、これは”順当”なところだが、2番目は韓国の盧武鉉大統領だという(一説には金大中前大統領という話もある)。

盧大統領については、会談中に日韓の歴史問題に対する自説を滔々と述べるなどのジコチューぶりが鼻についたなど、というまことしやかな解説まであった。ここまでなら噂話で済むが、実態はかなり深刻かもしれない。

北朝鮮の弾道ミサイル・テポドン2発射をめぐる緊迫した状況のなか、韓国の有力紙「朝鮮日報」は「韓米首脳、昨年の9月から電話会談ゼロ」(6月21日付)と報じた。

昨年の11月、韓国で開かれたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)では、韓米首脳会談が行われたが、これはあくまでホスト国としての儀礼にすぎず、実質的には9か月以上首脳対話が行われていないというのだ。

ブッシュ大統領が、同じく9か月首脳対話が行われていない盟友コイズミに義理立てしたわけではないだろうが、こうした差し迫った状況下でも疎通がないのは確かに異例だ。

今回のテポドン発射では、ブッシュ大統領は、中国の胡錦涛国家主席を始め関係諸国に電話をかけ協力を要請、ライス国務長官も精力的に動き、北朝鮮と国交のあるオーストラリア、フランスなどからも発射自制を求める声明を引き出した。

だが、こうした一連の包囲網の蚊帳の外にいるのが韓国の盧武鉉政権だ。韓国政府は、テポドン発射は人工衛星打ち上げの可能性が高いとし、人工衛星であれば、国際的な制裁は困難だと、まるで北朝鮮のスポークスマンのような見解を表明している。

一事が万事こんな調子では、ブッシュ大統領でなくても、つきあいきれないと思うだろう。
もはや、アメリカの盧武鉉政権離れは一個人の好き嫌いを超えてしまったようだ。(テキスト化 2ch ポリリーナφ★氏)




b-n01.jpg




両国間の問題を中心に話す場である米韓首脳会談の席で、日本の悪口ばかりしか言わなければ「話しても時間の無駄だ」と思われても仕方がないですよね。

それにしても、うわさレベルとはいえ、世界中には反米国家なんていくつもあるのに、まがりなりにも同盟国の韓国大統領がナンバー2とは……。






世界反米ジョーク集世界反米ジョーク集
早坂 隆

世界の紛争地ジョーク集 世界の日本人ジョーク集 ジョークでわかるイスラム社会 世界ビジネスジョーク集 ドイツ人のバカ笑い―ジョークでたどる現代史

by G-Tools
韓国ニュース | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
  1. 人工衛星であれば事前に発射のためのスケジュールと軌道などの通達(各国の思惑が複雑で妨害などもあり得るので日本のように馬鹿正直で正確なものでなくとも目安だけでも)しておけばいいだけのこと。
    見返りを期待した脅迫以外の何ものでもない所以。
  2. 写真ワロタ
  3. 3時のおやつは文鮮明~♪
  4. 当然でしょう。
    あれだけ北寄り・中国寄りの発言と行動、反米・反日発言と行動をしていれば、信用できないのは当たり前です。
  5. ライスもノムタン嫌いですよ。
    会談中、例によって関係ない反日演説を延々とブチかましたんで、体調悪いつって途中退席。
    それでもノムタンは残った秘書官に延々、反日ブチかましたそうですw
    その熱意だけは褒めてあげたいですねw
    ノムタンがんばったねww
  6. 写真、おもろすぎる。
  7. 水がもらえないブッシュさんカワイソスww
  8. 1番ジョンイル塁にでて~♪ 
    2番ノムヒョン送りバント~♪
    3番錦涛タイムリー・・・

管理者のみに表示