FC2ブログ
県議会で知事発言 「従軍慰安婦いない」
(朝日新聞 2006/06/28)

◇政府公式見解と矛盾

 上田清司知事は27日の県議会の一般質問の答弁で「慰安婦はいても、従軍慰安婦はいない」と発言した。従軍慰安婦問題については93年に当時の河野洋平官房長官が旧日本軍の関与を認める談話を出しており、「政府の公式見解を否定するもの」と発言の撤回を求める動きも出ている。

 上田知事は、県平和資料館(東松山市)に展示されている年表の91年の欄に「従軍慰安婦問題など日本の戦争責任論議多発」と書いてあることを挙げ、「古今東西、慰安婦はいても、従軍慰安婦はいない。民間の業者が連れて行ったりするのであって、軍そのものが連れて行ったりするわけは絶対にない」と発言した。

 さらに「自虐的な感情を抱かせることなく、真実、日本の正確な立場を学べるようにするのが大事」「こうした間違った記述は修正しなければならない」と話し、有識者で作る同資料館の運営協議会に展示内容の見直しを要請した。

 議場から「そうだ」「間違っている」と賛意と反発の声が上がり、一時騒然とした。

 従軍慰安婦問題を巡っては93年、政府が公文書や関係者を調査し、「慰安所は当時の軍当局の要請により設営されたもので、旧日本軍が直接または間接に関与した」「業者が募集した場合も本人の意思に反して集められた事例が多い」と日本軍の関与を認めている。

 議会後、共産党県議団は「知事の答弁は政府の公式見解を否定するもの」との談話を発表し、発言の撤回を求めている。





埼玉知事 展示記述の修正表明
(しんぶん赤旗 2006/06/28)

 埼玉県の上田清司知事は二十七日の県議会本会議で、「東西古今、『慰安婦』はいても『従軍慰安婦』はいない。兵のいるところに(『慰安婦』が)集まってきたり、兵を追いかけて民間業者が連れていったりするのであって、軍そのものが連れて行くなんてことは絶対にない」と発言しました。小島信昭議員(自民党)の一般質問に答えたものです。

 小島議員は県立歴史と民俗の博物館と県平和資料館の展示内容について、「近代史を、政府や国に国民・県民が苦しめられ苦難に耐えた闇の時代のように描かれている」などと批判しました。

 上田知事が「工夫や内容の充実が必要だ」と答えたのに対し、小島議員は「子どもたちや県民が学ぶ施設が、偏った内容でよいのか」と重ねて展示内容の見直しを要求。

 上田知事は「自虐的な感情を出させることなく真の史実、日本の正確な立場を学べるようにすることが大切だ」としたうえで、「従軍慰安婦」について「間違った記述があるので、修正しなければならない」とのべました。

共産党県議団が発言撤回を要求
 上田知事の発言にたいして日本共産党埼玉県議団の山岸昭子団長は同日、「知事は発言を撤回すべきだ」という談話を発表しました。





◆自分たちに都合の良い話には
  「政府が認めたから間違いない!」

◆自分たちに都合の悪い話には
  「政府はアジアの声を真摯に聞くべきだ!」


こんなバカな理屈が通用すると思っているんですかね?


それとも朝日は今後、政府が「アメリカの牛肉処理は安全」とか「米軍移転費は全く無駄の無い必要な費用」と公式見解を発表したら、一切検証も反論せず『政府見解』に追随して行くんですか?


朝鮮半島出身者のいわゆる従軍慰安婦問題に関する

加藤内閣官房長官発表 平成4年7月6日

 朝鮮半島出身のいわゆる従軍慰安婦問題については、昨年12月より関係資料が保管されている可能性のある省庁において政府が同問題に関与していたかどうかについて調査を行ってきたところであるが、今般、その調査結果がまとまったので発表することとした。調査結果について配布してあるとおりであるが、私から要点をかいつまんで申し上げると、慰安所の設置、慰安婦の募集に当たる者の取締り、慰安施設の築造・増強、慰安所の経営・監督、慰安所・慰安婦の街生管理、慰安所関係者への身分証明書等の発給等につき、政府の関与があったことが認められたということである。調査の具体的内容については、報告書に各資料の概要をまとめてあるので、それをお読み頂きたい。なお、許しいことは後で内閣外政審議室から説明させるので、何か内容について御質問があれば、そこでお聞きいただきたい。

 政府としては、国籍、出身地の如何を問わず、いわゆる従軍慰安婦として筆舌に尽くし難い辛苦をなめられた全ての方々に対し、改めて衷心よりお詫びと反省の気持ちを申し上げたい。また、このような過ちを決して繰り返してはならないという深い反省と決意の下に立って、平和国家としての立場を堅持するとともに、未架に向けて新しい日韓関係及びその他のアジア諸国、地域との関係を構築すべく努力していきたい。
 この問題については、いろいろな方々のお話を聞くにつけ、誠に心の痛む思いがする。このような辛酸をなめられた方々に対し、我々の気持ちをいかなる形で表すことができるのか、各方面の意見も聞きながら、誠意をもって検討していきたいと考えている。






「反日」の構造―中国、韓国、北朝鮮を煽っているのは誰か 「反日」の構造―中国、韓国、北朝鮮を煽っているのは誰か
西村 幸祐

マンガ嫌韓流 マンガ嫌韓流の真実! マンガ嫌韓流2 マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究 韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

by G-Tools
日本ニュース | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
  1. 従軍慰安婦とは今で言うソープランド。
    彼女達は今も金持ちだ。
    日本軍も金を支払っていたのだからなんら問題はないと思う。
    なぜ?今更問題になるのであろうか?
    それに朝鮮は元々敵国ではなく同盟国だった。
  2. >それに朝鮮は元々敵国ではなく同盟国だった。
    違いますよ。当時は日本でした。
  3. 韓国のみならず、世界中からの「日本人は戦時中、朝鮮人を何十万人も強姦した。」という汚名を雪ぐ事が出来るのですから、「従軍慰安婦」→「ただの売春婦」と言う認識は、日本人としては歓迎すべき事のはずです。
    戦時中、「日本の為に」と、「故郷の家族の為に」と文字どうり命をかけて戦ったおじいちゃんたちの名誉の為に、この動きが全国へ拡がるといいですね・・いや、拡げなければいけませんね。
    (朝日? カァーーーッぺっ!ぺっ!ぺっ!!!)
  4. 売春婦に金を払っていたのは軍じゃなくって兵隊さんだよね。
    そして兵隊さん全員が売春婦に金払ってサービスを受けたわけではない。
    こういうのって結局のところ日本を貶めるためならどんなことでもするような人々などを炙り出し見分ける装置になっていますね。
    特亜とその一派などが噛み付いてくる案件に日本人らしからぬ反応をする人々に注意をすればいいという試金石。
    そういう意味で大日本帝國陸海軍の英靈は死して尚祖國のために戰ってくれてゐるのかもしれませんね。
  5. 今日も朝日は正常運転、と。
    そこまで自分が住む国、日本を貶めて
    何が楽しいんでしょうかね?
    自分だけは特アの被害を受けないなんて
    思ってるんでしょうかね?
  6. 朝日って金払ってまで読もうとは思わないけど見てる分には面白いよねww

管理者のみに表示