FC2ブログ
逮捕者続出の京都市 市長「優先雇用が原因の一つ」同和行政で異例の発言
(産経関西 2006/07/28)

 今年度に入って職員の逮捕者が8人にのぼっている京都市で27日、臨時区局長会が開かれ、桝本頼兼市長が幹部らに再発防止を訓示した。会議後、桝本市長は逮捕者のうち6人が環境局職員である実態を踏まえ、「同和行政の柱として行った優先雇用での甘い採用が大きな要因の1つ」と指摘。平成14年度まで行っていた現業職員の優先雇用制度も背景にあるとの認識を示し、制度も含めた「解体的な出直し」を図る意向を表明した。同和行政のあり方が大阪市などで論議されているが、自治体の首長が採用問題にまで踏み込んだ発言をするのは異例で、波紋を広げそうだ。

 京都市では今年4月以降、児童買春や傷害、窃盗未遂容疑などで職員5人が逮捕(1人は釈放)され、さらに今週に入って詐欺や覚せい剤取締法違反容疑などで職員3人が逮捕される「前代未聞」(市職員)の事態に陥っている。

 事態を重視した桝本市長は27日、臨時の区局長会を開催。幹部約40人を前に「常識では考えられない状態。市政に対する信頼は落ちるところまで落ちたといわれても申し開きできない」と危機感をあらわにした。とくに逮捕者6人が所属した環境局に対しては「環境局の組織風土を一掃するため、組織や人事管理、業務のあり方も含め、抜本的な改革、見直しを行うよう」強く指示した。

 同会終了後、記者の質問に答えた桝本市長は「(平成14年度まで)京都市では同和行政の柱として同和地区の人々に対し職業の機会均等を保障するため、現業職への優先雇用を行ってきた」と説明。そのうえで「バブル期に現業職に応募する人がいないなかで、とにかく採用しないとごみの収集ができないということで、甘い採用をしてきたのは事実。その採用が(一連の不祥事の)大きな要因の一つ」などと述べた。

 市によると、過去4年間に不祥事で懲戒処分を受けた環境局の職員数は、15年度=10人(全体で28人)▽16年度=8人(同16人)▽17年度=15人(同20人)▽18年度=6人(同8人)。いずれの年度も全体の半数近くを占めている。

 職員の綱紀粛正を担当する永岡正美・服務監は「不祥事を起こしているのは、約1万6000人の職員のうちの20人程度。そのごく一部の不祥事をどうやって防ぐのかが難しい問題」と受け止める。そうしたなか、この日の桝本市長の発言について、ある幹部は「(同和政策のことは)これまでぐっと発言をこらえてきたと思う」と話した。

 桝本市長は同日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された環境局職員の姉妹2人=(25)と(26)=を懲戒免職処分とする方針を示した。また詐欺容疑で男性職員(34)が逮捕された保健福祉局にも、8月中に具体的な改善策を打ち出すよう指示。さらに管理監督責任を問い、市長と副市長を含む幹部の処分を9月1日までに行う方針を明らかにした。

 西島藤彦・部落解放同盟京都府連合会書記長の話 「一元的な切り口で評価されるのは心外だ。たとえ同和地区の出身者であっても、職場での人間関係や上司との関係など、今生きている環境が人をつくっているはず。このような発言は、差別や偏見を助長するものだ」

 ジャーナリストの大谷昭宏さんの話 「行政と、差別されてきた側がお互いを見直すよい機会で、市長の発言は高く評価できる。行政は事なかれ主義で同和地区出身者を甘やかし、差別される側もそれに甘んじてきた結果が現状。このままでは、お互いが一緒になって差別を残すだけだということを確認し、シビアに改革に取り組んでいくべきだ」


産経関西
京都同和市長発言001sya20070728.jpg


朝日・読売・京都新聞にも市長の記事は有りましたが、同和発言の部分は載っていませんね。


朝日新聞                 読売新聞
同和朝日001.JPG同和読売001.JPG


京都新聞1 
同和京都001.JPG同和京都002.JPG







市長の話
>同和地区の人々に対し職業の機会均等を保障するため、現業職への優先雇用を行ってきた

部落解放同盟の人の話
>たとえ同和地区の出身者であっても、職場での人間関係や上司との関係など、今生きている環境が人をつくっているはず

部落開放同盟の人は墓穴掘っていることに気づいていないんですか?同和出身者の比率が高い環境では犯罪者をつくると認めてしまったんですかね。



212vhno.jpg


まぁ、実際は出自なんて関係なく、「利権が有ってあたりまえ」とか「クビになんてならない」なんていう、同和利権にドップリ浸かった雰囲気や環境が犯罪を助長するんでしょうから、これを機会に解体するのが一番いいですね。

“自称”被差別仲間として仲の良い、民団や総連と一緒にね!







だれも書かなかった「部落」 だれも書かなかった「部落」
寺園 敦史

同和利権の真相〈1〉 はじめての部落問題 同和利権の真相3     宝島社文庫 「同和」中毒都市 部落の現状は いま―総務庁・全国同和地区調査結果

by G-Tools
日本ニュース | コメント(17) | トラックバック(0)
コメント
  1. >たとえ同和地区の出身者であっても、職場での人間関係や上司との関係など、今生きている環境が人をつくっているはず
    つまり既に出自をもとにした同和問題は解決しており、犯罪者は個人の資質により罪を犯していると言うことですな。
    まことに結構な事です!
    とすれば、役目を終えた同和利権団体は直ちに解散するべきですね
  2. 部落差別とか普通に残ってるからな・・・
    運動が下火になっただけで、問題は何にも解決されていない。
    これとは違うが先日京都の市役所のワーカーがクライアントの金横領したって事件があった。
    ワーカー目指す俺には耳の痛い話。
  3. 最近自治体の長が思い切った発言を
    するようになってきましたね。
    京都なんて「アレ」な地域だとばかり
    思っていたのですが…
    少しづつだけども日本全体の空気が変わってきたのかも。
    >部落差別とか普通に残ってるからな・・・
    そうなんですか?
    部落差別って引越してしまえば終わりじゃないか、
    と思うんですけど。
  4. 京都では交通局など、こうした採用実態は公然のことです
  5. >今年4月以降児童買春~~などで職員5人が逮捕
    >今週に入って詐欺や覚せい剤~~などで職員3人が逮捕
    8人のうち6人か。
    3ヶ月で6人が逮捕される部署は、普通にあり得ない。
    機会均等で優先雇用したら論理崩壊だよな。
    ゴミ収集はなり手が中々見つからない忌避されがちな仕事ではある。
    雨の日も風の日も、常識やマナーのかけらもない一般市民のゴミを目の当たりにするわけだし、確かに何かと色々つらいだろうがとても重要な仕事であると言わざるを得ない。
    社会的に立派であるというコンセンサスを構築し、
    そのためにやむを得ず天下りの差別利権ではない別の新たな(これまでの利権組織とは無関係の職種の意義向上のための)利権組織によるコントロールをし、
    実務者には各種危険物取り扱いの関係資格の取得を奨励し、
    その資格に応じた手当などを含めた高給設定にしたりしながら
    マイルドに解決できないもんかね。
    同和地区を特別扱いしないことが、差別とかいう概念そのものを消滅させる手段であるように思うのだがな。
    今の日本国では誰もが自由に住居の移転ができるわけだし。
    望まざる移転があるように、望んで行う移転も選択肢でしかない。
  6. 己を甘やかせる人生を選ぶやつは、必ず堕落する。そういうこと。ふざけた特権を享受する奴ら、そしてその関係で甘い汁を吸う奴ら。間違いなく堕落する。なぜなら、堕落した人生を送っているから。公務員として公の禄をはむ人間が犯罪を犯したら、全て名前と顔をさらせ。その上司も監督不行き届きで同罪。名前を顔をさらして、クビ。そして市の名誉を傷つけた賠償として、全財産没収。厳しすぎる? さんざん甘い汁を吸ったやつらは、きちんと絞る方がいいんだよ。」
  7. 市長は、「同和雇用」じゃなくて、同和優先雇用での「甘い採用」が問題だった、って言ってるんじゃないのかな。
    いくらなんでも同和雇用が問題って言えばイメージ悪くなるのは目に見えてるはずだし。
  8. 罪を犯すのは個人の問題だが、その温床を作り上げたのは、「人権」を盾にやりたい放題の怪童とそれに萎縮して思考停止してしまった行政の責任。
    「同和枠」の存在自体が部落差別の根本的な問題だと思うのだが・・・。
  9. 俺は広島30歳だけど、やっぱ「同和教育」の時間は結構あったよ。
    父親の世代だと、どこが部落かっていうのは知ってるみたいだし。
    ただまぁ、俺らの世代は「だから何?」というだけだが。これも教育のたまものなのかねぇ。
  10. 長野県の田中知事は嫌いだが
    同和対策だけに関しては、よくやったと思う。
    長野県の同和事業費が十数億円から、千数百万まで減ったので。
    PS 東大阪市役所では、同和枠というのがあり
      覚せい剤で逮捕されたのに、また同じ部署に復職する前科があります。
      25歳の清掃作業員が、現役の暴走族で捕まった例もあります…
      東大阪は同和と、在日利権でボロボロなので、今度の選挙は
      毒をもって毒を制する意味で、共産党に入れます。
      同和と在日まともに叩いてるの、共産党ぐらいだし。
      
      大阪府知事の創価房江じゃなかった太田房江も嫌い。
  11. 野中の影響は凄いね、叙勲者は逮捕出来ないの?
    大阪でも同和のほかに教員で「在日枠」て有るんでしょう?
    最近、中国、韓国の大学教授て多いようだけど何でレベルの低い処から教授なんかにするのか分からない、マトモに漢字も古文も読めないのが歴史なんか判る訳がないのに何考えてんでしょう。
  12. 同和問題に関して、法を犯した人は罰せられるべきだし、今後利権はなくすべきだろうけど、一方でいまだに差別が実際に根深く残っているのも事実。
    いわゆる「補助」を受けず、普通にきちんと働き自立して生活している人でも、また、長く同和地区外に居住している人でも、結婚では差別されることがあるらしい。
    友人で、結婚に反対されたことがきっかけで自分の祖先の出自を知った人がいる。何の心構えもないところに出自を理由に反対にあって、相当凹んでいた。どうやら地区外にでている家では、なにも言わなければ本人にもわからないので、子に祖先の出自を知らさないことが多いらしく、そういうことが起こるらしい。
    実際彼の兄弟は何も知らないため、家でもうっかり悩みを打ち明けることができないらしい。
    西日本は同和地区が多いらしいから、こういう話は結構きく。
    日本の未来のためには、こんな内ゲバのようなことは早く解消できればと思う。
  13. 同和も在日も、暴力団も、世間に嫌われる事件ばかり起こすから疎外されるんや。隙間に手突っ込んで人のもん掠める、恫喝、暴力、嫌がらせ、報道に取り上げるニュースだけでも、枚挙にいとまなし。銭の為やったらなんでもやりかねん。人権を云う前にまず自らを正せと言いたい。
  14. 結局
    同和団体は 差別が無くなったら困るのでしょうね
    無理やり 差別だ差別だと どうでもよいことまでやる
    そりゃ 差別があるなら解消のために 公共団体から金が入るわけですからね 
    飛鳥会みたいに この件はノーチェック!!
    いくらでも金が出る・・
    彼らは、差別で生きているわけです
    どんどん 差別を生産して 金を儲けるのだね
  15. 同和地区の人に、実際に尋常でない酷い目にあわされた経験があればよく分かる。
    あいつら被害者意識のかたまりで、他人に迷惑かけることを当然の権利だとでも思ってる。
    それがよくない。
    何もしてなくても脅したりしてくるから、根本的に付き合いきれないわけだ。
    だから疎遠、敬遠せざるを得ない。
    そんなのが親類に入ってきたら親族が迷惑するから縁組みなんかできない。
    結局、自分たちで自分たちの立場を好転させることを抵んでいるようなことになっている。
    畜生でない人間なら当然のこととして権利だとかほざいたり、率先してあちこちに害を及ぼす行動をやらかしまくる前にやらねばならぬことがある。
    人として行うべき道を逸脱しているのが敬遠される原因。
    差別ではなく、現実的な経験をもとにした対処にすぎん。
    その地域に帝國時代終盤から入り込んだ者とかの影響も少なからずあるかもしれん。
  16. 京都人ですが同和・在日コリアンの方々は非常に迷惑です。
    はっきりいって
    誰も同和・在日の方々を差別しようなんて全く思っていませんよ!
    それなのに一方的に自分達は被害者だと言い、何もしていない人々を恫喝・暴力で恐怖の渦に巻き込んでいきます。
    そして人々が避けると再び差別を受けていると言ってきます。
    そんな被害者意識からか暴力団に入る方も多く市民生活に悪影響を及ぼしています。
    また同和への待遇で公務員になる方々や在日特権で就職にも困らない方々がほとんどです。(通名なので表面上は日本人ですが…)
    さらに京都市では創価学会員が爆発的に増えています。在日の方も多く入信されていて、勧誘される日本人は彼らが在日コリアンだとは知らず(通名を使用しているため)お布施を徴収され公明党の選挙協力員として毎日集会に通っています。
    京都市は今、
    ・甘い蜜を吸い続ける同和地区出身者
    ・日本人では無いのに日本人を装い裏では日本人の悪口を言う在日コリアン
    ・少し前まで一般市民だったのに今では創価学会というカルト狂団の信者
    ・若者は就職氷河期時代の為に就職できないフリーター達
    ・ゆとり教育の為にモラルが低下したにも関わらず就職先がいくらでも見つかる新卒者達
    ・一般市民も腹黒く裏で悪口を言う人ばかり(男も女も…だからイジメが陰湿です)
     この様な最悪な時代に突入しました。本当に毎日が辛いです…
    ご近所さんからの創価学会の勧誘で嫁が狂信者になり、稼いでも布施や特製の銀色の仏壇などで給料が飛んでいき、
    仕事場の親会社が同和地区出身者と在日コリアンの方々が とある目的のために立ち上げた会社(暴力団絡み)、
    しかも若い社員達がゆとり教育のせいで何も知らないし遅刻はするし真面目に働かない、
    息子は就職氷河期世代で、年齢的にも採用先が見つからずバイトの掛け持ちで月270時間労働(手取り20万円)で何度か入院。
    唯一の救いがいつまで経っても変わらないワンちゃんです……
  17. 仲間発見。
    全て同意します。
    あと、この人たちとつるむ坊主も。
    でも西田さんはがんばってますよ。

管理者のみに表示