FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
早い話が:野菜のかたき討ち 金子秀敏
(毎日新聞 2006/09/28)

 自民党の総裁選に気を取られていたら、中国では日本製品たたきをやっていた。広東や上海、遼寧など各地の検疫当局が日本製の食品から基準を超える有害物質を検出した、というニュースを、テレビで繰り返し流したのである。

 税関職員が箱を開けて日本製品を検査する映像が1週間前後、連日トップニュースになった。このキャンペーンが、抗日戦争の記念行事がある9月18日(満州事変の記念日)前から始まったのも偶然ではないだろう

 やり玉にあがったのは、魚肉ソーセージのソルビン酸。スルメイカのカドミウム。冷凍タコの黄色ブドウ球菌、ケーキのアルミ、ジャガイモ粉の二酸化硫黄、冷凍カキのクロムなど。

 浙江省では、日本産の冷凍サンマから基準値の22倍のヒ素を検出した、という。この報道の影響で香港のスーパーは店頭から日本産サンマを撤去し、お客の返品要求に応じた。だが、香港の衛生当局が検査した限りでは有害物質は検出されなかった


 杭州の食品検査官は、回転ずしのにぎりずしから大腸菌を検出した。この店は中国人の経営だが、「日本料理というものは不潔である」という含みが伝わってくる

 日本の工場で製造したP&G社の化粧品からクロムなどの重金属が検出された、という報道も、実はこの反日キャンペーンの一環だ。上海では返品を求める女性が殺到して事務所が壊される騒ぎまで起きている。

 同じものを、香港の検疫当局が追試した。確かに重金属は検出したが、微量なので問題はなかった。シンガポール、台湾などでも同じ結論だった。

 なぜ中国で問題になるのか。その答えは、9月23日付の香港「明報」紙にあった。記事によると、中国の消息筋は「日本を痛い目に遭わせてやった」「警告だ」と言っているそうだ

 日本が輸入農産物の残留農薬を厳しく規制する「ポジティブリスト」を導入した。そのために中国産農水産物の対日輸出は2割近く減った。中国が日本製品の検疫を厳しくしたのは、その報復だ。そんなことだろうと思っていたが、やっぱりそうだった

 新しく農相になった松岡利勝氏が副農相当時の2001年、日本は中国産イグサなどにセーフガードを発動した。中国は日本製自動車の報復関税で対抗し、日本が降参した。安倍内閣の看板は「主張する外交」だが、今回の件は音無しの構えだ。白頭山(ペクトゥサン)の続きはまた。




中国進出企業はあらためてチャイナリスクを実感できましたね。



政経不分離と中国
(朝日新聞 2006/09/15)

 かつてブッシュ米大統領は、小泉首相に対して直接、牛肉輸入再開を迫ったことがある。政治と経済が分離できない典型例だろう。民主主義国の権力は、支持基盤を無視できない(例外が小泉首相だろうか)。

 とはいえ、イラクに関する政策を巡って、フランス、ドイツと険悪になったからといって、アメリカの政府関係者が、両国との貿易に「影響する」などと発言することはなかった。

 訪中した御手洗冨士夫日本経団連会長らへの中国側の主張は、本紙の伝えるところによれば「政経不分離」一色であった。商務省の陳健次官補ら中国関係者は、「靖国参拝」が貿易に影響する、と直接、間接に伝えている

 経済的な取引が政治とからむことはありうる。しかし、日常的な交易に政治が持ち込まれるとなると話は別だ。中国のようにあからさまなのは異常で、仮に「靖国」が新幹線や原発とからむとなってくると、これはもう明らかに「非関税障壁」であろう。自由貿易を阻む各種の保護貿易や関税、あるいは非関税障壁の多くは、国内政治の反映である。それゆえ国家間の直接交渉では解決しがたいので、WTOの共通したルールが存在するのだ。

 この中国による「障壁」に対する報復条件として、もし日本の政府関係者が、明らかに国際法違反であった過日の反日デモによる大使館などの被害を賠償し、謝罪しなければ、ビジネスに「影響する」と主張したら、どうなるだろう。

 特定の政治的イシューを通すために、取引国を差別するのは、WTOの精神に反することは明らかだ。ここのところ中国への投資は急速にブレーキがかかっているが、けだし当然といえよう。特定の相手とのみ取引することは危険であるのは言うまでもない。リスクの分散がビジネスの基本である。大切なのは、取引対象国を広げることだ





わが祖国、中国の悲惨な真実 わが祖国、中国の悲惨な真実
陳 惠運

そして中国の崩壊が始まる 大地の咆哮 元上海総領事が見た中国 中国人だから見える日中の宿命 中国社会のとことん深い闇 中国 大国の虚実

by G-Tools
中国ニュース | コメント(18) | トラックバック(0)
コメント
  1.  他国の中国産の野菜に対する評価も調べてみたくなりますね
  2. そもそも中国国内での中国野菜の評価が最悪なんですけどw
    中国の一部特権階級どもは日本の安全な高級食材が手に入らなくてもいいんだろうか?
    もちろんフカヒレや鮑も中国には売らない方向でw
  3. 何気に「民主主義国の権力は、支持基盤を無視できない(例外が小泉首相だろうか)。」なんて書いているけど、朝日は支持基盤じゃないだろうに。
    あと「仮に「靖国」が新幹線や原発とからむとなってくると、」とも書いていますが、どちらも輸出しない方が我が国にとってはいいです。
    既に自分の願望と事実すら区別できない朝日新聞はお気の毒。
  4. 危険地域に進出する人は自己責任で。
  5. 「有害物質が検出されたのは、中国内で生産されたニセモノの日本製品を調査した結果に違いない」に1票入れたいと思います(^^;
    日本企業も市場規模ばかりに気を取られないで、ある日突然その市場が消えるリスクにも気をつけた方がよいですね。
  6. > 商務省の陳健次官補ら中国関係者は、「靖国参拝」が貿易に影響する、と直接、間接に伝えている。
    要するに「でっちあげで輸入制限受けたくなかったら言うこと聞け」ということだろ。
    ヤクザがインネンつけてきてるようなもの。そんなヤクザまがいの国の言うことなんぞ聞く耳持たなくてもいい。
    ただし、でっち上げについては徹底的に叩くべし。
  7. 人口が多いだけのモラルの低い国に経済界は平身低頭して出かけていましたが。また、名古屋の車屋さんが出てきて、毒菜、毒魚を日本人に食わせるよう圧力を掛けるのでしょうね。
    安部内閣の最初の試練、絶対に引き下がるな。
    評判の悪い松岡さん、名誉挽回のチャンスですよ。
    麻生さん、いつもの調子でお願いします。
    チャイナリスクとBricsのうちインド、ブラジルに注力することを口にするだけで効果があると思うよ。
    本当はここで靖国参拝と行きたいところだが、それでは余りに露骨過ぎるので、靖国は来年まで取っておきましょう。
  8. で、そんなデタラメな宗主国にも逆らえない属国。
    http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/09/28/20060928000031.html
  9. 痛い目、ねぇ…
    支那と商売できなくなっても、痛いのは支那の方だと思うけど。まあ、好きにしたら。
  10. >我田引水様
    “名古屋の車屋さん”とありますが自動車総連と何か関係があるのでしょうか。
    総連は政府に外国人労働者(日系人と言っていました)の生活保障をさせようとしています。
    HPには何も書いていませんが、さる民主党寄りの会社内部の回覧物にてそういった事が書かれていました。
    何か御存知でしたらお教えください。
  11. >商務省の陳健次官補ら中国関係者は、「靖国参拝」が貿易に影響する、と直接、間接に伝えている。
    所詮この国もテロ支援国家なんだし、とっとと日本企業はインド等の親日国家に工場を移すべきだな。
  12. まあ、中国産の食品は農薬やら重金属汚染が深刻みたいですね。
    日本は中国を貶めるために調査し、捏造した結果を発表したのではなく、日本国民の健康を心配して調査して、その結果をそのまま発表しただけなのにね。
    さてさて、埼玉県だったかな。処分場の近くの畑のほうれん草等からダイオキシンが検出されたとマスコミが数年前に大騒ぎしていたのは。
    中国の方が多岐に渡って汚染が深刻なのに、騒がないマスコミは何をやっているんでしょうねw。
  13. 民度ひっくー
  14. 「そんなことだろうと思っていたが、やっぱりそうだった」に笑ってしまった。
  15. TOM(薩摩製) 様
    この車屋さんは最も遅れて中国へ進出したこと。
    元経団連会長奥○が小泉前総理の靖国批判をしたこと。ドタキャンおばちゃんは奥○とはドタキャン前に会談していること。などを揶揄しただけ。
    御手洗さんとつい比較してしまいました。
  16. >中国の方が多岐に渡って汚染が深刻なのに、騒がないマスコミは何をやっているんでしょうねw。
     しかも、根拠が得意の捏造と判って、農協から大いに抗議をされて、Aサピーにしては珍しくNSの前任のKM氏がTVで謝罪してましたね、私は元々信頼してないから、あんまり意味無かったけど。
     シナの公害って、日本の昭和40年代を20年位放置した状況じゃないんですか、工業用水による生物の水銀中毒や、鍍金に使うカドミニウムの排出に拠る水質汚染、同じく六価クロム、低温度燃焼によって発生するダイオキシンに汚染された降灰に拠る土壌汚染なんて、毎日、大幅に進行中でしょう。
     しかも何の手立ても打っていない、否実際、打ちたいけど、公害対策なんて大概は、当面の生産性が落ちるだけですから全く儲けにならないし、直ぐに目に見える効果が上がる訳でもない、それなら「効きませんでした」で済む話ですから、実行する立場のモノが予算をくすねてしまって、実際には何も対策が打てて居ない。
     シナの社会常識は、賄賂や収奪、ちょろまかしは、上に立つものの特権で当然と思っているレベルですから、ドウしようもないでしょう。
  17. >ナポレオン・ソロ様
    >日本の昭和40年代を20年位放置した状況じゃないんですか
    丁寧なレス、有難うございます。
    今の中国は恐ろしい状況になっていますね。公害の見本市が開けますね(不謹慎ですが・・・)。
  18. 我田引水様
    回答ありがとうございます。
    回覧物の内容が余りにも胡散臭かったので調べずにはいられませんでした。
    ちなみにその回覧物は派遣の俺は閲覧対象外です。
    (つまりスパイ行為すれすれ)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。