FC2ブログ
南京大虐殺記念館 日本人含む8人に特別貢献賞授与
(人民網 2006/09/25)

  侵華日本軍南京大屠殺遇難同胞記念館(南京大虐殺記念館)は24日、在日華僑の林伯耀氏ら8人に特別貢献賞を授与した。これは同記念館が昨年8月15日に行なった授与に続く2回目の授与となる。

  同記念館は今回、長年にわたって南京大虐殺の歴史研究を続けてきた

日本人学者、
故・洞富雄氏と
本多勝一氏、

中国国内の学者、
章開ゲン氏と
張憲文氏、

在外華僑の
陳憲中氏(米国在住)と
林伯耀氏(日本在住)、

在米中国人画家の
李自健氏、

南京大虐殺生存者の
李秀英氏(病没)の8人に特別貢献賞を授与した。

南京大虐殺記念館 平和団体に平和の鐘をプレゼント
(人民網 2006/09/25)

  侵華日本軍南京大屠殺遇難同胞記念館(南京大虐殺記念館)は24日、南京国際平和フォーラムに参加した国内外の10の平和友好団体・組織に平和の鐘をプレゼントした。

  今回プレゼントされた平和の鐘は、同記念館の「平和大鐘」の縮小レプリカ。鐘が贈られた10の団体・組織は、以下の通り。

日本侵華浩劫(災禍)記念館(米国サンフランシスコ)、

子どもと教科書全国ネット21の会(日本)、
ピースボート(日本)、

イスラエル駐上海総領事館、
アジア太平洋平和協会、
中国人民平和軍縮協会、
偽満皇宮博物院(長春市)、
東北烈士記念館(ハルビン市)、
建川博物館(四川省)、
南京大学ラーベ記念館。

  ヨーン・ラーベ氏は、第二次大戦時に国際安全区の委員長を努め、南京陥落後の3ヶ月間における日軍犯罪統計を報告したとされる人物。





上の個人・団体が正式に認められた“アカ”というやつですね。







「日中友好」は日本を滅ぼす!――歴史が教える「脱・中国」の法則 「日中友好」は日本を滅ぼす!――歴史が教える「脱・中国」の法則
石 平

驕れる白人と闘うための日本近代史 中国がひた隠す毛沢東の真実 韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理 中国は日本を併合する 「反日」の超克 中国、韓国、北朝鮮とどう対峙するか

by G-Tools
中国ニュース | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
  1. 膳じて飲めもせんな
  2. 『世界のウソツキ ベスト8』発表!!
    って言ってるように見える。
  3. ユダヤも共犯か・・・
  4. 日本の敵リストですね。
  5. > 日本人学者、
    > 故・洞富雄氏と
    > 本多勝一氏、
    http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/44680/
    > また、三省堂の日本史Aは「歴史学者の洞富雄は20万人を下らない数、中国側は30万人、という見解を持っている」と書いている。しかし、犠牲者数については限りなくゼロに近いという学説もある。南京事件については、こうした新しい研究成果を採り入れない、極めて一面的な記述が多い。
    教科書に載ったので貢献大ってことですね。
    笠原さんとかも頑張らないとダメですね(棒読み)
  6.  あれ、大江健三郎の名前が無い。
  7. 大江が入ってないのはノーベル賞取ったからかな。
    日本にノーベル賞をもたらしたのは罪悪ニダ!とか。
  8. >大江健三郎
    みんな、考えることは一緒ですねwww

管理者のみに表示