FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
言論の覚悟 ナショナリズムの道具ではない
(朝日新聞 2006/12/25)

 教育基本法に「愛国心」が盛り込まれ、防衛庁が「省」になることも決まった日の夜だった。

 「キミには愛国心がないね」

 学校の先生にそうしかられて、落第する夢を見た。

 いわく、首相の靖国神社参拝に反対し、中国や韓国に味方したな。

 卒業式で国旗掲揚や国歌斉唱に従わなかった教職員の処分を「やりすぎ」だと言って、かばったではないか。

 政府が応援するイラク戦争に反対し続け、自衛隊派遣にも異を唱えて隊員の動揺を誘うとは何事か。

 自衛隊官舎に反戦ビラを配った者が75日間も勾留(こうりゅう)されたのだから、よからぬ記事を全国に配った罪はもっと大きいぞ、とも言われた。「そんなばかな」と声を上げて目が覚めた。

 月に一度のこのコラムを書いて3年半。41回目の今日でひとまず店じまいとしたいのだが、思えばこの間、社説ともども、小泉前首相や安倍首相らに失礼を書き連ねた。夢でよかったが、世が世なら落第どころか逮捕もされていただろう。

    ◇

 「戦争絶滅受合(うけあい)法案」というのを聞いたことがあるだろうか。

 条文を要約すれば、戦争の開始から10時間以内に、国家の元首(君主か大統領かを問わない)、その親族、首相や閣僚、国会議員らを「最下級の兵卒として召集し、出来るだけ早くこれを最前線に送り、敵の砲火の下に実戦に従わしむべし」というものだ。

 いまならまずブッシュ大統領に読んでもらいたいが、長谷川如是閑(にょぜかん)がこの法案を雑誌『我等(われら)』で書いたのは1929年のこと。第1次世界大戦からしばらくたち、再び世界がキナ臭くなり始めたころである。

 デンマークの陸軍大将が起草して各国に配ったという触れ込みだったが、それはカムフラージュの作り話。「元首」と「君主」は伏せ字にしてきわどく検閲をパスした。

 それより11年前、日本のシベリア出兵や米騒動をめぐって寺内正毅内閣と激しく対決した大阪朝日新聞は、しばしば「発売禁止」の処分を受けた。さらに政府糾弾の集会を報じたところ、記事にあった「白虹(はっこう)日を貫けり」の表現が皇室の尊厳を冒すとして筆者らが起訴され、新聞は廃刊の瀬戸際に立たされた。ついに大阪朝日は村山龍平社長らが辞職して謝罪し、政府に屈することになる。

 これが「白虹事件」である。かつて「天声人語」の筆者でもあった如是閑は、このとき大阪朝日の社会部長だった。言論の敗北に無念を抱きつつ退社して『我等』を創刊したのだ。

    ◇

 こんな古い話を持ち出したのも、いま「言論の自由」のありがたみをつくづく思うからにほかならない。現代の世界でも「発禁」や「ジャーナリスト殺害」のニュースが珍しくない

 しかし、では日本の言論はいま本当に自由なのか。そこには怪しい現実も横たわる。

 靖国参拝に反対した経済人や天皇発言を報じた新聞社が、火炎ビンで脅かされる。加藤紘一氏に至っては実家が放火されてしまった。言論の封圧をねらう卑劣な脅しである。

 気に入らない言論に、一方的な非難や罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせる風潮もある。それにいたたまれず、つい発言を控える人々は少なくない。この国にも言論の「不自由」は漂っている

 私はといえば、ある「夢想」が標的になった。竹島をめぐって日韓の争いが再燃していた折、このコラムで「いっそのこと島を韓国に譲ってしまったら、と夢想する」と書いた(05年3月27日)。島を「友情島」と呼ぶこととし、日韓新時代のシンボルにできないか、と夢見てのことである。

 だが、領土を譲るなどとは夢にも口にすべきでない。一部の雑誌やインターネット、街宣車のスピーカーなどでそう言われ、「国賊」「売国」「腹を切れ」などの言葉を浴びた。

 もとより波紋は覚悟の夢想だから批判はあって当然だが、「砂の一粒まで絶対に譲れないのが領土主権というもの」などと言われると疑問がわく。

 では100年ほど前、力ずくで日本に併合された韓国の主権はどうなのか。小さな無人島と違い、一つの国がのみ込まれた主権の問題はどうなのか

    ◇

 実は、私の夢想には陰の意図もあった。日本とはこんな言論も許される多様性の社会だと、韓国の人々に示したかったのだ。実際、記事には国内から多くの共感や激励も寄せられ、決して非難一色ではなかった。

 韓国ではこうはいかない。論争好きなこの国も、こと独島(竹島)となると一つになって燃えるからだ。

 そう思っていたら、最近、発想の軟らかな若手学者が出てきた。東大助教授の玄大松(ヒョン・デソン)氏は『領土ナショナリズムの誕生』(ミネルヴァ書房)で竹島をめぐる韓国の過剰なナショナリズムを戒め、世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏は『和解のために』(平凡社)で竹島の「共同統治」を唱えた。

 どちらも日韓双方の主張を公平に紹介・分析しているが、これが韓国でいかに勇気のいることか。新たな言論の登場に一つの希望を見たい。

 日本でも、外国の主張に耳を傾けるだけで「どこの国の新聞か」と言われることがある。冗談ではない。いくら日本の幸せを祈ろうと、新聞が身びいきばかりになり、狭い視野で国益を考えたらどうなるか。それは、かつて競うように軍国日本への愛国心をあおった新聞の、重い教訓ではないか。

 満州へ中国へと領土的野心を広げていく日本を戒め、「一切を棄つるの覚悟」を求め続けた石橋湛山の主張(東洋経済新報の社説)は、あの時代、「どこの国の新聞か」といわれた。だが、どちらが正しかったか。

 最近では、イラク戦争の旗を振った米国のメディアが次々に反省を迫られた。笑って見てはいられない。

 だからこそ、自国のことも外国のことも、できるだけ自由な立場で論じたいジャーナリズムはナショナリズムの道具ではないのだ

    ×    ×

 このコラムは終わりますが、今後も折に触れて紙面でお目にかかります。「風考計」の連載分は来春、朝日新聞社から出版される予定です。 





戦はこれからだ0011.jpg




 日新聞の戦いもまだ終わりません!






嫌韓vs反日のキーワード
多根 清史
4861990653
日本ニュース | コメント(27) | トラックバック(0)
コメント
  1. > 「キミには愛国心がないね」 学校の先生にそうしかられて、落第する夢を見た。
    普通に、心の病でしょこれ。
    心の病を持ってる人間が、公共のマスメディアで文章を垂れ流すな。
    キチガイに刃物と一緒。
    ちゃんと自粛してください。ちゃんと社内で取り締まれ>某新聞の中の人
  2. 上から順番に...
    そんな夢見てないだろ?
    100年前と現代を一緒に並べるな。
    「友情島」?「抗日勝利島」とかと名付けられるだろ?
    共産主義だろうと反日主義だろうと日本では言論は自由だし、論じるのは勝手だが、立ち位置を明確にしろよ。
  3. 外国のことも、できるだけ自由な立場で論じたい。
    朝日は自由な立場すぎて偏ってるんだな。
    自由ではなくて公平な立場で論じるべきなのにすでにおかしい。
  4. 下人が日本との協議で自前の論理(空理空論だとしても)を曲げるわけないだろ。
    自衛隊で竹島奪還するのが国際正義にもかなうと思う。
    できれば血は流したくないが、下人どもが調子に乗ってるのを掣肘するにはそれしかない。
  5. 自国のことも外国のことも、できるだけ自由な立場で論じたい。
    シナの悪行、まずはチベットで行われている民族浄化について自由な立場で論じてもらいたい。
  6. しかし真剣にDQNとかは「愛国心」って言葉に反発しそうだな
    日本の教師の組合は寛容どころか意見合わせ反日教育始めたりしないだろうか…
    という夢を見たよー
  7. 唖然
    自己弁護の駄文
  8. 夢に出てきたことにすれば何を書いてもいい
    そういうことがわかりました。
    >>1
    この程度を心の病云々と言われると
    そっち側の人間としてはせつねえ。
  9. 若宮某は現実を見失っているね。
  10. 狭い視野で国益を考えたらどうなるか
    って言うけど、広い視野でも特アだけ。
  11. >では100年ほど前、力ずくで日本に併合された韓国の主権はどうなのか。
    ……併合を望んだのは韓国側です。言いがかりも甚だしい。
    って、何度も言われてると思うんだけど、学習能力無いのかこいつは。
  12. >では100年ほど前、力ずくで日本に併合された韓国の主権はどうなのか。
    だから、100年後に同じことをしていいと?
    100年前と今の世界情勢の違いの理解できない花畑さんはさっさとお逝きなさい mq(^^)
  13. そもそも自国を批判する事と愛国心は別問題なんですが・・・
    同一にしたほうが都合がいいんでしょうねぇ
  14. 『ナショナリズム』という言葉は自称ジャーナリズムの道具じゃないんですよ・・・と面と向かって言ってやりたい。
  15. ドリームトークですか('A`)
    言論の覚悟 捏造の道具ではない
  16. 「ジャーナリズムはナルシシズムの道具ではない。」そのとーりですよ。え?
  17. >波紋は覚悟の夢想だから批判はあって当然だが、「砂の一粒まで絶対に譲れないのが領土主権というもの」などと言われると疑問がわく。
     では100年ほど前、力ずくで日本に併合された韓国の主権はどうなのか。小さな無人島と違い、一つの国がのみ込まれた主権の問題はどうなのか。
    ・・・ぉぃ
    領土主権ってのは「砂の一粒まで絶対に譲れないのが領土主権というもの」だろが。
    んでもって、韓国から併合してくれって頼まれて、植民地じゃなく平和裏に併合したのに、敗戦時に速攻裏切った国の主権などしったこちゃねーぞ。
    つか、当時身びいきしまくりイケイケだった新聞は何処なのかききたいねえ~。
  18. 最終回!
    コラムといわず、本誌を頼む。
  19. >では100年ほど前、力ずくで日本に併合された韓国の主権はどうなのか。小さな無人島と違い、一つの国がのみ込まれた主権の問題はどうなのか。
    領土は国の威信を懸けて守るのが当然の事だと思う。
    国家の主権を守ることもまた然り。
    100年前の朝鮮の王朝ではそれができない程国の内部が腐っていただけという事なのでは?
    つまり、たとえ当時の日本が併合しなくてもいずれ欧米列強のどこかの国の版図にきっちり組み入れられていたはず。
    それを「一つの国がのみ込まれた主権の問題はどうなのか」って言ってもねえ・・・
    当時の統治者が根性無しだったのにそれは無いだろう。
  20. >では100年ほど前、力ずくで日本に併合された韓国の主権はどうなのか。
    いや、回復してますやん主権
    日本が回復しようとしてる竹島への領有権という主権の行使は認めないと?
    どこまで腐ってるんだ
  21. >学校の先生にそうしかられて、落第する夢を見た。
    夢まで捏造している。
    さすが捏造記事で有名な新聞社だ。
  22. 私には大陸やら半島から軍靴の音が聞こえてきますが、朝日的には幻聴なんでしょうかね?
  23. 深層意識では反省しているのかな
  24. ファンタジーもここまで立派だと朝日から原稿料がもらえるんだね。竹島の共同統治とか妄言がありますが、無知の幸せ全開もいいところですね。体裁ばかり考えるから実践、実態の伴わない幻想にすがりつくハメになるのさ。大体無法者の言い分を素直に承知し続けたらどうなるかなど、分かり切っているだろうに非常識なジャーナリストは害虫ですな。
    <馬鹿コラム><風考計<糞コラム>これはガチだ。
  25. >「砂の一粒まで絶対に譲れないのが領土主権というもの」などと言われると疑問がわく。
    砂一粒でも譲らない、それが領土主権なんだよ。当たり前だろ。
    領土問題でいちいち譲っていたら、自国の領土なんざ、あっという間になくなっちまうぜ?
    >ジャーナリズムはナショナリズムの道具ではないのだ。
    逆に言えば、ナショナリズムもジャーナリズムの道具ではないわな。
    靖国神社参拝や従軍慰安婦の問題をでっちあげて、中韓のナショナリズムに火をつけたのはどこのマスゴミだったっけ?
  26. ここまで下手くそなコラム初めて見た
  27. >「キミには愛国心がないね」
    >学校の先生にそうしかられて、落第する夢を見た。
    現代でも、『中国なら』夢とは言い切れないだろうな。
    >よからぬ記事を全国に配った罪はもっと大きいぞ、とも言われた。「そんなばかな」と声を上げて
    全国の30代以下の、少なくない割合の人は、そう感じているはずですけどね。
    ネット時代になってから、いかに朝日新聞が「特定アジアの国籍を持つ犯罪者には、妙に優しい」ということも、すっかり暴露されてきていますし。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。